こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

弁護士の業務(債権回収)

債権の回収を弁護士に依頼しています。
現在裁判で、勝訴しています。
これから回収しなければなりません。
費用対効果は別にして、次の行為は弁護士に依頼できないのでしょうか?

債権を回収するための調査(勤務先、資産、預貯金、金融資産等の調査)
勝訴だけで、お金が戻らなければ、当方なんの利益にもならないので・・・

投稿日時 - 2011-09-20 07:11:00

QNo.7022567

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

弁護士の仕事は、本来、法廷での口頭弁論に出廷し準備書面等で攻撃防御することです。
債権の取り立てもしないわけではないですが、その差押目的物まで調査はしないです。
裁判所に対して「全財産を書き出し提出せよ」(「財産開示請求の申立」と言います。)と言う手続きもありますから、それも考えてはどうでしよう。
その手続きも条件等ありますが、裁判所でも教えてくれます。
なお、相手の財産の調査は原則として債権者の仕事です。

投稿日時 - 2011-09-20 08:58:59

補足

財産開示請求の申立 も弁護士さんに依頼できるんですよね。
しかしながら、当方の要望は債権の回収であり、勝訴の紙一枚もらっても何の役にも立たないしね。
世の中むなしいですね。

投稿日時 - 2011-09-22 22:19:24

お礼

やるせない思いですが、それが現実なんでしょうね。
あめさせてもらって、お尋ねしたいのは、相手の財産調査、取り立て、差し押さえというのは、弁護士として受けられない業務なのでしょうか?

投稿日時 - 2011-09-20 23:00:58

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

>相手の財産調査、取り立て、差し押さえというのは、弁護士として受けられない業務なのでしょうか?

そう言うわけではないです。
しかし、専門家は専門知識を生かし職業に励んでいます。
弁護士は本来の弁護士の仕事があります。列記の仕事は本来の仕事ではないです。
財産の調査は興信所等で、取立は取立会社(合法と非合法があります)、強制執行は一部を除き誰でも代理人となれます。

投稿日時 - 2011-09-21 08:50:28

ANo.1

できますよ(^-^)/
・興信所に丸投げして、報告書にハンコ押すだけの先生もいますが\(^^;)

投稿日時 - 2011-09-20 08:10:29

あなたにオススメの質問