こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

法人住民税と法人事業税

 中間納付しましたが、確定税額では法人住民税が10,000円の納付。
事業税は50,000円の還付です。両方還付なら決算で未処理もありか
と思いますが、ここは次の仕訳が必要ですか。
   法人税等 10,000 未払法人税等 10,000
翌期の還付時に
   法人税等 10,000 雑収入 50,000
   預金    40,000
でもいいのでしょうか。詳しい方お願いします。

投稿日時 - 2011-11-03 19:07:43

QNo.7111203

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

事業税と法人住民税は同じ県に対するもので、相殺できるというのなら
中間納付時に、法人税等で処理している場合は

未収還付税金40,000/法人税等40,000
です。

翌期の還付時は
預金40,000/未収還付税金40,000
になります。

投稿日時 - 2011-11-03 21:32:02

ANo.1

>翌期の還付時に
   法人税等 10,000 雑収入 50,000
   預金    40,000

これは違います。
期末に

  未収入金 50000/事業税等 50000
という仕訳を起こしておき還付時は

  預金 50000/未収入金 50000

これが正しい方法です。

事業税等は法人税等でも構いません。

投稿日時 - 2011-11-03 19:43:29

あなたにオススメの質問