こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

流産後の血中HCG値が高い?

こんにちは、

妊娠希望の42歳子供なし、アメリカ在住です。

先月予想外の妊娠(過去5年ほど前に7週目で一度流産をし、日本でのソウハ手術をしています)で大変喜んだのもつかの間、6週目の半ば9/17の夜に急な下腹部痛と出血(大きなかたまり数個含む)がおきたため、緊急病院に行き、エコーと内診にて進行性の流産との診断、その場ですぐには手術はせず経過観察とのことでした。かかりつけの婦人科の先生に報告をかねて、現在の状態と今後の相談のために報告をしたところ、血液検査をしてきてくださいとのことで流産より10日後に血液検査をし、その結果を本日受け取りました。出血状態は12日後の本日で日に日に減り、オリモノシートをあてているくらいではいいのですが、まだ少しあります。

血中HCG値
9/17(流産の日):8300
9/27(血液検査):4900

かかりつけの婦人科の先生は、この数値からHCG値は確実に下がっているし、今のところの出血状態ではほぼソウハ手術の必要はないだろう、来週再度血液検査とエコーをしてきてくださいとのことで行く予定です(再度のエコーは私が希望したため、ちなみにこのやり取りはすべて電話のみで、血液検査やエコーはその専門施設へ行くので、かかりつけの先生が見ているのは専門施設からの情報と数値のみ)。ただ、ネット等で情報を見てみると、流産後の出血はたいてい10日前後で止まるという人が多いなか私はまだ出血していること、流産12日後の血中HCG値にしては、私の数値はかなり高いということがかなり気がかりです。他の情報にも、子宮の中に組織が残ったままだと癌化する恐れもあるとのことで心配です。こちらでは、日本のようにエコーを見ながらその場ですぐに診断してくれる訳ではないので、こんなに悠長にしていていいものか、それも少し不安材料です。

かかりつけの婦人科の先生は大変親身にはなってくれているような感じではあるのですが、日本でのお医者様との親密なやり取りを経験していると、流産後一度の検診もなく電話のみのやり取りなのが少し気にかかります。これは先生のおっしゃる通り、このまま様子を見ている状態で良いものでしょうか、それともセカンドオピニオンを受けた方がいいのでしょうか?今はかなりショックで精神的にも落ち着いてはいないのですが、年齢的にも次の生理が来たらすぐにでも子作りを再開した方がいいと思い(先生もそれを薦めています)前向きに行くつもりですが、HCG値が高いままだといけないとの書き込みも読みます。

どなたか、お詳しい方アドバイスを頂けますと幸いです。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2011-09-30 10:44:00

QNo.7043111

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんばんは。再度DEERです。

5年前の流産の時は、正常健康排卵であったと思いますが、
今回はやはり、排卵が異様に遅れた卵子であったと思われますね。

>前回生理開始日7/14、その検診の時(7/20頃)に卵胞の大きさから次の排卵は7日前後ですねと言われました。

ということはその時点で見合う卵胞発育があり、
周期12日目あたりの7/25前後で排卵されると予測されたわけですね。
これならあなたのこのころの普段周期に見合う排卵ではありますが、

>私の帰国が8/8の予定で基礎体温を再開した時、まだ低温期なのかな?という体温が気になっていたら、8/11に体温がガクンと大きく下がったんです(35.88)。それで、あれ?もしかして排卵がすごく遅れたのかな?と思い、その後(前も含め)一日おきくらいにタイミングで仲良しをしました。

排卵が8/10.11.12のどこかでと考えると、
なるほど、予測された排卵から17日ほども遅れているわけで確かにおかしいです。
何か原因で異常排卵であった可能性が大です。
7/20時点で卵胞は育っていた、あったのですから。



>その後、2回ほどフライングで検査した時は陰性(8/18、8/20)、でも何となく直感があって8/26にもう一度検査したら陽性で出たんです。ということは排卵が2週間ほど遅れたということなのですよね?

その通りになります。
ちゃんとフライング検査をしておられたので、そういうことも手に取るようにわかります。

感度が解りませんが、陽性が出始めたとありますので、
着床が8/24と仮定すると、排卵が8/18~8/14の間であったということですね。
*感度が25IU以下の場合。もう少し鈍い感度だと2~3日マイナスになります。

なのでやはり、その体温が表わした、8/10.11.12辺りの排卵受精可能性が充分あります。
8/20でも陰性ということは、排卵は8/13以前だったということになるのです。

基礎体温など付けているのは日本人くらいですが、
あなたの場合は、体温で気が付けることはあります。
そちらでもどうかつけていただいて、異常排卵での妊娠を免れてください。

今回のようにやけに低温が続く、やけに高温期が続く、生理が終わったのに
高温が続くなどは異常排卵過程の気配が大で、その排卵での妊娠(タイミング)は避けることです。

あなたがそうだとは断定ができませんが、
黄体化未破裂卵胞症候群とか、枯死卵流産というあたりをお調べいただくと
思い当たることがあるかもしれません。
それを体温を付けて自らが気を付けられるように。


>遅れたということは、卵子が古かったのでしょうか?

古いというか、老いぼれてしまった、成熟しすぎというような、
つまりは健康排卵したかったのに何らかでできなかった卵子・・というべきですかね。
本当は消失してしまいたかったのに、無理にのろのろと成長させられて
排卵してしまった卵子とかね。

>そのため、生理周期だと8週目と言われたのですが、排卵日と思われる日からだと6週目だったので(7/14-8/8までは仲良し無し)、自分ではそうだと思っていたんです。

DEERがもくろむところ、8/10.11.12のあたりの排卵受精だとすると、
確かに6週目になりますよ。


>ここ半年ほど、生理期が乱れ始めて25-35日位になっていて、読むのが少し難しくなって来ました。

どちらかの卵巣での排卵が、長引く過程にあります。
たまにそうやって異常過程をしてしまう要因があると自覚して
体温を付けながら気を付けてください。

DEER自身、体温も付けていないなまくら者でしたが、あなたの場合は付けた方がよさそうです。
日本なら、卵巣検査してどちらの卵巣に問題があるとか暴けるんですが、
そういう手段がとりにくい事情を察すると基礎体温は重要なデーターとなります。
フライング検査もね。

今当面は、βHCGが0になることを目標において、また頑張っていただきたいです。

投稿日時 - 2011-10-03 00:29:20

お礼

Deer様、

再度のご回答本当にありがとうございます。なるほど、今回私がしたフライングテストでも分かることがあったんですね。

異常排卵での妊娠を避けた方が良いとは、初めて知りました。今までは、排卵の時期に合わせて仲良しをすればいいとだけ考えていたので大変勉強になりました。また、黄体化未破裂卵胞症候群、枯死卵流産共に初めて聞いた言葉です。これからこれらについても調べて勉強したいと思います。

そうなんです、基礎体温の話をしても、こちらの先生はあまり興味がなさそうで、それについてのコメントは頂けませんでした。日本人位なんですねぇ。。。少し面倒だけど、とても役に立つ方法だと思うので、これからも継続していきます。

今回はDeer様には本当に色々と教えて、励まして頂き、ありがとうございました。一日も早く体調を戻し、必ず赤ちゃんに逢えると信じて頑張ります!ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-10-03 09:54:10

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

こんにちは。

それと気になったことが1点。

妊娠した経過について情報がなかったのですが、
周期に見合うちゃんとした時期での排卵で妊娠されたのかどうか?です。
6週目の半ばでありながら、胎嚢だけが見えて中にはなかったとありましたので。
(正常排卵の場合でも胎嚢だけで中にはないこともありますが)
健康排卵でない卵子で受精妊娠されたのなら、結末が流産という行方にもなりやすい。
それなら、不育症要素以前に卵子の質、そもそも健康正常排卵での妊娠であったか?です。

アメリカですと、日本のように排卵前から卵胞checkすることも困難だと思います。
卵巣機能低が著しいと健康排卵をしない場合、何度妊娠しても悲しい結果になりやすい。

妊娠した経過が、周期に見合う正常排卵での妊娠かどうか、情報をください。
そうか、ご自分で周期に見合う排卵、仲良しでの受精であると確信ができるなら
それはもうそれでいいです。
その場合、ご希望あれば、不育症検査を。
しかし、アメリカ医療事情の場合、不育症検査は高くつきますよね^^;?
応急処置として、DEER式フライング法で早く妊娠に気づき、
アスピリン処方(黄体補助も)をご相談されてください。
幸い妊娠検査薬はアメリカのほうがお安いかも?

DEER式フライング法とは。
25IU(以下)感度の検査薬を4~5本用意します。
排卵受精した日を0日として、9日後から13日後まで
朝一尿か朝二尿どちらかで同じ時間帯に毎日1本検査します。
9日後で陽性が出なくても10日後~13日後までは、わかりませんよ、
着床期間に個人差が有りますので。
極薄陽性が出だしたら約二日前に着床しています。

DEER式フライング法は、
何も妊娠しているかどうかを早く知りたいためだけのものでは有りません。
実にいろんなことを教えてくれます。
なにより、妊娠に早く気づいて自覚することが大事です。
たとえ陰性でもそれが大事なデーターですよ。

日本のように気軽に医師に診てもらうことが困難では不安だと思います。
DEERはいつもここに居ますから、なにかお役に立てるならここへ来てくださいね。

42歳、アメリカ医療事情、困難なことがあれど、
赤ちゃんは来てくれていますから、必ずや逢えますように、
DEERも応援します。

赤ちゃんが現に来てくれていること、そのがんばりを無にしないよう、
必ずやその魂に逢えることを約束してあげてね。

投稿日時 - 2011-10-01 15:01:50

お礼

Deer様、

再度の心強い励ましのご回答、ありがとうございます(嬉)!!!

そうなんです、ちゃんとした周期の排卵であったか、が今回少し気になっていた点なんです。実は7月に1か月ほど日本へ一時帰国していまして、こちらでは半年以上婦人科の先生にかかっていなかったので、日本でかかっていた婦人科の先生のところへ検診をかねて行ってきました。前回生理開始日7/14、その検診の時(7/20頃)に卵胞の大きさから次の排卵は7日前後ですねと言われました。私の帰国が8/8の予定で主人はアメリカに居ましたので、今回は間に合わないなと思っていました。ところが帰ってきて日本では少しお休みしていた基礎体温を再開した時、まだ低温期なのかな?という体温が気になっていたら、8/11に体温がガクンと大きく下がったんです(35.88)。それで、あれ?もしかして排卵がすごく遅れたのかな?と思い、その後(前も含め)一日おきくらいにタイミングで仲良しをしました。その後、2回ほどフライングで検査した時は陰性(8/18、8/20)、でも何となく直感があって8/26にもう一度検査したら陽性で出たんです。ということは排卵が2週間ほど遅れたということなのですよね?遅れたということは、卵子が古かったのでしょうか?そのため、生理周期だと8週目と言われたのですが、排卵日と思われる日からだと6週目だったので(7/14-8/8までは仲良し無し)、自分ではそうだと思っていたんです。ここ半年ほど、生理期が乱れ始めて25-35日位になっていて、読むのが少し難しくなって来ました。

前回5年ほど前の流産の時は7週目まで胎嚢は確認出来たものの、心音は確認出来ず、流産。この時は通常の周期(28日位)での排卵だった記憶があります。今回は超音波の前に流産してしまったので、詳しいことは分からないのですが、6週目で流産。期間は空いたものの、2回繰り返しているので、私の卵子に問題があるのかも。。。と心配です。日本では黄体ホルモンの数値があまり良くないと言われていました。こちらに来てから、42歳だし時間も限られているので積極的に治療をした方が良いかも、と考え出していた先の自然妊娠だったので、大喜びしたのですが。。。ただ、Deer様おっしゃる通りこちらでの検査はどれもかなり高くて、日本のように気軽に出来ないのが悩みの種なのです。でも今まで安くてもケチっていた(そうなんです、検査薬は日本より安いです!)フライングでしたが、Deer様式フライング法を次の生理が来たら早速試して、少しでも早く妊娠に気づいて出来る限りのことをするようにしたいです!アスピリン処方とは婦人科にお願いすれば、良いのですか?黄体補助も私には必要だとDeer様より思いださせて頂きました。これは日本で試しにやってもらった記憶があります、安定しないことが多い高温期が安定した効果ありでした。

昨日、ほとんど止まりかけてた出血の量が少し増えてしまいました。。。これも止まっていくまでの段階でのことなのかなと、これまた心配ばかりなのですが、来週の検診の結果を見たいと思います。

長文読んでいただいてありがとうございます。今回Deer様には、何から何まで色々と教えて頂き、励まして頂き、重ねてありがとうございます!!!これからの妊活、まだまだ分からないことだらけですが、Deer様おっしゃっていただいたように、私に会いたがっている赤ちゃんに逢えることを約束して頑張ります!!!

投稿日時 - 2011-10-02 10:47:27

ANo.2

こんにちは。DEERです。

βHCGが0にならないと絨毛が残っていることになります。
4900IUでしたか、きれいに流産しているなら、どんどん減りますよ。
かならず0であることを最終はご確認いただいてください。

流産が2回目ですね、胎嚢は確認されているとのこと、
反復流産になりますから、日本では希望すれば、
不育症検査をしていただけます。
不育症検査とはおもに血液を凝固させる要因です。

あなたは妊娠しやすい方です、今度妊娠されたら
早い目に気付いて、アスピリン処方などをご相談されてください。

いいですか?まだまだですよ。
あなたに逢いたがっている赤ちゃんがいるのです。
諦めないで必ず逢いましょうよ。

今は早く、数値が0になること、
見えていた胎嚢がなくなっていること、
残っているなら掻爬手術になります。

一つ一つクリアーしていくことですよ。
精神の踏ん張りどころです、辛抱ですよ、
クリアーすることも希望への道、頑張ってください。

投稿日時 - 2011-10-01 12:39:22

ANo.1

こんばんは。

遠いアメリカでさぞ心細かったでしょう。このたびは残念でしたね・・。

6週以前で胎嚢は見えていたでしょうか?
出血後でも子宮に何もないとなると日本でもすぐに掻爬手術はされません。

βHCGが下がってきていますので、しばらくは様子見が妥当なところです。

出血量が多いのは進行流産であったため、6週も過ぎていたのですから
子宮もかなりふっくらしていたと思われて多いのは普通です。
で、42歳とありますからけっして血液がサラサラではなく、
いつまでも尾を引くように出ると思います。
もう止まると思いますよ。

肝心なところは、必ず、βHCGが0になることです。
0になるまで確認されてください。

絨毛が残っているなら、絨毛癌になりますし、
それこそ、掻爬手術が必要になります。

ご不安でしょうが、日を追って様子見をされて
出血は止まる、βHCGが0になるということを確認していくことです。

投稿日時 - 2011-09-30 18:18:56

お礼

Deer様、

ご回答ありがとうございます!!!(涙)
いつも他の方への暖かく詳しいご回答をみて、私もとても参考にさせて頂いていました。

アメリカは、基本的に8~10週に入るまで超音波はしないとのことだったのですが、私は途中で少し出血をしたので、少し早いけど超音波で見てみましょうということで、それを待っている間のことでした。なので、胎嚢が見えていたかどうかは今の時点ではもう分からないのですが、大出血し出して緊急病院へ行った時の診断では袋は見えるけど、中に何もないし、心音も聞こえないと言われました。

出血もDeer様おっしゃる通り、ここ1~2日で激減してきました。βHCGはやはり0にならなければいけないのですね。今4900となるとかなり長い道のりになるのかな。。。年齢的なものもあるのかなと自分でも思っていました。しばらく様子を見て、出血が完全に止まることと、βHCGが0になる事を確認したいと思います。絨毛が残っているとβHCGは0にはならないのですよね?

事情で、この年齢なのですが過去半年くらいから子作りを始めました。思いのほか早く自然妊娠出来て嬉しかったと同時に、過去の流産はつねに気になっていました。でも、一日でも早く体調と気持ちを戻して、Deer様の様に次には赤ちゃんが必ず戻ってきてくれると信じて今後も頑張りたいと思います!ご回答本当にありがとうございました!!!

投稿日時 - 2011-10-01 09:14:23

あなたにオススメの質問