こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

自衛隊 一般曹候補生 二次試験面接

自衛隊の二次試験の面接についての質問です。志望は、航空です。

特に志望動機は
 私は、去年自衛隊を受験しました。結果は残念ながら不合格でしたが、それでも諦めきれず再受験をしました。私の父が現役の自衛官だという影響もあります。航空自衛隊は、陸上、海上にくらべ、技術職の色が強いので、自分の特性に合っていると思い、航空自衛隊を志望しました。

こんな感じで大丈夫でしょうか?

良く聞かれる重要な質問とかあれば教えてください。

投稿日時 - 2011-10-06 23:40:31

QNo.7056177

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

ハッキリ言って学科が通れば、面接で落ちることは
まず、ありえません。(よほど間抜けなことを言えば
別ですが・・・)
落すにはアリバイが要るんですよ。テストの成績が
悪ければ、立派なアリバイですが、「何となく」では
アリバイになりません。誰が聞いても「コイツは変
なヤツでは」というレベルでなければ大丈夫です。

投稿日時 - 2011-10-22 00:18:15

ANo.1

面接の内容は、受験する種類によって異なると思います。

自衛隊候補生や一般曹候補生等の面接では、やはり「志望動機」をメインに学生時代のクラブ経験等の一般企業と差ほど変わらないものが出題されると思います。
ここでは、「絶対自衛隊になりたいんです!」という熱い気持ちを面接官にぶつけましょう。
また、どの面接でもやはり「第一印象」はかなり重要です。
ある面接官に聞いた話では「面接の合否は最初の『あいさつ・態度・元気よさ』などで高い人では85%を決めている」と言っておりました。

元気よく、ハキハキと挨拶し、堂々とした態度で挑むのが一番大事です。
第一印象で「この人はだめだ」と決められてしまうと。
「志望動機は?」 「~~だからです!」 「へぇー。じゃぁ次の質問ね・・・」といった、もう聞く気のないような形になってしまいます。
最初を掴むというのを忘れずに面接に挑んでください。

次に、防衛大学や幹部候補生・航空学生の面接は少し違います。
質問の内容も少々特殊になると聞かされたことがあります。(自分はここの類は受験していなので詳しくは説明できないのですが・・・)
なので、上記の内容+ここでは「熱い気持ち」だけでは足りないと覚悟してください。
特殊な質問になる=こたえる内容も重要になるということです。
いろいろ頭をひねって、答えを導き出して下さい。

父親という身近に自衛官を経験した方がいるのであれば、父親に聞くのが一番得策かもしれませんね。
貴殿の合格、心から祈っております。頑張ってくださいね!

投稿日時 - 2011-10-19 21:23:42

あなたにオススメの質問