こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

パート転職先での扶養控除申告書の書き方について

このたびパートの採用が決まりました。たまたま、きちんと名の知れた会社に決まってしまいました…
勤務時間は1日5時間×5日です(週25時間)。
先方とも扶養控除の範囲内で働くような形で合意しています。

私はもともとは会社員として働いていましたが、結婚・出産後は親の経営している小さな会社で手伝いをしています。
新しく採用の決まった会社の面接時には「知人の起業した10名程度の会社で、パートのような形で働いています。知人が会社を休業にするので転職を考えている。」と答え、履歴書には「非正規社員として入社・在職中」と書いています。

でも、実際は親の会社なので、働いてはいますが在籍していません。そんなに儲かっていない会社なので、何かあったときに身内だし、経営にかかわっていると思われて借金取りに追われるようなことのないようにという理由からそのような形態で働いてきました。
ですので、給与という形ではなくお小遣いをもらっており、収入ゼロ円で主人の扶養にはいっています。それは面接で聞かれていないので、答えていません。

入社にあたり、扶養控除申告書の提出が求められると思いますが、前職の収入など記入欄があるのでしょうか?あまり気にされずに済む記入の仕方はございますか?
まじめな会社なので、給与ではなく、お小遣いだなんて!といわれるのではとびくびくしています…

年金と健康保険は関係ないかと思うのですが、雇用保険はいかがなものでしょうか?前職では、週20時間働いていなかったといえばそれでよいのでしょうか?

ぜひ教えてください。よろしくお願い申し上げます。

投稿日時 - 2011-10-07 21:07:17

QNo.7057670

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

漏れ、追加
「知人の起業した10名程度の会社で、パートのような形で働いています。知人が会社を休業にするので転職を考えている。」と答え、履歴書には「非正規社員として入社・在職中」と書いてしまったので、前職の収入がわかる源泉徴収票を出してくれといわれたらどうしようかという不安があるという点です。
「絶対に給与処理はされてない」ことを前提としてですが。

「履歴書には知人の会社と記載しましたが、両親の主宰する法人です。手伝いはしてましたが、給与は貰ってませんでしたので、源泉徴収票は発行されません」
これでいいです。
源泉徴収票を請求してるけど発行してもらえないとなると、あなた自身が年末調整をしてもらえません。
これは前職の源泉徴収票提出が無い者の年末調整はできないと法令で決まってるからです。
すると自分で確定申告しなくてはならず、うっとうしいですよ。
うそも方便といい、履歴書に「少々の嘘・偽りがある」ことは企業でも理解してます。心配無用です。
それに履歴書に記載してあることを、仮に覚えていても採用担当者だけです。
源泉徴収票を求めるのは経理担当ですから、履歴書の前職が「知人経営の会社」だろうが「赤の他人経営の会社」だろうがどうでもいいのです。

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2674.htm

投稿日時 - 2011-10-08 08:06:19

お礼

ありがとうございます~
そうですね!「経理の方にとっては、どうでもいい」というお言葉、なんとなくわかる気がして、より安心できました。本当に細やかで、温かなご説明をありがとうございます。
頂いたご説明を心の準備に変えて、胸をはって働きに行きたいと思います。
すごーーく安心できて、ご相談にのっていただけて本当によかったです。ありがとうございました!!!

投稿日時 - 2011-10-08 20:10:24

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

親のポケットマネーからお小遣いをもらっているものは「給与」とはいいません。
ですから前職としての記入も不要です。
必ず「私が貰ってるお小遣いって、会社で給与処理してるんじゃないよね?」と確認するようにしてください。
1 両親が税金を払ったあとのポケットマネーから払われてるお金→なにも心配しないでいいです。貴方は幸福です。
2 実は会社では給与として払っていた→既に説明したとおりです。

ところで、縁起でもない話ですが会社が倒産した際に、役員でもない貴方が「経営にかかわっていると思われて借金取りに追われる」ことはありません。
でも「?」なのは、そんなに利益が出てない法人なのに、貴方に小遣いを出す余裕のある役員報酬を支払ってる点です。
わが子かわいさというのは「親ばかだな」で理解できますが、果たして会計処理はどうしてるのかは、親ばかちゃんりんがしてることなので不明ですよね?
やはり「給与としての処理をしてるかどうか」は自分の目で確認したほうがいいですよ。

投稿日時 - 2011-10-08 07:48:24

お礼

丁寧にご回答、ご指示くださり本当にありがとうございます。
再度確認しましたが、きちんと「1」だったので、安心しましたし、感謝もしました。
親は別にも収入があるので、大丈夫のようです。雇われるのは得意ですが、経営はあまり向いていないようです…(などと、言ってはバチが当たりますね…)
知人の公認会計事務所に決算などを委託しているので、大丈夫だと思います。

投稿日時 - 2011-10-08 20:02:58

ANo.2

>履歴書には「非正規社員として入社・在職中」と書いています。
ということになれば、今の会社で前の会社の源泉徴収票を提出するように言われるはずです。
というのは、年末調整を今度の会社でするようになり、そのためには所得税がかかる収入であるないにかかわらず前の給与収入も含めてしなければいけないためです。
お書きの内容からすると、源泉徴収票は発行してもらえないですよね。

>扶養控除申告書の提出が求められると思いますが、前職の収入など記入欄があるのでしょうか?あまり気にされずに済む記入の仕方はございますか?
「扶養控除等申告書」自体は、貴方の氏名や住所を記入し印鑑を押して出すだけです。
収入を記載する欄はありません。
ただ、前に書いたようなことがあります。
「いくら言っても、前の会社がなかなか源泉徴収票を発行してくれない。」てごまかすしかないでしょう。

>雇用保険はいかがなものでしょうか?前職では、週20時間働いていなかったといえばそれでよいのでしょうか?
そうですね。
それでいいでしょう。

投稿日時 - 2011-10-08 06:46:45

お礼

ありがとうございます。的確なご指示で、とても勉強になりました。
問題は、扶養控除申告書ではなく、源泉徴収票だったのですね…
でも、入社にあたり、その点がわかっているのといないのでは、私にとって大違いなので、これで安心して入社できます。
本当にありがとうございました!

投稿日時 - 2011-10-08 19:53:29

ANo.1

扶養控除の申告書の書き方などは夫も子供もいるが、税法上の配偶者控除もうけないし、子を扶養親族にもしないという意味で住所氏名だけ書いて出すだけです。
もっと大きな問題を抱えておられますよ。

両親が経営してる会社(以下A)では、おこづかい程度を支払ってるということですが、帳簿上、どのように処理をされてるのでしょうか?まさか「経営者の子にお小遣い」として処理してることはないでしょう。
個人事業には事業主貸という特殊な勘定科目があるので、現金が不足しても処理可能ですが、法人ですとこの勘定科目はありません。使途不明金処理がありますが、40%の税金がかかるので、経営者の子に小遣いを渡すのに、わざわざ40%の税金を払う会社もないでしょう(もし、そういう処理をされてるなら、貴方はとても幸せものです)。
つまり、給与として支払い経費算入してるはずですし、それが正しい処理です。
法定調書といいますが「誰に幾ら給与を払ってる」報告書を市にだす義務がありますので、これも提出してるでしょう。

すると、今回の貴方が勤めるパート先(以下B)からいただく給与が、配偶者控除を受ける限度額103万円以下であっても、Aから貰ってる給与をたすとそれを超えることがバレますよ。
これを防ぐには、Aから貰ってる給与とBから貰う給与を足して「一年間に103万円以内」にする必要があります。

判らないだろうと思ってると、確実に数年間分まとめて、税務署から「控除対象配偶者になれません。是正してください」と通知がきます。
やっかいなのは、この通知が貴方に来るのではなくて、貴方の夫の勤める会社に来ることです。
夫は「うちの妻は控除対象だから」と申告をしますが、違ってるということを税務署が会社に「是正通知」を出すということです。

税務署との接点など持ちたくないというのが会社の本音ですので、このような通知が来ると、会社のせいでないのにうっとうしい申告間違いなどするなという事で「夫が会社に叱られる」わけです。
事実「妻や子の収入ぐらい正しく申告してくれ」とお触れが出てる会社は多いですよ。
公務員だと「いやしくも公務員が申告間違いで税金を追加で支払うことなど、言語道断だ」というところもあります。
結構、官でも民での扶養是正はうっとうしいのです。

Aの給与(お小遣いだといわれてても、必ず給与処理されてるはずです)とBの給与を合計して、配偶者控除の対象になるように(年間103万円以内)すべきですよ。

投稿日時 - 2011-10-07 23:42:31

お礼

ありがとうございます!!そうなのですね!扶養控除の件、すごく安心しました~
でも、その後を読んで、またドキドキしてしまいましたが…

いちおう「親が経営している会社」なので、その働きに対して、親のポケットマネーからお小遣いをもらっているのです。ちなみに、ポケットマネーからのお小遣いの額も扶養控除内です。(親の元で働くにあたり、勤務時間と時給を扶養控除内に設定して、お小遣い額を決めたので)
会社には席はありますが、籍はなく、その場所にいて働いているだけで、会社のお金からの報酬は得ていないのです。会社から親が得た報酬から、報酬を得ています。…大丈夫でしょうか?
給与ではなくお小遣いにしている理由は、会社が倒産したときのリスク回避なだけなので、後ろめたくないよう節度をもってしっかり働いているつもりで、恥ずべきことはないはずなんですが、世間一般から見て「いい歳をして、親からお小遣いをもらっている」のは聞こえがいいことではないので、転職先にまで知られたくなくて、扶養控除申告書などを気にしているのです…すみません…
このような感じなのですが、本当に大丈夫でしょうか?

投稿日時 - 2011-10-08 00:34:34

あなたにオススメの質問