こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

出世払い

近親者に事業資金(急を要するとして慌てて借りにきました)を提供しました。すぐに原料を買わないとチャンスを逃すと言って、父が(私も含めてですが主導権を握っていたのは父です)千数百万円を貸してしまいました。急ぐということなので書類を交わしませんでした。その数ヶ月後、その会社は倒産しました。債権者会議が開かれ、その場での大半が「出世払いでいいよ」とのことになり、あれよあれよという間に解散してしまいました。父も「今請求してもお金は無いだろう。出世するまで待とう」ということになり、今日まで来ました。父も亡くなり、債務者も70歳近くになってしまいました。悩んでいたときに司法書士の友達から「出世しなくても、請求できるんだよ」ということを聞かされ、手続きをしようと思います。しかし、貸した書面は無いし、「出世払いだなんていってない」などといわれたらどうしようもないのでしょうか?何とか債権者会議の場にいた証人を探そうと思いますが、債務者にシラをきられたらおしまいなのでしょうか?何とか戻してもらう方法はないのでしょうか?

投稿日時 - 2011-09-17 16:44:57

QNo.7017008

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

まず、「出世払い」の意味ですが、年月が過ぎたら返すという意味でありません。
借りた相手が、お金に困らず返済できる状態になるほど儲けたら返しますという意味です。
つまり、期限をはっきり設けずに、払える状態に改善したら返すということです。

ですから、「出世払いなんて言っていない」と言われたら、「ではすぐに返してください」と言えばよいことになります。

お金を貸す契約をした場合には、

(1)確定期限がある債務→契約した日にちがきたら返す。
(2)不確定期限がある債務→条件が成就した時が到来したら返す。
(3)期限のない債務→返してと言われたら返す。

出世払いについては、期限がはっきりしない「(2)不確定期限」とする判例があります。
条件が成就というのは、出世した時のみならず、「出世しないことがはっきりした場合」に支払うという契約です。

いずれにしても、他人から金を借りておいて、返さなくてもよいという選択はありません。その場合は譲渡ですから。

今回のケースで、(2)に該当するのであれば、借用書などの書面がない代わりの証拠を用意する必要があります。
他人の証言の他、振込金の口座の状況を示すものとか。
出世していなくても、相手の年齢から出世しないことは明らかですから返してもらいましょう。

ただし、あなたの父親の言葉が事実上、譲渡するものであって、建前上、出世払いという表現をしたものであれば、いろいろとややこしくなるかと思います。
ここらへんは状況を総合的に判断して、裁判官の心証により決まると思います。

あと、時効のこともあります。
あなたが請求できるようになった時点から10年以上が経過して、相手が先に時効を援用(主張)したら債権は消滅しますので、早めに請求しましょう。

相手が難色を示したりあやふやな態度であれば、すぐに弁護士を通して請求手続きをして裁判上の準備をしたほうがよいと思います。年月が経過していますから、絶対に返してもらいたいという気持ちであれば、てきぱきと手続きを進めたほうがよいと思います。

投稿日時 - 2011-09-17 19:18:40

お礼

ありがとうございました。大変参考になりました。

投稿日時 - 2011-12-21 10:46:06

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

司法書士のご友人に相談して法的手続きをすればよいのではないですか?

何事もやってみなくては分りませんよ。

投稿日時 - 2011-09-17 17:14:32

あなたにオススメの質問