こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

親の仕事について<長文です>

 私は実家が制服販売の自営業を営んでいる27歳の者です。
自分の父が仕事について悩んでいて、それを憂うと毎日心が痛みます。皆さんの意見をお聞かせください。


私の実家は、田舎の小さな制服販売店です。工場も付いていて作れるもの(ブレザーなど)は従業員が作って販売し、シャツやブラウスなどは問屋さんから卸してもらい、販売して生計を立てています。


やはり、大手のメーカーがこの競争に参入してくると小さな小売店は負けてしまうので25年くらい前に小売店が4店舗集まり、「この4店でしか、制服を売れない」ように学校・問屋と契約しました。
よくある制服や教科書の指定店というやつです。実家はその中の一番小さな1店舗です。


その4店舗の契約に至る際にリーダーとなったT氏は、当時一番大きい店舗を持っていました。彼は、人を威嚇したり、誉めたり、脅したり、そういったパフォーマンスに優れていましたのでかなりのリーダーシップを発揮していました。
それに対して、私の父は野球部上がりの上下関係を重んじる、仕事は飛び抜けてはできないかもしれないけど真面目な人物です。言われたことをいいか悪いか考えずに仕事する、部下タイプです。



制服販売というのは入学式シーズンの3月から4月の間に活動しますので、
その1ヶ月ほどの短期で場所を借りて、アルバイトを雇い、そこで営業をします。


私が物心ついたときはこのシーズンはいつも朝は8時に出て帰りは深夜11時から12時。
父子家庭で寂しかったものですが、いつも帰りを待っていました。営業後に仕事場で酒を飲んできているようでいつもは飲んでも荒れない父が、少し悪い酒の飲み方をしたので子供心にとても心配していたのを覚えています。
よく、現場にも子供の頃遊びに行きました。大学生くらいのお兄ちゃんやお姉ちゃんがいて、一緒に遊んでもらいました。T氏も大きくてちょっと怖いけど、いいひとだと思っていました。


4店舗の契約ということになっていましたが、実際に現場で経営・販売をしているのはT氏と父でした。父は部下タイプ、T氏はリーダータイプでしたので、そこそこ上手く現場は回ったことだと思います。問屋さんもT氏の今思うとかなり無茶な要求にも答えていた気がします(例えば、売れ残りが合った場合は、全て返品させるとか、支払いの期限を途方もなく先延ばしにするとか)。


父は販売や下準備担当で、T氏は金銭管理やアルバイトの教育という役割分担になっていたようです。T氏はアルバイトに自分を「社長」と呼ばせ、ずっと父をないがしろにしてきました。
今思うと、リーダーシップの差や店舗の大きさから、仕方なかったかもしれません。T氏の店舗は地元では大きいショッピングセンターの中に入っていましたから。


とこらが8年ほど前、事件が起こりました。
T氏の横領が発覚したのです。


発覚したきっかけは、なぜか想定より配当が少ないとか、黒字になるはずのシステムなのに(売れ残りは問屋さんが回収するため)、問屋さんに借りがあったりですとか、そのようなことからです。
これについてはなぜもっと早くわからなかったのかとは思いますが、彼以外だれも金銭に触れることは出来なかったですし、T氏を信頼していたのでしょう。まっとうな会社でないというのは恐ろしいものです。
金額でいうとわかっただけでも500万から600万、ただし証拠が隠滅されていて3年分しか遡れなかったようです。


当然T氏以外の3社は激怒したわけです。1番、怒りに震えたのは働き蜂のように働いた父でした。
夜、深夜まで帰って来なかったのはT氏がお金の計算をしていたのを待っていたからだったことが理解できました。


T氏の処遇をどうするか、これが大きな問題でしたがT氏を辞めさせるとT氏の店舗が所属している大きなショッピングセンターが仕事を奪いにくる可能性や、不祥事が発覚して学校から信頼がなくなり契約がなくなることを他の3社は恐れてT氏を発覚した分の金銭の返還+ペナルティ300万くらいで残留させることにしました。



色々と自宅でそんな話を聞いて育った私も、「父のためになりたい」とそこでアルバイトをすることにしました。勿論、T氏のことは嫌いと言うより憎かったけれども。
アルバイトはずっと大学生くらいの学生のみで構成されていたので、私も18歳になり意気揚々と参加したわけです。

ところが、現場に入って唖然としました。T氏は椅子に座ってアルバイトを威嚇している、アルバイトは年功序列でリーダーが決まりリーダーはミニT氏のように後輩アルバイトを威嚇している、
経験の浅い者ほど重労働をしている、父は何をしているかというとお客様の対応におわれているといったバラバラな状況でした。


私も若かったので、理不尽なことは許せなくなり先輩でもT氏でも喰ってかかりました。しかし、その年は総日数の半分ほどの参加で断念。重労働すぎて体がついていかなかったし、いじめのような反感を買い、精神的に辛く続けられませんでした。


その次の年も、年齢が若いし経験もないのに雇い主の扱いにくいジュニアとしてT氏や先輩方、後輩から煙たがられ、いじめのような扱いに負け、1/3の日数ほどで断念。


私は制服に愛情がありましたからタバコを店の中で吸う者に注意をしたりと、常識の範囲で物事を言ったまでに過ぎませんがその言動にT氏をはじめとするアルバイトたちから大きな反感を持たれました。


また一年、また一年、と私の挑戦は続きました。大学を卒業して就職するまでほぼ毎年お手伝いにいきましたが、状況は変わりませんでした。
唯一変わったのが、金銭の不正を防ぐためもう1社からその店の跡取り息子K氏が応援に来るようになりました。T氏の独壇場の職場でしたので、父はそれをどうにかしたいと思い色々とK氏と協力しあって仕事をしていましたが、やはり現場を取り仕切っているのがT氏なのであまり効果はなかったようでした。父の精神面は少しは楽になっていたようでしたが。

T氏もK氏も父も世襲型自営業です。仕事はできなくても社長と呼ばれると勘違いを起こすのでしょうか。T氏はただ威圧しかせず何もできない、K氏は父とは仲良くしてくれるけど全く接客が出来ず使えないのに威張るし、父は父でただの善人。そんな人達の中で優しさなんていらないのにと私は思っていました。
最後の1社の代表のN氏はその会社の社員で、唯一のサラリーマンだそうです。現場にはあまり来ないのでほぼ面識はありませんでした。N氏所属の会社が1番大きいけれども、現場に来ないから権力は小さいということのようです。


私は、某化粧品会社に就職し有楽町の百貨店で勤務をすることになりました。結婚後、退職したので就職していたのはたった1年でしたが、それなりに成功や失敗を経験しました。



そして今年の3月、数年ぶりに仕事の手伝いをすることになったのです。私は、就職した経験を生かして革命を起こすことを決心しました。
T氏やアルバイトの威圧に、正論の威圧で対抗し(経験不足でそれしか方法が思いつきませんでした)、ギリギリと力づくで仕事をしました。仕事を徹底的に効率化し、お客様の満足度を考えた仕事を実践しました。東日本大震災を受けた地域でしたが、食べ物がなくても電気が来なくても仕事をしました。T氏がかわいがっていたアルバイトは後半どんどん勝手にやめていきましたが、仕事をしました。
その結果、お客様のクレームはほぼゼロで人件費も半分ほどにしました。冬物は全て入学式までにに全生徒に間に合いました。


そして後にT氏が今年の2月に倒産していたことが経済情報誌からわかりました。
当然のようにT氏以外の3社は来年からは外れてもらおうという動きになり、学校・問屋も1度はこのことを了承していたのに・・・。

T氏の所属する大きなショッピングセンターの社長が、問屋に圧力をかけたのです。
今まで通りT氏をそこにおいておくようにと。私の父の店をもう契約から外すようにと。

そして、問屋に言われました。「父の店には商品を卸さない」、と。
理由は、私が仕事でしてしまった1つのミス。
利害関係に鋭いK氏は、すぐに父からT氏に鞍替えして、父を潰しにかかって来ました。


結局N氏に助けられまして、来春は一応参加できるようになりましたが、不当な契約書を問屋に迫られたり(準加盟店にするとか)、横領したT氏とつるんでK氏は父が持っている仕事で使う通帳をよこせと言ってきたり散々です。味方であるN氏は現場に参加しないし、私ももう参加することがこの契約によりできないので、父を守れない。心配で心配で、精神的に安定しません。問屋というものはここまで権力があるものなのでしょうか。


私がT氏と対立して、不快にさせたところもあるので、責任を感じることもあるし、毎晩憤りで夜も眠れません。
自分も少し自業自得だとも思います。でもお客様に喜ばれるように真面目に一生懸命仕事をしました。私達が仕事をしてきたことで、T氏・K氏は収入を得ているのにと思うと、殺したいほど憎らしくて毎日つらいです。


私はどのように気持ちの整理をつければいいのでしょうか。
そして、父は来シーズンにはその魑魅魍魎のなかでどのように振舞えばいいのでしょうか。

私のまっとうだと思っていることはそもそも間違っているのでしょうか。
お金を私が稼いで、父に仕送りすれば生きていけますが、きっと父は仕事という生きがいをなくしてしまうのでしょう。
母を自殺で亡くしていまして、父をも失いたくありません。
助言をください。

投稿日時 - 2011-11-07 12:19:57

QNo.7118685

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

基本的にいえば、間違ってます。

過去を振り返れば、
「大きなショッピングセンターが仕事を奪いにくる可能性や、不祥事が発覚して学校から信頼がなくなり契約がなくなることを他の3社は恐れてT氏を発覚した分の金銭の返還+ペナルティ300万くらいで残留させること」
というのが、正しい経営者の判断の一例なんです。

道徳的・道義的に正しいということよりも、仕事が無くなる危険性を排除するのは経営者としては当然のことです。

とはいえ、過ぎてしまったことは仕方ありません。(これも経営者には必要な資質です。)
次の手を考えるしかないでしょうね。

考えられる方法としては、廃業や転業を考えないとすれば・・・・
1)問屋に圧力を掛けたショッピングセンターよりも問屋に対して大きな影響力を持つ人を見つけてお願いして再度T氏を排除する
2)その問屋とは違う問屋から物を仕入れるルートを確保する
のどちらかでしょうね。

ちなみに公正取引委員会に不公正取引などで訴えても門前払いになる可能性が高いです。
というのは、元々「『この4店でしか、制服を売れない』ように学校・問屋と契約しました。よくある制服や教科書の指定店」ということが独占禁止法にあたる恐れが大いにあり、不法行為における不法行為となると思われるからです。

投稿日時 - 2011-11-07 13:17:48

お礼

ご意見ありがとうございます。
一人で悩んでいたので、4000字の長文を読んでくださった方々を思うと涙がでます。

正直に申し上げて、T氏を排除することによりここまでの不利益があるとは思っていませんでした。倒産した会社にそこまでの力があるなんて、私のリスク管理の認識が甘かったです。
私も父への情とビジネスを混同していた事に気が付きました。

間違っていると言われてすっきりしました。


父は一流の販売員ですが経営者の素質がないことを私も認識して、何かあったときには金銭でフォローするように覚悟を決めたいと思います。

1)と2)の案は最高でした。
現実的な実現は厳しいけれど、できることから始めていきます。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-11-07 13:57:35

世の中、必ず儲けるのが上手な人、下手な人に分かれます。
最初から儲けることが下手を目指す人がいないのに、何故差が出ると思いますか?
合理的に物事を考えないからです。
マジメに働いた人が必ず儲かるわけでは有りません。

質問者さんは、現状に対して何をしたいのかを整理してみる事をおすすめします。

・仕返しがしたいのか?
・お父さんの仕事を成功させたいのか?

違いますよね。お父さんに元気でいて欲しいんですよね。
あなたがお父さんを支えてあげてください。

仕事は時代や状況で変わるのは当たり前です。

自分の友達も畳屋、豆腐屋、酒屋、時計店をやっていましたが
ホームセンター、スーパー、コンビニエンスストアなどに圧され廃業しましたよ。

それでも、色々考えながら今も商売をしています。

投稿日時 - 2011-11-07 13:05:38

お礼

>質問者さんは、現状に対して何をしたいのかを整理してみる事をおすすめします。

>・仕返しがしたいのか?
>・お父さんの仕事を成功させたいのか?

考えてみました。混乱していて、整理できていなかったです。
やはり父に元気でいてほしいだけでした。
原点に帰れました。


自分は父とは全く正反対な人を夫に選びましたが、それって父を尊敬してないからかなとか、私が父を荷物だと思っているのかなとかずっと気持ちの整理ができていなかった。

まずは気持ちを整理して、
仕事以外のことで父を支えていきます。

ありがとうございました。救われました。

投稿日時 - 2011-11-07 14:31:56

ANo.1

なにがまっとうだかは判りません。法律を犯していない限りに於いて商売で正しいのはだれが一番儲けられるかです。
まっとうな考え=儲かるでしかありません。儲からないならまっとうでは無いのです。この場合誰が一番儲けを得ることに長けているか。Tさんですよ。
つまりあなたがすべきことは、頭を下げてTさんと一緒に働くか、あるいは完全に独立して新しいい商売を始めるつもりで営業するか。
自分が正しいと思うなら後者しかありません。愚痴をこぼす前に動く。これが商売の鉄則だと思います。私がそれが出来るか?。おそらく出来ないです。出来ないからサラリーマンなんです。でもこの方程式はおそらく商売をやる上で必要なんだと思います。

投稿日時 - 2011-11-07 12:38:30

お礼

ほんとうにT氏のことはある意味尊敬しています。
殺したいほど憎いですが、周りを上手く使うセンスは抜群です。

不治の病で1年単位で死亡率が上がっているようにはみえません。
私にできるのは、一刻も早い死を祈祷することのみですね。

T氏が死ぬまでじっくりと待つようにします。

夫に頼らずとも、父が路頭に迷わないよう、私も何か金を稼ぐことを考えます。愚痴るより動こうと思います。
動き方の検討もつかなかったのですが、こちらで相談できて方向性が見えました。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-11-07 14:45:22

あなたにオススメの質問