こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

地球温暖化がいけない理由

地球温暖化が叫ばれて久しいですが、そもそもなんで地球温暖化はいけないことなのですか?
地球温暖化が進めば、気温上昇,海水温上昇,海水面の上昇,異常気象,気候変化,生態系の変化・・・など様々な影響があるのは分かります。ですが、だからといって、その何が悪いのでしょうか。
生物は環境の変化に適応してきた種が生き残ってきているのであり、人類が絶滅の危機に瀕する程度ならば、地球温暖化は阻止すべきでしょうが、地球の平均気温が少し上がったぐらいで人類が絶滅するとは思えません。
もちろん、一部の地域では住みにくくなると思いますが、そんなのは移住すれば済む話です。
もし、人類が滅亡する程度のことなら、その防止に取り組むのはわかるのですが。

地球温暖化が進めば、絶滅する種もでてくるでしょう。他の種を保護するのは自由ですが、そんなのはそういうのが好きな人が勝手にやってもらえばいいわけで、国家レベルで地球温暖化防止に向けて取り組むのはおかしいと思います。
人間だけが栄えれば良いというわけじゃないという人もいるかもしれませんが、ほかの動物は他の種のことを考えて生きていないと思いますし。

私は、地球温暖化防止に取り組むなといっているのではありません。これほどまでに国家レベルで二酸化炭素の増加の抑止を叫ぶ必要はないと思うのです。
欧米では、日本ほど地球温暖化に対して考えてないというのも(特にクライメートゲート事件がおこってからは)聞いたことがあります。

なんで、地球温暖化がいけないのでしょうか。

投稿日時 - 2011-10-04 13:48:11

QNo.7051065

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

温暖化は良いこともあるし、なんとかなると思っています。
さらに地球温暖化論により良くないことが起きるていると思っています。

回答は、地球温暖化はさほど心配なことではないので、国家がやるほどのことでは無いと思います。(理由は以下の説明を御覧ください)
 日本は100年後の温暖化の心配するよりももっと真面目に取り組むべき課題が沢山あると思います。
 もしかすると現在の少子化が進んで、100年後の日本には人が住んでいないか、とても少なくなってるかも知れません。
 

○良いと思うこと
 温暖化でよくなることは
 ・食料増産
 一般に暖かい所のほうが農産物の収穫が多いです。
 日本は少子化で困っていますが、世界的には人口爆発が懸念されています。
 食料を増やさなければ!

 ・北極航路
 北極が小さくなることで、ヨーロッパーアメリカ間の航路ができるようになった話を聞いたことがあります。
 これで大西洋、太平洋航路に比べ、船、飛行機の燃料が少なく済むはずです。

 ・冬が暖かくなる
 暖房費が少なく済む。エアコンは冷房より暖房の方が電気を消費する。

○何とかなると思うこと。
 このままでは2100年までに1.8-6.4度上昇するとのこと。
 海面も5cm程度上昇するとのこと。

 ・科学と技術でなんとかなる。
 あと90年あります。Co2削減がビジネスになっているので、CO2吸収や、変換技術などが、そのうち出来るでしょう。
 
 海面上昇も堤防を90年の間に、困っている地域から堤防を作ればよいだけです。
 (オランダは海抜0m以下の土地がたくさんあります。
  ツバルの例を出された方もいらっしゃいますが、あそこはもともとサンゴ礁の上にある国で、温暖化が騒がれる前からビチャビチャでした。)

 ・絶滅種の保存
  クローン技術。今のうちにDNAを保存しておけば90年の間には、なんとかなるでしょう。

 ・石油の枯渇
  石油は後40年ぐらいで枯渇するとのこと。枯渇の10年前ぐらいからたぶん価格が高騰するでしょうから、自動的に石油は使えなくなり、代替えの石炭も同様に効果な燃料となり、結局再生可能エネルギーにならざるを得なくなると思います。

○地球温暖化論が良くないと思うこと。
 ・変なことが起きると地球温暖化のせいにする。
  夏が、とても暑い。冬がとても寒い。大き台風が来た。
  など少し変なことがあると何でもかんでも温暖化の性にしがちです。
思考停止になってホントの原因(たんなる異常気象。忘れているだけで結構前から起きていたりする)を考えなくなっている気がします。

 ・ビジネスになっている。
  Co2取引で数十億円の巨額のお金が動きます。
  これで儲かる企業がいれば、当然にその企業は地球温暖化を深刻な問題とし、買収される科学者もいるでしょう。
  正しい科学の議論ができていないと思っています。

 



 
 

 

投稿日時 - 2011-10-04 19:57:08

お礼

大変筋道だった回答ありがとうございます。

北極海航路は初めて聞きました。確かに温暖化の影響によるものであればプラスの側面ですね。

地球温暖化論がビジネスになっているのはゆゆしきことですが、企業は儲ける必要があるので、ある程度はやむを得ないことだと思います。例えば、昔ならマイナスイオンとかオゾンとかプラズマクラスターとかいう似非科学で利益を増やしたりすることは良くあることですし。大事なのは、消費者がきちんとそれを理解して消費行動をするということだと思います。

投稿日時 - 2011-10-05 01:28:38

ANo.13

このQ&Aは役に立ちましたか?

10人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(26)

ANo.26

>IPCCも「南極の氷床は十分に低温で、広範囲にわたる表面の融解は起こらず、むしろ降雪が増加するためその質量は増加すると予測される」という報告を出しています。

残念ながらその報告は間違いか貴方の願望だけに過ぎません。”南極氷床”というウィキを見るだけでそれが確認できます。南極の氷は減少しており、その影響で少なくとも今世紀中には最低1~2mの海面上昇の可能性が高いそうです。この現象は非線形として現れるのが特徴で、一旦現象が始まると数十年で
行くところまでいってしまうかもしれません。怖いですよ。



>地球温暖化と台風の因果関係というのは証明されていません。
そういったところにも貴方は希望をつなぐ要素を見出すのかもしれませんが、逆の見方をすれば、温暖化現象の一環でなければ何でしょうか?あなたがたの立場としては、それが収束する可能性を証明出来なければとても無視するわけにはいきませんよね。

>>同様に乾燥化も大陸温度の上昇で説明できます。
>逆に緑化している地域もあります。温暖化により、大気に含めれる水蒸気量が増えるので、雲が発生しやすく、雨が降りやすいということですが、これも、まだはっきりとわかっていません。

わからんから無視するというのは無責任の骨頂です。密林などの山火事現象は最悪の温暖化促進現象で、乾燥化を促進しています。仰る水蒸気量の増加はあなた方の希望の星のひとつなのでしょうが、これもむしろ豪雨と大洪水を増やして自然破壊に一役買っています。


>私は、前述したように、逆に温暖化を防ぐことで大きな損失を被る可能性もあるのではないかと思っています。なので、デメリットばかりを強調せず議論していくべきだと思うのです。


これをもっと(出来るのなら)具体的に説明してください。私には詭弁としか取れません。炭素量取引などおかしな面も沢山ありますが、温暖化防止へ科学の力をあてることで世界経済が活性化するという面もあるのです。省資源化へ世界が舵を切るのは歴史の必然だとも思いますよ。

>変化を嫌うのは人間の性かもしれませんが、変化に対応していった方が成長するという面もありますので

変化が人間文明の命取りになりかねないといっているのです。

広瀬隆氏の著作も良く書けては居ますが(一時は感銘しましたが)やはり反骨精神以上のものではないと思います。、やはりアルゴアとノーベル賞グループの貫禄と権威には勝てないのではないでしょうか(こういうと揚げ足取られるかもですが)。「不都合な真実」は結構大げさな部分もありますが、やっぱり真実に近いのではないかと私は思います。

投稿日時 - 2011-10-09 06:49:18

お礼

>残念ながらその報告は間違いか貴方の願望だけに過ぎません。
IPCCの第四次報告書に書いてあります。

>わからんから無視するというのは無責任の骨頂です。密林などの山火事現象は最悪の温暖化促進現象で、>乾燥化を促進しています。仰る水蒸気量の増加はあなた方の希望の星のひとつなのでしょうが、これもむ>しろ豪雨と大洪水を増やして自然破壊に一役買っています。
なにをもって自然破壊と言っているのですか?台風も砂漠化もすべて自然。われわれ人間も自然です。
自然が自然を破壊するというのですか?
そもそも、なぜそう断定して言えるのか私には理解できません。
あなたがのべられることの科学的な根拠はどこにもない。想像でしかありません。

>これをもっと(出来るのなら)具体的に説明してください。
>省資源化へ世界が舵を切るのは歴史の必然だとも思いますよ。
今まで書いたことを読んでればわかると思いますが、私は省資源化は大切だと言っています。
つまり、今は地球温暖化よりも、エネルギー問題の方が大事だといえます。
エネルギーで重要なのは石油などの有機物ですが、人工光合成などの研究も行われていますが、ほかの方法として、植物に光合成させるという方法もあります。普通の光合成ですね。植物は二酸化炭素濃度が大きい方が生長が良くなるという研究結果が報告されています。気温も高い方が良い。1970年代~1980年代にはよくあった東北の冷害もここ10年以上ありません。植物が生長しやすいからです。こうして、二酸化炭素濃度の増加により、植物の生長が良くなり、バイオ燃料をより生産できるようになる。今は芋などからもエタノールが作れますし、以前問題になったさとうきびのような問題はおこらないバイオ燃料も考えられています。二酸化炭素を減らすことでバイオ燃料が減りエネルギー問題に拍車をかけないか心配です。
また、地球温暖化を気にすることによる経済の委縮も不安要素です。例えば、「車はよくないから電車に乗ろう→車を買わない」などが考えられます。(が、あまりこの辺りはさほど心配していませんが)

>変化が人間文明の命取りになりかねないといっているのです。
私も、“変化をおそれて変化を受け入れないこと”で、命取りになりかねないと思います。

投稿日時 - 2011-10-10 12:39:38

ANo.25

地球の温暖化による人間の文明の崩壊はありうるという見方をしています。

地球の温暖化による最大の災害は海水面の上昇です。最大6mあがるだろうとされています。
主な原因はグリーンランドと南極の地上の氷の喪失です。
日本やオランダなどの金持ち国は堤防がつくれますが、インドやらバングラデシュでは不可能です。世界全体で数億人の難民が出ると見積もられています。これは世界経済の崩壊に繋がります。
大型台風などの発生増加は海水温の上昇が原因になっているとされています。
同様に乾燥化も大陸温度の上昇で説明できます。
全世界の海流が停止する可能性もありうると言及されています。

地球の温暖化はそういった様々な地球事象の変化を伴いますので、それによって良くなる面もあるでしょうが、悪くなる面も当然あり、人間の文明はそういった変化を嫌います。出来るだけ安定に推移してくれないと、(変化に対応するだけで)ものすごいコストを払う必要があるのです。
温暖化はあるのか?ということを確かめるまでに行動しなければならない時点に来ているそうです。
世界規模、国家規模で温暖化対策をしなければこの大きな変化を阻止することは出来ない状況にきているわけです。
放置プレーは世界規模の大きな犠牲をともなう賭けだと私も思います。

ごあさんにかわって代弁しました。

アメリカがやる気を出してきたのは、ゴアさんのおかげだと思います。
日本はまだまだですね。

投稿日時 - 2011-10-08 15:57:40

お礼

回答ありがとうございます。

>主な原因はグリーンランドと南極の地上の氷の喪失です。
南極とグリーンランドの氷は増えていることはご存知ですか?この点についてはIPCCも「南極の氷床は十分に低温で、広範囲にわたる表面の融解は起こらず、むしろ降雪が増加するためその質量は増加すると予測される」という報告を出しています。

>大型台風などの発生増加は海水温の上昇が原因になっているとされています。
地球温暖化と台風の因果関係というのは証明されていません。

>同様に乾燥化も大陸温度の上昇で説明できます。
逆に緑化している地域もあります。温暖化により、大気に含めれる水蒸気量が増えるので、雲が発生しやすく、雨が降りやすいということですが、これも、まだはっきりとわかっていません。

私は、前述したように、逆に温暖化を防ぐことで大きな損失を被る可能性もあるのではないかと思っています。
なので、デメリットばかりを強調せず議論していくべきだと思うのです。
変化を嫌うのは人間の性かもしれませんが、変化に対応していった方が成長するという面もありますので。

投稿日時 - 2011-10-08 22:06:35

ANo.24

こんばんは 盛り上がっていますね。

>なんで、地球温暖化がいけないのでしょうか。

人為的に温暖化が引き起こされているので、地球上の生命に危機を及ぼしているという考え方が、基盤になっているものと思います。

1.このまま上昇したとしても、2100年までに果たして1.0度も上昇するか

http://www.jma.go.jp/jma/kishou/jma-magazine/0704/fig2.png

IPCCの予測では、2100年までに、気温が1.8度から4度上昇するとしています。そのこと事態が脅威なのかどうかも異論がありますが、現在の観測結果からは、急激な右肩上がりの予測カーブを描くこと自体に無理があります。

2.この30年間の温暖化

http://www.drroyspencer.com/wp-content/uploads/UAH_LT_current.gif

1979年から衛星によって測定している気温の推移を見てみましょう。

たしかに温暖化していると見てよいようです。

この30年間で見ても、0.1度か0.2度程上がっているように見えますが、少なくとも急激に上昇はしていません。

これが、地球環境に大きな危機をもたらす温暖化なのでしょうか。このまま温暖化が進んだと仮定しても、後90年かかっても、1.0度も上昇しないと見るほうが妥当であり、温暖化による危機を騒ぎ立てることのほどは無いと考えられます。

3.この100年の温度測定結果は、ヒートアイランド現象の影響を受ける

http://www.data.kishou.go.jp/climate/cpdinfo/temp/an_wld.html

衛星ではなく、地上で測定したものも気象庁が発表しています。

これも見てみましょう。観測が開始されたのが1890年以来上下はしても長期的には、日本では明治23年からあがり続けていることが分かります。

この30年を見てみれば、はやり0.2度以上の温暖化を示しており、衛星観測より、若干は高めに出ています。

http://www.data.kishou.go.jp/climate/cpdinfo/himr/2010/chapter2.pdf

「全国の主要都市における気温の上昇傾向は、都市化の影響が小さいと考えられる地点に比べて大きく、この特徴は冬季と夜間に顕著である。」

気象庁は都市部の気温は、ヒートアイランド現象の影響を受けていると説明しています。

ヒートアイランド現象とは、都市部の気温が郊外部に比べて高温を示す現象です。これは、CO2による温暖化とはまったく関係ありません。

私が子供の頃と現在を考えると、道路は砂利道からアスファルトになり、多くのマンションが立ち並びました。観測点が人里離れたところには無く、都市化が世界中で進んでいることを考えると、地上観測と衛星観測との相違は、ヒートアイランド現象を差し引いて考える必要があります。

4.少なくとも過去の気候変動は、二酸化炭素によるものではない。

http://www.jma.go.jp/jma/press/0711/17a/ipcc_ar4_syr.pdf
IPCCが言っている事は、次のとおりです。

「20世紀半ば以降に観測された世界平均気温の上昇のほとんどは、人為起源の温室効果ガス濃度の観測された増加によってもたらされた可能性が非常に高い。過去50年にわたって、各大陸において、大陸平均すると、人為起源の顕著な温暖化が起こった可能性が高い」

つまり、1960年以前に起こっている温暖化が、人為起源の温室効果ガスが原因であるとは言っておらず、この50年の可能性を述べているに過ぎません。

5.二酸化炭素が環境を悪化させているとは考えにくい

過去の氷河期、縄文・中世の温暖期は、そもそも人為起源の温室効果ガスとはまったく関係が無く、気温が上下しています。つまりこの50年を考えただけでも、その気温上昇には、自然変動が含まれているはずです。

現在の地球温暖化は、観測の結果からそれほど急なものではなく、また自然変動と、CO2によるものとも区別も無く、いたずらに危機を煽る情報には、一歩下がって冷静に見るべきであると思います。

投稿日時 - 2011-10-08 01:29:21

お礼

回答ありがとうございます。
資料なども提示していただき、大変わかりやすかったです。
私も、
>いたずらに危機を煽る情報には、一歩下がって冷静に見るべきであると思います。
に同意の立場です。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-10-08 11:08:00

ANo.23

>クーラー使ってくれればいいと思います。

クーラーも外気温が高すぎると機能しなくなりますのでご注意を

空冷式にも水冷式にも限界がありますからね・・・

新たに開発されれば別ですけど・・・

投稿日時 - 2011-10-07 09:49:03

お礼

50度ぐらいまでは大丈夫じゃないでしょうか。
車とかだと、場合によってはそのぐらいの温度になると思いますし。

投稿日時 - 2011-10-08 11:03:55

ANo.22

温暖化から脱線ですけど^^;
現在問題になってるのは温暖化ガスですけどね

>地球が太陽から離れたら、寒冷化しませんか?

その前に地軸がずれて熱くなったり寒くなったり・・・

大気だって剥ぎ取られるような・・・そうなると灼熱地獄が待っているでしょうねかね?
その後、極寒地獄かな

地球は、離れていき木星あたりの衛生?・・・かな?

実際にどうなるかわかりませんし

確かに月が離れてるのは事実ですけど・・・ほんとそれまで人類がもつのですかね?

興味があれば、もっと詳しい人に聞いてください。

投稿日時 - 2011-10-07 09:24:31

お礼

地軸が23.4°より大きくずれれば、緯度による寒暖の変化は大きいでしょうね。
とくに、極地では寒暖差がいまよりも大きくなるでしょう。赤道付近の変化は小さいと思いますが。
どのぐらいの時間で離れて行っているのかわかりませんが、興味深い話ですね。

投稿日時 - 2011-10-08 10:59:13

ANo.21

>>なぜ竜巻・雷雨・ハリケーン・山火事が地球温暖化と結びつくのでしょう…。

今年の7月の平均気温は過去最高だった、今年の8月の平均気温は過去最高だった、今年の9月の…
という報道が軒並みなされているからです。

気温が上がっているから異常気象、という流れが一般人の理解ですね。

>>欧米では、日本ほど地球温暖化に対して考えてないというのも(特にクライメートゲート事件がおこってからは)聞いたことがあります。

というのは情報不足の見解であることを指摘しておきます。

投稿日時 - 2011-10-07 07:54:43

お礼

>今年の7月の平均気温は過去最高だった、今年の8月の平均気温は過去最高だった、今年の9月の…
長いスパンで記録していけば、必ず、いつかは「最高」が出るに決まっています。
それがたまたま今年だっただけではないですか?
来年も、再来年も、過去最高を記録したのであれば、問題ですが、今年だけみても、意味がありません。
マスコミにあおられているだけではないでしょうか。

>というのは情報不足の見解であることを指摘しておきます。
確かに、私はアメリカ人の知人はいませんし、交流もないので、そうなのかもしれませんね。

投稿日時 - 2011-10-08 10:55:59

ANo.20

 温暖化大賛成です。 しかも温暖化の原因を二酸化炭素に特化するのはさらに問題を大きくしています。そして、ヒートアイランド現象と混乱して議論している人も多いようです。排出権取引は二酸化炭素の削減にはまったく無意味です。

 地球を金星などと比較することに何の意味があるのでしょうか?寒冷化して火星のようになるのはいいのですか?
温暖化すれば、今の寒冷地が耕作可能な農地にすることができます。そうすれば食糧不足の危機から救われると思います。

 というか、温暖化はもう止まったとの観測結果が報告されて既に5年経ちました。今年の春は気温が低かったですし、夏の厳しさも、ピークは変わりませんが、しのぎやすくなっています。あと数年すればもっとはっきり認識されるのではないですか。 

投稿日時 - 2011-10-06 23:35:37

お礼

回答ありがとうございます。
私も大賛成とまでは行きませんが、プラスの側面もあるので、マイナスの面ばかり強調して議論するのではなく、多方面から考えるべきだと思います。
今年は夏は過ごしやすかったですよね。去年が暑かったからかもしれませんけど。

投稿日時 - 2011-10-08 10:53:11

ANo.19

誤字がありましたので訂正するついでに

誤字

温度に大して→温度に対して

動物の平均体温 動物 平均体温
鶏 42度
豚 39度
やぎ 39度
ひつじ 39度
うさぎ 39.5度
牛 38.5度
犬 38.5度
猫 38.5度
馬 37.5度
ヒト 36度

体温が40度超えるとまずいですよね

限界は、41度ぐらい 直腸温度で40度ぐらい?

42度でタンパク質が徐々に変性(脳もやられますね)

でも

致死温度(深部温度)や生存可能の超高体温(42℃~46.5℃)とかも言われてるので・・・

総合的に見て外気温が46度も上がると多分駄目ですね

投稿日時 - 2011-10-06 11:07:09

ANo.18

ほかの回答のことで恐縮ですけど

>地球と太陽との距離が今の程度で変わらないなら、そう心配する必要はないんじゃないかと思います。

月が地球から離れてることは、ご存知ですか?
そうなると地軸がずれバランスが崩れ太陽から離れるかもしれませんよ
(それまで人類が持つかどうかはわかりませんけど)

地球が金星のようにならなかったのは、月のおかげです。
(衛生があってバランスが取れたらもしかしたら金星もまた違ったかもしれませんね?)

引力のバランスが崩れます。
そうなると温暖化というか地軸がぶれますので気温変化とかすごいですよ。
ただこれは、自然摂理なので国家プロジェクトではどうにもなりません。

まぁでも温暖化注意は、悪い方向ではないのでいいんじゃないでしょうか?
ちなみにアメリカの市民は変わったのかもしれませんが経済界、政界はどうなんでしょう?
考え方が変わったのかな?

ちなみに温暖化が進むと死人とが増えますよ。
クーラーが使えずって生活で室内温度が上がると・・・
体温調整が間に合わない場合、体温が何度で死ぬでしょうか?
湿度が高く蒸発熱(潜熱)が無い場合・・・とか
外でも死ぬでしょうね

結構人間って温度に大して弱かったりしますよ

熱中症とか熱射病を考えてみましょう。

でも考え方一つですよね

国家レベルでやる必要かどうかわからないけど
個人レベルでは意識したほうがいいのかなって個人的に思います。

投稿日時 - 2011-10-06 10:54:29

お礼

地球が太陽から離れたら、寒冷化しませんか?

温暖化したら、クーラー使ってくれればいいと思います。
ただ、資源不足の懸念がありますから、早急に電源の多様化はしておかないといけないですね。

投稿日時 - 2011-10-06 23:23:48

ANo.17

ちょっとお邪魔します。二点ほど。

地球温暖化がいけない理由。地球温暖化が進んで気温があがると人間はだめになりますね。特に♂。
世界の大都市のほとんどが寒い地域にあって、平均気温が26℃を超えるエリアに先進国がない理由知ってます?男が使い物にならなくなるんです。労働意欲・勤勉さがなくなって遊んでばかりになります。
地球温暖化になると人間の♂は使い物にならなくなるので、人類全体が貧しくなりますね。

もう一つ。ボクはアメリカにいますが、2011年はアメリカで地球温暖化(global warming)と気象変化(climate change)が市民レベルの普通の言葉になった歴史的な年です。もうアメリカで地球温暖化や気象異常を疑うやつは低能・バカ呼ばわりされますね。人々は毎日何かがおかしいと口々に言い続けています。For greener tomorrowなんてアメリカ人が真顔でいう日がくるなんて夢にも思いませんでした。

だって今年は物凄い竜巻・雷雨・ハリケーン・山火事で多くの人が死に、多額の被害が出ました。地球温暖化を疑っていた連中は黙りこくってしまいました。海岸近くにいる人たちは自分たちの土地がなくなると本気で信じています。

こういうのって日本に伝わっていないんですかね。

投稿日時 - 2011-10-06 06:03:19

お礼

回答ありがとうございます。

>だって今年は物凄い竜巻・雷雨・ハリケーン・山火事で多くの人が死に、多額の被害が出ました。地球>温暖化を疑っていた連中は黙りこくってしまいました。海岸近くにいる人たちは自分たちの土地がなく>なると本気で信じています。
なぜ竜巻・雷雨・ハリケーン・山火事が地球温暖化と結びつくのでしょう…。
無関係な事象も地球温暖化と結びつけてしまっているのではないでしょうか。
それで、全部地球温暖化のせいにする…。

投稿日時 - 2011-10-06 23:17:10

ANo.16

皆さんの回答を拝見していると、割と呑気ですね。
南極の氷が融けるとか、温度が◯度上がって暖かくなる…とか。

そうじゃなくて、地球温暖化の究極は「金星」でしょう。
カール・セーガン博士が最も心配していた温暖化の暴走です。

金星はご存じの通り、地球と兄弟星と言われています。太陽からの距離も地球より少し内側なだけだし、大きさも組成も地球とほぼ一緒。過去には水をたたえ地球と同様の美しい青い惑星だったと考えられています。

しかし、現在は考えられないほどの地獄の惑星になっています。
地表面の大気圧は90気圧。つまり地球の水深900メートルの海底にいるのと一緒。
また気温は摂氏500度。大気が熱で揺らぐほどの高熱です。
地表から空を見あげれば(生きて見上げることができればですが)常に厚い雲に覆われていて、雷鳴轟く中、硫酸の雨が降る。

そんな世界が「金星」です。

そうなった原因は二酸化炭素による温暖化だと言われています。地球はそうならなくて、何故金星はそうなったのか?それは金星が少しだけ太陽に近くて放熱ができなかったからです。

地球も何の手立ても打たないと、金星と同様のステップを踏みつつあるという事です。航空機が離陸する時、離陸決定速度というのがあり、その速度に達するともう飛ぶしかない(中止・停止できない)という速度があります。今の地球はその速度に着々と近づいておりそれを超えるともう金星状態にまっしぐら、止めることはできないということになる…。

と、ずっと信じていたのですが、最近はちょっと懐疑的になってます…。
そういう説もあるということです。

投稿日時 - 2011-10-05 23:07:24

お礼

回答ありがとうございます。
なるほど。確かに、金星はそうですね。
ただ、地球と太陽との距離が今の程度で変わらないなら、そう心配する必要はないんじゃないかと思います。

投稿日時 - 2011-10-06 00:42:34

ANo.15

>地球温暖化が進めば、絶滅する種もでてくるでしょう。他の種を保護するのは自由ですが、そんなのはそういうのが好きな人が勝手にやってもらえばいいわけで、国家レベルで地球温暖化防止に向けて取り組むのはおかしいと思います。

おかしい以前にムダですね。人間ごときがテラフォーミングなどおこがましい。

そんなことに金をかけるくらいなら景気対策をしてほしいですよ。

投稿日時 - 2011-10-05 09:58:57

お礼

そうですね。経済問題の方が重要だと思います。
二酸化炭素排出削減によって経済が停滞しないようにしないといけないと思います。
景気が悪くなって、自殺者が増えたら、元も子もないですから。

投稿日時 - 2011-10-06 00:41:15

ANo.14

国家レベルでするかどうかは、私にとってどうでもいい話なんですけど

温暖化で南極や北極の氷が溶けると未知なる微生物(ウイルス)も溶け出したときに蔓延する

なども聞いたことがありますが、まぁキラーウイルスじゃなきゃいいけどなーと思います。

後他の回答で原油がなくなるというのも・・・

http://okwave.jp/qa/q7049993.html

暖房時の電気消費量ですよね・・

電気だと出力が大きくなるとかわならなくなりますよ。
冷房と暖房の仕事量で考えましょう。
成績係数も考えて見ましょう。
小さい出力機(4-6畳よう)だと確かに暖房が冷房より電気使用量が増えます)。

動作時平均電力使用量(一時間当たり)
873W846W
暖房冷房

電気代換算(一時間当たり)
\18.94\18.36
暖房冷房

それより家庭では、ストーブでやかんで水を沸かすと湿度が上がり燃料消費量が低く抑えられます。
まぁ 直火で危ないとか、空気が汚れるとか、部屋が汚れるとか・・・嫌う人も多いですけどね

こんだけ森林伐採すればね・・・

でもまあ それでだけ気をつけましょうっていうならそれでいいんじゃない?
一般人には、そんなに影響がないでしょ?
省エネは、したほうがいいですしね

ちなみに私は、影響があるほう・・・報告しなきゃいけない書類があります。
暑くなると・・・大変かも^^;

それよか国家レベルで進めて欲しい問題は、たくさんあると思うのですけどね

投稿日時 - 2011-10-05 09:22:23

お礼

暖房費が浮くという観点ではプラス面ですよね。
省エネは日本は持たざる国なので、やっていかなければならないと思います。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-10-06 00:39:33

ANo.12

種の絶滅や、環境の変化が、不可逆だからでは。簡単に戻すことは、たぶん、できませんよね。温暖化したあとに、「やっぱりやべー」となっても、どうにもならなくなるのでは。

投稿日時 - 2011-10-04 17:25:44

お礼

回答ありがとうございます。
不可逆なのは良いんですが、なぜもとにもどす必要があるのでしょう?
また、温暖化を防止した場合に「やっぱりやべー」となることも考えられますよね。

投稿日時 - 2011-10-05 01:22:02

ANo.11

簡単な話じゃないですか。
今まで通りの暮らしができなくなるのが不都合なんですよ。
人類絶滅しなきゃ良いじゃない、と質問者様はお考えのようですが多くの人は絶滅は愚か食習慣や職業を変えること、移住、今まで気にしていなかった伝染病の心配、そういうことが全部嫌なんですよ。

>地球温暖化が進めば、絶滅する種もでてくるでしょう。他の種を保護するのは自由ですが、そんなのはそういうのが好きな人が勝手にやってもらえばいいわけで、国家レベルで地球温暖化防止に向けて取り組むのはおかしいと思います。
まあ、思うのは勝手ですがそのへんは思うだけじゃなく考えないと。
海水温度がかわれば魚の回遊もかわる、回遊魚を食べていた魚にダメージがある、さらにその魚を食べていた魚にダメージがある、それらの魚を利用してきた人間にも深刻なダメージがある、てなもんで何かひとつの種に問題が起これば系統樹型のドミノ倒しが起きます。

>ほかの動物は他の種のことを考えて生きていないと思いますし
そりゃそうでしょうが、そこが人間の人間たる所以ですよ。
ほかの動物が服を着ないから火を使わないから文字を使わないからインタネットの質問サイトに投稿しないから、なんて理由で質問者様は生活変えないじゃないですか。


>私はどうも信用できません。
質問者様が信用できないとかなんとかはこの質問とは無関係です。

>もし逆に、利益が増える可能性は絶対にないのでしょうか。
絶対にないのか、というとそんなことはなくて可能性はあるでしょうね。
ただ、その可能性が極めて低いってだけのはなしです。
どうも色々都合の悪いことになりそうだ、って時に「逆に良くなる可能性だってゼロじゃない」なんて大穴狙いのギャンブラーみたいな真似はできません。

投稿日時 - 2011-10-04 17:18:49

お礼

つまり、変化が嫌というわけですね。そういう人もいるでしょうがそうでない人ももちろんいるでしょう。
変化を嫌う人の方が断然多いとは思いますが。

変化を恐れていては前に進めません。変化にどう対応していくかということも併せて考える必要があるのではないでしょうか。


>そこが人間の人間たる所以ですよ。
火とか服とかは、自分がやりたいから(生活が豊かになるから)やってるわけです。他の種のことを考えるということは個人的にはやりたくないです。私は人間じゃないですね。。でもたぶん人間として生きてる。

>ただ、その可能性が極めて低いってだけのはなしです。
その根拠があいまいなんですよね。地球温暖化の場合。前述した砂漠の緑化の話もあります。シュミレーションは行うのは自由ですが、パラメータをいじればどうにでもなります。逆に、利益が増えるシュミレーションもつくることだってできるんですし。

投稿日時 - 2011-10-05 01:19:28

ANo.10

>もちろん、一部の地域では住みにくくなると思いますが、そんなのは移住すれば済む話です。

国家レベルで考えろよ。

ある国は低地や砂漠が多く、住める面積がどんどん減ることになる。
ある国は寒冷地が多く、住める面積が増えることになる。

地球規模で見ればプラマイゼロだが、前者の国家が納得すると思うか?



生態系が~ なんてのはただの建前。

本質は自分の土地を増やすvs自分の土地を守る「国家同士の侵略戦争」と変わらんのよ。

面積が減る国は必死に阻止しようとして当然だろう。

投稿日時 - 2011-10-04 17:09:27

お礼

そこが不明なところなんですよ。
地球温暖化が進むからと言って、砂漠化が進むとは限らない。
サハラ砂漠についてのwikipediaの記事には
「ところが、地球温暖化による気候変動によって再び植生が変化しつつあり、南縁部には緑化の兆候もあるという。このような近年の調査研究による予想モデルでは、雨量が増加し湿潤化されるとの説もある。」
とあります。
なので、一概に地球温暖化が悪いとは言えないと思うんです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%8F%E3%83%A9%E7%A0%82%E6%BC%A0

http://blog.goo.ne.jp/azianokaze/e/d2a7e6dc4be28a3efc985643fefb58df
こちらにもその説明があります。

投稿日時 - 2011-10-05 01:08:31

ANo.9

個人的レベルで暑いのは苦手です。

平均温度3度上がっても私は嫌です。

我慢できなくてクーラーをガンガン使って・・・

もともとアメリカは、あまり気にしていないようというか気にしないようにしてる気が・・・

(いろんな意味で)

クライメートゲート事件もアメリカにとっては・・・

でもヨーロッパは、いまも結構国家レベルで日本よりうるさい気がしますよ

まあ 考え方一つですよね

私は、個人的に嫌かな

投稿日時 - 2011-10-04 16:07:34

お礼

回答ありがとうございます。
私も暑いのは個人的に嫌ですね。
だから、夏場もクーラーつけちゃいますけど。
今夏は比較的涼しかったのでまだ良かったんですが。

投稿日時 - 2011-10-04 16:42:34

ANo.8

何故地球温暖化がいけないのか

地球温暖化は、気温や水温を変化させ、海水面上昇、降水(雪)量の変化やそのパターン変化を引き起こすと考えられている。
洪水や旱魃、酷暑やハリケーンなどの激しい異常気象を増加・増強させる可能性がある。
生物種の大規模な絶滅を引き起こす可能性も指摘されている。
大局的には地球温暖化は地球全体の気候や生態系に大きく影響すると予測されている。

さらにこうした自然環境の変化は人間の社会にも大きな影響を及ぼす。
真水資源の枯渇、農業・漁業などへの影響を通じた食料問題の深刻化、生物相の変化による影響などが懸念される。
2–3°Cを超える平均気温の上昇が起きると、全ての地域で利益が減少またはコストが増大する可能性がかなり高いと予測されている(AR4)。
温暖化を放置した場合、今世紀末に5–6°Cの温暖化が発生し、「世界がGDPの約20%に相当する損失を被るリスクがある」とされる(スターン報告)。


つまり地球温暖化が深刻化してくると、利益が減少、コストが増大になるから。

そもそも現在の地球温暖化をもたらせたのは、太陽と地球との関係で自然に温暖化になっていったのではなくて、地球温暖化のほとんどの原因は人間の経済活動を優先させることから生じています。

経済活動を優先したきた結果が地球温暖化で、その結果としてリスクが高くなりコストがかかって利益が減少するなら、それは本末転倒です。

このように人間は利益とコストばかりを考える動物ですが、それが結果的には地球を守ること、地球の生態系を守ることになるので不思議ですね。

以上の理由で現在は国歌レベルで人間の叡智を集めて地球温暖化を防ぐために対応しようとしています。

投稿日時 - 2011-10-04 15:36:42

お礼

回答ありがとうございます。

そういう試算もあるようですが、どのぐらい信用できるのでしょうか。
私はどうも信用できません。
もし逆に、利益が増える可能性は絶対にないのでしょうか。

投稿日時 - 2011-10-04 16:39:53

ANo.7

地球温暖化がいけないのではなくて、自然ではない地球温暖化がいけないのであります。

太古から繰り返されてきた、自然な地球温暖化と寒冷化は文字通り自然現象ですのでこれはそのままで良いでしょう。ただ、化石燃料の消費などで、人が二酸化炭素を過分に放出することよる、ある意味人為的な地球温暖化は防がねばならない、ということなのだと思います。これはもう人間による自然破壊ですからね。

ただし、現在騒がれている地球温暖化が自然現象なのか、それとも人為的なものなのか、つまり二酸化炭素放出が原因なのかについては議論の余地があるとは思いますがね。

投稿日時 - 2011-10-04 15:34:02

お礼

回答ありがとうございます。

人間も自然界の一部ではないのですか?人間は特別ですか?

投稿日時 - 2011-10-04 16:34:14

ANo.6

ごくごくほんの一部のニュースを貼り付けるだけですが。
1.地球温暖化の現状

地球温暖化は今まさに深刻です。地球温暖化は雨が多い国では豪雨被害をもたらし、雨が少ない国では旱魃を頻発させています。
asahi.com(朝日新聞社):東北電力、電気使用率98%に 豪雨で供給力低下 - 社会
http://www.asahi.com/national/update/0805/TKY201
『干ばつ』 - 旱魃の原因と世界各国への影響 - プラス地球温暖化
http://www.plus-ondanka.net/a09_kanbatu.html
中国の大干ばつのすざましさがわかる写真特集カラパイア
http://karapaia.livedoor.biz/archives/51669451.h
中国、アフリカへ食糧援助9月末までに到着 - 中国国際放送局
http://japanese.cri.cn/881/2011/08/19/181s179348
米テキサス州:干ばつによる農業損失、過去最高4000億円-地元大学 - Bloomberg.co.jp
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=9092000
FAO 干ばつに一層の支援を NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110819/t100150
中国南部50年で最大の干ばつ 400万人飲料水不足 - (大紀元)
http://www.epochtimes.jp/jp/2011/08/html/d95432.
温暖化で干ばつが激化、亜熱帯、温帯が「北上」―国家気象局 2011-06-09(木) 164322 [サーチナ]
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=06
東アフリカ大干ばつ-「飢餓数十万人に」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-08-03/20
インド:52年ぶりの熱波 熱中症で80人死亡 - (大紀元)
http://www.epochtimes.jp/jp/2010/04/html/d23951.

2.地球温暖化の影響

7月の世界食料価格は33%上昇、貧困国への圧力高まる Reuters
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-
[PDF] 電力経済研究 欧州異常熱波,急増する冷房需要とその抑制策 ...http://www.denken.or.jp/jp/serc/periodicals/pdf/

投稿日時 - 2011-10-04 15:30:35

お礼

ありがとうございます。私の質問の回答にはなってないような気がしますが。

投稿日時 - 2011-10-04 16:33:22

ANo.5

>地球温暖化がいけない理由
地球温暖化が叫ばれて久しいですが、そもそもなんで地球温暖化はいけないことなのですか?

      ↓
既に記載されているような変化が起きる時、バランスや質量均衡の意味からは、恩恵に浴する地域や環境と惨禍災害に遭遇する地域や環境に別れます。
丁度、為替が対ドルやユーロに対し、円高や円安に大きく急激に振れた時に、業種業態や立場でメリット/デメリットに分かれるように・・・

地球温暖化も、ビックバーン以降の長い歳月の中では、むしろマグマの放熱冷却が進んでおり、氷河期に向っているとの説も有ります。
ご指摘の通り、「地球温暖化が進めば、気温上昇,海水温上昇,海水面の上昇,異常気象,気候変化,生態系の変化・・・など様々な影響があるのは分かります。ですが、だからといって、その何が悪いのでしょうか。」

それぞれの予測される変化の多くは人間の都合であり、その利害によってメリットorデメリットに捉えられている面が大きい。
また、その影響は一面&一時的なものではなく、連鎖的に波状的にサイクル的に次々と起こりますので複雑に絡み合います。

例えば、気温上昇による永久凍土の融解や海面上昇は、人間の居住可能地域や快適性や冷暖房の必要性、生態系に影響しますし、耕作面積や収穫可能作物とか収量に関与し、水産資源にも大きく影響します。
さらに気象変化にて真水の利用可能量や風水害や津波や竜巻や落雷の頻度や大きさや発生進路にも関係します、異常気象と呼ばれるように過去のデーターが意味を成さなくなる事にもなる。

それらは、個々にはメリット&デメリットの問題であり、誤差内であったり振幅の範囲で影響も許容値とか学術研究による想定内になるが・・・
振り子で言えば、中心に戻るとか振れ幅が限定されている中では、人類の英知・科学技術・環境への順応性でカバー出来る部分が大きいのでしょうが、その振れが大きく成れば成る程、水没する地域、雪崩や災害によるダメージと新型ウイルスとか病害虫の発生発病リスクは個々の損得に止まらず、人類や国や社会とかの破壊的ダメージ、対応不可能なリスクにも成りかねず、総合的に考えれば急激な変化はリスクマネージメント&人類の生存環境の面からは忌避・マイナス要因とされる事柄だと思います。

人間の都合でコントロール出来る部分と不可能な領域があるとは思いますが、温暖化のリスクを減じメリットを増じる事が質量・時間的に可能な範囲に抑制し広く人類の平和と安全と幸福に資する様に、世界各国が利害や都合を調整しあって協力し合い地球と人類の持続的生存・快適環境の一環として、地球温暖化への取り組みを合意形成すべく、各種各界各国が集い国際機関に置いて様々な研究や対応策の取り組みが行われているのではないでしょうか?
「温暖化ガスの排出規制・核実験反対・宇宙衛星で気象観測・砂漠の緑化・ワシントン条約・ラムサール条約・国連etc」

投稿日時 - 2011-10-04 14:50:19

お礼

長文の回答ありがとうございます。

そうですね。地球温暖化がなんらかの形で影響をするのは間違いないですが、それが良い方向なのか悪い方向なのかはわからないですよね。

地球温暖化の話とはちょっとずれますが、たとえば、二酸化炭素が増えれば植物の生長が良くなりますが、エネルギー資源の問題を考えれば、バイオ燃料などを使いたいわけですが、そういう観点からみれば、二酸化炭素は増えたほうがいい。もしかしたら、二酸化炭素を減らすことで資源がなくなってしまうかもしれない。そういったことも含めて両面で考えなければならないと思うのですが、あまりに一方向的に決め付ける話が多いと思います。
急激な変化(毎年10度ずつ平均気温があがっていくとか)ならまずいですが、今の程度の変化ならこうしてやっていけてる。

投稿日時 - 2011-10-04 15:07:53

ANo.4

まったくそのとおりなんですが、あなたの意見も矛盾だらけです。

>生物は環境の変化に適応してきた種が生き残ってきているのであり、人類が絶滅の危機に瀕する程度ならば、地球温暖化は阻止すべきでしょうが、地球の平均気温が少し上がったぐらいで人類が絶滅するとは思えません。

適応した生物を食料として、それを採取、栽培して人間が繁殖してきたのですから、組織的な生存ができない世界が来ます。
シロクマやクジラを守りましょうは個人でもいいのです。牛や稲が育たない世界となると国家レベルの問題です。

>もちろん、一部の地域では住みにくくなると思いますが、そんなのは移住すれば済む話です。
国家が領土で成立しているんだから、国家間紛争を引き起こす国家レベルの問題です。

>これほどまでに国家レベルで二酸化炭素の増加の抑止を叫ぶ必要はないと思うのです。
たかだか、発電所の事故程度で、脱原発の声は叫んでも、ここ半年は誰も温暖化で地の球の危機を叫んでないと思いますよ。
世界中も民主化運動や国家デフォルトなど、自分のことで手一杯です。
いま、個人レベルで温暖化防止の反対を叫ぶ必要はない時流だと思います。

地球温暖化対策は、木を見て森を語る妄想ですが、
相談者さんの意見は、森を見て、木を見ない行為。
あなたの意見は、国家レベルでの対応が必要なことばかり。
もう少し中庸と、因果関係のシステムを知らないと、誰も賛同できません。

私の意見は、文明の力で地球温暖化を防止するのではなく、人類の叡智で変化に適応すべきだ。と考えます。

投稿日時 - 2011-10-04 14:25:12

お礼

回答ありがとうございます。
私は、ある程度温暖化したら、今度は逆に寒冷化する方向に作用すると思うので、稲が育たなくなるとは思わないです。平均気温が5度ぐらい上昇しても稲は育つと思います。
このまま(太陽の活動が今の程度で一定ならば)一方向的に地球の平均気温が上昇するとは思えないです。

国家紛争の話については、つまり、地球温暖化により、すみにくい地域が出てきて、その地域が住みやすい地域の国家に侵略しようとして紛争に発展する恐れがあるから地球温暖化はよくないということですね。
国家間の話し合いで解決できないでしょうか。難民の受け入れをやっている国だってあるわけですから、そういうのも難民ですから、話し合いで解決できるレベルじゃないかなぁと思ったのですが。

ここ半年はそうでうね。ちょっと前に、鳩さんが、叫んでたものですから。

投稿日時 - 2011-10-04 14:53:34

ANo.3

理由のひとつは、悲しむ人や、苦しむ人がいるからでしょう。


価値観の違いもあるのでしょうが、私の知る例を挙げさせて頂きます。

ツバルという小さな島国は、現在でも満潮時に国土のほとんどが水浸しになってしまうそうです。
これは今ほど温暖化が進んでいなかったころには、なかったこと。
今よりもっと温暖化が進めば、ツバルという国が地図から消えてしまいます。
日本でもある「ダム建設で故郷が消える」という、そこに住む人たちには大変悲しく残念なことと同じ様なことが、小さな島国とはいえ、国単位で起こります。
若い国民の中には、他の国に移住した人も多いですが、やはり長く住んできたお年寄りや、自国の文化や歴史を大切に思っている人には、とても辛いことでしょう。
また、外国での暮らしが保証されているとも限りません。

また、日本においても、小さな無人島でも自国の国土だとして、漁場の確保をしている場所があるそうです。
そこも海面上昇で完全に沈んでしまえば、漁場が減ってしまいます。


あなたが他人の苦しみや悲しみをどう受け取る方なのか、私は存じ上げません。
ですが、世の中には、温暖化による環境変化で苦しんだり悲しんだりする人や動植物を減らしたいと思っている人が多いのも、地球温暖化防止に取り組む理由のひとつだと、私は思っています。

投稿日時 - 2011-10-04 14:18:56

お礼

他人の感情については、地球温暖化により喜ぶ人もいるわけで、それを考慮するとどうなのでしょうか。
もし、温暖化によって何かが滅亡したとして、私はそれも自然であり、避けたい人は避ければいい、避けたくない人は避けなければいいのではないかと思います。
病気で延命治療をしたいかしたくないかというのと同じで、私なら、80、90になって、もう十分生きたと思ったら、延命治療は拒否したいと思う人です。
地球の環境の変化については、地球温暖化が人為的なものであろうとなかろうと、それが地球というものだからとなるようになるんじゃないかと思います。
海面上昇については、国という立場から守らねばならないというのは分かります。ありがとうございます。

投稿日時 - 2011-10-04 14:45:26

ANo.2

温暖化防止を理由に金儲けをたくらんでいる人たちがいることは事実。

でも、
「何で原発がいけないの?」、「何で米軍基地がいけないの?」
「移住すればいいじゃん。」
と一言で片付けることは難しいのが現実。

それから、天候が変わると、いろいろ経済的な混乱がおきるだろうしね。
今まで成り立ってきた産業が成り立たなくなり、亜寒帯が農地になって、今までの農業地帯が砂漠になったばあい、移住すればすむ話じゃなかったりするからね。 ま、ロシアとカナダと北欧の国々は農地が増えるかもね。 

国によって経済的なメリット・デメリットが違うので、歩調をそろえることが困難になってくるわけでしょうが、損をしそうな国ほどがんばるしかないということになるでしょうね。 でも、がんばっても他人がやらなければやっている人が馬鹿を見ることになる事は明らかです。 それを馬鹿を見たと考えるか、世界に貢献していると見るかは見る人次第でしょう。 ま、日本はエネルギー資源に乏しいので、今後訪れるであろうエネルギー高騰に備え省エネの文化や技術を開発していくことは、良いことだとは思います。

投稿日時 - 2011-10-04 14:14:18

お礼

回答ありがとうございます。
そうですね。今は昔と違って、国という線引きがありますから、各国で捉え方が違ってしかるべきですね。

投稿日時 - 2011-10-04 14:32:54

ANo.1

お前も勉強せい!

人類が滅びる可能性があるからやろ。
なんか一面からしかみとらんなぁ。

蝶の羽ばたきが起こした風が、地球の裏側では台風になる

ちゅーこっちゃ。

わしら地球に住んどんねん。
地球?かんけーねーってやったらあとは滅びるのみ。
わしら地球に助けられてんねん。
宇宙でて太陽光直接浴びたらどうなる?
オゾン層に穴あいたらどうなる?

人に聞く前に勉強しろや。
一事が万事。
しょぼい人間になっぞ。

投稿日時 - 2011-10-04 14:05:15

お礼

回答ありがとうございます。

え?なんで
>宇宙でて太陽光直接浴びたらどうなる?
>オゾン層に穴あいたらどうなる?
とかいう話が出てくるんですか?地球温暖化の話してるのに。

投稿日時 - 2011-10-04 14:28:25

あなたにオススメの質問