こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

【DIY】マスキングテープの劣化について

マスキングテープの劣化について教えてください。
賃貸物件で、部屋の模様替え(壁紙クロスの固定)に使用します。

粘着剤には、ゴム系とアクリル系があり、
アクリル系のほうが耐熱性があることが分かりました。
(例えば3Mのマスキングテープなどが該当)

アクリル系のマスキングテープを以下の用途で使用した場合、
どの程度の劣化がみられるのか、事前に把握したいです。

▼使用用途
1)壁(壁紙クロスあり)にマスキングテープを貼る。
2)マスキングテープの上に両面テープを貼る。
3)両面テープにより、新たな壁紙を貼る。

▼使用期間
2年程度

▼留意事項
スポットライト(ハロゲン球)がほぼ毎日照射されます。
つまり、恒常的に一定の熱(30℃程度)を受ける環境にあります。

▼懸案事項
1)マスキングテープの劣化により、壁紙がはがれるのではないか。
2)マスキングテープの劣化により、粘着剤が下地となっている壁紙を汚すのではないか。

特に、後者が気になります。
賃貸物件のため退去時の原状回復費にどれだけ跳ねるかを気にしています。
テープは、時間経過によって、粘着剤がベトベトしてくると思っていますので。
このベトベトがどの程度出てくるのか把握したいです。

以上
ご回答いただけたら幸いです。

投稿日時 - 2011-10-08 16:45:59

QNo.7059051

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

マスキングテープは、貴方が想像するような使い方はできないと思います。

クロスには、表面に汚れ防止剤が塗られています。
これを、タオルに水を含ませて拭き取って貼らないと、マスキングテープはすぐ剥がれてきます。
汚れ防止剤を取り除いて、マスキングテープを貼ると、
マスキングテープを貼ってすぐはがしても、クロスの表面が剥がれてくる物がたくさんあります。

2年もマスキングテープをクロスに貼っていれば、
粘着剤の成分がクロスに吸収され変色する可能性は高いと思われます。

クロスは紙からできています、
のりをつけて貼ることにより、シワがなく貼ることができます。
しかし両面テープで貼った場合、湿度が高いときは、シワがいっぱいできます。

湿度により、後から貼ったクロスの面積が広くなったり、狭くなったりします。
狭くなったときマスキングテープには部分的に大きな力が加わります。
1年もしないうちに剥がれてしまう可能性は大きいです。

投稿日時 - 2011-10-09 06:41:18

お礼

ご回答ありがとうございます!

以下のサイトのクロス固定方法がどれだけ現実的なのか検証したく、皆さんに質問させていただきました。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/kabegamiyahonpo/d/wall_p/tintai-wp.html

湿度により形状が変化することは知りませんでした。
賃貸でなければ、のりをつけてシワができないよう貼れるのですが・・・

投稿日時 - 2011-10-09 12:04:30

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

完全に用途が間違っています。マスキングテープを固定用テープと思って
いるようですが、実際には壁紙を固定出来るだけの能力はありません。
主な目的は塗装時に塗装しては困る場所に予めマスキングテープを貼り、
塗料が付着しないようにするため。コーキングをタイル等の目地に入れる
時に、左右にコーキングがはみ出さないようにするために使用します。

マスキングテープの粘着力は、思ったより強くありません。油紙に粘着力
の弱い糊が付いている程度です。油紙なので塗料が浸透しないので、塗料
が付着しては困る部分に貼って使用します。塗料が乾いた頃に剥がして取
り除きます。作業前に貼る➜作業をする➜塗料が乾く➜マスキングテープ
を剥がす。これがマスキングテープの使用方法です。

マスキングテープはセロハンテープより粘着力が弱く、壁紙が貼れたとし
ても数日後には剥がれるでしょうね。スポットライトが当たる関係から、
場合によっては油紙部分と粘着部分が分離してしまうかも知れません。
マスキングテープは油紙ですから、この上には何も貼る事が出来ません。

継続期間が2年のようですが、先程にも色々と書きましたように、何ヶ月
も続けて使用が出来るテープではありませんので、粘着部分だけが残って
剥がれてしまうでしょうね。残された粘着は取り除けませんから、最初か
ら使用しないのが無難だと思います。
作業前に貼り、作業が終わったら剥がす事が本来の使用方法です。
木部に粘着が付着したら剥がせますが、元々の壁紙に付着したらベトベト
を取り除く事は不可能ですから、元々の壁紙も貼り替える事になるでしょ
うね。

先日の放送でポスターを壁紙に貼って、画鋲で止めた程度の穴なら問題は
ないが、ヨート等を使用してフック代わりにネジ込んだりすると退去時に
別途補修対象になると言っていました。
元々の壁紙の上に自分が好きな壁紙を貼るなら、画鋲で仮止めにする程度
にされた方が良いと思いますよ。

投稿日時 - 2011-10-09 10:38:11

お礼

ご回答ありがとうございます!
マスキングテープの本来の用途については、承知しております。

以下のサイトを参考に、クロスの張り替えを検討していました。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/kabegamiyahonpo/d/wall_p/tintai-wp.html

ベトベトを取り除く方法も調べましたが、やはり手間がかかるので、
マスキングテープを使用してのクロス固定はやめ、ホチキスで固定しています。

投稿日時 - 2011-10-09 12:01:33

マスキングテープの本来の用途や特徴って御存知ですか?

塗装などで塗料が付いてはいけない箇所を一時的にマスクするために使用するものですが、あまり接着力が強力だと下地を傷めたり剥がしても接着剤が残ったりするし、かといって接着力が弱いと塗装の最中に剥がれては元も子もありません。
一般的に平均的なマスキングテープの接着力ですが、セロテープ程度でしょう。
劣化というか対応力もセロテープ程度でしょう。
まあ剥がしてもセロテープの様にのりが残ったりはしませんがね。
まして常に熱に曝されているということは、マスキングテープの接着力に期待するのはいかがなものでしょうね?

投稿日時 - 2011-10-08 22:39:52

お礼

ご回答ありがとうございます!

マスキングテープ本来の用途については、承知しております。
やはり無謀ですね。。。

以下のURLにマスキングテープを使ったクロスの固定方法があったので、
長期的に固定できるか情報収集をした次第です。

http://www.rakuten.ne.jp/gold/kabegamiyahonpo/d/wall_p/tintai-wp.html

ということで、ホチキスで固定しました。

投稿日時 - 2011-10-09 11:55:16

あなたにオススメの質問