こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

時効取得後のローン審査について

私は消費者金融5社・ドコモ・学生支援機構に借金があり、個人再生を行なう為、弁護士に依頼をしに行ったところ、借金には時効があり、消費者金融5社・ドコモには該当するので可能だと聞き、また、学生支援機構も一部分が時効にできると思うと聞いたので、時効を弁護士に依頼しました。

○消費者金融5社(アイク・アイフル・アコム・レイク・三和ファイナンス)
○ドコモ(昔に27万という請求があり、放置していたもの)
は時効が成立しており、弁護士が内容証明郵便を送ってくれています。

○学生支援機構(私が学生の頃に母が手続きしたもの。私自身は名前を記入した覚えが無く、母が使い込んでいたものであり、そうとは知らず学費は父が支払っていました。母は現在亡くなっており、母の死後、初めて学園支援機構に借金があることが分かりました。それまでは、学生支援機構からの督促などは母が隠していました。母の死後に、家を片付けていて見つけたのです。)
は裁判所からの異議申立書などが届いたので、弁護士に相談し、《一部分に時効を主張します。》ということで申立書を提出しました。今月の25日に代理として、弁護士が出廷してくれます。


※このように時効を主張した場合、今後、住宅ローンの審査に引っ掛かる事があるのでしょうか?
※ドコモの分が原因だと思うのですが、今まで自身の名で携帯電話の契約ができませんでした。今後、自身の名で契約することは可能でしょうか?


※住宅ローンの審査や携帯電話の契約が出来る様になるまで年月が必要だという場合は、年月も教えてください。


お恥ずかしい話ではありますが、どうか皆さんの知恵をお貸しください。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2011-08-09 10:59:14

QNo.6931296

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

12人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

 時効を完成させるほどの期間、返済を停止していたわけですから
不芳情報が現在、情報機関に登録されています。

一方、アイク・アイフル・アコム・レイク・三和ファイナンスは、大手消費者金融で
それぞれが、都市銀行と関係が深く不芳情報を共有することになります。

 また、現在 銀行と名のつくところは、どこでも都市銀行とネットワークが
あり信販会社も同様です。

従って住宅ローンは不可能です。

信用情報センターの記録は5年程度で消除されますが
返済しなかった事実は、それぞれの会社に半永久的に残ります。
お金を借りて返済しなかった会社が複数あるので
貴方様が、過去に金融トラブルは無かったと判断する
金融機関は無いと思います。
20年30年経過しても住宅ローンが通ることは極めて難しいです。

時効援用者と破産者 個人再生申立者はともに合法的に借金を踏み倒した事に
何等、変わりはなく
それぞれの立場は同じです。
金融機関から、今後融資を受けることは現在出来ませんが
将来も含めて極めて厳しい状況にあります。

尚、携帯電話に関しては申し訳ありませんが
何も知りません。

投稿日時 - 2011-08-17 03:39:29

ANo.4

住宅ローンに関しては詳しく判りませんが
他の方が言っていますので

携帯電話に関しては、ドコモの契約約款89条に
不払い等があった場合、他の電気通信事業者に不払い者の
住所・氏名等を通知することを了承したとみなすとの規定が
ありますのでそれによるものと思います。

これは金融関係の契約と違いますので
いつになったら解除されるかは、誰にもわかりません。

投稿日時 - 2011-08-09 19:00:45

ANo.3

>時効を弁護士に依頼しました。

弁護士を通して「借金を踏み倒します」(時効の援用)と、各金融機関に宣言する訳ですね。

>このように時効を主張した場合、今後、住宅ローンの審査に引っ掛かる事があるのでしょうか?

当然です。
時効と言っても、借金踏み倒しですからね。
各個人信用情報機関に、目出度くブラック登録となります。
同時に、借金を踏み倒された金融機関では「顧客情報として、目出度くブラック登録」します。
各個人信用情報機関のブラック殿堂入りは、金融庁の指導で殿堂入り期間の定めがあります。
が、各金融機関独自の顧客情報は「各社が、自由に保存・活用期間」を決めています。
数十年は、目出度くブラック殿堂入りが続くようです。
まぁ、常識的には「二度ある事は、三度ある」というのが金融機関の常識ですよね。
「借金踏み倒し前科がある者には、未来整合融資をしない」金融機関が多い様です。
時効を援用しても、借金が無くなる訳ではありません。
あくまで、質問者さまの返済義務が無くなるだけです。弁護士から説明があったと思いますが、ご注意下さい。

>今まで自身の名で携帯電話の契約ができませんでした。今後、自身の名で契約することは可能でしょうか?

可能性は、ゼロではありません。

>住宅ローンの審査や携帯電話の契約が出来る様になるまで年月が必要だという場合は、年月も教えてください。

後何年必要化かは、誰にも分かりません。
分かっているのは、日本では「敗者復活戦は、無い」という事。
残念ながら、「質問者さまは、自ら信用を放棄した」のですよね。
ポンコツ菅政権と同じで、失った信用の回復は容易ではありません。
私の経験では、某大手金融機関では約20年以上前のブラック情報も保管してありましたね。
パソコンから、直ぐに情報を出力する事が出来ました。

自ら信用を放棄した訳ですから、今後は「いつもニコニコ現金払い」の生活をする事です。
住宅でも、東電福島原発では日給10万円です。
月収250万円ですよ。1年頑張れば、一戸建ても現金で購入できます。

投稿日時 - 2011-08-09 17:47:34

法律関係の事務所でちょっとだけ働いていた者です。
経験をもとに回答させて頂きます。


銀行や消費者金融などからお金を借りる際、クレジットカードを作った際など、
信用情報機関に顧客情報が登録されます。

延滞や、弁護士介入などの情報も、都度登録されます。


質問者様が将来、住宅ローンの申請をされた場合、
ローン会社は、審査のために信用情報機関の情報を閲覧します。

そこで延滞などマイナスの要素があったら、おそらく審査は通らないと思います。


時効の主張がこのマイナス要素に当たるか、というと、
私個人は当たらないと思うのですが、正確なところは分かりません。


ただそれよりも、一部時効との事なので、
裁判所でそれが認められたとしても、負債が残るという事ですよね?

この負債について、一括もしくは分割で返済されると思うのですが、
一般的に、返済が終わってから5年間は
「弁護士が介入して債務整理をした」という情報が残ると言われています。
(あくまで、一般的に言われているという事をご了承下さい。
ですので、5年以上残る場合もあるかもしれません。)


なので、返済が終わってから少なくとも5年以内は、住宅ローンは厳しいと思います。
(5年経ったからといって、必ず通るとも言えません。)


ちなみに、信用情報機関というのは幾つかあるので、
将来申込みされたローン会社が、
質問者様の情報が登録されている情報機関には加入していないという事は
可能性としてはあるかもしれません。


こういう問題って明確な答えがないので、
(例えば、過去に時効の主張をしている人のローンを通すか通さないかは、
最終的には、個々のローン会社が決める事なので。)
あいまいな答え方になってしまいましたが、お許し下さい。


また、冒頭でも申し上げた通り、経験をもとに回答させて頂いたまでなので、
もしかしたら誤っている事もあるかもしれませんが、ご了承下さい。


※携帯の件は分かりません。申し訳ありません。

投稿日時 - 2011-08-09 14:18:15

ANo.1

時効=無罪と勘違いしてませんか?
刑事事件の場合はそうかもしれません。
でも、借金は違います。
相手からしたら、「借金を踏み倒したとんでもない人」ですので、ブラックリストに登録します。
(便宜上ブラックリストと言いますが、ようは「要注意人物」として自社のデータベースに登録するんです)
普通?の延滞とかの情報は7年ほどで消えますが、自社のデータベースは一生消す必要がありません。

もし将来、質問者様がローンを…と思っても、このデータベースが邪魔する可能性大でしょうね。

私は以前、信販会社で働いていましたが、私見では「ローンは無理」と思いました。
借金が大手ばかりなのが、相当ネックですね。

携帯電話は全く分かりません。
ゴメンなさい。

投稿日時 - 2011-08-09 13:43:43

あなたにオススメの質問