こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

大学生と仕送りについて

カテ違いかもしれませんが、お金についての質問です。宜しくお願いします。

私は二十代後半(女)ですが、友人などは学生が多いです。
それで最近、学生がお金に余裕があるのはなんでかなと思いました。

親が裕福だったり、たくさんアルバイトをしていたりする人ならわかるのですが、仕送りや奨学金だけで生活してる人もいますよね?

もちろん、他人のことなので、どう生活していようと自由なのですが、仕送りをするって親にとっては結構大変なことではないのでしょうか。
「勉強が忙しくて、アルバイトする時間がない」という人もいますが、大学というものは、それほど勉強に専念しなければやっていけないものなのですか?

私自身は大学に行っていないので、大学生の忙しさというのが想像でしかわかりません。
親の立場からでも、学生の立場からでもいいので、教えて頂ければ幸いです。

投稿日時 - 2011-08-20 01:58:25

QNo.6954527

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。

私は私大の薬学部出身ですけど、1年次はまだしも2年次の後半からは毎日夕方5時6時まで実習だったので結構忙しかったですよ^^;。

で、お金の件ですが、確かに学生時代のほうが社会人になってからよりお金に余裕があったようにも感じます(笑。

私の場合は、下宿家賃4万5000円を含めて基本一ヶ月17万円の予算でやるようになってました(毎月口座残高17万円より生活費を使っていき、月末になるとまた17万年に戻るように親が補填してくれていました。大抵の場合は使い切れないで余ってました)。ほとんど興味本位だったのですがバイトも家庭教師一件だけやりました。週2回1.5時間づつのバイトでしたが一ヶ月4万円くらい稼いだような気がします。

それに対して就職した当時の初任給が税込15万5000円(当然手取りはもっと少ない)でしたし、アパートの家賃も高くなったりで、学生時代に比較して「わぁなんかキツイ!!」と思ったのをよく覚えてますよ(笑。



こんな感じでした。お役に立てば幸いです。

投稿日時 - 2011-08-20 19:08:21

お礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。

学部によって、忙しさが全然違うんですね。
それでもアルバイトをしていた回答者様はすごいと思います。

社会に出たほうが、完全に自立することになるので、生活の余裕はなくなるのが当然なのかもしれないですね。経験談が具体的で、とても参考になりました。ありがとうございました!

投稿日時 - 2011-09-03 04:28:44

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

大学も、学部によって忙しさは大きく違います。
また、学校によっても違いますし、学生がやろうとしていること(教職や司書の資格を取ろうとか)によっても、変わってきます。

また、個人の熱心さや、将来に対する備えに割く時間(スキルアップや資格試験の勉強など)にも影響されます。

アルバイトなんかやってたら卒業できないほど忙しい人もいれば、ほどほど暇な人もいるわけです。
思いっきり暇でバイトにコンパに大忙しってひともいたりしますけどね。

私が親の立場なら、必要十分な仕送りをして無理なバイトをしなくても衣食住は困らないようにしてやりたいとは思いますが・・・そうなったときにできるかどうかは、正直わかりません。
学部によっては学費を出してやるだけでも手一杯かもしれませんし。

あと、奨学金ですが、いまは基本的に返すことになる場合が多いです。
昔は教員や公務員になって社会に貢献すればいいという制度もあったようですが、いまは繰り上げ返済の報奨金すらなくなってしまいました。あと、10年くらいまえから日本育英会でも【有利子】の奨学金をやっています。

借りているときは月に数万だし返せるさと思いがちですが、それなりの額(1万円前後~)を長期にわたって返すことになりますから、正社員になれないと結構痛かったりします。

投稿日時 - 2011-09-01 01:19:38

お礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。

やはり、学部によって忙しさや生活スタイルにかなり差があるのが大学生というものなのですね。
奨学金は、確かに考えて利用しないと、後々大変ですよね…

大学生に限らず、人それぞれだし、計画性が必要なんだということがよくわかりました。
為になる回答をありがとうございました!

投稿日時 - 2011-09-03 04:33:07

ANo.2

本当に勉学に勤しみ、家と図書館と大学をぐるぐる回り、勉強する人は確かに居ます。
一方で単位さえ取れればバイトばっかりとか、女の子と遊ぶ為に大学に入ったなんて男子学生も(ナンパ目的の女子大生も居ますが)。これが最大会派と言えるでしょう。
また大学と家とバイト先をぐるぐる回り、寝る暇を削る苦学生も居ます。
本当にきちんと勉強している場合教授会の話題になり、奨学制度(全額給費とか)や、希望する学部学科への転課試験も可能に(理学部から医学部免疫学専攻に3年次特例転部した場合も)
こうなるとそのまま象牙の塔に入る場合が。

投稿日時 - 2011-08-20 08:37:56

お礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。

大学生は、人によってそんなにも差がある生活を送っているんですね。
何がよいのかは人それぞれですが、驚きました。

為になる回答をありがとうございました!

投稿日時 - 2011-09-03 04:23:25

ANo.1

私は留年率がかなり高い工学系の出身ですが、暇にしようと思えば可能でした。
とにかく、最低限の単位を揃えて卒業しさえすれば良いという考えなら、不可能ではありません。
昼間部なのにバイトで扶養から外れるくらい稼いでいる人も居ました。これは、博士前期(修士)課程も含めた話です。
講義は休みがちで、試験だけ出て可を取るとか、カンニングで何とかするとかしていましたけどね。

結局は、大学に何をしに来ているかですよね。
私は勉強・修行しに行っていたので、卒業に必要無い単位も取りましたし、研究室に所属してからは週6日、平均12時間/日くらいは研究室に居ました。
ずっと勉強していたわけではありませんが、先生やスタッフとの雑談、各種雑用なんかも今の糧になっていると思います。

それ以外に、サークルにも所属してそれなりに活動していましたし、金にならない大学行事にも協力していたので、バイトは長期休暇中の短期バイトか早朝の短時間バイト、授業補助(Teaching Assistant)くらいしかできませんでした。
奨学金は貰っていませんでしたが、仕送りは家賃+食費+書籍代で消える程度で、余暇や飲み代、サークルの活動費分はバイトで捻出していました。サークルといっても、普通の人から見れば「それって職業訓練?」というような活動内容でしたが。(^^;

国立大だったので、これでも生活水準としては中流以上でした。別途、入学金や授業料も払ってもらったので、親には感謝しております。
ざらに、学費は免除、毎月の生活費は仕送りゼロ・奨学金のみで6万円以下(家賃含む、東京郊外)。後はバイトで食つないでいるけど3食摂ると破産するなんて人もいるような環境でしたので。

学会等で有名私立大の学生と接触する機会もありましたが、彼らは明らかに生活水準が高かったです。
世界が違うという感じでした。これは私だけが抱いた印象ではなく、その有名私立大の教授は私の母校OBだったんですよ。で、飲みに連れて行って頂いた時に「君達の気持ちはよくわかる。彼らは違う世界の住人だ」とおっしゃっていました。
私の場合、学生時代は千円でも大金だという貧乏生活でしたので、就職してからは正直言ってお金の使い方がわかりませんでした。貯まる一方。

親の立場から考えると、自分が受けた同等の教育は受けさせてやりたいと計画しています。
しかし、一人暮らしをさせて、私立大に行かせるほどの資金力はなかなか難しいです。1人なら何とかなるかなという感じでしょうか。
理工系の私立では、修士までの6年間通うと学費だけで一千万円を超えることも珍しくありません。一人暮らしの生活費まで考えると、大体この倍。およそ、月割りで28万円の支出になります。

私の場合、さほど高給取りでもないので国公立大限定で誘導しようかと画策しております。これだったら、子供が2人でも何とかなるかなと思います。
そう思えば、親の年代は収入が多かったというのもあるのでしょうが、有難いと思っています。

投稿日時 - 2011-08-20 02:57:44

お礼

お礼が遅くなり申し訳ありません。回答ありがとうございます。

確かに、大学に何をしに行っているか、ですね。
あとは「世界がちがう」というのが、現実ですね。

大学生活を詳しく書いて頂いて、とても新鮮で為になりました。
ほんとうに人それぞれなんだということがよくわかりました。

丁寧な回答下さってありがとうございました!

投稿日時 - 2011-09-03 04:19:21

あなたにオススメの質問