こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

生命保険について悩んでいます!

主人の加入している全労済の共済について検討中です。一つ教えて頂きたいのですが、
全労済のマイカー共済で人身傷害5000万とは、人身事故で自分が死亡した時にもらえる額なのでしょうか?

生命保険関係については、生命共済とこくみん共済にも加入していますが、事故で死亡した時の保障額の見直しを検討しているのですが、マイカー共済でも5000万もらえるのなら、生命の方は少し保障額をへらしてもいいのではと思っています。

死亡補償金は、こくみん共済→1200万、生命共済→3000万、それと主人の会社で団体の共済にも加入している分で200万で、計4400万です。マイカー共済で5000万もらえるのなら、9400万になるので多いですよね?
入院については、こくみんが一日5000円、医療共済が8000円、団体が10000円で計23000円です。
これについてだけ考えると、団体共済のみで十分だと思われますが、医療共済はがんなどの三大疾病の特約がついているのは外せないし、あと、こくみんとせいめいは病気死亡の時に400万(こくみん)、1500万(せいめい)もらえるので、万が一病気死亡の時は加入してないと不安があるので、やはりはずせなくなります。ただし、59歳までの保障ですが。

10年更新型で、52歳になり、金額も大幅に高くなりまして毎月の支払が少し苦しくなり、見直しを検討しています。しかし、いざという時の為に上記の加入内容について、事故だけのことを考えるとせいめいとこくみんは金額を下げて保障を少なくすれば少し楽になるのですが、病気死亡の部分がはずせないので高くてもこのまま払うのが無難なのかどうか?

ネットで保険会社サイトで試算などして検討もしてみたりしましたが、考えれば考えるほど迷って考えがまとまらなくなりました。
全労済のみに加入していますが、オリックスなども検討してみましたが、結局高くなりそうで・・・
今の生活は保険料で私49歳と主人の二人で生命保険関係は月32000位になります。世間一般と比較してこれは高額でしょうか?本当は払込額を少し下げて、その分貯蓄に回すことができれば理想なのですが、保障のことなど考えたら難しいのでこのままの払込額でいくしかないでしょうか?
長くなりややこしくなりまして申し訳ありませんが、ご指導頂けたら幸いです。お願い致します。

投稿日時 - 2011-10-10 14:17:13

QNo.7062804

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

自動車保険だけの説明です。

運転者本人や同乗した人がケガや死亡した場合、搭乗者傷害保険が適応されます。

人身傷害は事故の相手方です。

ちなみに人身傷害5000万円では、実際の事故においては掛けて無いに等しいと思います。
死亡事故では1億円は覚悟しないといけません。

そんなに保険料に差がありませんから、無制限にしたほうが良いと思います。

投稿日時 - 2011-10-10 14:34:24

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

まず、国民共済、全労災等の最大の欠点は、本当に必要になった時期に補償額がどんどん下がる事です。
今、52歳という事なら早急に見直しが必要でしょう。
昔の保険は、貯蓄というイメージでしたが、今は保証を買うという概念になってきていると思います。その意味でも、貯蓄と保険を分ける、見直すという事は大事な事だと思います。昔の貯蓄型生保は、利回りが良かったので持っていたらイイですよ。ソニー生命、アフラック等のフィナンシャルコーディネーターにお世話になったらいいと思います。

御自宅のローンは無いのですか?あれば(多分)団信に入っているのと思うのでローンが無くなりますよ!

他の方の云ってらっしゃいますが、人身傷害5000万とは相手に対する保障でご自身の為ではありません。ここはやはり無制限がイイと思います。

投稿日時 - 2011-10-12 00:15:25

ANo.3

しんでも丸々五千万円もらえるわけではありません。半分だったりします。

投稿日時 - 2011-10-10 15:34:08

ANo.1

考え方が、保険料に偏りすぎて居る様です。

自動車共済の人身傷害は、交通事故で無ければでません。
しかも、契約保険の掛かった車のみと思います。

自動車共済の人身保険がやすいから、それで良いと考えられたのではないでしょうか?
病気や自動車以外での怪我などでの支払いは在りません。
生命保険では在りませんからね。
それでも宜しいのでしょうか?

通常考えるのなら、搭乗者傷害保険を下げて、その分生命保険を上げるのが基本です。
ただ、搭乗者傷害保険は、掛け金が安いですから、
そんなに大きく安くならないんですよ。
それはそうです。保険の内容が自動車に乗って居る時に限定され、
その他の病気や怪我なと一切対象になら無いからです。

その部分をよく御考えになられてみて下さい。

投稿日時 - 2011-10-10 14:30:21

あなたにオススメの質問