こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

強風と潮でやられた木の対応

先日の台風で木の葉が変色してしまいました。

我が家は海から2分にあります。先日の台風による強風と
潮風で一夜にして木の葉が茶色に変色してしまいました。

もみじや梅など落葉するものは、すでに葉が落ちてしまって
いまや枝のみです。
紅葉を楽しむことなく枝だけの木になってしまったのは
残念ですが、それでもきっと春には新しい葉が出てくれるのではと
期待しています。

しかし、オリーブ等落葉しない木々はどうしたらいいのでしょうか?

とは言ってもオリーブに限っては10割が茶色に変色し、
そのうち4割が落葉している状態です。
また強い風が吹けば残りも落ちてしまうような
かろうじて枝にしがみついているような状態です。

生け垣代わりのレッドロビンもすごい強いレッドに
変色し、とうとう今日辺りから落葉を始めています。

尿素を上から散布するとか、窒素系の栄養を土に入れてあげるとか
そういう方法だけで、オリーブは再び青々とした木に
レッドロビンの葉が生け垣として
戻ってくれるものでしょうか?

お知恵を拝借できませんか?よろしくお願いします。

投稿日時 - 2011-09-30 22:37:00

QNo.7044344

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

今さらですが、風が収まった時点で、ホースなどで水を葉などにしっかりかけて、
少しでも塩分を落とすのが正解でした。

塩分の付着による落葉は、生理的な反応で緊急時の避難です。
根が弱ったり、全体の体力が落ちているわけではないので、
>尿素を上から散布するとか、
この意味が解りません。

肥料分の葉面散布は、もともと危険性があります。
それは濃度が濃いすぎたり、高温で日差しの強い時には、
肥料焼けなどの障害を起こすことがあります。
言い換えれば、今回の塩害と同じようなものですから、
その上、葉が弱っている時には足しにはならないと思います。
尿素はともかく、葉面散布用の液肥は、一種の塩類です。

平成3年(1991年)の19号台風は、青森で大量にリンゴを落としたことで有名ですが、
西日本では広範囲で塩害を起こしました。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E6%88%903%E5%B9%B4%E5%8F%B0%E9%A2%A8%E7%AC%AC19%E5%8F%B7


以前見た感想では、多くの樹木が秋でも新芽を出して回復していました。
塩分が根や幹に多く回らなければ、回復するとは思いますが、保証はできません。

投稿日時 - 2011-10-01 20:03:54

お礼

ありがとうございました。

台風が去ったその夜にはすぐにホースで水をかけました。
それは潮風が強く吹くごとに、速やかに毎回やっている作業です。

それでも今回は一晩で茶色に変色してしまったので、興ざめでした。

でも、「塩分の付着による落葉は、生理的な反応で緊急時の避難」という1文に
救われました。

ご近所の方々が尿素を1000倍?に薄めて葉面散布を試みているので、質問をしてみました。
庭師が入っているお庭では、特に今日まで何も施しはされてないようで、放っておくのが
いいのかそれも素人には判断が出来ませんでした。

ありがとうございました。頭の中が整理できました。

投稿日時 - 2011-10-02 11:19:43

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問