こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

雇用保険の受給

73歳になる父がおりますが、今年の3月で嘱託契約が終了となったようです。
最近、父と話す機会があったのですが、ハローワークでいくらか受給をうけたようです。
契約更新がされず、年齢的にも高齢で年金生活となり、再就職をさがす予定もなかったようですがいくらか失業保険を受けたようです。
おそらく本人がハローワークへ離職票を持って受給手続きをしたのでしょうが、なんの給付をうけたのかと聞いても本人もよくわかってません。
今回受けた受給は、更新がされなかった為の失業保険として解釈してよいのでしょうか。
通常、失業保険を給付する際には離職票を提出して、まだ働けるということ(ハローワークへ就職を申し込む)を示さなければならないと思うのですが、今回受けた給付はどのように解釈したらよいかわかりません。
お分かりになる方、ご教授お願いします。

投稿日時 - 2011-10-11 23:23:34

QNo.7066020

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

雇用保険事務の担当経験がある者です。


お父様がハローワークで給付金手続きをして受給した、
とおっしゃっているのであれば、
それは失業給付金であると考えられます。

ただし、
65才以上の離職者についてはいわゆる失業給付と呼ばれる一般給付と異なり、
一時金となる『高年齢求職者給付金』での支給となります。


この制度、
基本的な受給要件はご質問者さまがおっしゃるとおり、
(1)離職前1年間に11日以上出勤のある月が6ヶ月以上ある
(2)すぐに働ける状態である
(3)再就職の意思がある
等、失業保険の要件に則していますが、
一般給付ほどシビアな確認がされません。

離職票の提出手続きがご自身でできて、求職登録の手続きをすれば(2)(3)はクリアとなり、
あとは指定された認定日に一度出頭さえすれば給付が受けられます。


高年齢者給付は確認が比較的ルーズのようで、
離職票さえ提出すれば受給できるような実態がある給付制度です。


なんにせよ、
きちんとした手順を踏む必要はあります。
お父様はその上でその給付金を受給されたものと思われますので、
特段ご心配されずともよろしいのかなと思います(^^)

ご参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2011-10-12 19:11:16

お礼

早速の回答有難うございました。
父は長い間、嘱託として勤務していたわけですが、高齢になり契約更新をしていただけなかったようです。本人はできればまだ働きたいと思っているようなので、その要件を拝見すると確かに条件をみたしているようです。
勉強になりました。ご丁寧な返答有難うございました。

投稿日時 - 2011-10-13 01:36:30

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問