こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

甲状腺機能亢進症とは、どのような病気ですか?

姉が甲状腺機能亢進症と病院で診断されました。

姉の体調が急変したのは7月の半ば頃で、それまでずっと微熱が続いていたのが、風邪をひいているわけでもないのに、体がだるい・眩暈がひどい・動機がする、と言って一日中ゴロゴロ寝ているときもありました。
飽きないのかってくらい睡眠時間が長く、一日に12時間以上の睡眠を一週間以上とり続けていたこ
ともあります。

姉は現在22歳で、3月に大学を卒業しましたが、大学生活でもずっと「体がだるい」「就活しても試験中にしんどくてもたない」「面接してる最中に眩暈がして倒れそうになる」という理由で殆ど就活しませんでした。
家族は皆「就活が辛いから甘えだ!」と言っていて、結局内定が取れないまま卒業、フリーターになっても、「働くのが辛い、しんどい」と週3日くらいしか働きませんでした。

「病院に言ったら?」と家族に言われ続け、病院わたりをするも原因が見つからず、結局「気の病」だと周りに言われてた姉は精神的にかなり疲れていたようでした。
「私なんて生きていても金食い虫なだけ」と、時折イライラしたときに死にたいという事を口にするようになりました。
どうやら仕事先でも体のだるさからうまく働けなくなっていたようで、給料泥棒!等ののしられていたようで、そのストレスが家で爆発した結果なようでした。

そんな折、姉が酷く手足が痙攣してうまく歩けなくなり、病院にかかって甲状腺亢進症だと判明しました。

血液検査をして結果が解った今日、病院から急きょ電話があり、「今すぐに再検査とエコーを撮りにきてくれ」と言われました。
しかし姉は今日は仕事の日で既に家にいなかったので、時間が取れないというと、「明日病院が休みだけど、すぐに検査をしたいから時間をとる、絶対に明日来てくれ」と言われました。

急のことで、家族皆びっくりして、不安を抱えています。
姉は仕事先で体調を崩したそうで、職場近くにある友達の家で横になっていたら、意識を飛ばすように寝てしまったと連絡が入りました。
姉に連絡がとれないままなのですが、僕の知る限り姉は明日も朝から夜まで仕事が入っていたと記憶しています。

そこで質問です。
・甲状腺機能亢進症は危険性のとても高い病気なのでしょうか?(下手をしたら命の危険がある…等)

・また、姉のこれまでの症状はすべて、この病気によって引き起こされていたと考えて良いのでしょうか?

・姉は仕事から帰ってくると精神的にものすごく病んだような状態になって、ヒステリーを起こしかけたりします。仕事が終わった後はいつも泣いています。この病気はメンタル面に強い影響を与える病気なのでしょうか?

・また上記のヒステリー等と関連がある場合は、姉は仕事を続けさせないほうが良いでしょうか?


質問が多くて申し訳ありません。
どれか解るものでも答えていただければ嬉しいです。

投稿日時 - 2011-10-07 00:23:44

QNo.7056260

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

甲状腺機能亢進症の代表疾患がバセドウ病です。

甲状腺ホルモンは基本的に、エネルギーを消費させるように向かうホルモンです。
甲状腺ホルモンが異常に高いと、体中のエネルギーを無駄遣いするようになります。

微熱や動悸、倦怠感などは、この症状と考えられます。

さらには、体に強いストレスが掛かった時、例えば外傷や手術など、バランスが崩壊して大変なことになる、甲状腺クリーゼという状態もあります。これは命の危険もある状態です。


実際に病気のために辛いのに、根性が足りないとか言われて、本人は頑張ってるのに頑張れと言われ、辛かったと思います。


病院がそう言うのであれば、絶対に病院に行くべきでしょう。

投稿日時 - 2011-10-07 00:54:42

お礼

回答ありがとうございます。
仕事は休職し、入院することになりました。

就活は大学の就職センターの方から連絡があり、「殆ど企業に出向いていないから家族から一喝してくれ」と何度も言われ、何も考えずに家族一同鼓舞するつもりでいました。
それが余計負担になっていたとは後悔が残ります。

状態が速く良くなることを祈ります。

投稿日時 - 2011-10-11 01:25:09

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

さぞかしつらい思いをされていることでしょう。周りの無理解ほど辛いことはないですから。
心配なのはわかりますが、まずは医師に任せるより他ありません。
医師が検査した上で、今後の治療法が決まると思います。
確かに誰だって驚きますよ。でも、素人にはどうにもなりませんし・・・・・・
お大事になさってください。

甲状腺についてのサイトもありますが、検査の結果がはっきりしない時点では、調べない方がいいと思いますので、あえて貼りつけません。却って不安をあおってしまうおそれがあるので。

投稿日時 - 2011-10-07 19:32:04

お礼

回答ありがとうございます。
仕事は休職し、入院することになりました。
詳しい検査の結果は連休明けにも解ると言われたので、今日あたりちゃんと解ると思います。

状態が速く良くなることを祈ります。

投稿日時 - 2011-10-11 01:28:08

ANo.4

他の方が的確な回答をされているので、実際にバセドウ病の人間から一言。
私は幸いにも症状が出てから治療を開始するまでの期間が短かったので、質問者様の
お姉様ほどひどいことにはなりませんでしたが、症状が出てから実際にバセドウ病だと
わかるまでの間、やはり「なまけている」とか「気がたるんでいるからこんな生活なんだ」と
当時つきあっていた主人に言われて悲しい思いをしました。
ですので、ご家族の皆様、ぜひお姉様に今までのことを謝ってあげてください。
「病気だと気づかずにきついことを言ってごめんなさい」と。
私も主人は病気だとわかった瞬間に謝ってくれました。
弱っているときの味方だと思っている人からの心ない言葉はとてもきつかったです。

投稿日時 - 2011-10-07 10:27:41

お礼

回答ありがとうございます。
仕事は休職し、入院することになりました。

就活は大学の就職センターの方から連絡があり、「殆ど企業に出向いていないから家族から一喝してくれ」と何度も言われ、何も考えずに家族一同鼓舞するつもりでいました。
それが余計負担になっていたとは後悔が残ります。

状態が速く良くなることを祈ります。

投稿日時 - 2011-10-11 01:26:56

ANo.3

甲状腺機能亢進症自体は、そう疲れやすいくらいですが、甲状腺クリーゼと呼ばれる病態ですと、内科的救急疾患となります。
お姉さんの神経症状を、病院側は甲状腺クリーゼによる中枢神経症状という判断しているのだろうと推察します。甲状腺クリーゼで検索してみてください。

投稿日時 - 2011-10-07 08:29:55

お礼

回答ありがとうございます。
仕事は休職し、入院することになりました。

甲状腺クリーゼについては調べてみました。
姉が無事でよかったです。

投稿日時 - 2011-10-11 01:26:27

ANo.2

甲状腺機能亢進症とは、甲状腺から甲状腺ホルモンが異常に
出過ぎる状態となり、様々な症状が現れる病気です。
甲状腺ホルモンが出過ぎていると、体が無駄にエネルギーを使い過ぎてしまいます。
結果、動悸がする、疲れやすい、食欲が出るのに食べても体重が減る、イライラ、鬱、不安、汗が沢山出る、手足が震える、等の症状が現れます。

病気に気付かず、爆発的に甲状腺ホルモンが沢山出てしまう甲状腺クリーゼという状態を起こせば、死に至ることもありますが、
医師の指示どうり正しく治療を行えば、治る病気です。

治療は、服薬治療が一般的です。大体2~3年は治療を続けます。経過が良くなければ手術を行います。

お姉さんの症状は、甲状腺機能亢進症によるものでしょう。上記の通り、イライラや鬱、不安など、精神にも症状が現れます。
抗甲状腺薬の服用をし、甲状腺ホルモンの分泌量が正常になれば症状はなくなります。

家庭や職場で理解が得られず、大変辛い思いをされたことでしょう。
すぐに医師の指示通り、治療を受けて下さい。

仕事については、お姉さん本人、ご家族で話し合い、会社に診断書を出して症状について理解してもらう等、色々方法はあるかと思います。

投稿日時 - 2011-10-07 02:15:34

お礼

回答ありがとうございます。
仕事は休職し、入院することになりました。

就活は大学の就職センターの方から連絡があり、「殆ど企業に出向いていないから家族から一喝してくれ」と何度も言われ、何も考えずに家族一同鼓舞するつもりでいました。
それが余計負担になっていたとは後悔が残ります。

状態が速く良くなることを祈ります。

投稿日時 - 2011-10-11 01:25:28

あなたにオススメの質問