こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

心療内科に通えなくなりました。

お世話になります。少し長文になるかと思いますが、最後までお読み頂けたら幸いです。

私は現在、転院して2年強になる心療内科へ1~2週に1回ペースで通院しております。
(調子が安定している時は2週に1度、新薬を飲み始めた時や、調子が悪い時は週に1度といったペースです)

転院した理由は引越しだったのですが、運良く自転車で10分かからない程度の距離にある病院で、先生も私の悩みや症状を親身になって聴いて下さったり、私に合う薬を時間をかけて考えて下さったり、診察時間にも長い時で30分位はとって下さる良い先生でした。

近所に、しかもこんな良い先生が居る心療内科があった事、ラッキーと思ってお世話になっていました。

ところが、今年の春頃、主治医が大学病院へ転勤となってしまい、代わりの先生が来る事になりました。

前任の主治医の話では、「いい奴だから(友人らしい口調でした)心配ないよ」との事でしたので、それ程心配はしていなかったのですが、不安も多少ありました。

その前任の主治医との相性が良すぎた為・・・。

そして、いよいよ新任の主治医との診察が始まりました。

最初こそ、それ程嫌な印象は受けなかった物の、やはり前任の主治医の対応と比べてしまう自分もしました。

それでも、他に転院出来る距離に病院が無い為と、特別な問題も無いという点から、同じ病院に通院し続けるしかありませんでした。

診察を重ねて行く内に、段々、不信感が募る様になりました。

こちらが悩んでいて神妙な面持ちで真剣に苦しんでいる事を相談しているにも関わらず、基本的に診察中、こちらを軽視しているかの様な独特の笑みを浮かべている事が殆どで、これだけ苦しんでいるんです、と訴えても、「大丈夫大丈夫!」という軽いノリで笑って済まされる事も少なくないです。

それでも、私は別途有料のカウンセラーさんにメンタル面のケアをして頂いており、効果も良く出て来て、長年苦しんでいた境界性パーソナリティ障害の症状が殆ど出なくなる程まで回復しました。

カウンセラーさんには大変感謝しておりますし、今現在も日常の悩みから、人生の課題とも言える悩みにまで渡って、カウンセリングを行っている最中です。

現在は、鬱病と、軽い躁鬱病、強迫性障害、味覚障害、摂食障害、外出恐怖症、不眠症等を患っております。

本題はここからなのですが、最近、私と同居人(年下の同性)との間で少し大きな揉め事が有り、今は仲良くやっているのですが、その揉め事があった辺りから、味覚障害(ゴムの味がしたり、粘土の味がしたり、食べ物本来の味と異なった味がしたり、濃い筈の食べ物を口にしても食感しか解らなかったり)に加えて、味覚障害が切欠となって何を食べていいのか(何が食べれるのか、寧ろ何も食べられない気持ちが強い、食べ物を見るだけで気持ちが悪くなり以前好んで食していた物も全く食べたいと感じられなくなったり)という事が解らなくなり、抗鬱薬やメジャートランキライザーの副作用で中々減らなかった体重が、ひと月で7キロ落ちました。

内科を受診し、味覚障害と診断され、ストレス性と薬の飲み合わせ(又は単体での)可能性が高いから、内科領域の治療には当たらない、現在通院している心療内科で相談して下さい。
内科的に指導出来る事が唯一あるとすれば、亜鉛を摂取する事位です、と内科医に言われたので、サプリメントで亜鉛を摂取していますが、今の所然程効果は感じません。(2週間以上経過していると思います)
食べ物で言えば貝類の牡蠣等に含まれている様ですが、今の私には味噌汁のアサリさえゴムの味しかしませんので、サプリメントで摂取する他は緑茶や紅茶を飲む位しか方法がありません。


その為、心療内科でその旨相談したのですが、返って来た答えに唖然とし、その後ショックを受け、それ以来通院が出来なくなってしまいました。

まず、味覚障害と診断された、と話した所、
「何でまた味覚障害な訳?」と笑いながら言われました。

私が知りたいよ、という感じでした。

薬についても、丁度飲み始めた新薬については簡単にパンフレットを確認していましたが、そういうの(味覚障害になるという副作用が有るか否か)は書いてないねぇ。と言ったきり、飲み合わせがどうなのかは一切調べてくれず、薬の調整どころか、新薬の量を増やされただけでした。

挙句、しょっぱいのとかは少しは判る?と聞かれたので、薄くですが多少は、と答えた所、ヘラヘラと笑いながら、じゃあ大丈夫じゃん。辛いのは?判る?あ、でも食べられないんだからわかんないか。唐辛子でも齧ってたら?とバカにした様に笑いながら言われました。

医者の言うセリフではないと、信じられない気持ちでいっぱいというか、普通の人でも言わないでしょうと、唖然としました。

その上(今年中に仕事をしようと目標にしている私に対して)、食べられなくて丁度いいじゃん、今の内に身体作りしとけば?(つまりはダイエットをして体重を落とせと言う意味)と事も無げに言い放ったのです。

今年中に仕事を見付けるつもりだと言う話をした時も、じゃあkoriraraさん(私)その頃また具合悪くなるね。と平然とした態度で笑いながら言うのです、アッサリと。

今色んな心の病気と闘っているのは主治医が一番良く知っている筈ですし、そんな中仕事を頑張って見付け様としている人間に向かって言うセリフなのかと耳を疑ってしまいました。

私には、ただでさえ社会復帰出来るかどうかで不安になっているというのに、それに拍車をかける、まるで脅しの様な言葉にすら聞こえました。

挙句、それだけの身体症状が出ているのに、一番最後に言ったセリフが、「koriraraさんは、調子良くなって来たみたいだね」でした。

何をもってして、そのセリフが出たのか、全く持って理解出来ません。

私としては、薬だけ心療内科、メンタルのケアはカウンセラーさんに、という形で割り切ろうと思っていたのですが、予約日になると、また心無い言葉で傷付けられるのではないか、という恐怖でいっぱいになり、ただでさえ外へ出る事が怖いのに、余計に足が向かなくなってしまいました。

でもパキシルを服用している為、切れると離脱症状が辛いので、通わない訳にも行かず・・・。

この様な場合、どうしたら良いでしょうか。

私は車の運転が出来ないので、運転をして貰うとなると同居人に頼む形になるのですが、車で少し遠い距離になりますが、一件だけ精神科があります。

便を考えると転院する事で色々問題が出て来るのですが、転院した方がいいのでしょうか。

それとも、何とか気持ちを切り替えて、今の病院で我慢して行くしかないのでしょうか。

因みに実家を離れて暮らして居るので、身内に付き合って貰う事は不可能です。

どの様な些細な事でも良いので、アドバイス等ございましたら、お手数ですがお願い致します。

最後に、長文になってしまい申し訳有りませんでした。
お読み頂き、ありがとうございました。

宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2011-10-18 01:16:06

QNo.7078602

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

回答No4の者です。

傷付けるつもりは無かったのですが、
心に深く刺さる事を言ってしまい、すみません;

まず、思ったのですが、
学生時代のいじめ 社会に出てからのいじめ
この理由になった、
「表情が誤解される事」の克服方法を
「必ず、絶対に見つけるべき」です。

別途質問してみると、良い知恵を頂けると思います。
是非別途質問してみて下さい。



そして、
私の
>>心底穏やかな人はそれにちゃんと親身に対応してくれますが、
>>表面的に、世間体や職業スタイル的に穏やかなだけの人は、
>>段々心の距離を作り上げて行く場合も有る様です。
これは、病院の先生の様子の話でした。
少し誤解させてしまった様で、紛らわしくてすみません。

それで「どうしたら穏やかな人になれるのか?」ですが、

基本は、「自分に自信を付ける事」になります。
表情を作る練習の本やサイトなどもありますから、
色々見て回るとヒントを得られるかもしれません。
>4年前の自分からは想像もつかない位
>成長出来たと実感しています。
これも自信を持って良い事です。
なかなかできる事ではない、素晴らしい事です!


次に、人との深い絆を作ったり、人や命と深く対面して、
命を大切にする事。
異性愛ではなく、命への愛を意識して生きる事です。
そうすると孤独感、孤立感が軽減され、
何かに取り組もうとする活力が得られます。
漠然とし過ぎて解かり難いかもしれませんが、
あなたの体を維持している何兆もの小さな命に感謝したり、
食べる為に殺されてしまった命に敬意を払って食べたり。
命を意識してみると元気を貰えるかもしれません。

命を意識する事は辛い事もありますが、
人にも少し優しくなれ、少し人に近付きやすくなるのでは
ないかと思います。
ただしあまりに極端に意識し過ぎるのは良くないでしょう。


>私は根本的に人間付き合いが出来ない性質の人間なんだ、
>私の4年間は・・・と落ち込んでしまいました。
落ち込ませてしまい、申し訳有りません;

しかし
>根本的に人間付き合いが出来ない性質の人間
と決め付けるのは大間違いです。
人は変われます。

別途質問した方が色々な良いアイディアが貰えますが、
私なりの助言をしてみます。

あなたは
「表情」と「自信の無さから来る言葉選び」で
周囲の人に誤解されているだけに過ぎません。

あなたにとって無意識のレベルでの行動だからこそ、
あなたは自信を無くしてしまうのでしょうけれども、
カウンセリング等とは別に、
コミュニケーションを学ぶ塾 のような
・どうすれば人と楽しく会話できるのか?
・どうすれば上司と上手くコミュニケーションできるのか?
そういう勉強をしてみる事をおすすめします。

>根本的に人間付き合いが出来ない性質の人間
だなんて決め付けてはいけません。
少なくとも、私はあなたのような性格の人は好きです。
真面目でよく物事を深く考えていますから。
あなたは絶対変われます。

コミュニケーションには
多くの人は意識をしていない小さなコツが沢山あり、
それが積み重なって
コミュニケーションは円滑に成り立つものなのです。

「表情」と「自信の無さから来る言葉選び」
この2つの誤解がどこから来るのかの説明は
一旦わけて回答させて頂こうと思います。

投稿日時 - 2011-10-18 22:07:32

お礼

再度のご回答、ありがとうございます。感謝致します。

>これは、病院の先生の様子の話でした。
>少し誤解させてしまった様で、紛らわしくてすみません。

そうだったのですね^^; 私も取り間違えてしまい、申し訳ありませんでした。
こちらの勘違いと解っただけで安心致しました、お気になさらないで下さいませ。

なるほど、医師も、患者との距離をどんなペースで詰めて行くか考えるのですね。
そこまでは想像する余裕がありませんでしたが、そういう考えもあるのですね。

>「表情が誤解される事」の克服方法を
>「必ず、絶対に見つけるべき」です。

これについては、昨年の今頃になるのですが、某有名アパレルメーカーでアルバイトをする事に決まった際、沢山練習しました。

それこそ、サイトを片っ端から調べ、ムービーを見ながら一緒に練習出来る様な物も試しました。

最近はやらなくなってしまったので、また再開しようと思います。

表情については、以前より柔らかくなったと周囲の人たちに言われる様になりました。

以前は初対面の人と話をする際、顔が真っ赤になってしまったり、汗が出てしまったり、自分でも表情が強張るのが判る位だったのですが、
現在は初対面の人と話す事が以前程苦痛ではなくなりました。

だいぶ人見知りだったのですが、引越しを機に色々な人と接したり親元を離れて様々な事を自分自身でやらなければいけなくなった事が幸いした様で、自信も付いて来て、自分から積極的に話しかける事も出来る様になりました。

人見知りなんだ、と初対面の人に話すと、信じて貰えない位です。

>、人との深い絆を作ったり、人や命と深く対面して、
>命を大切にする事。
>異性愛ではなく、命への愛を意識して生きる事です。

これはとても素敵な考え方ですね。
是非私も意識して生活してみようと思います。
良いアドバイスをありがとうございました。

実は、引っ越してきて最初の年、10年振りにアルバイトですが働く事が出来た経験があります。

小さなクリーニング屋さんだったのですが、自分がした丁寧な接客に対して応えて下さる優しいお客様が多く、その時は自然と笑顔になっていた自分がいた事を、ご回答を読ませて頂いている中で思い出しました。

私は基本的に人の笑顔が大好きです。

なので、サプライズをしたりする事も多いです。

人の笑顔を見ると、自然と自分も嬉しくなって、笑顔になれるからです。幸せな気持ちになれるからです。

人間関係が上手く行かない主たる部分は、接客業の場合で言うと、お客様との間でではなく、上司との間だったりします。

今まで色々な接客業をして来ましたが、お客様からクレームを受けた経験は殆どないです。

いつも、上司との折り合いが上手く行かず、辞める結果になるといった感じです。

私の場合、人間関係を円滑にする方法、というより、上司との人間関係を円滑にする方法を勉強する必要があるのだな、と改めて思いました。

次の回答へ、お礼の続きをさせて頂きます。一旦失礼致します。

投稿日時 - 2011-10-20 01:06:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

回答No4の者です。 回答No5のつづきとなります。

「表情」と「自信の無さから来る言葉選び」
が誤解される事について。


あなたが
「根本的に人間付き合いが出来ない性質の人間」
と誤解する点。そして社会復帰を望みながらも
>実家を離れて暮らして居る
という点から、

あなたのご両親の片方か両方に、
何らかの依存症かあなたも苦しんだ境界性パーソナリティ障害か
何かが有ったのだと思えました。
そしてあなたは幼少期からそれに怯えるか、
耐えて暮らさざるをえなかったのだ と。


あなたは幼少期に無垢な心を抉られてしまって、
表情を忘れて生きざるをえなかったのだと思います。
「親の前で喜ぶと親が不快がる。だから笑わない。」
そんな繰り返しだったのではないでしょうか。

だから、あなたは表情を取り戻す訓練をちゃんと積めば、
人並みの表情を出来るようになります。
あなたは少なくとも、私が良い人だと思える人です。
しっかりとした「心」が有ります。
表情を取り戻す訓練をすれば、誤解は驚くほど減ります。
必ず。

普段右手で箸を使う人に、左手で箸を使わせると
上手く扱う事ができません。
それは左手の「指に筋力が無い」からなんです。

表情も同じです。
苦しい事が多いと、誰もが表情を出さなくなり、
次第に顔の筋力が落ちて行ってしまいます。
そして、上手く表情を作れなくなってしまうんです。

上手く表情を作れないと、
感情どおりの表情が出せなくて誤解をされてしまいます。

なので、まずは
「表情筋 トレーニング」この2ワード検索をして
動画なり、サイトなりを見て
表情筋のトレーニングを行って下さい。
筋力が付くのには少し時間がかかりますので、
コツコツ続ける事が大切です。

できれば色々な高度な情報を探したり、
講習を見つけ、もっと具体的な事から
身に付けられると良いなと思えます。




次に「自信の無さから来る言葉選び」ですね。
ここは表情を改善すると、
連鎖的に解決する面も出てきますが、
>強迫性障害
が有るとなると、やはり軽い出来事で
慎重で確認過多に傾きやすくなるかもしれません。

しかし、
人への人間愛や、生命などの命への愛を理解し始めると
「心の支え」が生まれます。
強迫性障害による苦痛に過剰反応し、
「頭ごなしに何でも避けなければ苦しくて仕方ない。」
という状態から一歩離れる事ができる様になると思います。

また、これらに対しても
行動療法的な治療をやってくれるカウンセラーさんも
いらっしゃるのではなかろうか?
と素人ながらにも思います。

「どういう状況でどういう言葉を選んでしまうのは、
 心の内側にこういう気持ちを抱えているからで、
 どういう風に気持ちを切り替えれば
 そういう言葉を選ばなくて良くなり、
 結果成功体験を積み重ねてそれを普通に行える様になる。」

カウンセリングではなく、セミナー的な講習レベルでも
似たようなものが有るかもしれません。

色々なアプローチで解決する事が可能なのです。



だから、
「根本的に人間付き合いが出来ない性質の人間」
というあなたの決め付けは、
大間違いです。

あなたはちゃんと変わる事ができます。

あなたは、今まで沢山苦労してきました。
だからこうした一歩外側の事を知れなかった。
知らないから決め付けてしまっているだけ なのです。

あなたは必ず変われます。

少しずつ変わって行くものなので、
あまり焦らない事です。

境界性パーソナリティ障害をほぼ克服できたのですから
あなたなら絶対に変わっていけます!

それをほぼ克服できたあなたなら、
表情筋トレーニングや、言葉選びの知識付けは
十分に越えてゆける課題です。
無理をせず、できる時に少しずつだけ頑張ってみて下さい。

自分の体を作る何兆もの小さな命。
毎日食べている命。 昆虫。
命を意識する事で得られる安らぎも、
あなたならそう遠くない内に感じられると思います。


そして何事もコツ 知識 で乗り越えられる面も有ります。

私の回答は不備が多いので、
もし興味がわいた点がありましたら、
別途質問してみたり、
本やネットで調べてみて下さい。

きっと何かを見付けるヒント位にはなるはずです。
私の知らないもっと良い答えもきっと有るはずです。

あなたなら、
>近所に、しかもこんな良い先生が居る心療内科があった
と言っているその先生なみに、
良い人になる事も可能ですよ。


そして境界性パーソナリティ障害をほぼ克服できた人の存在は
実は私にとって「希望」だったりします。

だから、あなたには、自分で自分を見限らないで欲しくい。
あなたは「絶対に」変わって行けるのだから。


それでは、度々の長文失礼しました。
あまり無理はせず、元気な時に少しだけずつ頑張って下さいね。

投稿日時 - 2011-10-18 23:36:31

お礼

No.5のお礼の続きになります。

>あなたのご両親の片方か両方に、
>何らかの依存症かあなたも苦しんだ境界性パーソナリティ障害か
>何かが有ったのだと思えました。

大変申し訳ないのですが、この件につきましては他者と話すつもりはないので、コメントを控えさせて頂きます。

>あなたは幼少期に無垢な心を抉られてしまって、
>表情を忘れて生きざるをえなかったのだと思います。
>「親の前で喜ぶと親が不快がる。だから笑わない。」
>そんな繰り返しだったのではないでしょうか。

これについては、全くの誤解です。間逆です。
親は私の喜ぶ顔を見て、心底笑顔を返してくれましたし、尊敬出来る存在です。

敷いて言えば、親ではなく、小学生の頃のクラスメイトだと思います、私の笑顔を不快に思っていたのは。

不快という言葉を使うのは適切ではないかも知れませんが、小学生の頃の私は、イジメられてもいつも笑っている様な子供でした。

その為、後に知った事だったのですが、私が傷付いていると思わなかったとの事でした。だから、イジメというより、からかうつもりでやっていた、と。

それが、もしかしたら何か原因しているのかも知れませんが、イマイチ、ピンとは来ませんね。

私の様な人間を好きだと仰って下さった事、嬉しかったです。

また、励ましの言葉もありがとうございました。勇気が持てました。

3度にも渡る、丁寧なアドバイスをありがとうございました。

親身になって下さった事、感謝致します。

病院をどうするかは、カウンセラーの先生と相談し、今一度自分の中で整理してみようと思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-10-20 01:17:08

もう、良い回答が出揃っているので気になった点だけ。

回答No1さんのお礼文の
>自分自身、自分と向き合う事は嫌と言う程してしまう性分なので、
>それが吉と出る場合と、そうでない場合があります。
ここと質問文からも感じますが、
自分と向き合い過ぎていると、慎重過ぎて確認過多になり、
相手に「自分は信用されていないのか?」と感じさせ、
信頼関係を崩したり人を遠ざける事が有る様です。

心底穏やかな人はそれにちゃんと親身に対応してくれますが、
表面的に、世間体や職業スタイル的に穏やかなだけの人は、
段々心の距離を作り上げて行く場合も有る様です。

恐らく過去の失敗や心の傷から自分不信になっているから
自分と向き合い過ぎ、
不安から確認をし過ぎる事などから、
現状の対人関係の流れが出来ているのではないか?
と私は思えました。

どうすれば良いのか私にも解かりませんが、
怖くても、満足行く情報を貰えずとも、
失敗するかもしれないと思えても、
時に相手の言葉を信じて身を委ねる事も
「この先必要になる」 のかもしれないと思いました。

良い答えが出せる事を祈っております。
無理の無い範囲で少しずつだけ頑張って下さい。

投稿日時 - 2011-10-18 13:50:00

お礼

>自分と向き合い過ぎていると、慎重過ぎて確認過多になり、
>相手に「自分は信用されていないのか?」と感じさせ、
>信頼関係を崩したり人を遠ざける事が有る様です。

ここの文章が、グサリと心に深く刺さりました。
まさに仰られる通りだからです。

自分では自覚がないのですが、内面の緊張感が表情には「怒っている」「生
意気そう」と映る様で、それが原因で学生時代も、普通に別の友人と会話をしている際たまたま目があったいじめっ子にトイレに呼び出され「何睨んでんだよ、人の悪口言ってんじゃねぇよ」と因縁をつけられ、そこからイジメが始まった事もあります。

社会に出てからも、同じ様な理由だと思うのですが、目上の人から可愛がられた経験が一切ありません。
逆に生意気者扱いされ(口ごたえや、悪い態度は取っていません)、理不尽なイジメを受けた経験も沢山あります。

>表面的に、世間体や職業スタイル的に穏やかなだけの人は、
>段々心の距離を作り上げて行く場合も有る様です。

どうしたら、その「穏やかなだけ」の人になれるのでしょうか。
私は過去傷付く様な経験が多過ぎて、疑心暗鬼になってしまう所は確かにあります。自覚しています。

ですが、それを治す為にカウンセラーさんの下で4年近くかけてカウンセリングをし、様々な心の悪い癖を取り除いて来ました。

4年前の自分からは想像もつかない位成長出来たと実感しています。
(長くなってしまうので割愛させて頂きますが、昔はそうとう酷い精神状態でした)

ですが、頂いたご回答を読ませて頂き、私は根本的に人間付き合いが出来ない性質の人間なんだ、私の4年間は・・・と落ち込んでしまいました。

折角のご好意から頂いたご意見なのに大変申し訳ありません。
ただ今は、図星をど真ん中から突かれてショックしかないという状況です。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-10-18 19:32:40

ANo.3

 病院を変えた方がいいと思います。
 メンタル以外の病気でも医者との相性が
 良くなくて問題を抱えることもあります。
 
 私は過去に職場の環境のせいで不眠症に
 なり、入退院を繰り返した後、長く通院して
 いました。その時の主治医が病気になり、
 途中で主治医が変わりました。いい先生
 だとは聞いていましたが、私にはどうも合わ
 ないと感じて、転院しましたが、そこの先生
 ともあまり相性がよくありませんでしたので、
 他の数か所で診てもらったのち、いいところを
 見つけました。

 いい先生を見つけるまではとても苦労しましたし、
 通うにしても電車で2時間という場所で、決して
 楽ではありませんでした。ですが、あなたも
 医者の言うセリフではないとそう感じるならば
 多少遠い場所にある病院でも診てもらうことも
 必要なのでは?と思います。あなたが最初に
 診てもらったお医者様がたまたまいい医者だった
 というだけで、そうそういいお医者さまに出会える
 というものでもないと思います。いいお医者さまに
 出会えるまで労力がかかると思いますが、今の
 状況をちゃんとわかってくれる先生でなければ
 あなたに合ったいいお薬を処方してくれることは
 ないと思います。我慢して通うようであれば、
 あなたの症状はいつまでたっても改善されない
 と思います。

 大変でしょうが、今とは別のいいお医者様に
 出会えることをお祈りしています。

投稿日時 - 2011-10-18 06:14:43

お礼

ご回答ありがとうございました。

回答者様も大変な思いをされたのですね。
経験談からの貴重なご意見感謝致します。

ですが、私は外出恐怖症を患っており、付添い人が居ても外へ出る事(近所のコンビニすら)が難しいのです。

ましてや、電車に乗って出掛ける等、想像するだけで冷や汗が出ます。

実際、近所を少し散歩するだけで暑くもないのに冷や汗が顔を流れる位出るし、常に身体が緊張状態で強張っている感じで、ずっと気を張っていなければならないので相当な労力を要します。

それを治す為に病院へ行くのだろうという事は解っているのですが、身体が言う事を聞いてくれないのです。心が拒むのです。

カウンセラーさんにも、今の精神状態だと、無理に外出をしようとするとかえって悪化する危険性があるから絶対に無理はしない様にと念を押されています。

自分が、今日は少しなら出られそうだな、と思った時、同居人に車で付き合って貰っているのが現状です。

中々、良い精神科医はいないのが現実かも知れませんね。

初めて行った心療内科では、病気ではなくただの我侭だから。もううちに来ないで下さい、と拒まれましたし、二回目に行った病院では3分診療ならぬ1分診療で薬だけ処方する機械的な診察、三回目にセカンドオピニオンで行った病院では、セカンドオピニオンは承らないと拒否されましたし。

もう精神疾患と付き合って10年以上が経過します。(現在30代前半)。

様々な薬を試して来ましたが、これと言って効果が得られる物も少なく、稀に効果があったと思えば耐え切れない程の副作用の出現で投薬中止、の繰り返しです。

諦めて、今の心療内科へ行くしかない様に思えて来ました。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-10-18 19:18:57

ANo.2

大変でしたね。

治療に行って、心に負担をかけてしまっては元も子もないですね。
思うにクリニックを代えた方がよいと思います。

非常時にはドクターショッピングもありと思いますね。
最悪は通院区分をお考えの通りに分けてみることもありですね。

それと補足ですが、
パキシルなら今時は一般内科でも処方してくれます。

事情を説明してお願いしてみては如何ですか。

駅近くの内科は場所柄もあり忙しいサラリーマンを診ていたりしていますので
融通を利かせて処方くれる内科医も多いようです。(サラリーマンこそ病んでいる
方が多いので)

参考になれば。

ご自愛ください。

投稿日時 - 2011-10-18 04:02:34

お礼

ご回答ありがとうございました。

金銭的な都合でドクターショッピングは難しいです。毎回初診料を支払う余裕がありません。
それと、以前、引越しをする前に長く通院していた心療内科があったのですが、当時一番苦しんでいた強迫性障害がいっこうに良くならない為、セカンドオピニオンを受けましたが、他の病院へ罹っている内はうちでは診察行為をする事は出来ないと言われ、診察を拒まれた経験があるので、抵抗があります。
バカ正直に、今別のクリニックに罹っています、等と言わずにセカンドオピニオンを受ければ良かったのかもしれませんが・・・。

内科でパキシルを処方して頂けるというのは特例ではないのですね。
以前、肝臓を悪くして入院した際、クリニックに通院出来なかった為、入院先の病院でパキシルを処方された経験があったのですが、特例だと思っていました。

でも、この様な身勝手な理由でも、内科医は処方して下さるでしょうか・・・。
心療内科ではなくなる為、自立支援が使えなくなるのも痛いです。

最悪の場合の手段として、一考させて頂きます。

ご親切にありがとうございました。

投稿日時 - 2011-10-18 19:05:57

ANo.1

確かに貴方は今不安定だけど。
ここに綴っている貴方の言葉にはブレが無い。
等身大の言葉がある。
不安定な自分も認めて、受け止めて。
その上で丁寧な回復のプロセスを積み重ねようとしている。
貴方が書いているように、
前の先生はとてもフィットした。
心を扱う以上、相性って大事。
相性が大きく心療を左右する訳では無い。
ガッチリとかみ合わなくても。
貴方自身が専門家と向き合う中で、
丁寧に向き合ってくれる中で。
整理整頓していける部分は大きいから。
そこに相性や信頼関係がプラスされると。
効果の実感は強くなる。
何より安心感が大きい。
貴方にとっては。
前の先生はとても繋がりやすかった。
比較対照をしても仕方が無い。
事情もわかる。先生が変わる事は受け入れた。
貴方は今の先生に対して。
また丁寧な関係が創れればいいな~と思っていた。
ところがそのプロセスがなかなか上手く行かないと。
カルテはある。
情報としての貴方は伝わっている。
でも、それはそれとして。
「今」の貴方を丁寧に汲み取ろうとする姿勢が。
貴方からするとちょっと少ないような気がする。
先生は先生のスタイルの範囲でやっている。
むしろ悩みこまないように。
一緒に沈み込まないように。
彼は良い意味で「浮いた」部分も大事にする事で。
貴方の沢山の悩みや不安が「重ならないように」している。
ただ、それが今の貴方にはきついと。
今の貴方が欲しいのは「連帯」だから。
私が伝える不安も。
私の今の真実だと。
そういう貴方をそのまま受け止めて、
貴方の言葉を丁寧に傾聴して、
大変だけど一緒にやっていこうと。
貴方はそういう姿勢の中に安心感を得ていける。
身内には頼れない。
同居人とは揉めてしまった。
自分を特に追い込みやすい状態がある。
そういう貴方にとっての支えである心療が。
貴方の悩みにも繋がっている今。
貴方が不安になってしまうのも自然なんじゃない?
今の貴方にとっては。
「便」よりも、「安定」でしょ?
通う頻度は落ちても。
一回の繋がりに心を委ねられる感覚が大きい方が楽。
そういう意味での転院は「あり」なんじゃない?
幸いにも貴方は今、別途掛かっているカウンセラーさんもいる。
素直に相談してみればいい。
こういう状況があるんだと。
薬も含めて必要性としての通院は自覚しているけど。
今の私にとってはそれが凄く辛いんだと。
まず相談してみればいい。
最悪割り切って通うにしても。
その割り切り方、整理の仕方を。
カウンセラーさんにサポートしてもらえばいい。
一人で抱えるとしんどくなってしまう。
そして、今がしんどいしんどいと思い過ぎると。
仮に転院しても。
次の場所で、次の先生はどうなのか?とかね。
最初から過敏な状態で入ってしまう事にもなりかねない。
自分を吐露できなくなる。
それこそ一から説明する大変さもある。
バタバタしやすくなる。
まずは、今の貴方を知るカウンセラーさんに繋いで。
丁寧な指南を求めてみればいいんだと思う。
自分を大切にね☆

投稿日時 - 2011-10-18 01:49:04

お礼

ご回答ありがとうございました。

何故ここまで私の心情が解るのだろう、この方は、と驚く程、的を射た文章の連続でした。

自分自身、自分と向き合う事は嫌と言う程してしまう性分なので、それが吉と出る場合と、そうでない場合があります。

文章にブレがないと感じられたのは、そういう点からもあるのかも知れません。

私は、自分自身を常にどこか、客観的に見ている部分がある様です。

そうですね、焦って一人で答えを出して行動に移す前に、信頼しているカウンセラーさんが居るのですから、相談してからでも遅くはないですよね。

それに、なる程、と改めて感じた点は、転院した先の先生との相性がどうであるかの保障が無いと言う点ですね。

もしかしたら、今の先生より、相性が悪い可能性もゼロでは無いなと。

その時に、やっぱり転院しなければ良かった、と後悔しても後戻りが出来ない分、悩みの種が増えるのだと自覚しました。


医師も十人十色であろうに、色々なスタンスの基で診察を行っているであろうという事は、今まで4箇所の心療内科や精神科に罹った経験が有るにも関わらず、テンパっていた所為か頭にありませんでした。

素直になって、邪心を捨てた状態で考えてみれば、「良くなって来てるみたいだね」という医師の言葉は、私をこれ以上混乱させない為だったのかな、とも思えました。

ですが、やはりこれから社会復帰を目指している患者に対して、じゃあ仕事を始めたらその頃また具合が悪くなるね、という言葉には、どう頭を柔らかくしてみても、理解に苦しみますが・・・。

取り敢えず、今はまだ薬が残っているので、急いで病院に行く必要性は無いので、その間にカウンセラーさんに相談しつつ、自分の中でもう一度気持ちを整理してみようと思います。

ご親切にありがとうございました。感謝致します。

投稿日時 - 2011-10-18 03:01:05

あなたにオススメの質問