こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

カリスマ経営者ジョブズ氏とわがまま経営者の違いは?

iPod iPone iPadなど、魅力的な電子機器を続々と発売しているアップル社の経営者 スティーブ・ジョブズ氏がなくなられました。
マスコミでは氏の事を
「顧客重視のカリスマ経営者」
などともてはやしています。

巷間伝え聞く話では、彼はコンピュータの設計や演算構造については特に詳しい知識があったわけではなく、主にデザイン面や使い勝手に関する部分での注文が多かったそうです。そのため彼が製造部門に指示する内容は製造コストや設計コスト、組み立て工数に異常に悪影響が出たり、工業製品としての安全規格合格に苦労したとのことです。
(曰く、曲面を多用した筐体にしろ、とかボタンを極力減らせ、とか取り扱い注意指示シールを張ると見栄えが悪いから貼るな、とかボディはアルミ削り出しで作れ、とかボディの艶が気に入らん、とか・・・・)

しかし、そういった「表向きは顧客重視のカリスマ経営者」なら日本にもたくさんいます。

やたらコストカットが大好きで、人件費を切り詰め切り詰めし、従業員を使い捨てにするくせに巨大スポーツイベントには何百億円ものCMを打つあそこの企業とか、
「世界の●●」と呼ばれる裏側では、下請けを虐めて泣かせて下請け社長が首をつっても平気でいられるようなあそこの企業とかです。

もっと言えば、今あなたの勤務している会社を含め、世の中のの社長、経営者なんてのは、現場の苦労を知らず、自分では何一つ作り出せないくせ(経営と現場、という担当分野の違いという意味ではなく、現場を経験していない、という意味。本田宗一郎氏などは当てはまらない)に、
「あんな商品を今すぐ作れ」「こんなサービスを明日から始めろ」
「俺が言ったことは全部やれ」「俺の声は天の声だ」
「できないのはお前(社員)が悪い」
「できない言い訳を考えるまえにできる方法を考えろ」
「残業代を払うつもりはないから定時までに全部仕事を仕上げろ。たとえどんなに仕事が増えようと」
と社員にわがまま、無理難題のの言いたい放題です。

なぜ、製造現場に苦労をかけっぱなしだったジョブズ氏は「カリスマ経営者」と褒めたたえられるのでしょうか?

死んだ人の悪口を言うのは日本人の性に合わないから?でも死んだら全部罪が消えるわけではないですよね。

アップル製品が売れているから文句を言うと取扱店からクレームがくるから? でも売れているのはジョブズ氏一人の功績ではありませんよね。それこそ、売れるように末端の現場は頑張っていますよ。

残業代をきちんと払っていたから?アメリカの労働契約がどうなっているか知りませんが。


ジョブズ氏が本当にカリスマ経営者であるならば、日本の「名ばかりカリスマ経営者」との違いは何でしょうか?

教えてください。

投稿日時 - 2011-10-17 08:45:13

QNo.7076793

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

世の中に「新しい価値」を提供できれば「カリスマ」ですが、それが出来なければ「わがまま」なだけです。

たとえば経営の神様とされる松下幸之助氏ですが、彼が最初に作った二股ソケットは当時の電気関係者からすれば「とんでもなく価格破壊なことをしてくれる、許しがたいばか者」です。

当時は「電灯1個につきいくら」で料金計算していたので、松下氏のやったことは当時の電力会社からみればルール違反だったからです。

しかし、彼が二股ソケットを作ったことから家庭に電気製品が普及し始め、庶民の暮らしもだんだんよくなっていったわけで、松下氏は家庭用電気製品という「新しい価値」を普及させた立役者だったので、カリスマであり神様といまでも呼ばれているわけです。

ジョブス氏も同じです。彼が作ったものは、日本の技術者にしてみれば「別に技術的にすごいところはひとつもない」機械なのです。
しかし、操作性・利便性・デザイン性など「すごい技術」などなくても「人々の生活スタイルを変える提案」ができたのがすごいわけですし、それをひとつだけでなくいくつも生み出したところが、ジョブスのカリスマのゆえんなのです。

逆を言えばこのようなことは「わがまま」でなくてはできません。日本のガラケーを触ってみれば分かりますが、iPhoneにくらべて明らかに使いにくいです。
これは、さまざまな技術を組み合わせていくときにいろんな人(技術者やデザイナー)がかかわりながら、それでいて全体がまとまった完成品を手にとって初めて「これは使いやすい、これは使いにくい」と分かるものなのです。

そうなると、完成品を評価する経営者としても「ちょっと動きがもっさりしているなーー」と感じても技術者から「いや、画面タッチの反応と誤作動の兼ね合いでこれぐらいじゃないとできません!!」といわれてしまうと、「あ、じゃあしょうがないね。。」となんとなくそのままになってしまって完成品として出回るわけです。

しかしジョブスは自分が気に入らなければいっさい妥協をしなかったので、技術者やデザイナーは「ジョブスの感覚で、もっさり、といわれても分かんねーーよ!!」ということになるわけで、それをひとつずつ説明しながらまとまった製品を作り上げる能力は、ただ単に「わがまま」とは違うともいえるのです。

ジョブスは基本わがままです。こだわりといってもいいかもしれません。そしてそのこだわりが、人々の評価を受け、彼のこだわりの詰まった製品を待ち望む人がたくさん居るから「カリスマ」なのです。

もし、ジョブスと同じだけのこだわり方をして、同じだけの努力(説明やチームを率いる能力)を持っていても、世に出した製品(やサービス)が受け入れられなければ、ただのわがままちゃん、なのです。

投稿日時 - 2011-10-17 18:44:50

お礼

ご回答ありがとうございます。


新しい価値を提供できればカリスマと言われるのですね。
まあ、社長・経営者がガミガミ言っている、その内容はたいていが
「画期的な新製品、新発明の開発」ではなく、
単に
「コストカットによる利益の増大」、「売り上げ増によるシェア拡大」
ですが、これは新しい価値を提供していることになるのでしょうか?

投稿日時 - 2011-10-18 07:57:22

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

 やはり結果が全てではないでしょうか。

 創業した時もアップルは先進的でしたが、ジョブズが復帰する直前のアップル(スピンドラー時代)は、まさに瀕死の状態でした。

 それからiMACを発売してヒットし、業績を急回復させたのは間違いなくジョブズの功績に他なりません。

 強権を発動して社員に言う事を聞かせるのも社長の能力なのです。
 カリスマ性がなければ、社長の言う事はききませんから。

 ちなみに技術的には大した事ないです(悪くないが普通)。
 ネーミングとか見せ方(インターフェイスやデザインなど)は上手いと思います。

 -------------
 これからは厳しいと思います。

 アンドロイドが自由度を武器に急伸しているのですが、PCの時(MAC対WIN)と同じ構図になってきています。
 このままいくと、スマホの分野でも2番手に甘んじる事になりそうです。

投稿日時 - 2011-10-18 07:08:11

お礼

ご回答ありがとうございます。

カリスマが先か、好業績という結果が先か、そこが問題ですね。

投稿日時 - 2011-10-18 07:58:24

ANo.4

MACのヘビーユーザーです。ipodも愛用しています。
ジョブズ氏のスタンフォード大のスピーチは、何度も元気づけられました。

・・・そんな私ですが、ここ最近のジョブズに対する称賛は違和感を持っています。
それよりも、「ジョブズの成功を見習え」「ジョブズ最高!」を無条件にブチ上げる現在の40代、50代世代のおっさんやデザイン大好きおばさんの話なんて、今の10~30代の人たちは話半分か、少し引いて聞いた方がいいと思いますよ。
そもそも世界を覆っている「貧富の差、格差」の増大や、アンフェアトレード、若者層の就職難や低賃金の一因を作ったのもappleやジョブズだという一面もありますから。

ジョブズの個人的資質の問題や、問題発言、appleでの言動には、さほど関心はありません。
どこの企業経営者や創業者も、何かしら問題がありますから。
本田宗一郎氏にしたって、「きれいな話」だけではありませんし。
でも、ジョブズにしろ本田宗一郎氏にしろ、それらネガティブな面を吹き飛ばすぐらいの業績や結果や社会的影響を与えてますから
細かい話はさほど重要ではないと思います。

問題は、ビル・ゲイツやジョブズたちが成長していた時、日本人たちは何をしていたかをちゃんと検証すべきで、彼らの成功ばかりを追いかけるだけでは、結果的にはさほど得る物はありません。
「個人にコンピューターなんてありえない」という固定概念に執着し、巨大なパソコン市場をごっそり持って行かれてしまった。
ipodの技術やアイデアも持っていたのに、自社の著作権や流通を守ろうとして大きな魚を逃してしまった。
それが今の日本の企業なのです。
「日本の電気メーカーは、港に水揚げされた魚だ」と言い放ったジョブズの言葉を日本人の多くは『臥薪嘗胆」の気持ちで聞かなければならない。

「ジョブズの死は本当に悲しい」「喪失感でいっぱいだ」と書き並べる40代以上の日本のブロガーコメントを見るたびに
「ジョブズから与えられたパソコンや新しい経済システムや「思想」を元に、ジョブズやAppleに(ジョブズが生きている間に)さんざん殴られてきた借りを返す事ができず残念」という考えになぜならないのか、非常に不思議です。

ジョブズへのリスペクトの気持ちと、ジョブズが創りだした現在の経済システムや思想に隷属するのは別次元の話だと思います。

投稿日時 - 2011-10-17 18:28:06

お礼

ご回答ありがとうございます。

日本のメーカは悔しい気持ちを持ちつづけなくてはならないのですね。

投稿日時 - 2011-10-18 07:51:28

ANo.3

>主にデザイン面や使い勝手に関する部分での注文が多かったそうです
→その結果、売れるように末端の現場は頑張って,出来たのです。
つまり、ジョブズ氏は出来ることを見越して、注文を出し、末端は彼の見込み通りに作った。
最初にジョブズ氏が言わなければ、出来なかったことになります。
そして、それがヒットした。だから結果的にカリスマに成ったので、それで良いんです。
出来なくて、アップルを潰したら(実際アップルは潰れそうだった)馬鹿な経営者で終わり。
カリスマと馬鹿な我が儘は結果次第で、紙一重かも知れない。

投稿日時 - 2011-10-17 11:29:56

お礼

ご回答ありがとうございます。


結果がでなければ紙一重なんですね。

投稿日時 - 2011-10-18 07:50:05

ANo.2

経営者の評価は結果が全て。
結果を出してきたので評価されたまで。

10年ほど前だったか、ソニーの社長が 世界のベスト経営者に選出(アメリカのどこかの有名雑誌だったか?)

ソニーが赤字になった翌々年、同じ社長がワースト経営者に選出。

こんなものです。

投稿日時 - 2011-10-17 10:22:18

お礼

ご回答ありがとうございます。

そんなもんなんですね。

投稿日時 - 2011-10-18 07:49:37

ANo.1

>>デザイン面や使い勝手に関する部分での注文
ユーザーインターフェースというものでまさにコンピュータの設計工程の一つ。
日本企業が一番不得意なもの。
それを「わがまま」というのはトンチンカン。

投稿日時 - 2011-10-17 10:10:03

お礼

ご回答ありがとうございます。

とんちんかんなんですね。

投稿日時 - 2011-10-18 07:49:13

あなたにオススメの質問