こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

捻挫で損傷した靭帯はきれいに元に戻りますか?

捻挫というのは靭帯の損傷、もしくは断裂ですよね?
一部、または全部が損傷した場合、正しい治療をすればちゃんともとの場所に戻るんでしょうか?

実は8月に捻挫しまして。
歩く分には(多少の痛みは感じるものの)大股・速足でも十分歩けます。
ただ足首を伸ばすと痛いしまっすぐ伸びなくて・・・
整形外科で見てもらうと、 「切れた靭帯が癒着してしまったんじゃないか」 ということでした。
「一生このままですか?」とは聞けませんでした。怖くて。
信号が変わりそうだからとダッシュしたり、正座したりはもう無理かも(T_T)
でも元気に歩けるようになったのを喜ぶべきかな。

そんなわけで今さらではあるんですが、捻挫した時点で運命が決まってたのか
途中に間違いがあったのか気になってます。


捻挫した1時間後くらいに1時間くらい氷で冷やしたものの、その夜は結構立ったり座ったり。
翌日も結構歩いちゃいました。
びっこぎみではあったけどそんなに痛くはなかったんですよ。

でも象足のように腫れて内出血してたので、4日後整形外科に行きました。
レントゲン撮って骨は折れてないと言われ、マイクロ派をあてられ、薬と湿布を渡され、
特に固定もアドバイスもなく帰りました。

相変わらず腫れがひどかったので、その2日後整骨院に。
「この腫れだと骨折でもおかしくない」と言われ、電気治療・マッサージの後
内出血を取る薬を塗ってもらい包帯固定。翌日の夜外しました。
3日後また行って包帯固定。今度は当日夜外していいってことでした。
そんな感じで週1~2回通い、全体的な腫れは治まりました。

けれども一部に腫れがあるのと多少熱が残ってるので、
行くたびに冷やすように言われました(2週間くらい)。
足首が伸びないことも話しましたが特になにもなく。


そんな感じで6週間ほど経ち、さすがに気になって最初の整形外科とは
別のところに相談に行くと、「癒着しているようだ」 と言われたわけです。

もう一方の足を捻挫した時のため、というのも変ですが、
後遺症なく治すにはどの時点で気を付ければよかったんでしょうか?
あるいは、捻挫した時点でアウトですか?

投稿日時 - 2011-10-08 00:24:20

QNo.7058063

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

>レントゲン撮って骨は折れてないと言われ、マイクロ派をあてられ、薬と湿布を渡され、
特に固定もアドバイスもなく帰りました

捻挫して腫脹が強く内出血までしているのにマイクロして固定無しですか。
その整形外科、治療方法にやや難有りですね。
通常、捻挫の急性期にマイクロなどあてませんし、逆に悪化します。
必ず酷い捻挫の場合ギプスシーネ固定し、松葉杖を使わせ負傷した脚は
体重をかけさせないようにするのが通常です。

>内出血を取る薬を塗ってもらい包帯固定。翌日の夜外しました。
3日後また行って包帯固定。

整骨院で使う薬に効果などありませんし、湿布を張った方が100倍効果は
あるでしょう。腫れの強い際に包帯固定など持っての外です。
その整骨師は捻挫の治療の基本さえ知らないようです。
腫脹が強い患部に包帯など捲けば一気に血行障害を起こすことさえあります。
医療で無い整骨院ではとんでもない治療を施すところが
かなり多いと聞きましたが、聞きしに勝る酷さのようです。

>週1~2回通い、全体的な腫れは治まりました

放っておいても腫れは収まったでしょう。

>「切れた靭帯が癒着してしまったんじゃないか」 ということでした。

それを確かめるにはストレスレントゲンを撮れば判明します。
時間が経っているだけに残念ながら超音波などでは診断は出来ません。
靭帯が切れた場合その後多少癒着する事によりその部分の強度は
若干増しますが、あくまで若干程度です。

完全に切れた場合、いくら癒着しようと完全に元に戻るどころか
半分の強度に戻る事も無理でしょう。
ゆえに年齢の若くて活動度高い方は積極的に靭帯を縫合する手術を
お勧めします。もし時間が経ってしまった方は靭帯再建術という
方法もありますので、まずはしっかりとした整形外科を受診してみてください。
できれば手術も出来て、入院施設があるような整形外科がベストです。

逆に40歳以上でめったに運動しないような方は必ずしも手術は必要ではありません。
足関節の外側の靭帯が切れても日常生活だけならさほど支障はないからです。

>行くたびに冷やすように言われました(2週間くらい)。
足首が伸びないことも話しましたが特になにもなく。

今更冷やしても何の意味もありません。
むしろ少し温めた後に足首、足部をいろんな方向に動かすリハビリ
をした方がよいでしょう。痛い足を放っておくと足部全体の
関節が固まり新たな痛みが出てきますので。
整形外科に相談の上、リハビリすると良いでしょう。

すでに2ヶ月も経った今では整骨院では健康保険は使用できません。
もはや新鮮外傷ではないので。(整骨院で保険が使用できるのは
原因の明らかな新鮮外傷のみです)
ましてや整骨院は現代ではすでに御用済みとも言える
前時代的業種です。現代の医学については全く知識もありませんし
むしろ重篤な怪我の場合、知識が無いだけに間違った治療を
される可能性が高く危険性のほうが高いと言えるでしょう。

>後遺症なく治すにはどの時点で気を付ければよかったんでしょうか?
あるいは、捻挫した時点でアウトですか?

アウトではありません。しっかりした整形外科にかかれば
必ず綺麗に治ります。
おかしいと思ったら他の整形外科を受診する事。
整骨院は治療するところではないため絶対に行かない事。

お大事に。

投稿日時 - 2011-11-02 12:40:44

他の方も回答されているように、知らなかったとは言え接骨院に行った事が悪化させてしまっています。

接骨院とあるので多くの人が病院の仲間だろう位にしか思っていない事や診察中などと札がありますので注意して下さい。接骨院の病院と間違わせて客を集める手口です。法律でも施術所とあります。
今後注意ください。周囲の方に教えるのも良い事と思います。

接骨院は柔道整復師が施術する施設で医師が診察する病院とは全く異なるもので法律では医療類似行為の施設としか認められていません。

そんなところに行ってしまったのですから検査も投薬も禁止されている上に無知としか言えない施術をしてしまったようです。同じ不幸を繰り返さないためにその接骨院は素人と変わりありませんから行かない事と思います。

今回の事、全てを整形外科医に話して相談して下さい。

何事も体に異常があった時は医師が診察し検査・投薬治療でき保険の使える病院に行くのが第一の選択です。
最近の整形外科は理学療法士やマッサージ師を雇って院内で医師の監督の元、施術をしています。

投稿日時 - 2011-10-08 18:15:02

ANo.3

半端に治療する場所をかえるのがまず「間違い」です。
なんで整形外科に行ってたった2日後に勝手に、しかも医師でもない「整骨院」にいきますかね。

靭帯自体には血流はありません、つまりそれ自体は修復しませんが、周囲の結合組織が強くなって補強されて「治る」ように見えることが多いようです。したがって、後遺症ゼロはなかなかないことです。ですが、それなりに無難な治り方をしてほしいのなら、経過を通してみる事が望ましいですから、よほどのことがない限りあちこち渡り歩かないほうがいいでしょう。
特に、整骨院であれこれされたような場合に、そのあとで整形にかかったところで「あーいまさらこられても」と思うことが多いでしょう。

ま、ここまできたらその整骨院にいつまでも通ってください。
きつい靭帯損傷なら、数週間程度で伸びないといって騒ぐのもどうかとは思いますし、あれこれここで騒ぐより、現状と見通しについても整骨院にきかないのがむしろ不思議。まともな整骨院であればいいですがそれはここではわかりません。

投稿日時 - 2011-10-08 11:58:09

お礼

回答ありがとうございます。

周囲の結合組織が強くなって補強されるんですか。
言われてみれば現在そんな感じなのかな~という気もします。
「後遺症ゼロはなかなかない」という言葉は心強いですね。
なんとなくあきらめがつきます。

今回の質問の趣旨は、
「癒着するものはしてしまうのか、それとも治療によっては防げるのか」 という一般的な質問であって、 
「今後どうしたらいいか」を質問するつもりはありませんでした。

つい愚痴めいたものを入れてしまいわかりにくくなってしまいましたね。申し訳ありません。

投稿日時 - 2011-10-09 23:49:15

ANo.2

>一部、または全部が損傷した場合、正しい治療をすればちゃんともとの場所に戻るんでしょうか?

これを調べることができるのは現時点で、最新の超音波診断装置でしかできません。

http://www.sigmax.co.jp/product/medical.html
http://japan.gehealthcare.com/cwcjapan/static/rad/us/
http://www.hitachi-medical.co.jp/product/us/index.html

例えば上記のような機器を導入している整形外科であれば、靭帯の状態が手に取るように分かります。しかも診断はものの数分で分かります。


>「この腫れだと骨折でもおかしくない」と言われ、電気治療・マッサージの後内出血を取る薬を塗ってもらい包帯固定。翌日の夜外しました。3日後また行って包帯固定。今度は当日夜外していいってことでした。そんな感じで週1~2回通い、全体的な腫れは治まりました。

この整骨院は全くお粗末ですね。まず腫れ具合で骨折の判断はできません。捻挫でも突き指でも腫れるときは腫れますし、骨折でも腫れの少ないものはあります。何よりレントゲンで骨折は大丈夫と言っているのだから、大丈夫なのです。骨折とはレントゲンで診断するものですから・・・。

仮に骨折だったとして、この整骨院はなぜマッサージをしたのでしょうかね?骨折でマッサージなんかすれば悪化します。悪化せずに順調に回復したということは骨折はなかった可能性が高いと思いますが、一歩間違えば医療事故です。捻挫のみなら固定の必要もなかったでしょう。捻挫のみで固定をするのは相当な重症時だけで、整形外科がその判断をしなければ固定などする必要ありません。むしろ固定することで関節が固まり、筋肉が落ち、動かさないことにより血行が悪くなります。

恐らく制度的にもまずいです。整骨院で骨折の治療をするときは、必ず医師の同意が必要です。骨折と判断したからにはこの整骨院は、整形外科医に治療の同意を得たのでしょうか??質問文だけを拝見する限り、そのような感じではないように思いました。今回はたまたま運が良かっただけで、整骨院の治療は結構悪化する危険がありましたね。ご注意ください。


長文、乱文失礼しました。ご参考になれば幸いです。お大事にどうぞ。

投稿日時 - 2011-10-08 01:19:18

補足

すみません、言葉が足りませんでした!!
整骨院は骨折を疑ったわけじゃないんです。
レントゲンで異常なかった旨は伝えてましたし。
痛みが少ないので軽い捻挫と考えて翌日から歩いてた私に対し、
「ひどい腫れ方だから安静にした方がいい」という意味での発言でした。

マッサージも捻挫の部分じゃなく、足首から上やもう片方の足、上半身の施術でした。
無意識に捻挫をかばっちゃうせいかあちこち痛かったのでこれはとても助かりました。
なのでその点整骨院に罪はないんですが・・・

詳細は省略しますが最後に行ったときに「ここは信用できない、今の状態の説明も疑った方がいいかも?」と思うことがありまして。
回答者様のアドバイスもあり、改めて整形外科に行くことにしたんです。
次に捻挫した時にはいろいろ気を付けたいと思います。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-10-09 00:37:22

捻挫の治療に、どうして整骨院なんかに行かれたのでしょか? 腫れが酷い状態の時にマッサージなど、どう考えてもおかしな行為に思えます。整骨院は医者ではありませんので、レントゲンも撮れません。そのような状態の時には、やはり医者である整形外科に通うべきでしょう。

私は足首の靭帯が半分断裂したままです。もう15年くらい前のことですが、質問者様とは違って、足首を骨折しました。その際に整形外科で靭帯が半分断裂していると診断されました。断裂した靭帯は自然にくっつくものではなく、きちんと治すには手術しなければいけないと言われました。それを聞いた時は愕然としましたが、靭帯が半分切れていても、スキーやスケートのような足首が折れ曲がる可能性のあることさえしなければ、日常生活には何も支障はないと言われました。その通り、その後ゴルフにも支障はありませんし、現在に至るまで、特に痛みがあったり支障や後遺症があるといったことは全くありません。勿論、ダッシュも正座も問題ありません。

では、質問者様の場合ですが、8月に捻挫したばかりでは、まだ1~2ヶ月ですよね。痛みが残っていても不思議ではないと思います。私の場合は骨折して靭帯も半分切って、特に何もせずに現在も支障はありませんが、それはきちんと医師に説明を受けて判断したことです。しかし、質問者様の場合は怖くて聞けなかった。別の医者に「癒着しているようだ」と言われて、じゃあ、どうすれば良いのかを聞きましたか? 癒着していても今後の日常生活に支障がないのか、支障があるのであればどうすれば治るのかを、医師にきちんと説明してもらうことです。

それを聞くのが怖くてご質問されたのだと思いますが、それは医者でない限り、お答えのし様がないでしょう。ですから、整骨院ではなく、整形外科にもう一度受診されて、きちんとした診断をしてもらってください。

投稿日時 - 2011-10-08 01:08:34

お礼

回答ありがとうございます。
整形外科には最初に行きましたよ?
レントゲンでの診断も受けましたが、先生とあまり相性がよくない感じだったので今度は整骨院に行ったんです。
なぜ別の整形外科に行かなかったのかと言われると、捻挫を軽く考えてたと反省するしかないですが・・・

今回の質問の趣旨は 「治療法によって癒着しない可能性はあったのか、あるいは後遺症が残るのは避けられなかったのか」 だったので省略しましたが、今後のことは一応説明を受けました。
回答者様と同じで、完全に治したいなら手術をする道はあるそうです。
ただ今のままでも(趣味である)ハイキングは行っても大丈夫ということでしたし、それ以上の運動はしないので手術まではしなくていいかなと。

今までできたことができなくなったのは悲しいですが、多少よくなる希望も捨ててませんし、日常的にはそう困りませんし。
思わず愚痴が出ちゃいましたが、今後についてはそんなに悲観してるわけじゃないんです。
余計なご心配をおかけしてすみません。

投稿日時 - 2011-10-09 00:11:30

あなたにオススメの質問