こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

喫煙で低下する「心肺機能」とは?

タバコを吸うと「心肺機能が低下する」と言われてますが、
具体的になにが低下するのでしょうか?
肺活量?
酸素交換機能?

ご教示お願いいたします。

投稿日時 - 2011-09-27 20:45:57

QNo.7038214

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ズバリ!肺活量は低下します。

ちなみに、私がその当事者で、学生時代に6,000CC近くあった肺活量が自慢で50mプールを余裕で潜水泳ぎが出来ましたが、過度の喫煙が祟ったようで、現在の肺活量は4,200~4,300CC程度に激減し潜水は25mプール片道が精一杯になりました。

更に、動脈硬化が進行したのか最低血圧が60から90近くにも上昇し、安静時の脈拍も60ぐらいから80ぐらいに高くなり息切れし易くなりました。
まぁ、自業自得と諦めてますが、喫煙は確実に心肺機能を低下させます。

投稿日時 - 2011-09-27 21:16:21

お礼

そうなんですか!

学生時代6,000ccも肺活量があったのもすごいですが、
それがタバコで30%も減ってしまうのも怖いですね…
肺がしぼんでしまうのでしょうか…

心臓も悪くなるのですね…

とても参考になりました。
ありがとうございます!

投稿日時 - 2011-09-27 21:52:18

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

どうなんでしょうね。
タバコを吸っていても5kmを17~8分で走れるヤツはザラにいます。(40代でも)

投稿日時 - 2011-09-27 21:51:02

お礼

なるほど。
持久力(筋肉)には悪影響はないのでしょうか?

投稿日時 - 2011-09-27 21:56:26

あなたにオススメの質問