こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

マドンのサドル後退幅

2010年のマドンに乗ってます。UCIの規定ではサドルの後退幅は50mm以上となっているみたいですが、私のマドンは特殊なシートマストなのでどうがんばっても45mm程しかとれません。これを解決するにはオフセットが30mm以上あるマストか、シートレールが100mmくらいあるサドルが必要ですが、ないような感じです。ちなみにマドンはそのままツールなどのレースにでていると聞きましたが、どうやって後退幅をだしているのでしょうか?もちろん、でかい外人はフレームもでかいので大丈夫でしょうが、なかには小さい人もいると思うのですが

投稿日時 - 2011-10-08 14:39:15

QNo.7058858

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

マドンは前乗り過ぎて後ろ乗りできないとお悩みの方が多いですね。特殊なシートマストキャップでオフセットが2種類しか無いことが原因と思います。日本人体型を考慮していないのだと思います。

一つの提案ですが、フィジークのアリオネのようなレールも長く、またサドルも長いものを使用されたら如何かと思います。私はマドンではないですが同じ悩みを抱えたバイクがあります。フィジークのアリオネのテストライドサドルでしばらく乗ってみました。ポジションが換えやすく大変快適です。長く人気が続く原因の一つかと思いました。マドン乗りの多くの方が使用していますが同じ理由かも知れません。

ただし、新たな悩みがあります。フィジークのサドルは昔のサドルのように柔らかめです。ですからレーパンのパッドがパールイズミの3Dネオパッドのようなものだと反対に擦れたり痛みを感じます。昔ながらの薄いパッドのレーパンが合うようです。私の好みは、レーパンのパッドが厚く、サドルは堅いサドルが好みですから断念しましたが…何かの参考になさって下さい。

投稿日時 - 2011-10-08 18:41:50

お礼

アリオネのレールは長いみたいですね、こんど試してみます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-10-08 21:56:44

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

UCIの当該規定には身体的理由による救済条項があります。機材の都合から50mmの後退を確保できない場合は±0mmまで許容されますが、ペダルに足を乗せクランクを水平にした状態で、膝前端がペダル軸垂線を越えない事が条件です。

これは主に女子選手の救済目的ですが、身長の低い男子選手にも適用されます。この条項は特にサドルやポストの機材選択まで踏み込むものではありませんがですが、なるべく機材交換で50mmをクリアするのが望ましいです。

投稿日時 - 2011-10-09 10:49:01

お礼

ありがとうございました

投稿日時 - 2011-10-09 17:31:18

ANo.1

・・・UCIの規定というのはざる…
当然小さい人もいますよね?
どう見たって50mmも後退幅はありません
http://www.cyclingtime.com/modules/myalbum/photo.php?lid=121229
サミュエルドゥムラン=159公称もっと小さそう。

車検で跳ねられるレベルの事例ではないと思いますが???
前オフセットとかのポストが付いていなければ、
あとは目視レベルですよきっと。

投稿日時 - 2011-10-08 18:31:22

お礼

ちいさい人ですねえ、このフレームだと50mm以上はでないのでしょうね?ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-10-08 21:59:22

あなたにオススメの質問