こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

日本の失業率に入らない人

アメリカの失業率は0、9%です。
日本は0、4%ですがそれに入らない人が、ワーキングプアです。
アメリカは、生活保証が無いけど、キリスト教会の支援が有ります。
日本は、生活保護が有ります。
でも、皆さん生活保護を受けたくて受けてる訳では無く、仕方なくです。
私は、ワーキングプアですが。
そろそろ受けようか、迷っています。
最後は、生活保護ですが、国の破産も、もうすぐですかな?

投稿日時 - 2011-11-07 06:21:21

QNo.7118339

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.5

こういう質問は、生活保護費が高すぎることを如実に示しているよね。 まじめに(かどうかはわかんないけど)働いている人のほうが、生活保護を受けている人よりも生活水準が低かったりするわけだから。

一部の労働者が健康で文化的な最低限度の生活をできていないか、生活保護を受けている人が最低限度以上の生活をしているかどちらかだよね。 多分、両方だと思うけど。

もし、生活保護を受けている人たちに最低限度以上の生活をさせ続けるなら、国の破綻も以外と近いでしょう。

あと、関係ないけどアメリカにも生活保護の精度はありますよ。 フードスタンプって言って、食べ物を買う金券をくれるんだな。 酒は買えないんだな。 日本もこの辺は少し見習ったほうが良いね。

投稿日時 - 2011-11-07 09:00:03

数値の桁が違うのでは?
アメリカ9.09%
日本4.1%

とか

受けようかなと思うのではなく、申請一歩手前まで行動してはいかがですか?
この「思う」というのは、「しない」ということなんですね。

質問者さんの行動力のなさが感じられます。

投稿日時 - 2011-11-07 08:16:00

ANo.2

ワーキングプアの言葉の意味を履き違えています。
ワーキングプアとは仕事を持っていて真面目に働いているが、収入が少なくて自分の生活を成り立たせることが出来ない人のことです。
だから失業とは違う。
それに日本で言う失業率とはハロワに失業保険の申請をして、完全失業と認定された人たちのことです。
ですから、就業時に雇用保険の適応を受けていなかった人たちは失業率の計算には入っていません。雇用保険を払っていない以上、失業保険の受給を受けることは出来ませんから。そんな底辺で仕事をしていた人たちが、失業保険の受給も受けられないのに、失業認定なんて受けているとは思えませんからね。
あなたはご自分でワープアといわれていますから、仕事は持っているのでしょうね。
でしたら生活保護の受給を受けることは出来ません。
収入が有る場合は生活保護の受給対象にはなれませんから。
まぁ完全無職になって社会の寄生虫となって底辺で暮らしていくか、自分でがんばって、今時分がおかれている環境を改善していくかはあなたが選ぶことです。
でも今の世の中、生活保護受給者が爆発的に増えていますから、申請してもそう簡単に保護受給の認定は受けられませんよ。
どこの自治体も受給者の対応には四苦八苦していますし、不正受給者がかなりいますので、審査は以前に比べて遥かに厳しい物となっています。本当に生活が出来なくて、今日のご飯すら食べれら無い人たちでも認定が認められない人がたくさんいます。
まぁ、国の波状は当分無いでしょうね。国や自治体に金が無くても、民間には未だ世界が凌駕するくらいの預貯金がありますから。いざとなったら徳政令で民間資金の没収で対応できますので。

投稿日時 - 2011-11-07 07:32:36

>国の破産も、もうすぐですかな?

残念ながらもうチョイ先です。

まずは生活保護対象者を切り捨て、

年金受給者を切り捨て、

インフレターゲットなどと言い出して、
世間に失業者や飢え死にする人があふれだして
それでもどうしようもなくなってからですね。

投稿日時 - 2011-11-07 06:41:08

お礼

アメリカは、キリスト教会の支援。
日本は、仏教支援は、無いかな。
中国が、仏教支援がありそう。

投稿日時 - 2011-11-07 06:46:20

あなたにオススメの質問