こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

柿の種類について

柿の季節になりました。
柿について調べてみると、甘柿、不完全甘柿、渋柿の三種類に分かれるとのこと。
田舎の山に現存する柿の名前を親に聞くと、百目柿、やへい、あきごねり、甘西条、西条の5種類。
全て種があり、このうち西条は渋柿ですが、他の柿の木は渋い実が全くなくて、甘い実しか成りません。
ただし、百目柿以外は樹齢100年以上らしいので、元はどうだったのか分かりません。
しかしマイナーな品種のせいか、西条くらいしか名前が出てきません。
そこでいくつか教えて頂きたいことがあります。


これらの柿は完全甘柿、不完全甘柿、渋柿?

百目柿・・・縦長でずんぐりした形の大ぶりな実、皮に年輪のように筋が入る。あっさりとした味でパリッとした歯応え。

やへい・・・縦長でお尻?にやや丸みがある実。甘みが比較的強く、パリッとした歯応え。

あきごねり・・・丸くて平べったく、小ぶりな実。実も葉も色が濃く、熟れてからも長い間木から落ちない。いかにも甘そうな濃い柿色ながら甘みも味もあまりない。見た目は日本画にありそうな風情のある木と実で、観賞用?

最大の謎が甘西條です。西條は渋柿とはっきり書かれています。
縦長でお尻が細く、あまり大きくなりません。
甘西條は、まだ薄い柿色で身がパリッとしている段階でも、中は濃い茶色の点でびっしり埋め尽され、大変おいしい甘柿がたわわに成ります。軟らかくなると極甘です。
横に小ぶりな西條の木があり、外観は全く同じ実が成るのですが、こちらはれっきとした渋柿です。
接ぎ木で甘柿になったのでしょうか?
それとも渋柿が変異した品種?
例えば他の木に接ぎ木したら、元は渋柿の品種なので、接ぎ木された木には甘柿は成らない?


子供の頃は深く考えたことがなかった田舎の実りですが、最近、先祖が残した大切な財産だと感じるようになり、興味を持つようになりました。
現在柿はあまり人気のない果物と聞きます。
たくさんある品種も、いずれ無くなっていくのだろうか?と考えるこの頃です。
以前に農学のカテゴリーで質問したものの、回答は頂けませんでした。
カテゴリーが違いになるかもしれませんが、回答を頂けたら幸いですm(__)m

投稿日時 - 2011-10-10 16:44:08

QNo.7063082

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

専門家でもなんでもないため適当に聞き流してくださるとありがたいです。

接木そのものが変異の直接原因ではないと思います。
そうでなければ、トマトなどの野菜の接木苗に変異が大量に発生してしまいます。

ただですね、私が観察している状況下で、
ときどき変異が発生する状況があります。
それは草刈で引きちぎられた木の枝などに
斑入りの枝が結構な頻度で現れるという現象です。

四葉のクローバーも人に踏みつけられるような場所によく現れるとも言われていますし、
植物体に適度な刺激を与えると、それがきっかけで遺伝子異常が発生するのかもしれません。
当該の渋柿も、接ぎ木用の西條柿のほうが切られたときの刺激がきっかけになって
生長する初期段階で突然変異が生じて(新しく出た枝に突然変異が生じて、それが主枝になった?)、
渋が抜けやすい柿がなるようになった? のかもしれません。

何にせよ、具体的には専門家にでも調査していただいたほうが
よろしいのではないかと個人的には思うところです。
歴史的にも突然変異でいろいろな品種は生まれていますから、
当該の柿の木も、場合によっては突然変異より生じた新品種として認定されるのかもしれませんね。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/枝変わり

投稿日時 - 2011-10-31 12:12:17

お礼

回答ありがとうございます。
期限切れの削除のお知らせかと思いました(;_;)
仰るように、専門家に見てもらわないと分からないのかもしれませんね。
四葉のクローバーのお話や、身近に観察したお話など、ありがとうございます。
子供さんにも観察・実験が出来そうですね!

質問させて頂いた後に帰省して、新たに分かった事実がありました。
甘西条は背が高くなっていたため、思い切って今年は枝を切ったそうです。
そのため、新たに伸びた枝は明らかに若く、実も僅しかなりませんでした。
その僅かな実を、いつもの感覚で硬いうちにもいだところ、渋が抜け切っていませんでした。
あの、カリッとして糖の点がびっしりの実がもう食べられないのかしら(T_T)
枝が若いと違うみたいです。
すると、近隣のお宅にも甘西条があるからもらって来ようか?とのこと!
どうやら、他にも木があるらしいのです…。
古い枝と若い枝の違い、他にも同じ品種の木があることから、突然変異で出来た?木から接ぎ木すれば甘い柿が出来るが、完全に甘くなるには年数がかかるのではないか、と想像しました。
質問に書いている他にも、ふゆ?柿、御所柿というメジャーな木もあるのですが、もらって来た近隣の地域の名前で呼んでいる木もあり、品種の分からない木を始め、昔はニ、三十種類はあったそうです。
父が子供の頃に、父の祖父から聞いたもので、かろうじて一部分かるくらい、もっと古いものは品種も由来分からず、適当に呼んでいたらしいです。
父の祖父、曾祖父が柿コレクターだったらしく…。
山奥のありふれた農家でも多数集められたことから、仰るような突然変異が出来やすいのかも??

投稿日時 - 2011-11-03 18:28:35

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

今回も適当に聞き流してください。

>甘西条は背が高くなっていたため、思い切って今年は枝を切ったそうです。
そのため、新たに伸びた枝は明らかに若く、実も僅しかなりませんでした。
その僅かな実を、いつもの感覚で硬いうちにもいだところ、渋が抜け切っていませんでした。

もしかすると、その切られた部分よりも先の枝が「甘くなる柿」が成る枝で、
今回新たに現れていた枝は、元々の西條の性質を持った本来の枝なのかもしれません。
今に至っては分からないことかもしれないですが、
見た目には分からない枝にも秘密が隠されていたのかもしれませんね。

新たな品種が生まれるときには、交配で選抜されるだけではなく、
たまたまある特定の枝についていた花が美しいとか、その枝の実が非常に美味しいとか
偶然見つけられた素晴らしい特徴が見出されて、
ただひとつの枝が品種となることも少なくはないようです。

私もそんなものを見つけられないかと、暇なときにはきょろきょろと探し回っています(笑)

投稿日時 - 2011-11-03 22:51:04

お礼

回答ありがとうございます。
想像が広がるのって、楽しいですね(^-^)

子供の頃、田舎の山の斜面の一角、一畳くらいのスペースに、今まで生えていなかった花が突如咲いたのを発見し、ワクワクして調べたことがあります。
結局品種も分からず、咲いた(生えた)のも一回きりでした。
植物の詳細な姿は記憶が薄れてしまったのですが、あのときの光景、ドキドキは忘れられません。

新しい発見とのめぐりあいをお祈りします☆

投稿日時 - 2011-11-05 21:14:19

あなたにオススメの質問