こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

医師の見解が異なる

いつもこちらのカテゴリを拝見しています。
32歳、6月に入籍しました。
要介護5の祖母を自宅介護しながら、9月から不妊専門病院(A病院)に通い始めました。

19歳で卵巣嚢腫・子宮内膜症(卵巣にできるもの)・チョコレート嚢腫と診断されてから総合病院(B病院)で開腹手術3回、
結果手付かずの子宮と一部を切除した右卵巣が残っています。

B病院の医師からA病院を紹介され、初診で子宮筋腫が見付かりました。
ですが10月に体外受精に踏み切ることになり、ピルと点鼻薬で調整した結果生理開始予定日の2週間後に生理が来たり、普段から周期が乱れているのですがそれまでの間に5日間程の出血があったり。
採卵周期の受診(月経開始3日目)の採血で女性ホルモン値が高いことと内診で子宮筋腫が大きくなっていることを指摘され、採卵は見送りとなりました。

B病院の担当医に相談したところ、腹部エコーでは妊娠に差し障りのない位置にコブがあり体外受精を進めてもいいと思うがMRIを撮ろうとなりました。
結果、子宮筋腫ではなく子宮腺筋症で取り除くことは出来ないそうです。
また大きくなるようであれば生理を半年止めて萎むのを待つ方法があるが、
その半年が勿体ないので採卵をしてはどうかと言われました。

その旨をA病院に伝えると、不妊治療によるホルモンの影響で腺筋症が育ちやすい環境を作ってしまうことがある、そのコブによりひとつしかない卵巣が重なり採卵しづらいかも知れない、妊娠に影響し流産や早産の危険性がある、9月の初診で指摘されるまで気付かなかったのならB病院では内診で何を診てきたのか、もしこの数ヶ月で出来たものならまたこれからの数ヶ月でかなり大きくなるものかも知れないと言われました。

昨日、AMHの採血をしてプラノバールを12日分処方され、結果を聞きつつ今月半ば生理開始5日までに通院し状況を診る。
まずは乱れた生理を整え、本格的に採卵などをするのは年明けにしましょうと言う見解でした。

これまでB病院で手術に至るまでは毎回インフルエンザを疑われるくらい急な発熱に襲われ、各科の医師に取り囲まれても原因が分からず、開腹してみて初めて卵巣が腫れていたと分かると言う流れを繰り返して来ました。
なのでいつまた熱が出て切除となるのか、妊娠が出来ない身体になるのかずっとびくびくして生活して来ました。
今はA病院に通っている以上その方針に従おうと帰宅しましたが、卵子はひと月でも若い物の方がいいなどと言う意見を見聞きすると年明けまで身体がまた悪さをする確率は低いでしょうが、ちょっと怖い気もしています。

よい卵子を採取するためにも、ここはちょっと待つべきなのでしょうか?

長くなりましたが、まだまだ不妊治療について勉強中である私に何人もの医師が付いていてくれるのは心強い反面、A病院はA病院内でも医師によって進め方が異なり一体誰の言うことを聞けばいいのか少々困惑しています。

無知な私に何かしらのアドバイスをご教授頂けたら幸いです。
日々気持ちが不安定で優しい主人を巻き込んでいると思うと辛いです。

投稿日時 - 2011-11-05 15:17:02

QNo.7114708

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。DEERです。

>MRIの結果に中隔子宮や癒着の疑いもあると書かれていました。

もう御調べなら、DEERの経験からはあまり申すことがないです、


子宮奇形には双角奇形、中隔子宮、弓状子宮、単角子宮などがありますが、
子宮奇形が必ずしも不妊原因には結びつかないとありますね。
妊娠はできるんです。
しかし妊娠が成立した後に流早産の確率が高まることから、
(習慣流産や、赤ちゃんが回旋ができないなど不育症にあたる)
それらを繰り返し経験したときには腹腔鏡や開腹の手術を行なうことがあります。

双角子宮(中隔子宮を含む)の手術では、軽度の場合では「シュトラスマン(Strassmann)手術」、
高度な場合には「Jones&Jones手術」という方法で、
2つに分かれている子宮腔を1つにする治療が行なわれます。

大変な原因ですが、これらも方法はある、ということでまだ捨てたもんではないですよ。

それからあなたのそのホルモン狂いは、双方の病院での治療が違うことに
あなた自身が迷われているので、ホルモンもどうしていいかわからない、
路頭に迷っている感はあります。
それ以上に子宮腺筋症と中隔子宮が気になるところですね。

それと子宮の手術についてはなにか提案されているのでしょうか。
どの程度のでっぱりかわかりませんが、それも対応されたいところですね。


腺筋症は生理で大きくなるということは、生理を止めて治療するという方法が
あるので、大きくなるならないは生理を止めて小さくできるが
止めないと大きくなるという事があるのか?という点だと思います。
経験者の方にお話を伺えるといいんですがね。

赤ちゃんが来たときに居心地の良い環境をがまずは先決だと思います。
その子宮奇形と子宮腺筋症について早く対応ができること。
そういう意味では、AB病院どちらもちょっと手におえない感があるのかな?
と思えました。

採卵をしたところで、子宮に問題があるのに、体外は薦められない、
周期が回復になったところで、子宮に問題がある。

問題はその子宮を治療だと思うのですが。

子宮腺筋症については、専門医というか得意な医師がおられるでしょう。
生理を止めてとかでなく、手術で取れないなら局部注射で小さくするとか、
専門な何か方法があります。
AB病院が対応しきれないなら、その専門得意とする医師さがしもいいと思いますよ。

大変な原因です。
32歳、子宮の原因をまずは治していくことを優先させてください。

介護で大変ですね。
あなた自身も大変です。
同情の涙すら、ちっぽけに感じます。
それらのことに負けないでください。
介護のことは介護、貴女のことはあなたのこと、
DEERの所感ではありますが、
AB病院のどちらが、でなく、必ずどこかに専門医が(得意としている)
居るのをお探しください。
それか、A病院かB病院に、
これらの治療オペを得意としている医師のご紹介はいただけませんか?
と聞いてみるのも。

原因が原因なので膨大な知識を養われて、医師と対抗するつもりで
頑張って取り組んでほしいと思います。

大したことが言えなくてすみません。

投稿日時 - 2011-11-07 14:12:30

お礼

お忙しいところ、何度もありがとうございます。
早速お昼ご飯に卵かけご飯を食べました^^

B病院では“中隔子宮の疑い”の文字に触れられませんでした。
これまでも手術の度にMRIは撮って来たので分かっていたのだと思いますが、
卵巣の手術でしたし妊娠は先のこととスルー?されたのかと思います。
腺筋症に関してはオペでは取り切れない。
後々どうしてもコブが邪魔で採卵出来ないなどとなれば生理を半年止める処置などを考えるがまずは採卵したい、手付かずの子宮に手を加えるのはお得じゃないと言います。
卵巣がまた悪化したら全摘になる可能性も聞かされており、まずは採卵して保存するべきだと言う考えなのだと思います。
腺筋症自体は4~5センチの大きさだと判明しました。

A病院では体外受精に至るまでのホルモン治療で腺筋症が大きくなる可能性がある、妊娠出来たとしても継続の妨げになり流産・早産の危険性が高まると言われました。
先日の受診では「B病院ではこう言われました」と喧嘩腰になってしまったので(汗)、次回より詳しく聞いてみます。
個人差がありこればっかりはやってみないと分からないのかも知れませんが、分からないこと・疑問に思うことはガンガン聞いてみます。
同時に頭でっかちになろうともネットなどで経験された方々のお話も探してみます。

B病院の医師は私の結婚を心から祝福してくれ「俺が沖縄にいても駆けつけて取り上げるから」と言ってくれました。
以前占いで「30代後半に男の子を一人授かる」と言われました。
時期については当たっているかもなぁ。
前途多難ですよね。
もっと掛かったりして。
いつか絶対ママになりたいです。

>大したことが言えなくてすみません。

とんでもないです。
介護についても気持ちを汲んで頂きありがとうございます。
サードオピニオン(って言うのかな?)についても検討してみます。

投稿日時 - 2011-11-07 18:16:00

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

こんばんは。DEERです。

削除対象になるかな・・?(>_<)

子宮腺筋症と診断された方は、danazolか3EPを含有するIUD(子宮内治療器具)を子宮内に6ヶ月入れた後、抜去すれば、妊娠可能になります。また同じ薬を月に1―2回子宮に注射することにより、妊娠可能になります。
深部内膜症は痛みが強く、排便痛もあり、手術が難しく,手術後再発しやすい治療が困難な病気ですが、danazol か3EPを含有する膣リングを3-6ヶ月膣内に挿入するだけで、治療中に妊娠可能になります。この治療が無効の重症例には、超音波で診ながらdanazolと3EPを膣から注射することにより妊娠可能になります。

以上の画期的新治療が日本中どこの病院でも可能になるのは、残念ながら将来の夢で、現在のところ下記横田マタニテイホスピタルで火曜、木曜の午後のみ可能です。
これは群馬県です、メモってググられてください。

投稿日時 - 2011-11-07 18:52:25

お礼

拝見するのが遅くなってしまいましたが、まだ消えていません^^
調べて頂いたのでしょうか?
どうもありがとうございます。

群馬県ですかぁ・・・。
現実的にちょっと厳しいです。
ホント、どこの病院でもこんな素晴らしい治療が出来るようになるといいんですけどね。

介護中で無職。
金銭面もかなりのネックです。
横に眠る旦那さまが優しいのが救いです。
ノロケちゃいました^^

投稿日時 - 2011-11-07 22:06:33

ANo.3

こんばんは、再度DEERです。

卵子凍結ができるならそれも考慮ください。
(京都じゃないですよね?差し支えなければ、関東とか北陸とかで教えてください)

32歳で採れるだけ採れるうちに凍結しておくのはよい手だと思います。
日本では代理母は認められていないのですから、何十個か凍結はしておいて、
後は子宮をなんとか妊娠「継続」できる環境に持って行けることですね。

投稿日時 - 2011-11-07 18:45:15

お礼

こんばんわ。
何度もありがとうございます。

当方は東北在住です。
卵子凍結は可能です。

ひとまず年内は焦らず周期を整えることに集中します。
年が明けたら採卵できるといいなぁ。
その際腺筋症の腫れが卵巣の邪魔をしないといいんですけど・・・。

投稿日時 - 2011-11-07 21:59:41

ANo.1

こんばんは。

ちょっと整理させてくださいね。

9月からA病院。             ←B病院から紹介
初診で子宮筋腫見つかる        開腹オペ3回
採卵見送り                 子宮腺筋症判明
ホルモンで大きくなる可能性      子宮腺筋症発見遅れる?
周期を整え年明け採卵          採卵勧め

う~~~~~~~~~ん・・・。
どちらが正しいかではなくて、採卵のタイミングの可能性の違い・・ですかね。

B病院で子宮腺筋症を発見されたが、A病院は遅れを指摘しているが、
本当に急に大きくなったものならB病院では「その時は」見えなかった、なかったという可能性があります。

となるとA病院が言う、子宮腺筋症の成長度も診ていくというのは正論かも。
それに確かにあなたの周期、排卵過程は今乱れています。
子宮腺筋症がないとしても、その排卵過程を整えなくてはいけません。

子宮腺筋症が大きくなり、卵巣が重なり採卵しづらいかも知れない、
妊娠に影響し流産や早産の危険性がある、
それらのことを慎重に考慮しなくては、大変な思いをするのはあなたです。

>卵子はひと月でも若い物の方がいいなどと言う意見を見聞きすると


一概にそんなことはありませんよ。
歳が行っているとか、若いから大丈夫とか、卵子の質には関係はないとされています。
歳とともに卵巣年齢は落ちていきますが、卵子には関係がないですよ。
すべて老いた卵子とは限らないのです。
たとえAMHの数値が悪くとも質には関係する根拠はないとされています。

DEERが思うには、A病院の配慮のほうが正論に思え、
今はとりあえず排卵過程を元に戻すことが先決です。
原因がなくても、排卵過程が乱れているのであれば、採卵は見送られますよ。
良くない排卵過程(無排卵)の次の周期の排卵はよくない場合が多いとされているからです。

見送り経験があることも珍しくはないですよ。

>よい卵子を採取するためにも、ここはちょっと待つべきなのでしょうか?

健康排卵過程でない卵子はよくないと思います。
そして卵子は、排卵までに6か月半ほどかかって育成されていますよ。
今から、毎日卵かけごはん、週1~2回魚の卵を食べて
良い卵子の排卵に努めてください。

体(機能)を壊したら元も子もないのです。
A病院のほうが慎重に進めてくださっていると感じます。

あなたも、卵子も体の機能も生きているんです、
良い状態の時に堂々と妊娠させてあげたくないですか?

もったいないの論点が違うんですよ。。
ここは、焦りは禁物で、
良い機能に戻すことが良い妊娠への近道であると考えましょうね。

投稿日時 - 2011-11-07 04:29:10

お礼

朝早くから回答をありがとうございます。
初めまして、unigunkanと申します。

長々と分かりにくい質問で申し訳なかったです。
ですが、申し訳ないついでにもう少し書き切れなかったことを補足させてください。

A病院での担当医ですが、初診~採卵周期の受診までと採卵周期の受診~先日までの医師が変わりました。
受診曜日等でたまたまかも知れませんが、最初の医師は(その時点では筋腫だと思われていた)腺筋症があろうと体外受精に進もうとされました。
今度の医師は自らを“慎重すぎる”とおっしゃっていましたが、AMHを提案しまずは周期を整えようと言ってくれました。
B病院から処方され長年服用しているボンゾールも見送り後B病院では飲むように言われましたが、A病院のその医師はプラノバールに切り替えよう・数日ボンゾールを飲んでしまった分プラノバールを10日間→12日間に変更しますとのことでした。

また、A病院でホルモンによりコブが大きくなる危険性があると指摘されたことをB病院に伝えると生理で大きくなるものでホルモンとは関係ないと言われました。
その旨をまたA病院に伝えるとそんなことはないと。

B病院とは長い付き合いで担当医を信頼していますが、A病院は不妊専門病院でこれからお世話になるわけですし、“慎重な”医師は私の意向に沿っていると感じるので、A病院を中心にB病院はセカンドオピニオンとして考えていきたいと思います。

愚痴のようになってしまいますが、A病院で最初の医師には切除した左卵巣があるように内診で診られ、“慎重な”医師には自然妊娠することはもうないのに今月~来月は妊娠に至るようなことはしないでね~と言われました。
沢山患者さんがいて把握するのも大変なのでしょうが、わかってくださってますよね!?と詰め寄ってしまいました(汗)。

いつも拝見しているHOPinDEER様に的確な回答を頂き、見送り自体珍しくないと知り安心しました。
過去の回答から魚卵は意識して食べ始めていますが、毎日の卵かけご飯も実践していきます。

ストレスは良くないと聞きますが、うまく発散出来ません。
祖母を介護していると周りは子育てなのに私は介護か・・・と卑屈になったり、
芸能人のおめでたも耳に障ります。
焦りは禁物ですね、頑張ります。

MRIの結果に中隔子宮や癒着の疑いもあると書かれていました。
自分でも調べてみましたが、この中隔子宮について何かお分かりであれば
また回答頂けるとありがたいです。
またまた長々とすみません。

投稿日時 - 2011-11-07 10:15:14

あなたにオススメの質問