こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本は独自の簡体字をつくるべき

日本の漢字は画数がおおく、手書きに向かないと思います。
中国の簡体字は、便利なものもありますが、日本語に適さないものもあります。
そこで、中国の簡体字で成功している文字はそのまま輸入し、失敗しているものは独自に日本で簡体字をつくるべきではないでしょうか?
ご意見お待ちしています。

投稿日時 - 2011-10-21 16:59:52

QNo.7085531

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

なんとなく、「そうですね、中国の簡体字を輸入して、今の日本で使われている画数の多い漢字は廃止しましょう」と回答しないと、御礼ではなく反論が返ってきそうですが。

画数が多い漢字の多くには、「略字」が存在します。
活字にはなっていない「略字」も多く、草書体などを元に作られています。

たとえば「もんがまえ」の字は、「門」と書かずに「冂」と書き、中にパーツを入れる書き方をします。
「属」なら「尸」に「虫」と書きます。
中国の簡体字で使われているような字です。

こうした便利な「略字」を今の日本の教育現場では“駆逐”しているため、面倒な画数の多い漢字が多いと感じるのでしょう。

昔は、印刷物は今より難しい「正字」「旧字」で書かれ、手書きでは「略字」を書いていました。昔から伝統的に行なわれてきた方法です。
私の中学生時代(30年ほど前)には、まだこういった「略字」を使う先生がいました。
たくさん教えてもらったので、手書きでノートを取るにはとても便利でした(今でも手書きで多くのノートをとらねばならない大学生くらいなら、このような「略字」はかなり知っているのでは?)。

そうした便利な「略字」を今の日本の教育現場では“駆逐”しているため、面倒な画数の多い漢字が多いと感じるのでしょう。

「手書きに向かない」という観点のみで言えば、こういう「昔ながらの手書きの略字」を復活させ、画数の多い活字と併用すればいいだけの問題だと思います。
(公用文等、広く多くの人に見てもらう文書ならば、今はほぼ手書きはNGでしょうから、私的にやりとりする分には、「略字」の復活で充分なように思います)

ちなみに、私が申し上げたような「略字」は、ネットで検索すれば出て来ます(Wikipediaにもあったはず)。知っている人は知っている文字ですので、ご覧になってみては如何でしょう。

投稿日時 - 2011-10-21 18:22:27

補足

ご回答ありがとうございます。
個人的な感想として、簡体字はほんとうに便利だと思っています。
http://huaihua.blog5.fc2.com/blog-category-10.html
をみるだけで、私はかなりの数の簡体字が書けるようになりました。

旧来の略字というのもアリですね。
ちなみに略字が駆逐されている理由を知りたいです。

投稿日時 - 2011-10-21 18:34:19

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(13)

ANo.13

>自分は不器用なので、速記文字で似た文字同士を互いに判別できる文字に高速で書ける自信がありません。

非常に自分勝手だと思いませんか?
思考に書くスピードが追いつかないから簡体字を作るべきだけど、速記の文字だと高速に書けないから駄目。
簡体字はアホでも慣れると上から目線なのに、速記になると自信が無いと言い出す。
結局は自分の都合だけですよね。

>速記文字は人にみせる場合、問題が多いのではないでしょうか?

あなたは思考に手書きが追いつかないそうですが、普通その様な状況ってメモとか忘記録とかで、他人に見せる事は滅多に無い筈ですよ。
他人に見せるなら文法や文章の流れに誤りやおかしな部分が無いのか、誤字脱字や読めないほど汚い字では無いか等を確認してからワープロソフトを使うとか、清書するとか普通の文字であっても常識的な人はしますよ。
流石に学校の授業のノートを見せてくれと言われて、見やすいようにと清書するバカもいないでしょうが。

つまりあなたが簡体字を覚えて普段は使って、誰かに見せる必要があればパソコンで打ち込むなり常用漢字に直すなりすれば良い事ではありませんか?
あなたが使う分には誰も止めませんが、私はあなたの為に覚える気は毛頭ありません。

投稿日時 - 2011-10-22 16:18:07

補足

>速記になると自信が無いと言い出す。
速記に関しては全く知識がなく、さっと検索して印象で書いたんです。


>つまりあなたが簡体字を覚えて普段は使って、誰かに見せる必要があればパソコンで打ち込むなり常用漢字に直すなりすれば良い事ではありませんか?

ある程度納得できます。

投稿日時 - 2011-10-22 16:30:54

お礼

みなさん、ご回答ありがとうございます。一旦締めます。

投稿日時 - 2011-10-22 16:31:24

ANo.12

 中国で簡体字が制定された背景には識字率と教育システムの問題がありました。と同時に中国語と一口に言っても北京語もあれば広東語や四川語など多岐にわたるので意思疎通すら困難です。一つの言語で通訳を介して対話するなど他の言語には見られない事象です。
 日本の漢字は画数が多く手書きには向かない、これは質問者様の独断です。少なくとも90年代前半までに大学を卒業した年齢の方々ならば書くことに不自由は感じない。なぜなら漢字には文字として意味が示されているからですよ。簡体字は単なる記号です。
 平均的日本人の識字率を調べていただければお判りになるはずです。

投稿日時 - 2011-10-22 14:59:02

補足

私からすれば日本の漢字も記号に過ぎない。そのくせ画数がおおい。こんな不便な記号はないと思います。

投稿日時 - 2011-10-22 16:01:38

ANo.11

>以前はいつも私は思考のスピードに手書きが追いつかなくてイライラしていました。

完全にあなただけの都合ですね。
ならいっそ簡体字なんてケチな事言わずに速記覚えましょうよ。

投稿日時 - 2011-10-21 22:46:08

補足

ご回答ありがとうございます。
速記に関しては知識がすくないので恐縮ですが、速記は速記文字を反訳しなければ読めないのではありませんか?また、自分は不器用なので、速記文字で似た文字同士を互いに判別できる文字に高速で書ける自信がありません。
また、速記文字は人にみせる場合、問題が多いのではないでしょうか?

投稿日時 - 2011-10-21 23:19:40

ANo.10

>どんなアホでもある程度は簡体字に慣れてくるとおもいますがね。

そもそものスタート地点が違うと言っているのです。
既に覚えているものを捨てわざわざ別のものに置き換えてそれを覚えるのは無駄な作業だと。

それと手書きに向く以外にどんなメリットがあるのかを明確にしてもらわないと、あなたが単に画数の多い漢字を書くのが面倒くさいからとしか受け取れません。

投稿日時 - 2011-10-21 22:06:51

補足

書くスピードを極限まで早くするのは知的活動にとって重要なことだと思いますが。それ以外に理由が必要ですか?
以前はいつも私は思考のスピードに手書きが追いつかなくてイライラしていました。簡体字が必要なのは自然な流れだとおもいます。

投稿日時 - 2011-10-21 22:21:42

私も、いずれ日本と中国で話し合って、共通の簡体字を持つべきだと思っていました。どちらが主導権をとるのヶ好いのかよく分かりませんが、たとえば中国に妥協してその点をおおむね任せるとすれば、その見返りとして、尖閣列島を放棄しなさい、とかいうような提案は可能ではないかと思います。
ご参考まで。

投稿日時 - 2011-10-21 21:19:57

ANo.8

>日本人は劣等だから100年の時間がかかるとでもいうのですか?

違います。
なまじ識字率がほぼ100%と高いから却ってそれが足枷となり普及させるには苦労すると言っているのです。
小学一年生に教育する事はそう難しくないかも知れないけど、既に学校教育から離れてしまった世代にどうやって普及させるの?
あなたの様に初めから簡字ありきと考えるなら積極的に覚えようとするかも知れませんが、多くの既に常識的な漢字を覚えて使える人達がそう考えるとは到底思えません。

言い換えれば簡体字は手書きに向くとしてますが、それ以外のメリットは何も書かれていません。
簡素化する事で覚えやすく国民の識字率が上がるとかなら解らなくも無いですが、個人的には既に識字率が100%の日本人に教育やその他のこれまでの財産を作りかえてまでやるメリットを見いだせません。

例えば書く時は簡体字で、書籍や公文書等は今まで通りの漢字を使うと仮定すると、結局これから教育を受ける世代も両方を覚えなければならない事になります。
逆に全て簡体字に統一すれば看板から書籍から公文書、更にはパソコンのフォント、それをUnicodeなどに規格化してに登録する等全て作りかえなければなりません。
更にそのコストは誰が負担しますか?
簡体字特需ですか?
だから100年単位のスパンが必要だと考えるのです。

投稿日時 - 2011-10-21 20:34:33

補足

旧来の略字の復活もありだとおもいます。

ただ、
http://huaihua.blog5.fc2.com/blog-category-10.html
このサイトをみればどんなアホでもある程度は簡体字に慣れてくるとおもいますがね。

投稿日時 - 2011-10-21 20:51:55

ANo.7

昔に比べれば、今はずっと簡単になっていると思いますよ。十分です。

昔の日本では、台湾と同じ様な難しい字を使ってました。「國語」とか「樂しい」とか。戦後しばらくして大幅に改訂されました。それで今の形になってます。漢字の成り立ちや伝統を残しつつ、簡略化しています。中国や台湾に日本の漢字が逆輸入されたりもしてるみたいです。

中国国内でも、簡体の評判は良いとは言えないようです。漢字の成り立ちや、作った人の思いなどを踏みにじり尊い漢字文化を破壊したと言う人もいるそうで…台湾では邪道扱いだとか。

日本でもビジネスなどの用途では、略字で書く人が大勢います。それで十分かと思います。個人的には、簡体は漢字としてはイマイチだと思います。感じの成り立ちなどはやはり最大限に尊重されなければ…

投稿日時 - 2011-10-21 19:25:30

お礼

ご意見ありがとうございます。

投稿日時 - 2011-10-21 19:56:33

ANo.5

一体どのくらいのスパンで想定しているのでしょうか?
漢字が伝来した時代なら使える人は極一部だったけど、現在の日本の様に識字率の高い国民に普及させるには100年単位の時間がかかるでしょう。

それに日本には漢字を簡略化した仮名というものが既にある。
記憶が曖昧だけど中国が簡体字を作ったのは仮名に相当するものが無く画数の多い漢字を覚えるのが大変だったからではなかったかな。

>それはあなた個人の感覚の問題です。

他人のだけど、それはそっくりそのままあなたも同じですよ。
なんか自分が書くのが面倒くさいから簡素化してくれと言っている様にしか思えない。

投稿日時 - 2011-10-21 17:59:12

補足

では短い時間で簡体字を普及させることができた中国人は優秀で、日本人は劣等だから100年の時間がかかるとでもいうのですか?そうではないでしょう。適切な教育を行えば普及させるのは可能だと思います。

投稿日時 - 2011-10-21 18:03:48

簡略化大反対! 簡略化することによってかえって読み取りにくくなるから。

投稿日時 - 2011-10-21 17:20:39

補足

それはあなた個人の感覚の問題です。

投稿日時 - 2011-10-21 17:22:30

ANo.3

日本ではすでに
國→国、臺→台
のごとく略字が使用されています。

また中国では学術的検証を怠ったまま国家権力により強引な略字化を進めたため繁体字で書かれた歴史的文書が読めないなどの弊害を生じております。

以上のような観点から無教養とも思える提案かと思慮いたします。

投稿日時 - 2011-10-21 17:13:17

補足

>また中国では学術的検証を怠ったまま国家権力により強引な略字化を進めたため繁体字で書かれた歴史的文書が読めないなどの弊害を生じております。

については、専門家が繁体字→簡体字への置き換えを行えばいいと思います。


すでに簡略化されているという話ですが、私は不十分だと思います。もっと簡略化すべきと思います。いまの字では面倒すぎます。

投稿日時 - 2011-10-21 17:16:01

ANo.2

今あるものを無理に変えるのではなく、なるべくしてなるほうが自然なような気がします。

英語や中国語の方がいいというのであれば、思った人間が学べばいいだけの話ですし、学ばないからといって重大なマイナス点になるわけでもありませんから。

投稿日時 - 2011-10-21 17:12:23

ANo.1

寧ろですが、

私は個人的に
日本語を捨て

英語を母国語にすべきだと思います。

英語ができないだけで、日本人は相当な損をしていますので。。

でも質問者さんが言うのもありですね。
だってそうすることにより、中国語の理解ができそうなので。

中国語と英語できれば今無敵ですからね。

投稿日時 - 2011-10-21 17:08:15

あなたにオススメの質問