こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

愛犬を安楽死で見送りましたが、立ち直れません。。。

愛犬を3日前に安楽死させました。
ずっと看てもらっていたお医者さんの判断で、手術後の感染症でこれ以上は苦しいだけとのことで決断して見送りました。
しかし、愛犬は頑張りやでもあったせいか、ぐったりしてはいたものの最期まで自分で動くことが出来、それが自分の決断でいなくなってしまったことが悲しいのか、立ち直れません。動けても呼吸も苦しく餌も水も戻してしまうので、結局注射で補わないと生きていくのは難しい状態でした。たまたま他の病院の先生に診てもらった際、そちらでも今生きてるのはかなり厳しいという判断だったので誤診とも思わないし、正しいと思っています。
でも後から後からもっとこうすれば良かった、こうしてあげたかったと後悔が募るばかりで、誰とも会いたくないし、急に涙が出て、仕事も出来ず参っています。早く復帰しなければと気持ちは焦るのですが、愛犬がいないならもう仕事も辞めてしまいたいと思ったりしてまずいなと思っています。。。
愛犬は大人になって飼ったこともあり、私にとっては弟であり、子供のようでもあり、彼氏みたいなものでした。喪失感が大きくてどうにもなりません。

同じような経験のある方やご理解頂ける方のアドバイスが頂ければ助かります。どうかよろしくお願いします。

投稿日時 - 2011-09-01 16:09:28

QNo.6982350

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

私も以前、14年半の愛犬を亡くしました。
心臓弁膜症を患いながらも長生きしてくれました。

横になるのがしんどそうで、ちょっと様子がおかしかったので病院へ連れて行きました。
腸の力が弱くなって便秘になり、お腹が痛かったためだとわかりました。
なにぶん高齢犬だったのであまりキツイ薬の処方はせず、できるだけたくさん水を飲ませてやりなさいと言われて帰ってきました。

もともと屋外で飼っていたのですが、その夜は玄関の中に入れて寝ました。
翌朝、起きるとおしっこの上に寝ていました。
夜中に動けなくて漏らしてしまったのでしょう。
早速お風呂に入れてきれいに流し、乾かしながら水に大好きな牛乳を入れて飲ませました。
水はあまり好きではなかったのですが、牛乳は大好きだったのでガブガブ飲みました。

その後、近くの草むらで散歩していたら突然倒れてしまい、そのまま息を引き取りました。

私が水に牛乳を入れて無理に飲ませたから、心臓に負担がかかって死んでしまったのではないか、と自分を責めました。
なかなか立ち直れず、もう二度とペットは飼わないと心に誓いました。
皆さんがおっしゃっているように、どんな形で亡くなったとしても後悔はすると思います。

昨年たまたま迷子犬を保護して、飼い主が現れなかったため家族となりましたが、16年経ってやっと飼う気持ちになったという感じです。
今は、前の犬にできなかったことをいろいろしてやろう、少しでも悔いの残らないように可愛がってやろうと思っています。

いつの日か、質問者様にもそんな日がくると思いますよ。
その日まで亡くなった愛犬のことを思い出して、泣いてもいいと思います。
(私はこの文章を書きながら思い出して泣いています)

身体はなくなってしまったけど、質問者様の心の中にはずっと生き続けているのです。
ずっと傍にいてくれているのですよ。
少しでも早く立ち直られることをお祈りしています。

投稿日時 - 2011-09-02 19:02:42

お礼

貴重なご体験、ありがとうございます。16年ですか。。。
>その日まで亡くなった愛犬のことを思い出して、泣いてもいいと思います。
>(私はこの文章を書きながら思い出して泣いています)
こちらの言葉にすごく慰められました。。。とてもとても判ります。私もしばらく何年もそうかもしれませんが、それでもいいのかなって少し思えました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-09-03 14:37:40

このQ&Aは役に立ちましたか?

10人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

わんちゃんは幸せだったと思いますよ。そんなに思ってる飼い主に飼ってもらって! 保健所で殺されてしまうより.人間に可愛い可愛い言ってもらって死んだ方が幸せですよ!

投稿日時 - 2011-09-03 09:22:04

お礼

そうですね。老犬でしたが最期までかわいかったし、亡くなってもまだかわいいです。。。ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-09-03 14:39:26

http://okwave.jp/qa/q6965387.html

最近の質問回答で、安楽死を選んだほうが良かったのでは?と後悔されている方のご意見を拝見いたしました。
looxlooxさんは、愛犬を安楽死させなければ、最後まで苦しませたことを後悔される方でしょう。
後悔は、どちらを選んでも同じですよね?

私の飼っている犬も、安楽死を考えなければならない時が間近かに来ています。
結論がどう出せるのかは、まだわかりません。
どちらに決めても、その後悔に悩むことになるでしょう。
でも、私は想像しています。
会話の少ない私たち夫婦が、毎日2人で一緒に笑える暮らしをさせてくれましたからね。
最初は泣くだけ泣いても、そのうち、思い出すたびに笑顔になる時のほうが多くなるだろうと。

まだ3日です。
一番つらい時です。
でも、しばらくして少し落ち着いたら、また犬を飼うことを考えて見てください。
今は募るばかりの後悔、そして愛犬があなたにくれたものを、新たに出会う犬に生かしてあげて下さい。
そうすることで、失った愛犬との日々が、あなたにとって豊かな経験となり、大切な思い出になって行きます。

投稿日時 - 2011-09-02 19:01:43

お礼

リンク先、拝見しました。参考になります。うちの子はこちらの方が書かれている状況は皮膚病以外はすでにあり、おしっこもカテーテルでとっており、おしめもしていました。でも、本人が頑張れるのであれば生かしたかった。。。確かにどちらを選んでも後悔なくとは行かなかったでしょうね。まだぐらぐらしていますが、皆さんのご意見を頂けて少し落ち着けます。。。ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-09-03 14:33:48

ANo.5

3日間苦しみもがいて死んでゆくなら、その3日間苦しまずに亡くなったほうがいい。
私はそう思います。

投稿日時 - 2011-09-02 01:44:25

お礼

私も頭ではそう思えていたのですが、実際だと割り切れなくなってしまいました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-09-03 14:27:58

ANo.4

ペットを飼っている限り、どんな亡くなり方をしても後悔はすると思うんです。
いろいろ手を尽くしても、安楽死を選んでもどちらも悲しみは変わりません。

残酷のような気がしますが、日が立てばよい思い出に変わる時が必ずやってきます。
今は亡くなったばかりで心苦しいと思いますが、亡くなったワンちゃんも
飼い主さんが元気でいてくれることを望んでいると思いますので、
今は泣きたいだけ涙を出し、早く元気になって下さい…
ワンちゃんも貴方の笑顔を天国から待っていると思います。

投稿日時 - 2011-09-01 20:11:02

お礼

>どんな亡くなり方をしても後悔はすると思うんです。
そうなのかもしれませんね。最期まで側で見届けていたので直接手を下してしまった感じが辛くて。。。お言葉、ありがとうございます。

投稿日時 - 2011-09-01 23:31:30

ANo.3

3日前ですか..残念ですね。
貴方の気持ちは、とても理解出来ます。
私も、3年前に癌で見取り13歳で死んで逝った愛犬を
未だに、時々ですが、「あ~安楽死した方が楽だったかな~」と
思ってます。

これ、最後まで看取ろうが、安楽死しようが
どっちにしても、「こうすれば良かったか?」と
迷うものだと思います。

私も、貴方の立場でしたら、安楽死していました。
正しい判断だと思いますよ。
きっとワンちゃん、貴方に感謝してますよ。
「今まで、飼ってくれてありがとう」て。

立ち直るまで大変ですが、頑張って下さい!
私は、半年かかりました。
愛犬を思い出しては、ぽろぽろ泣いてばかりで。

3年目で、やっと新しい愛犬を迎え入れ、今、とても充実してます。
やはり、犬に癒され、元気を貰ってます。

貴方も、今は犬飼う気になれないと思いますが
時間が解決してくれます。

ペットロスが、重い様でしたら、新しい家族を
迎え入れる事をお奨めします。

投稿日時 - 2011-09-01 18:41:23

お礼

うちもちょうど13歳でした。確かにどちらを選んでもペットロスはやってくるんでしょうね。。。半年ですか。今、私が辛いのもまだ仕方ないのかな。お話、聞けてよかったです。ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-09-01 23:28:56

ANo.2

愛犬をそれ以上苦しませず見送る判断は正しかったと思います。
ペットロスは、短期間に収まるものではありません。私は、何匹も送っています。
先代犬    :交通事故 一歳直前
先々代犬   :老衰 17歳
先々々代大  :フィラリア年齢不詳
先々々々代犬 :老衰
 いずれもペットロスはありました。しばらく飼えなかったこともありました。今の犬は、先代犬を事故で失って、すぐ飼い始めました。
 一番よい立ち直り方は、次の犬を飼うことです。

 失った愛犬の代わりに、あなたが幸せに生きなくっちゃなりません。また愛犬を本当に懐かしんでくれるのはあなただけです。忘れてはいけません。

 私と同じシェルティのブリーダーさんのサイトですが、
青い瞳のマリンvol.1|MY DOG|犬を飼おう! ( http://sheltieworld.jp/rainbowbridge/index.html )
 

投稿日時 - 2011-09-01 17:33:16

お礼

サイト、見てみました。涙なくして見れません。。。とても次の子を受け入れる気持ちにはなれませんが、そんなときが来るのでしょうか。。。ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-09-01 23:25:43

ANo.1

過去に2頭のポメを看取っています。

2頭目の子は、老衰による病死でしたが、初めの子は質問者さんと同様に私の判断による安楽死でした。

安楽死の判断は確かに辛いものです。
ですが、その判断が出来るのは苦楽を共にしてきて、愛犬の気持ちを一番良く理解してあげられる飼い主だけだと思います。

愛犬は飼い主に飼われた瞬間から命を飼い主に預けています。

最後の最後に貴方に判断してもらえた事は、ワンちゃんにとっても幸せな事だと思いますよ。

愛犬の事を無理に忘れようとする必要はありませんが、少しずつでも前を向いて歩きだすべきですよ。

何年もの愛犬のと生活から色々な事を学んだし、楽しかったり辛かった経験も多々あったでしょう。
愛犬が天に旅立った後の、虚脱感・脱力感・無気力感は飼い主であれば大なり小なり皆さんが経験される事です。

それらの辛い思いを乗り越える事で人間としてひと回り大きく成長できます。
この人としての成長が、可愛がって育ててくれた愛犬からのプレゼントなんですよ。
せっかくの愛犬からのプレゼントなんですから、質問者さんも確りと受け取ってあげましょう。

貴方が愛犬の死を乗り越え、新しい人生に一歩踏み出す事が愛犬にとっての一番の供養ですよ。

死してなお、愛犬が可愛いと思うのであれば、その一歩を踏み出しましょう!!

投稿日時 - 2011-09-01 16:31:07

お礼

愛犬は確かにいろいろなことを教えてくれました。そのことを思い出します。いなくなってももちろん今なおかわいさは募るばかりです。。。励ましのお言葉ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-09-01 23:23:33

あなたにオススメの質問