こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

生きがい やりがい

私は20代半ば男です。

年収350万円程度、仕事にやりがいがありません。既に、私より優れた技術を持っている人間はおらず、ある程度、極めてしまいました。ちなみに、仕事は黒豚の生産です。自分で言うのも恥ずかしい話ですが、仕事においては、誰からも絶対的な信頼と評価を頂いています。なにをやっても出来てしまい、出来なくて悔しい…ということもありません。
毎日、同じ事の繰り返しで、何が楽しいのか分からなくなってしまいました。心に穴が空いた状態です。

皆さんの生きがいはなんでしょうか?仕事のやりがいはなんでしょうか?教えて下さい。

投稿日時 - 2011-09-17 15:42:33

QNo.7016901

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

仕事のやりがいって自分で工夫して作っていくもんなんじゃありません?

同じことの繰り返しで単調だったら、違うことに挑戦してみるとか?

事業を拡大するとか、黒豚の生産を海外でするとか、あなたの仕事を代わりにやってくれそうな人材の育成とか、素人のわたしが言うのもなんですが、業務に通ずれば通ずるほどいろんなアイデアがわいてくるでしょうし。

本当にその仕事、あなたは好きなんでしょうか?
ただ、自分にできるからという理由だけでやっていませんか?

投稿日時 - 2011-09-17 18:50:00

お礼

回答有り難うございます。今の仕事がスキか?と聞かれると、スキではありません。

特に、やりたいこともありません。

いろんな職種の社長やオーナーに、うちにこないか?と誘われますが、とくに魅力を感じたこともありません。

投稿日時 - 2011-09-20 13:22:50

ANo.6

やりがいを感じて仕事されている方もいますが、そうでない人の方が多いのが現実です。

質問者様は何を求めているのでしょう?
お金ですか?
それともやりがいですか?

今の仕事で仮に700万もらえたらどうでしょう?
少しはやりがいを感じるでしょうか?

思い切って高給な職に就くのを考えてみてはいかがでしょうか?

やりがいのある仕事を見つけるのは正直難しいと思います。
ですが、稼いだお金を自由に使えれば、そこで人生の生きがいを見つける事が出来る可能性があります。

世の中にはサラリーマンでも億稼ぐ人がいます。
そこまでいかなくとも、数千万稼ぐ業種へ行かれてはどうでしょうか?

金融関係で探すとありますよ。
かなり優秀じゃないと難しいですし、精神的にもかなり大変ですので、ある程度覚悟が必要です。

個人的には質問者様の職場で勤めあげれば良いと思っています。
周りから信頼されているのであれば、仕事もやりやすいでしょうし、良い企業、良い人間関係を築けているのだろうと思います。

良い企業というのは、なかなか少ないものです。
今の所でやりがいを探すのも1つではないでしょうか。

投稿日時 - 2011-09-17 17:49:47

お礼

回答有り難うございます。
私は、高額な給料が 欲しいわけではありません。差が欲しいのです。

投稿日時 - 2011-09-20 13:19:36

ANo.5

今の仕事をある程度極めたと思うのであれば、また次の新しい自分が興味があり、やってみたいことを見つけて挑戦すべきだと思います。

私も社会人になってからデジタル印刷の世界に入った時スキャニングの技術を究めたいと思って写真集にスキャナディレクターとして名前が印字されるまでになりました。(普通スキャナディレクターなんて肩書でクレジットされることはまずないことなのですが・・)

次はプリンティングディレクターというステップもあったのですが印刷の世界より時代の新しい流れでやってきたインターネットの世界に魅力を感じ、またもっとクリエイティブ最前線でトップクラスのクリエイターたちと働きたいと思い、2000年に制作管理としてとある小さなベンチャー企業であるウェブデザイン会社に入りました。

ラッキーなことに雑誌の表紙を飾るような有名なウェブデザイナーがたくさんいる会社で1年で日本でも指折りの有名な会社になり、私もそこで切磋琢磨してプロジェクトマネージャとしては一応大企業相手に一通り仕事をこなせるようになりました。(給料も32で年収600万ぐらいもらえ、仲間も頭も人間性もよく個性もあって最高でした)

しかしせっかく心身削って苦労してサイトを完成させ、社内外でも評判の良かったのにまた数か月で改編になってしまうことにむなしさを感じ、人生一度きりなので、心にひっかかっていた子どもの頃からの夢、漫画家になることに挑戦するためそこを36の時退職しました。
(30の時一度小学館に持ち込み作品を見てもらい4年もがんばれば漫画家になれるだろうと言われたことも自信の一つになっていました)

以来、40を過ぎた今でもウェブサイト制作の仕事や警備員、検品整理、肉体労働など派遣や時にはフリーで食いながら漫画家を目指して生きています。(今はウェブ制作の講師をしています)

とまぁ、私はそんな感じです。常にやりたいこと、達成したいことが明確にあるのでその点においては幸せな人間かもしれません。(36の時理想の会社を辞めてからはずっと底辺的貧乏ですが(笑))

あなたは私と同じタイプかも。何かを達成したらまた次のステップを探すような・・。

自分で黒豚の生産事業をやる気が起きないのであれば新しい道を探してはいかがでしょうか?

(ただし私が実感したことは、新しい分野で一から勝負するのってやっぱり30半ば過ぎてからだと超きびしい・・という点。いまだに以前のウェブ技術で食っている点からも。でもあなたはまだ若いからやる気さえ確かならまったく問題ないでしょう)

投稿日時 - 2011-09-17 17:14:11

お礼

回答有り難うございます。確かに、お金に価値はないのかもしれません。

投稿日時 - 2011-09-20 13:18:26

ANo.4

40代半ばの、学校用務員をやっている男性です。用務員といえば、楽な仕事と思われがちですが、サボろうと思えば何ぼでもサボれるし、仕事を探せば、いくらでも転がっている。一つの学校に、正職ひとりバイトひとり、男女各1名ですから、頼られだしたらきりがないという職種です。
私が常に心がけていることは、木の剪定にしても、去年と全く同じやり方では満足しないことです。何か、工夫を付け加えていく。あるいは、こうしてうまくいったのは、こういう理由からだ。駄目だったのは、この理由からだ。それを、環境整備記録帳というノートにつけます。植物界、それに学校というものは一年周期で変わっていくものなので、去年のノートを見れば、今年の計画も立てやすいし、反省材料にもなり、自己満足ですが、年々技術は向上してきたと思ってます。
そういう私は、11の時、交通事故に遭い、右手足に軽い障害を抱える者なのですが、手先は不器用で、仕事は遅い。きれいな作品を作るという事は無理だが、元に戻す=修理することなら、時間はかかれどできます。普通のやり方はできないけども、自分にできる7やり方を工夫してします。専門業者ではないのだから、時間は要求されないのでね。むしろ、業者に頼む前に、ウチの用務がやってくれたら、安くつく。というか、自分から、どんな事でも、まずは修繕依頼書なるものを用務まであげてください、という体制を作りました。九割方は直してます。
木の剪定においては、同じ種類の木でも、生育環境、年齢、その他もろもろにより、一本一本やり方が異なり、それを考えていくことが、やりがいになっています。
黒豚の生産、ということは、育てているわけですね?植物の剪定より、気を配ることは多いと思います。私の場合、目につきにくいことを注意してやっているので、自己満足じみたものがあります。そんなに気にしないでも見える変化、これにだけ注意して、毎日毎日同じ仕事をする、というのではつまらないと思います。極めたつもりの仕事でも、更に研究を重ねていく。その結果、少しでも良いものができれば、喜ばしいものです。
学問に王道なし、といいますが、これはあらゆる世界に言えると思います。

投稿日時 - 2011-09-17 17:06:37

お礼

お礼が遅くなり、申し訳ありません。

貴重な人生経験を有り難うございます。

投稿日時 - 2011-09-20 13:17:33

ぼくは27ですが、仕事にやりがいや生きがいを持ってはいません。

哲学書など読んで人生の意味について勉強してみてはいかがでしょうか?

因みにウィトゲンシュタインは人生の意味は幸福になることだと言っています。

投稿日時 - 2011-09-17 15:58:02

お礼

回答有り難うございます。

確かに、大切なのは幸福なのだと思います。

投稿日時 - 2011-09-17 20:08:09

ANo.2

地元で美味しいと評判の豚カツ屋に食べに行ってみてはいかがですか?
貴方のお仕事が,最終的に人々の幸せにつながっていることを実感されたら,見方が少し変わるかも知れませんよ。
調理師の腕がいくら良くても,食材そのものの良さには敵いません(調理師の方ゴメンなさい)。
美味しい料理をいただく時,人生最高の幸せを感じます。そして調理をしてくださった方,食材を生産してくださった方,飼料を作ってくださっている方,そして豚さん,みんなに感謝です。
「いただきます」「ごちそうさまでした」

今夜はちょっと贅沢に豚カツを食べに行こうかな?

投稿日時 - 2011-09-17 15:56:36

お礼

回答して頂き、有り難うございます。
なんだか、心が和みました。そうゆう考え方もありましたね。忘れていました。
感謝です。

投稿日時 - 2011-09-17 20:07:10

ANo.1

> 既に、私より優れた技術を持っている人間はおらず、ある程度、極めてしまいました。
ふむ、ではご自分の技術だけで、養豚業として自立できるのでしょうか?
自立出来るのであれば自立した方がいいでしょう。
そうすれば事業拡大も思うままです。
   
自立出来るだけの様々な知識がないのであれば、それらの知識を身につけて自立しましょう。
仕事の一部だけを(養豚業の飼育部分)見て極めたとはね・・・・
「井の中の蛙」状態ですよ。
   
養豚業のような業界であれば最終目的は自立だと思います。

投稿日時 - 2011-09-17 15:55:50

お礼

回答して頂き、有り難うございます。

実際には、生産部は私ひとりでありましては、発注から販売、事務も私がやります。私がやるようになってから、規模も倍に拡大し、成績も跳ね上がりました。黒豚部会の組員の中で、私の成績が、飛び出ています。
規模拡大にあたり、建築も私がやりました。

自立しろと言われれば、出来るのだと思いますが、養豚業界に、そこまで魅力を感じませんし、農業をやりつづけるつもりはありません。

お言葉を返すようで、申し訳ありませんが、貴重なご意見を有り難うございました。

投稿日時 - 2011-09-17 16:32:52

あなたにオススメの質問