こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ぎっくり腰が治ってない?

1週間前にぎっくり腰になり3日間寝ていました。バイトをそれ以上休めなくて4日目には復帰しましたが かなり腰が痛いです

私は先月からペットショップでバイトとして働いています。仕事は重いゲージを動かしたり 中腰で荷物を運んだりしますが ぎっくり腰になる前の日まで腰が痛くなることはありませんでした。

しかしぎっくり腰になって痛みがひき 仕事を再開したら ちょっとした荷物の移動や階段の上り下りまで腰が痛くてたまりません

完治していないのでしょうか?またこの状態は腰になにが起きているんでしょうか?病院にいかなくてはならないと思いますがかなりお金がないのであらかじめどれくらいかかるかここで聞いて色々覚悟してからいきたいんです…

自宅でぎっくり腰になったため労災は降りません。そもそもバイト期間内は各種保険はないといわれたのでないかもしれませんが

とにかく国民健康保険は入ってる状態です

バイトは辞めたいといいましたが「若いんだからサポーターでも巻いて頑張って」と取り合ってくれませんでしたが このまま続けて腰が悪くなるくらいなら無理矢理でも辞めるつもりです

投稿日時 - 2011-09-07 23:20:42

QNo.6996539

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

病院などに行かないのであれば湿布を貼って安静にして痛みが無くなるのを待つしかないですね。

痛みがあるうちに動けば痛みが増す(炎症が広がる・強くなる)のです。

炎症というものは安静にして刺激を与えなければ時間とともに軽くなります。(ぎっくり腰などの場合)

しかしぎっくり腰やその他の腰痛には仙腸関節の機能異常を伴っている事が多いです。炎症が引いても腰痛になり易い状態は変わらないので何かのきっかけで腰痛を引き起こします。(ふつうは腰痛にならないような動きでも腰痛になったりします。)

この仙腸関節(骨盤にあります)機能異常を改善するのは残念ながら自分ではできません。専門家に任せるしかありません。

ですからこの質問文の答えとしては痛みが引くまでは安静にしている事しか言えません。痛みが引けば動けるようにはなります。(あせらないで、安静にしていましょう。炎症があるうちに動くとまた悪化します。)

お大事にしてください。

投稿日時 - 2011-09-08 15:28:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

こんにちは。

自分の体に何が起こっているかわからない痛み、不安でお辛いですね。
治療にどのくらいの期間や費用がかかるかは痛みを起こしている組織とその状態、増悪軽減要因、生活習慣(姿勢、仕事内容、睡眠時間、食事、呼吸方法など)によって個人差がありますので、ここでは痛みを引き起こしている可能性を書かせていただきます。

腰の痛みは筋・靭帯・関節・椎間板・神経などあらゆる組織が痛みを引き起こされます。

1. 筋のスパズム(脊柱起立筋、腰方形筋、腰仙部分節間筋など)
2. ストレイン・カウンターストレイン(腸腰筋など)
3. トリガーポイント(上述の筋など)
3. 椎間関節捻挫
4. 仙腸関節捻挫
5. 椎間関節症候群
6. 仙腸関節症候群
7. 椎間板症候群
8. 椎間板ヘルニア
9. メイン症候群

細かく列挙すれば限がありませんが、痛みを起こしているものとして上記のものが考えられます。また、なぜこのような状態になってしまったかは、下肢交差症候群などに代表される姿勢や上下肢の問題、運動連鎖の異常などがあります(これは早期回復とひいては再発防止の予防につながります)。

問診・検査にしっかり時間を費やしてこれらの事を調べ、質問者さんが納得いくまで説明してくださる専門家を受診されることをお薦めします。
早期回復をお祈りします。

投稿日時 - 2011-09-08 12:35:34

ANo.3

ギックリ腰には、大きく2種類あります。

世間一般(整骨院など)で言うギックリ腰は、筋肉の短縮。

整形外科で言うギックリ腰は、椎間関節(腰骨と腰骨の間)の炎症です。

筋肉の短縮であれば2・3日で治ります。よく一発で治ったと言われるのがこれで

ふくらはぎがつった!と同じ状態です。

問題は椎間関節の炎症です。1週間で悪化しているのは、このせいです。

整骨院もピンキリで、椎間関節の事を治せるのは1%に満たないでしょう。

o120441222さんの言われる様に、整形外科受診を勧めます。

コルセットも症状にあったモノでないと意味がありません。

的確な診断をしてもらい、適切な処置をしましょう。

保険診療なので、そんなに負担はないと思います。


o120441222さんの回答は、このカテではダントツです。

よく読んで参考にしましょう。

投稿日時 - 2011-09-08 08:25:00

ANo.2

>またこの状態は腰になにが起きているんでしょうか?

一口に腰痛といってもその種類は様々あります。例えば変形性腰椎症、すべり症、腰椎椎間板症、分離症などです。足にも症状があればヘルニア、脊柱管狭窄症なども候補に入ってきます。全身的な基礎疾患で言えば骨粗しょう症などです。難治・慢性のぎっくり腰はこれがベースになっていることがあります。検査診断には必ずレントゲンが必要ですので、早めに整形外科に行かれてみてください。

治療方法はお薬、電気や牽引などのリハビリ、鍼治療などです。良くなって来れば腹筋背筋をしっかり鍛え強い腰回りを作りましょう。受診されるまでは湯船とアルコールにお気を付けください。炎症が悪化しますので。


まずは正しい診断からです。レントゲンとは病院でしか撮れませんので、整体、整骨院ではなく必ず整形外科を受診されてください。お大事にどうぞ。

投稿日時 - 2011-09-08 00:12:00

ANo.1

ぎっくり腰は基本的に一週間で良くなります。痛みが軽減しない理由として、(1)腰椎周囲の筋力が弱い、(2)腰周囲の筋力(殿筋・背筋等)が弱い、が考えられます。もしくは、脊椎に異常があるのか。
整形外科へいき診てもらうのが確実だと思います。
お大事にしてください。

投稿日時 - 2011-09-07 23:37:54

あなたにオススメの質問