こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

源泉徴収票 23年度?

就職が決まり、今日でバイト先を辞めました。

今日帰る時に源泉徴収票を店長から貰って家で確認したら「222年度の源泉徴収」と書かれていました。これって去年の源泉徴収ですよね?「23年度の今日までの勤務の源泉徴収」を貰わないと確定申告できないですよね?

回答お願い致します。

投稿日時 - 2011-08-20 20:37:20

QNo.6956048

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

確かに、平成23年分の源泉徴収票(平成23年1月1日から、平成23年の最終勤務日までの分)をもらわないと、確定申告できません。

しかしながら、8月の段階では、平成23年と表題に印刷してある源泉徴収票の用紙は、作られていないと思われます。
たいていは、年末調整で源泉徴収票を発行するとか、年末に年収が確定してから発行とかなので。

だから、年の途中で退職する人に発行する源泉徴収票は、前の年の数字が印刷されてある源泉徴収票を使って発行することが多いです。
そういう事で、「平成22年分の源泉徴収票」の用紙を使ってあるからって、平成22年の源泉徴収票を発行されたとは限りません。細やかな担当者だと、「22」の部分を、ちゃんと「23」に手書きやゴム印などで訂正してくれますが(^^;

結論……「平成23年の、今日までの勤務の源泉徴収票」をもらわないと確定申告できないという、あなたの認識は正しいです。
しかし、あなたがもらった源泉徴収票が、平成22年の源泉徴収票と書いてあったからと言って、必ずしも去年の物とは限りません(今の時期の場合)。
源泉徴収票に書かれている数字を見て、平成23年分の収入っぽいなら(学校などで使われている「年度」とは違うい、あくまでも1月1日から始まります)、担当者が気が効かない人だったということで。

投稿日時 - 2011-08-22 17:27:14

お礼

分かりやすい回答ありがとうございます。遅れて申し訳ありません。

投稿日時 - 2011-08-24 23:02:24

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

源泉徴収票の年分が22になってるのは、去年の年末調整で使用したものを使ってるだけの話です。
訂正してもらえば済みます。
年と年度では意味が違いますが、質問意図はわかりますよ。
こういうことに目くじらを立てて、注意されるのも大人げない感じがします。
222年度ってことはないですよね。
ご質問者が2を余分に打ってしまったと同じレベルで、会社が「22年」のを使ってしまったというだけです。

投稿日時 - 2011-08-20 21:38:30

ANo.2

>「222年度の源泉徴収」
って、去年どころか200年も未来の・・・って、ショーもないツッコミから・・・

さて、本題は・・・源泉徴収票の用紙が事業所に交付されるのは11月中旬頃(まだ印刷を発注したばかりか と)、それまでの間は前年分の年度部分を訂正(二本線で消して訂正印)して使うのが普通。

>これって去年の源泉徴収ですよね?
記載された金額が22年のものなら「去年の源泉徴収票」。
今年の収入や納税額が記載されているのなら「”年度訂正が漏れた”今年の源泉徴収票」。

いずれにしても、確認しておきましょう。

投稿日時 - 2011-08-20 20:55:50

ANo.1

>「222年度の源泉徴収」と書かれていました…

本当に 22「年度」って書いてありますか。
個人の税金は 1/1 から 12/31 の「1 年分」がひとくくりで、「年度」4/1~3/31 ということはないはずですけど。

>「23年度の今日までの勤務の源泉徴収」を貰わないと確定申告できないですよね…

「23年度」でなく「23年分」ね。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hotei/annai/pdf/23100051-4.pdf

投稿日時 - 2011-08-20 20:48:15

お礼

間違えました。「22年度」と書かれています。 23年度分の源泉徴収を貰わないといけませんね?

投稿日時 - 2011-08-20 21:32:15

あなたにオススメの質問