こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

命ってなんですか?

文字どうり 命ってなんですか?

心臓が動いてるってことですか?
精神があるってことですか?
人の役にたっているってことですか?


命の重さってなんですか?

人と虫の命の重さって違うんですか?
沢山いれば殺してもいいんですか?
身体が小さいから命も軽いんですか?

沢山いれば殺してもいいなら人を殺してもいいんですか?

投稿日時 - 2011-09-20 12:55:20

QNo.7022950

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

あくまでも私個人の考え方なので
批判はご遠慮願いたく・・・。

命とはこの世界で生きることを許可された許可書だと思います
人の許可書を勝手に奪うことは罪ですから人殺しは大罪なわけだと考えますし
権利を放棄したいなら(許可を不要と思うなら)自分の手で放棄(自殺)してもいい
のではないかと考えます

綺麗事は言いません

虫の生命が人と同じか否かは
理想としては同じであると言いたいですが

結局自我があるか否かという境界線によって
区分されるのではないかと思います

自我のない本能にて行動する生き物と
自律して自己判断で行動できる生き物を同列に扱うことは
論理的に考えると難しのではないかと個人的には思います

ただ、人殺しは否定したい反面

人間だけが自然島板されないシステムの中で
必要悪として発生している側面もあるのかな?と
気分が落ち込んだ時に太考えたりまします

投稿日時 - 2011-09-20 13:46:29

お礼

ありがとうございます!!
初めてこのての意見を聞けてとても嬉しいです
参考になりました

投稿日時 - 2011-09-20 13:56:13

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

>命ってなんですか?

地球上に棲息する「巨大分子の集合体」で,それ自体が移動し生成消滅を自動的に行う生命体です.

遺伝子DNAの作用により,限定的な動作を行います.

限定的な動作のなかに,人間ならば,思考,想像,創造,行動,などがあります.

>命の重さってなんですか?

「命の重さ」なんて,自然界には,なにもありません.

人間が勝手に,「命の重さ」なんて事をワメイテいるだけです.

殺していいとか,悪いとかも,人間が勝手に決めて,その場だけでワメイテいるだけです.

ですから,殺していい言えばいいし,悪いと言えば悪いのです.多い少ないだけの問題ではありません.

すべて,その場,その時の人間の勝手が決めることです.

投稿日時 - 2011-09-20 17:30:55

命とは、命以外の何かが命でない以上、命は命でしかありません。

つまり、命です。

心臓が動いてるとか、精神があるとか、が命なのだとしたら、心臓が動いてるとか、精神があるとか、以外の何が命なんでしょうか、ということは、命とは命と定義れるもの全てであり、定義されないものが命でない限り、命は命でしかありません。

投稿日時 - 2011-09-20 16:54:52

ANo.4

「生物」は自然外圧と戦う自然内圧を示します。

大昔、食料確保も難しく、過酷な自然の中で、
縄文人は乳幼児の死亡率が50パーセント以上。
無事成長しても15歳まで生きれる確立は30パーセント。
平均寿命は20代半ば。

どんな人も、生きているだけで社会の必要構成員でした。
死ぬより難しいのが自分だけが不幸と嘆いたり、嫉妬しながら生きること。
寄り添うことが何より。
他には自然があるのみ「人の痛みは我が痛み」であった古代人。

自由という発想もないし、
生きることは難しいから助け合い、譲り合い、感謝感謝。
全人格的に人を尊び、尊ばれ愛し愛され。

といっても寿命が短いぶん、現代人より死ねることにも感謝で
のんびり暮らしてたんですけどね。
逆説です。

皮膚一枚を隔てた自然と自らの自然。
皮膚は脳より生物にとって大事かもしれない。

決して弱いものの子孫ではない私たちであるはずが、
もう全人格的に人を愛するという流儀は通用しない。
欲望の対象とか、欲望の邪魔物とか、フェチズムになってしまっている。
数は増やせても現代人は「人の不幸は蜜の味」とかって。

投稿日時 - 2011-09-20 16:14:44

ANo.3

命が無い場合、この世はストレートに熱的死に向かって行きます。
命が溢れるからこそ、この世は揺らぎ、千変万化に変化して行きます。

なんてね・・・・

投稿日時 - 2011-09-20 15:45:40

ANo.2

生物が生きていくためのもとの力となるもの。
と辞書に書いてあります。
生きている物の、生きていくための力って感じですかね。
心臓の有無も精神の有無も人に役立つかも関係ありません。

重さなんてありません。
が、力の強弱はあるでしょう。
虫は弱く、人はそれよりちょっと強く、さらに強い生き物もいる。

数は関係ありません。
「強い物は弱い物を殺すことが出来る」ってだけです。
殺せるってことと、実際に殺すことは違う。
当然殺して良いわけではない。

生きるために殺すこともあれば、何かを求めて殺すこともあれば、意味も無く殺すこともある。
強い物は、より弱い物を殺すことが出来る。
弱い物でも多数集まって、強い物を殺すことが出来る。
あなたは、より弱い誰かを殺すことが出来る。

善し悪しではない。
人を殺せば、人の社会におけるルールにより処罰されるってだけ。

投稿日時 - 2011-09-20 13:55:57

あなたにオススメの質問