こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

私のせいで赤ちゃんが出来ません。

30歳、結婚4年目です。
同じく不妊治療も4年目です。

先日、初めて体外受精にステップアップしましたが、結果は陰性でした。
ストックの受精卵すら取れなかったので、次回はまた最初から頑張らなくてはいけません。
でも卵子を取り出した所、卵子の状態から自然妊娠は難しいだろうから、今後も体外受精でないと難しいでしょうと言われ、私はそれが分かっただけでもステップアップした甲斐があったなと思っていました。

※私の卵巣年齢も、実年齢より高く、この1年が勝負とのことです。
(主人には問題はありません)


今回の結果が陰性だったことは、私自身もとてもショックでしたが、それ以上に主人が落ち込んでおりどうして良いのか分かりません。

体外受精も100%ではないのだからとちゃんと話していましたが、やはり体外受精というステップアップに期待が大きくなりすぎてしまって居たのだと思います。

私は何を我慢してでも、この先主人との子供が欲しいと思っているので、まだまだ治療を頑張るつもりですが、主人は今回のことですっかり自信をなくしてしまっています。

とても優しい人で、これまで何度失敗してきた時にも「また頑張ろう」と励ましてくれました。
治療費も、とても高いけれど気にするなと言ってくれました。

でも今回のことで、この先本当に授かれるのかと心配になってきたのだと思います。
最近では夜も眠れなくなってきたようで、見ていて本当に申し訳ないです。


数日前、「もう少し治療を頑張ってみるけれど、もしあと1年ぐらいで授かれなかった時には、別な人と結婚してもいいからね」と私が主人に対して言いました。
でも情けないのですが、これは私の本音ではありません。
否定して欲しくて言いました。(そんなこと言うべきでないとも自覚しています)

でも、否定して欲しくて、また一緒に頑張ろうと言って欲しくて、言ったのに主人は何も答えず、考え込んでいました。


私は、専業主婦ですが、お料理も上手じゃないし、片付けも苦手で、妻として1つも自慢できることはありません。
引きとめてもらうような魅力も、何も持っていません。

子供ができないことがすべてではないと、私も主人もわかってますが、今はこの現実にどう向き合って行けばいいのか分からずに居ます。

私以上にたくさん治療を頑張っておられる方がいらっしゃるのも知っています。
でも今は、心が折れそうです。


主人との会話もなく、お互い部屋の中を避け合って生活しています。
とても苦しく辛いです。

早く、主人とまた2人で笑って楽しく暮らせるようになりたいです。
これからどのように気持ちを持てばいいのか、どう主人に話したらいいのか、良いでしょうか。

投稿日時 - 2011-08-29 10:47:21

QNo.6975018

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

30代半ばの主婦です。
体外受精経験者なので、質問者さんのお気持ちはよくわかります。
私ども夫婦の場合は、とくにこれといった不妊原因はお互いに
ありませんでしたが、結婚したのが30過ぎだったため、すぐに専門院に
相談していました。
あせっていたこともあり、治療開始の半年後には体外受精にふみ切りました。
不妊治療の医者は、より実績の高い医院、医師にかかろうと、転院もしました。

結局、子供を授かるのに、体外受精では採卵は3回、移植は6回行いました。
その間、治療に専念するために仕事を辞め、スポーツクラブで毎日汗を流し、
漢方を個人的に処方して貰う、食事療法、サプリメント・・・

ありとあらゆる努力をいたしました。

不妊治療はどうしても、まだまだ女性の方が負い目を感じてしまいますよね。
私の場合は、決定的な不妊原因はないものの、加齢が原因で卵子の質が悪くなって
いたのです。
私も、体外で移植がダメだったたびに、主人の前で号泣していましたよ。
・・不妊の重圧に耐えきれず苦しくて、貴方のように「離婚していいよ」と、
言ったことも何度もありました。

でも、泣くだけ泣いたら毎回思い直して、出来うる努力を最大限、続けました。

そして、治療と並行して、もし子供を授からなかったら、
親に恵まれない子供のために里親さんをやってみよう、
という話になり、いろいろ手を尽くしてその情報を集めたりもしました。

治療も前向きに努力をする・・仮に子供が出来なくてもその後のライフプランに
ついて、二人で前向きに検討する・・

私たちはそうしたことを徹底してきました。
主人も最初は、質問者さまの御主人のように、特に治療に対しても関心はなく、
とても楽観的でした。・・体外がダメだったときは、ショックそうでしたが、
私があれこれ提案していくうちに、いろんなことに関心をもってくれる
ようになりました。

男性には、具体的にいろんな情報をもとに
理屈っぽく説明した方が、納得し、協力を得やすいと思いますよ。

体外受精についてですが、移植1回くらいで落ち込まないでください。
同じ病院で移植を3回失敗したら、すかさず転院してください、なぜなら、
病院によって、医者によっては、排卵誘発の仕方が全く異なります。
誘発によって、卵の質や採卵できる数は全く異なります。

私は、府内で一番の実績のある某不妊治療専門医院に通っていましたが、
4回目の移植がダメだったときに、担当医に「貴方は体外しても妊娠できない可能性が
高い」などと、言われましたよ。
なので、東京の病院・・全国で最も実績をあげている病院に通い治療しました。
すると、たった4カ月で子供を授かったのです。

不妊治療において医者選びは命取りだと実感しました。

貴方さまも、治療を諦めるのはまだまだ早いですよ。

投稿日時 - 2011-08-30 15:50:32

補足

9月6日追記。
しばらく主人と時間を置いていましたが、2人で話をし、また頑張ろうという結論に至りました。

皆様のご回答、本当にありがとうございました。
ベストアンサーを決めるのがとても難しかったのですが、今回は今後また体外受精へチャレンジするにあたって、メンタル面で勇気づけられたinitialtさんをベストアンサーにさせて頂きたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-09-06 11:03:59

お礼

ありがとうございます。
周りの友人たちが次々妊娠していくのを横目に焦る私を、いつも優しく見守ってくれた主人でしたが、ここに来て主人もさすがに焦ったのだと思います。
今、これを乗り越えられないと、2人で一緒に居られなくなる日が来ると思うのです。
だからちゃんと話し合いたいと思います。

1度目の失敗で弱音を吐くなど、甘いと実感しています。
今私にできることを少しずつ頑張ろうと思います。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-08-30 17:15:16

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

私も不妊治療で体外で授かりました。

旦那様、だまってしまったのはあれだけど
それだけあなたの治療に興味があり一緒に落ち込み・・っていうのは
私はとてもいい旦那さまだと感じました。

世の中には妻の治療に興味がなく
採卵した後もテレビゲームやったり
「だめだった・・・」
ってつげても「ふーん」て人もいるようですよ。

それが体外をしたあなたと同様の気持ちで落ち込んだり、
がんばろうって言ったり。いい旦那様だと思います。

離婚してもいいからね、なんて言って否定せずだまってしまったあたりも
体外受精でNGだったどうしようもない旦那様のぐるぐるした気持ちの表れだったのかも。
離婚なんてするはずないと思う。
けどそう貴方に言わせてしまったこととか、子供を持てないショックな事とか
旦那様も色々なやんでるんだと思います。

どうか責めないであげてほしいし、
あなた自身も自分を責めないでほしい。

いいご夫婦だと思うのでまたいちからがんばってください。
一度の体外でなんて無理ですよ。
私は運よく2回目の移植でさずかりましたが、
体外は何度も採卵してる人がいます。

まだそんな話をするのは早すぎますよ。
旦那様、子供すごくほしいんですね。きっといいお父さんになります。

うまくいえないですが、避けあうなんてやめて、一度めんとむかって今思ってることをたくさん話したらいいと思います。

投稿日時 - 2011-09-05 16:23:43

お礼

>旦那様、だまってしまったのはあれだけど
>それだけあなたの治療に興味があり一緒に落ち込み・・っていうのは
>私はとてもいい旦那さまだと感じました。

考え方を変えてみるとそうゆう考え方もできるのだなとハッとしました。
これまで、私一人でひどく落ち込むことも多く、それを淋しく感じた時もあったことを思い出しました。

いつか授かれることを願って、また頑張ろうと思います。
回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-09-05 20:01:27

ANo.7

こんにちは。私も今、妊活中です。

なかなか授かることができないなか、友人や旦那さんの姉の妊娠報告を受けました。
どうやったらできたの?など質問してみると、二人とも、まさかできるとは思っていなかった・・・と。
タイミングも覚えてないほどでした。

そこで、友人の一言が、私の概念を変えました。
友人は「今欲しくなかった」と。

やはり、本当に授かりものなんだなと思いました。
今はまだ、望んでいないというところにもやってくる。

それまでは、うわべだけで、授かりものと思うようにしていた自分に気が付きました。

こづくりを頑張っている人たちも、こうしたからできた!というよりは
そのタイミングがたまたまその時だった、ように思えます。
でも、こうしたからできた!というその色々な努力は素晴らしいと思っています。

体外受精を何度か試みてきた知り合いは、治療休憩中の自然妊娠で授かっています。

人間の体は小宇宙。限りない可能性と神秘を秘めています。

奇跡は起きます。

医者が絶対に妊娠できないと言われた方でも妊娠することができています。

私と一緒にこづくり楽しんでいきましょう!!!

旦那様にも、子供とは、本当に授かりものなんだということをわかってもらいたいです。
一人の人間の生き死にを操作することは誰にもできません。
神様が居るとは思っていませんが、自分が自分を信じてあげなければかわいそうです。

笑う門には福来る☆笑ってください☆

投稿日時 - 2011-08-31 10:58:35

お礼

子作りを楽しんで頑張れていたのは最初の数年だったように思います。
高度治療をしている今、どうしてもそうゆう気持ちになれないことが多いです。

治療を休んでいる間に自然妊娠したという話もよく聞きました。
でもその反面、どう頑張っても授かることの出来なかった人もたくさんいらっしゃることも知りました。
子供が欲しいと願うその全ての人に、奇跡が起こってくれたらいいのにと願うばかりです。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-09-04 21:57:58

長く不妊治療を続けていると、大抵の夫婦はすれ違ってきます。
なぜかと言うと、すれ違いの原因は、思いやりだからです。

>私のせいで赤ちゃんが出来ません。
あなたは、妊娠できないご自分を責めています。
だから、あなたは頑張りたい、頑張らなければならない。
そのためには、一緒に頑張ろうという夫の後押しが欲しい。
でも、あなたのご主人は、そんなあなたが痛々しく見えるのではないでしょうか?
そんなに無理しなくてもいいよ、と思っているのではないでしょうか?

過去を振り返って思うんですが、不妊治療に希望を持って前向きでいられるのは、せいぜい最初の半年くらいです。
後は、期待と失望を繰り返し、自分で自分を追い込みます。
努力している、頑張っていると思えることは、ある面では精神的に救われます。
それがさらに、諦めるという選択が出来ない方向へ、自分を追い込んでいきます。
妻を思いやり、何より2人の生活を大切にしたい夫と、自分を自分で責め、追い込まれていく妻の間には、必ず溝ができます。
夫婦でよく話し合ってと、人は簡単に言いますが、思いやりとすれ違いの中では難しいことです。

>主人とまた2人で笑って楽しく暮らせるようになりたいです。
そうですね。
これが最優先ですね。
体外受精をさらに続けられるにしても、「何を我慢してでも」ではなく、まず2人で笑える暮らしを大切に。

ところで、先日も体外受精の悩みで質問回答がありました。
ご参考まで。
http://okwave.jp/qa/q6973366.html

投稿日時 - 2011-08-30 02:16:02

お礼

おっしゃる通り、主人に対して申し訳ない気持ちと、私は頑張らなくてはいけないのだと言う思いに、押しつぶされそうです。
これまで、主人の中に子供のいない人生など、考えたことはなかったのだと思うのです。
いつかはできる、体外受精をすればさすがにできるのではないか、と、考えていたのだと思います。

これ以上、夫婦の間に溝が出来る前にもう一度主人とも今後のことについて話し合ってみようと思います。

http://okwave.jp/qa/q6973366.html
こちらは、拝見しておりました。
himeさんのご回答も拝見しております。
何度も繰り返して読ませて頂きました。

これまでも十分幸せだったのに、1つ人並みにならないことがあるとこんな風になるのかと、なんだか少し思い知った気がします。

私達夫婦の答えが、同じ方向に進むことを願って、また頑張ります。
ご回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-08-30 02:47:21

こんばんは。同じ女性として、御辛い心中、お察しいたします。

私はあなたと同じ世代の独身女性ですが、いろんな人を見てきました。

『自身の中絶経験から、一生独身を貫くと決めた女性』
『奥様だけのの強い意志で人工授精に取り組み、夫婦仲が壊れた夫婦』
『40代で子宝に恵まれない夫婦で、一見仲睦まじい夫婦だけれど、旦那様は周りの出産にナーバス』『奥様が仕事一筋だったため、40歳目前まで、出産を望まず、それを10年見守り続けてきた男性』

世の中にはいろんな形があります。
人それぞれ、置かれた環境が違うので、幸せはその環境の中から自分で見定め、得ていかなければなりません。

私は今、質問者様とご主人様は、ご夫妻にとって、何が一番幸せなことなのか、きちんと見定めるべきだと思います。
旦那様にとって、あなた様にとって、ご夫婦にとって、本当の幸せが何なのか、

まずは、急がず、きちんと答えを出して取り組んでみられてはいかがでしょうか。
幸せの形を、一つに断定せず、あなた方ご夫婦に見合う幸せを見出されることをお祈りしています。

お体には、くれぐれもご自愛ください。
ご自分を責めないでくださいね。

投稿日時 - 2011-08-30 01:47:36

お礼

主人ともう一度話し合ってみようと思います。
私にとっては子供のいない人生もあるのだろうと、不妊治療をスタートしたときから少しずつ覚悟をし始めていましたが、主人にとってはまさに今回、意識させられることになったのかもしれません。

2人で笑って過ごせる毎日が、それだけでどれだけ幸せなのかと気づきました。
できれば主人も同じように考えてくれたらいいなと願うばかりです。

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-08-30 02:37:24

貴女が「別の人と…」と言った事に、
ご主人は傷ついたのですよ。


決して「それがいいかも」と思ったわけではありません。


そこを考え違いしないでくださいね。

申し遅れましたが、私は40代の主婦です。私が原因で子供ができません。


なので、貴女の気持ちはよくわかるつもりです。

今は、まだまだ不妊治療を頑張っていこう
という段階だと思いますが、
それで夫婦生活がいっぱいいっぱいになってしまっては
お互いに辛いばかりです。

結婚したのは、子供を作るためだけですか?

その辺りをよく考えて、二人で幸せでいるために何ができるのか、
というところに戻りましょう。

必要なら
「子供は諦める」
という選択肢もあるのですよ。

とにかく、貴女は思い詰めないで!

色んな形が、夫婦にはあるのです。

投稿日時 - 2011-08-29 12:12:43

お礼

>貴女が「別の人と…」と言った事に、
>ご主人は傷ついたのですよ。

そうであってくれたらいいなと願うのですが、原因が私にある以上、やっぱり私じゃない他の人とだったら出来ると言うことを、彼は少なからず考えているのだろうなと思ってしまうのです・・・。
私は病院に通い始めた時から、心の準備がスタートしましたが、主人は最近やっと分かり始めたのかもしれません。
温度差があるのかもしれないですね。

夫婦には色んな形があるのだと、私自身ではもう十分に理解できていますが、主人はこれから考えるのかもしれません。

ゆっくり彼の答えを待ちたいと思います。
そして私も努力したいと思います。

ご回答、本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2011-08-29 19:19:59

ANo.2

いまあなたに必要なのは心を静めることです。

思う内容が良いことでも悪いことでも
この凝り固まった「念」はダメです。

かたつむり枝に這い、神は空にしろしめす すべて世は 事もなし

目を閉じて息を深く鼻から吸い
口でゆっくりはきながら
人間の小ささと世界の流れを想いながら
苦しみも悲しみも人の定めであると開き直り
なおかつ上を向いて祈ることです。(別に宗教じゃないですが)
あなたが本当に欲しいのは幸せであって子どもではありません。

宝くじや事故と同じで
願ったからうまくいくと思うのは人間の幻想です。
付き合って頑張っている旦那さんも大変でしょうが
「まあいいや」と互いに言わないとストレスで病気になっちゃいますよ。

心が広く穏やかになれば
体の状態も良くなります。
「得たい」「欲しい」という我慾から離れ
「共にありたい」「幸せにしたい」という善の心でいてください。
何事もなるようになるのです。
人間なんだから
出来る限りでいいのですよ。

投稿日時 - 2011-08-29 11:51:53

お礼

おっしゃる通り、今の私は欲望の固まりです。
今のままでも十分幸せなのに、どうしても周りと比べて子供がいないことに劣等感を感じてしまいます。
自分でもあきれるぐらい、気持ちが行き詰っていると感じます。

毎日に感謝して心穏やかに過ごしてみます。
深呼吸してみます。

ご回答、本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2011-08-29 19:25:25

ANo.1

こんにちは。

結婚して3年程治療していた者です。

私は昔から生理不順だったのもあり、かかりつけの何でも相談できる産婦人科の先生がいたので結婚したらすぐに妊娠したいと思って指導を受けていました。

最初は基礎体温をつけたタイミング法ですぐに妊娠したものの初期流産。それからなかなか出来ず体外を薦められました。私は意外と何の抵抗も無かったですし、とにかく年齢が勝負だと分かっていたので即決しましたが、治療は心身両面で辛かったです。

私も自分が排卵が上手くいかないのが原因と分かっており、主人も自分に問題が無いのが分かっていたので、相手へ申し訳なく思う気持ちと同時に、主人への治療に対する自分との感覚の違いにもストレスが溜まったりしてしまいました。

自分のせいだから仕方ないとは言え、フルタイムで仕事をしながらの通院はとても大変ですし、採卵・移植の際の身体的な辛さもあります。そして思うように一つずつの段階がうまくいかなかった時の落ち込みなどなど・・・本当に心の中はいつも色んな感情が渦巻いている感じでした。

いくら大変だと言っても、主人は男性ですし、自分が注射したり麻酔したり薬を飲んだりするわけじゃないので大変さを実感させるのは無理です。普通に考えれば分かる事なんですが、
「二人の事なのに、どうして自分だけがこんなに思いつめて苦しまなければならないの」
なんて、一人で涙することもありました。

そして、質問者さんのように、採卵したけれど、いい状態のタマゴが取れなかった、取れたけれど上手く分割できなかった、分割したけれど子宮の状態が悪くて移植が延びたなど、色んな理由で落ち込みながらも、また次の体外へ向けてやるしかないと自分を奮い立たせる日々が続きました。

私も体外をすればすぐ出来るなんて思っていましたが、友人も含め何度も失敗しては落ち込み、また頑張るという日々を送っています。
この治療をしていると、ゴールの見えない頑張りを続けなければならない焦りと不安に押しつぶされそうになってしまうこともあります。
でも、本当にその度に落ち込んで、また次に向かうしかないんです。

私もそんな思いを抱きつつ、この度33歳で妊娠できました。今は誕生日が過ぎて34ですが・・・。

質問者さんは、体外に早い時期にステップアップしたというだけでも随分妊娠に近づいたと思いますよ。
体外に抵抗があったり、旦那様が同意してくれないなど、体外にすら進めないで悩んでいる方も見ます。

あくまで私の考えですが、質問者さんの仰るように、私もステップアップした事で少なくともそれでなければ妊娠しにくいという事実が分かっただけでも治療には大きいと思います。

私は体外4回目で授かりました。1回目というのはショックも大きいかとも思いますが、必ずいつか望みが叶えられると信じて頑張ってください。月並みに頑張ってくださいとしか言えませんが、治療を続けた経験者として一緒に頑張っていきましょう!!きっとやってきてくれますよ。

旦那様はとても優しい方ですね。そういう言葉をかけてくれる方なら、きっとあなたの事そっと支えてくれ続けると思いますよ。私もイライラして、ひどい事言ってしまったりしたことありますもん。
こういう時に支えあって乗り越えるのが夫婦ですから、きっと乗り越えて可愛いわが子に会える日が来ますよ。

投稿日時 - 2011-08-29 11:23:55

お礼

今、主人の仕事の関係で海外に住んでおり、日本人も少ない中で、不妊治療をしている人もまた少なく、不妊治療をしている人の中でも体外受精までして授かれない状況は、私だけなので、どうしても私自身の視野が狭くなってしまっていたところが有ったと思います。
主人には、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいですが、もう少し彼の答えを待ってみようと思います。

同じく体外受精を経て妊娠された話を聞いて、励みになりました。
いつか私もrodoさんのようになれる日が来ることを願って頑張ります。
ご回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-08-29 19:40:10

あなたにオススメの質問