こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

人生の悩み:留学か自分の夢が先か・・・。

今、留学と自分の夢をどちらを先にしようかとても迷っています。現在、私は28歳と5ヶ月です。
留学は4歳から英会話教室に通い短大まで英語通訳科に通い、今まで英語を勉強してきたのにどうにもうまく行かず、いわゆるペラペラになれなかったということもあり留学は高校生の時からの私の1つの夢でした。なのでどうしても人生の中で叶えたいのです。ちなみに行きたい場所はアメリカの国際政治を教えている大学で勉強がしたいと思っています。国際政治は特にアメリカは日本と違い、ディベートなどの知識が進んでいて大変興味があります。(現在、アメリカの大学4年間分の学費分は無いのが現実ですが・・・笑)
 それと自分の夢は歌手になるのが夢で音楽を一生の仕事にしたいと思い最近までボイストレーニングを受けていました。
 では何が問題なのかというと歌手という職業は大体、29歳や30歳までという募集がほとんどのため、今から留学を大学で4年間過ごしてしまうと準備期間も合わせて帰ってくるとなんと33歳になってしまいます。というのもそれが大きな悩みです。そうすると応募する機会が大きく減ってしまうのです。 留学をそもそもする目的は英語を日常会話からニュース、オバマ大統領の話すことまで全て分かるようになりたい!ぺラぺラになり英語学習を完成に近付けたいということです。
 なので英語を話せるようになることだけを重視させて国際政治を勉強することは諦めて1年間(中退する、または1年間の留学制度などに)にしようかとも考えましたが1年間経ってしまったら、おそらく帰ってくる時は29歳の終わりで要するにほとんど応募がまた出来なくなってしまいます。
 また、その逆に留学を現在は諦めてオーディションに万が一受かった場合、今後プロの歌手になった時に突然1年間または4年間も留学は出来ないでしょうし。無理に実行したとしても同じ関係者に大変迷惑を掛けてしまいそうです。活動休止になっている歌手も聞いたことはあります。しかし問題は無いのでしょうか。一体どうしたら良いのでしょうか?”二頭追うものは一頭も得ず”と言います。 なのできちんと一つずつこなして行こう決めました。しかし本当に迷っています。留学を先にするのか応募年齢が間に合わないので今はプロをめざし、一度活動を休止して留学するべきなのか迷っています。みなさんが私の立場ならどうしますか?
 私にとって人生の進路を決める一番大切な時期だと思っています。様々な方から意見やアドバイスを聞きたいと思ってますので人生経験豊かな方、音楽業界に詳しい方など、こんな留学方法があるよなど様々な意見をお願いします!!

投稿日時 - 2011-08-17 18:40:37

QNo.6949035

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

1度挑戦してみては?
今、有名なプロディーサー、作詞家、作曲家のデイヴィッド・フォスターがオーディションを募集してます。
9月16日まで応募可能。
すごく有名な人だから選ばれたら、世界を回る歌手になれます。
留学もできるし、歌手にもなれるから一石二鳥ですね

http://dff-japantour.com/btsasia/btsasia.pdf#search='デイヴィッド・フォスター オーディション'

投稿日時 - 2011-09-01 15:18:33

お礼

とても素敵な情報をありがとうございます!参考にさせていただきます!

投稿日時 - 2011-09-07 00:28:48

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

ご自身が一番わかっているかと。「二兎追うものは一兎も得ず」。
※頭ではなく兎(と)です。まずは母国語を完璧に身につけることも大切ですよ。

質問文を読むと、「歌手になりたい」という思いがひしひしと伝わってきます。
しかし、「英語を習得したい」その目的が見えません。
小さい頃からずっとやってきたから、完璧に身につけたいと躍起になってないでしょうか。
国際政治を学ばれて将来はどうされるのでしょう?
もちろん無駄な学びはありませんが、目標(歌手)がはっきりされているのに、更にはお金もないのに、道を間違えてはいないでしょうか。

もちろん歌手になるというのは皆さんが叶えられる夢ではありません。
でも30歳まで…!というのは違う気がします。
門は狭くなるかもしれませんが、還暦を迎えてからデビューされる方だって世の中にはいます。
また、年齢のことを言うと英語の習得だってできるだけ若いうちの方が潜在的な能力があります。

それでもどちらの思いも叶えたいというのであれば、アメリカで音楽を学ばれるのが一番いい選択肢なのでは?
音楽メジャーには詳しくありませんが、日本と違い大学でもクラシック以外のジャンルを学べるところがあるのではないでしょうか。
もちろん大学ではなく専門学校で学ぶこともできます。
日本からは離れますが、音楽からは離れないので、もしかしたらアメリカで人脈ができるかもしれません。
それはアメリカでかもしれないし、日本から訪れた音楽関係者かもしれません。
保証はないですが、今まで生きていて大切だなと思ったこと。それは「芸」と「人」です。
自分一人では何もできません。でも人とのつながりが想像もしなかったことを呼び込むんです。

私は今年で29歳です。質問者さんとほとんど変わりませんが、高卒で渡米してアメリカの大学をシアターメジャー、ダンスマイナーで卒業しました。
残念ながら舞台でプロになる道はあきらめましたが、今は新たな夢ができてそれを仕事にしています。
プロではありませんが、舞台にも立っています。

年齢のことを気にされている様ですが、これからの人生の中で今が一番若いんですよ!
年齢を気にして諦めると、数年後、あの頃やっていれば…と絶対後悔します!
自分の気持ちに素直に生きてくださいね。

投稿日時 - 2011-08-17 20:12:10

ANo.1

英語よりも何よりも、先ずは母語すなわち日本語を身に付けて下さい。

「二頭追うものは一頭も得ず」なんて言いません。そんな諺・慣用表現はありません。

それを言うなら、「二兎を追う者は一兎をも得ず」です。


さて、短大を卒業されてから今迄、貴方は何をなさっていたのですか。「留学が人生でどうしても叶えたい夢」なのが本当ならば、短大卒業してからの7~8年、真面目に働きしっかり貯金していれば、四年分の学費は貯まる筈です。仮に「一寸足りない」としても、社会人になってから全く無駄遣いせず(服も化粧も最低限。外食無しで昼はお弁当。装飾品も買わないし、等)、ラジオ講座をフル活用して毎日毎日英語の勉強を続けながら貯金に精を出す姿を見せていたのなら、きちんと頭を下げて「学費を貸して欲しい」と頼めば、親も無下に断る事もしないでしょう。

又、酷な言い方かも知れませんが、留学しなくても国内で7~8年適切な学習法で真摯な姿勢で勉強していれば、十分「英語を日常会話からニュース、オバマ大統領の話すことまで全て分かるように」なりますし、「ぺラぺラに」もなります。

貴方は短大を卒業してから今迄の7~8年間、一体何をして、どう過ごしてきたのですか。

質問を読む限りだと、音楽活動をされていた様ですが、こちらについては何度位ライヴを行い、何度位デモを送ったりオーディションを受けたりなさったのですか。

アイドルでも無い限り、オーディションに年齢制限は無いと思いますが。又、実力を認められてのスカウト→デビューにも年齢制限はありません。

貴方が応募したいものには年齢制限があって、それが「29歳や30歳」ならば、「夢の優先順位」を自分で明確にすれば良いだけの事です。

正直、留学する学費も無く(一年程度の留学でペラペラになれるなら誰も苦労しないし、貴方もとうに実行している筈)、一般企業に勤める気が無く、プロとして長く売れ続けるだけの実力と熱意も無いのですから(それらがあるアマチュアは、こんな所で自分の将来について質問しません)、

「取り敢えずオーディションを受けて、引導を渡して貰う」
「万が一、プロデビュー出来たら、数年後売れなくなった頃に留学する(運が良ければ、帰国後もう一回位は陽の目が見られるかも知れない)」

かなり楽観的な流れですが、当面これで良いのでは。仮にプロとして本気で歌手業に打ち込んでいたら、留学願望も無くなるでしょうし。

投稿日時 - 2011-08-17 20:08:31

あなたにオススメの質問