こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

石油ファンヒーター と 石油ストーブ?

石油ファンヒーター



石油ストーブ?(上にやかん とか置くイメージのやつ)


は何が違いますか?。また、長所短所を教えて下さい。


後、石油ストーブは どういった仕組みで暖かくなりますか?。石油ファンヒーターは 暖かいのを送り出し暖かいなるみたいな感じですが

投稿日時 - 2011-10-30 04:50:05

QNo.7102312

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

詳しい原理は他の方が説明しているので省略しますが、簡単にまとめると

・石油ファンヒーター
 石油が満タンでも電気がなければ使えない。
 温風が結構な勢いで吹き出されるので、耐熱仕様のホースを使用して温風をこたつの中に導けば部屋だけでなくこたつも温めることができる。そういうのが売られています。

・石油ストーブ
 火をつける道具(マッチやライター)があれば電気なんかなくてもいつでもどこでも使える。
 暖をとりながら天板にヤカンや鍋をおいておけばお湯を沸かしたり長時間煮込む必要のある料理などができる。
 ヤカンを置いておけば加湿にもなります。



次に欠点ですが

・石油ファンヒーター
 燃料タンクから燃焼部分の間にサブタンクがある。シーズンオフで使わない期間にサブタンクに灯油が残った状態で何年も使っていると灯油が水分を吸収して灯油をガス状にする部品の性能が悪くなり燃焼不良になることがある。最悪の場合着火してもすぐに燃焼異常で停止してしまう。
 長く壊さずに使うならシーズンオフでしまうときにサブタンク内の灯油を抜き取るという簡単なメンテナンスが必要。

・石油ストーブ
 火力は燃焼のための芯を上げ下げして行う。
 電気制御じゃないので温度の自動調整ができないのは仕方ないところだが、芯を下げすぎると燃焼不良気味になり一酸化炭素?中毒になる危険が増す。
 燃焼芯の上に乗っかている筒(名称は解からない)が正しく設置されていないと炎が上がり煤が出る。
 芯は消耗品なので最大火力にしても火力が弱ければ芯を引き出す必要があり、芯がなくなったら交換する必要がある。
 火に直接触れることができるので小さい子供がいる家庭では近づけさせないための対策が必要。
 構造上部屋の上部は暑いくらいでも床付近などの低いところはあまり暖かくならない。部屋をまんべんなく温めるにはこの夏大活躍した(と思われる)サーキュレーターや扇風機を併用するとよい。


どちらを使用する場合でも、石油を燃焼させるのだから二酸化炭素が発生するため、空気の入れ替えは必要。
雪国の一般家庭ではファンヒーターと石油ストーブの両方ある家庭は多いと思います。石油ストーブは普通に使っていれば10年以上壊れずに使えますからね。うちには30年以上使っているストーブ(石油コンロ)があります。
オール電化の家でも電気の暖房だけでは寒いので石油の暖房器具を使用していたりもしますよ。

投稿日時 - 2011-10-30 19:53:14

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

石油ストーブはろうそくやランプのように芯に石油をしみ込ませて燃やしています。
長所は電源を必要としないことです。
せいぜい着火装置で乾電池を使う程度です。
あと、構造が単純で壊れにくく室外でも使える事です。

短所は天板と前面の大部分が非常に熱くなること。
倒れても消えないものもある。

箱型は熱反射板を設けることで前面に、円筒型は周囲全体へ熱を出します。

石油ファンヒーターは電気の力を使い石油を霧状にし燃焼させその熱をファンで送り出しています。
長所は、筐体内部で燃焼させており温風の吹き出し口以外は熱くない事です。
また、温風は強弱が可能であり、背面から冷たい空気を吸い前面から熱風を出せるので石油ストーブよりも早く室内が温まります。
倒れると安全装置が働くので安全。
タイマーによる入り切りが出来るので便利。

短所は電源が必要であること。
背面の吸気部や前面の吹き出し口をふさぐと危険であること。
熱風は温度が意外と高いのでスプレーなどに直接熱風が当ると危険。

両方の短所として、必ず換気が必要であることです。

石油といいつつ実際は石油より安全な灯油ですけどね(^^;

投稿日時 - 2011-10-30 09:35:14

ANo.3

石油ファンヒーターは電気がないと使うことができないことと、ファンの音がうるさい。
石油ストーブは一般的に熱量が少なく部屋全体を暖めるのに時間が掛かることと、温まった空気が上にたまって下の方は暖まらないのでサーキュレーター等を併用することが望ましい。

私の場合、石油ストーブの方が音がしないし、風が当たらないので比較的室温が低くても暖かく感じると同時に乾燥しにくく風をひく原因にならないので、石油ファンヒーターを止めて石油ストーブに戻しました。
サーキュレーターも安物は音がうるさい物が多いので低速回転可能の物を探すことになりますが、私の場合買ったしまったので電圧を落として(60V程度)回転を下げて使っています。

投稿日時 - 2011-10-30 08:26:51

最初の方が大体書かれているので違う視点で

石油ファンヒーターはオンタイマー、オフタイマーがあったり、温度を自動でコントロールする。
ファンが回るので消火してもにおいが広がりやすい。

石油ストーブは形状にもよるが、本体が熱くなっているので子供がいると危ない。または物が落ちたりしたら燃えて危ない。

投稿日時 - 2011-10-30 05:21:16

簡単に言えば、
灯油を燃焼した発生した熱を直接照射させることで暖をとるのが石油ストーブで、
 長所:(着火用に乾電池を用いるタイプもありますが)基本灯油だけで稼動可能
 短所:熱が放射される前方至近しか温まらない

灯油を燃焼させて暖めた空気を風として送ることで暖をとるのが石油ファンヒータ
 長所:温風が部屋全体に拡散するため、部屋全体を暖めることが可能
 短所:仕組み上灯油を帰化・空気と混合させるため常時電気の供給が必要

です。

投稿日時 - 2011-10-30 05:03:03

あなたにオススメの質問