こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ベンゼン環の化合物について。

ベンゼン環の化合物について。

ベンゼン環を含む化合物А4.80gを酸化したところ、芳香族カルボン酸В6.64gが得られた。Вを加熱すると、容易に脱水反応が起こった。

化合物Аの構造式を次から選びなさい。


[私の考え]

『容易に脱水反応が起こった』ことから、ベンゼン環の周りの置換基が、近いものだと思い、(1)(2)にしぼりました。

(1)の分子量108
(2)の分子量122
から、molを出そうと思いましたが

その先、どうするのかがわかりません。

わかる方 お願いします(;_;)

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2011-08-26 00:18:38

QNo.6967863

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

こんばんは

化合物Aの酸化により化合物Bになったのですから、AとBのモル数は一緒です。
また、高校レベルではベンゼン環の酸化はすべてカルボキシ基(-COOH)にしかならないので、BはC6H4(COOH)2になります。この分子量を計算し、問題文のg数からモル数をだせば、(1)、(2)のいずれかに一致します。

ちなみに、質問で記述している(1)、(2)の分子量が間違っています。
構造をよく見直して計算し直してみて下さい。

投稿日時 - 2011-08-26 00:33:53

お礼

syoyaku072さん☆

分子量 勘違いしました…。

CH3のまま計算してましたね。

丁寧な解説ありがとうございました!

投稿日時 - 2011-08-26 13:15:41

ANo.1

酸化の前後でmol数は変わらないはずなので、

Aの分子量:Bの分子量 = 4.80:6.64

1~6の分子量と、それを適当に芳香族カルボン酸に酸化した時の分子量を出して、
上記の比に一致するものが正解じゃないですか。
それが、容易に脱水反応が起こる、という条件も考えて。
置換基の距離には惑わされないで。もしかしたら、分子内の脱水じゃないかもしれませんし。

投稿日時 - 2011-08-26 00:31:21

お礼

Dj-Potatoさん☆

ありがとうございます!

納得できました\(^^)/

投稿日時 - 2011-08-26 13:17:15

あなたにオススメの質問