こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

学習スケジュールについて

現在受験生の者です。
この時期にお恥ずかしい話ですが、現時点で学習が思う様にいかず遅れています。そこで残り受験までの短期間でもスケジュールを作って、「毎日思った事」ではなく「決まった事」を適切に決めて学習していきたいと思っています。
自分でも以前、勝手に1ヶ月毎日の分のスケジュールを一日で一気に作成してやってみましたが、やはり一気に全て決めるとどうしても1日に進める問題集の量やこなす科目の数の自分なりの限界が分からず、思ったより多すぎて、本(問題集や参考書)を通じて「理解して効果を得る」よりも「効果はどうであれとにかくノルマをこなす事」に必死になってしまい逆効果になりました。
しかし、計画無しでは何も目標が立たず、(情けないですが)自分の性格上やはり「ただ思ったことをやるだけ」になってしまい学習の効率が上がりません・・・。
現在は自宅のみで勉強しているので時間は1日中使えます。学習は独学で英語・数学・化学・物理・古文・漢文・倫政の各問題集、参考書でやっています。
自分では、その日その日に都合に合わせて計画を組むか、数日先まで一気に決めてしまうかで悩んでいます。
そこで、決められない自分が情けないですが1日中使える事を前提で何かアドバイスを頂きたいです。また、受験を経験された方でスケジュールを組んでおられた方がいらっしゃいましたら、どの様にしていたかを教えて頂けないでしょうか?

ご回答、宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2011-11-02 14:44:22

QNo.7108712

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

通学時間など寸暇はすべて記憶学習に当てます。

集中力強化について
学校が終わった後は図書館などで学習するわけですが、ここでは試験を模した時間構成をします。
つまり、試験時間中は完全に集中力を切らさない、その代わりに、時間が来たら一気に集中解除します。
100M走やボクシングと同じく、試験時間の後半は集中力という、学力とは一見関係なさそうな項目がとても大切になってきます。せっかく前半飛ばせていて、しかも実力もあるのに負ける、、、

学習スケジュールについて
学習スケジュールは長期的に立ててはいけません。
スケジュールに支配されるからです。スケジュールを守れなかったりしてプレッシャーを感じたり悩んでいること自体がすでにあなたの足かせになっています。
勉強は工場でねじを作るのとはわけが違います、ノルマを果たしても、身についていなければ意味がありません。
たとえば腕立て伏せを毎日100回します、腕を太くするためです。毎日やっているとだんだんとコツをつかんだりして100回がだんだん簡単に達成できるようになってきますが、そもそも100回こなすことが目的ではありません。腕を太くするのが目的です。なので、100回が目標といいつつも練習内容としては常に100回ができないくらいの負荷を自分でかけ続けないといけません。
あなたは勉強スケジュールを達成できるように素早く勉強をすることが目標ではありませんからあまりお勧めしませんね。


モチベーションの維持方法について
一時間、または90分など、一気に集中してこなす1枠ごとにどこまで終わらせるのかを必ず達成できる量でデザインします。同時に、時間が余った時にやるサブ勉強のことも準備しておきます。
サブ勉強とは、必ず勉強でなくても、単語帳を作るなど勉強に必要な軽作業で構いません。

必ず集中してやりきること。そして、達成すること。

この、「必ず達成する」は、とても大切で、勝ち癖をつけるということです。
必ず達成することで、「自分は勉強が得意だ」「難しい問題はあまりできないけど簡単な問題を早くたくさんこなすのは得意だ」など、具体的に自分の長所を見えてきます。
そしてそこに自信を持つことが大切です。
得意な点においてはいつもよりさらに負けん気が強く働くはずです。それが更なる勉強意欲の原動力になります。
達成しなければ、自分のだめな点ばかりが悪い感じで見えてきます。
試験までの期間はできるだけ勉強に関することで失敗したり負けたりといった体験をしない方が良いでしょう。

結果、得意科目への勉強意欲が強く働いて、苦手教科よりもそちらばかり勉強したいと思ったら、それはそれでいいことだと思います。
その場合、苦手教科の勉強をこなした際にご褒美として得意なことも勉強しても構いません。
好きな食べ物を食べたりほしい漫画を買って読んでも構いません。
必ずご褒美がもらえるという信用が大切なのです。
そして、目標達成した時には必ずご褒美を、めんどくさい時でも自分に上げてください。これは鉄のルールです。
古代ローマで王が謁見する際には民衆にパンを配ります。つまり、王と会うことが気持ちのいいことと刷り込むのです。同様に、ご褒美によって勉強でうまくいったときは気持ちいいという仕組みを強調するのは効果的です。

自分の欠点を知り、長所を知り、そして自分をコントロールすることが大切です。
コントロールできていない状態をパニック状態と呼びます。
飛行機でいうと、パイロットがいないで飛んでいる状態ですね。
自分自身を俯瞰で客観的に診て評価する訓練をしましょう。

試験時間を意識した枠を基準に細かく目標を立てるのがお勧めです。
次の枠を始めるまでの休憩時間に漫画でも読みながら、次の枠で何をするか、考えておけばいいでしょう。

投稿日時 - 2011-11-02 23:50:55

お礼

追記質問にもお返事を頂き、本当に有難う御座います!
アドバイスを頂き、文面を拝見していて素晴らしいと思いました。「何故そうすべきか?」を明確に分かる様にご記載頂いているのでとても参考になり、納得出来ます。
まず、学習スケジュールについてですが、これは自分でも質問を投稿させて頂いてから少々無理があるかと思っていました。確かにスケジュールに縛られると前述の通り「こなすこと」が目的になってしまい、目標たる志望校に入る為の勉強の意味が薄れてしまいます。ましてや遅れている状況ですので・・・(汗)
そこでアドバイスを頂き、スケジュールに縛られるほどにならない様に取り敢えず1週間のスパンで計画を立てる事とし、確実にこなせる余裕のある計画にしました。
後はどう実行するかですが、これもアドバイス頂きました通り「○○分やって○分休憩」と言う規則のある方法を取りたいと思います。とは言え勉強内容が多いので90~120分くらいの時間を「集中」出来る様にします。
ご褒美は、睡眠にあてようかと思います。どうも自分は眠たくなる事が多いですし寝起きは集中出来ますので30~60分ぐらいで。しかし最大の褒美はやはり第一志望校合格ですかね(笑)
漫画は封印してしまいました(ダンボールに詰めただけですが・・・)ので基本的に余り読む機会は無いと思いますが、週刊誌ぐらいは読もうかなと思います。
長々となってしまいましたが、お教え頂きました「試験時間を意識」と言う方法はぜひ実践させて頂きます。先程記載させて頂きました90~120分と言うのも自分の志望校の試験時間を模したものです。そして自身を客観的に見る事は忘れない様にします。
様々なアドバイスを頂きましたが、とにかく「勝ち」を意識してやっていきます。勉強優先で模試も余り受ける予定は無いので・・・。
気楽に、しかし厳密に頑張っていこうと思います。
最後になってしまいましたが、大変貴重なご意見を頂き、また親身になって頂き本当に有難う御座いました。
頑張っていこうと思います!

投稿日時 - 2011-11-03 01:04:28

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

自分が一日にこなせる量を把握されているのであれば、こなせる量を前提に計画を微調整すればよいと思いますが。

もし、把握されていないのであれば、受験までにこなすべき問題集のページ数を週数でわって、
1週間にすべき量を決める。
・1週間にすべき量を5または6でわる。1日は予備日として、終わらない分を行う。
全て終わっていれば復習にあてる。
 また、今日の課題+前の日に誤ったもの=その日に勉強すべきものとする。

1ヶ月やってみれば自分のこなせる量がわかるので、その後に微調整してはどうですか?

・英単語等であれば、問題集を一日1ページ~2ページときめて覚える。
 翌日は前日の復習+今日の分を覚える
 週末まとめて復習をする。
 復習を繰り返すことで定着します。

投稿日時 - 2011-11-02 16:42:07

お礼

自分が1日にこなす事が出来る量の限界は把握しているつもりだったのですが、いざやってみると計画に追いつかないと言う状況が発生してしまいますので事実上「把握できていない」事になります。
ですのでアドバイス頂きました通り、例えば1週間の計画であれば問題集のこなすページを6で割って1日を予備日にしようと思います。
また頂きましたアイデアとしまして、「前日の残りを次の日に」「その日に時間が余れば次の日の分をやる」と言う手法も取り入れたいです。英単語は復習が必須の様ですね。今更ながら(汗)ですが、参考にさせて頂きます。

詳しく親身にご回答を頂き、本当に有難う御座いました!

投稿日時 - 2011-11-02 16:58:17

ANo.1

今から受験のための勉強となると時間がありませんね。
そんな時は苦手教科で暗記を中心とするものをひたすらやります。
数学など本質的な理解から積み上げる科目は、それ用の脳が完成するのに一年や二年はかかります。
得意教科で90点取れるものを95点に上げるには相当の苦労が必要ですが同じくらいの努力で
苦手の30点を70点くらいに簡単にあげれます。
あなたにとって苦手な科目はライバルにとっては得意かもしれませんので、その土俵で同じ学習時間を費やしていては勝てません。
タイソンとボクシングでは勝てなくても、銃で撃ち合いなら勝てるかもしれませんよね。
敵の得意分野で戦ってはいけません。
学習時間と効果を照らし合わせ、効率のいいことだけをしなくては間に合いません。

まず自分が苦手とするものが何か見定めなければいけません。
模擬テストや練習問題で、自分がよくわかっていない部分を定めます。
それをしらみつぶしに学習するわけですが、時間をかけて説明を聞いても理解できなかったり、自分に向いていないと思ったらそれはさっさと切り捨ててほかを始めます。そこで焦げ付くと効果/時間レートが下がります。

それを繰り返していくうちに、試験に良く問われる部分やそうでない部分がうっすらと見えてきます。
そこは特に重点的にやるべきでしょう。

ドラクエやモンハンと同じように、時間を費やした部分は効果が上がっていると思いますので、楽しくなると思います。
勉強は楽しくないと続かないですからね!

学習計画を整理すると

1:弱点の見定め
2:効率の良い弱点集中強化
3:学習効果の確認(一番楽しい部分)

頑張ってください。

投稿日時 - 2011-11-02 15:22:41

お礼

早速の丁寧なご回答、有難う御座います^^
自分は一応、1年間があったお陰で幸い「苦手科目」ははっきりしていて科目によっては得意もありますがご指摘頂きました通り、「遅い!」と言う科目もあります。ただ、幸いにも感覚の習得が短期間では辛い英語や数学は不得手ではなく、古文や倫政を初めとする「副科目」が不得手なので短期間でも、とにかくセンターで目標点(恥ずかしながら8~9割)を取れる様に精進したいと思っています。
とにかく、頂いたアドバイスの通り英語や数学「ばかり」やるのではなく、まず不得手である副科目のマスターを今からやり、そして全体が志望校の平均クラスになる様にがんばります。
目標は場違いに高く、どの道逆境ですのでとにかく弱点を消し去って、「効率」を最大限に高める様に考えていこうと思います。
因みに現在、センターは模試ですが65~70%程度で限界です(汗)
やはり弱点科目が起因していると思います・・・。
とても親身にご回答を頂き、本当に有難う御座います。もし宜しければ、スケジュールの立て方などもお教え頂けると嬉しいです。
図々しくなってしまいましたが、ご回答本当に有難う御座いました!

投稿日時 - 2011-11-02 16:24:01

あなたにオススメの質問