こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

windows7とMac OS Xの共有の方法

VAIOのWindows7とibookのMac OS X 10.2.8とファイル共有をしたいのですが、ヘルプやネットで検索していろいろやっているのですが、つながりません。

Win7は無線LANでホームルーター(WiMAXのNEC WM3500R)と接続しています。
macは同じルーターから有線LANで接続しています。両方ともネットには普通につながります。

Win7のネットワークの所にはmacが表示されていて、ユーザー名とパスワードを入れるようにと表示されて、macのユーザー名かwinのユーザー名かパスワードもいろいろなパターンをやってみましたが、どれも適合しずにmacにアクセスできずにいます。

macでは、winと接続できているのか確認できずにいます。

macでwindowsと共有するというのもチェックを入れています。

どのようにしたらWin7→mac(この反対も)ファイルの共有ができるようになりますか?

パソコンもインターネットもほとんどわかりませんが、よろしくお願いいたします

投稿日時 - 2011-11-07 20:17:55

QNo.7119524

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>Direct Hosting SMB のポートを探しているのですが見つからずにいます。

探す?
要はWindows7のOS側ファイァーウォールで塞いでいるか若しくはセキュリティソフトの方で塞いでいるかです。

Windows7側はコントロールパネルの「ファイァーウォール」が有効であっても構いません。
その中の「詳細設定」=「セキュリティが強化されたファイァーウォール」の設定の「受信規則」で「プリンターとファイル共有(SMB受信)」を許可してください。

もし、セキュリティソフト(アンチウイルスなど)で別途ファイァーウォールが機能してるならばWinodws7側のファイァーウォールはOFFにして
セキュリティソフト(アンチウイルスなど)の方の設定で開放してください。

>Direct Hosting SMB のポートもUDP/TCPもそのコマンドというのもどんなものか調べてみましたがわかりません。

コマンドプロンプトで>の右側に打ち込むだけです。

普通は netstat -na | find "445"
これで
445のポートの状態が分かります。
または

netstat -na
だけでも良いですが、これはすべてのポートの状態がリストされるのでその中から445を探すことになります。

投稿日時 - 2011-11-10 08:23:41

お礼

ありがとうございます。
「プリンターとファイル共有(SMB受信)」も送信も許可して、ファイァーウォールはOFFにしたのですが、同じ状態でできませんでした。

ポートの状態は灰色になって選択できないようになっていましたが、445と表示がありました。

もしかして何かのセキュリティソフト(アンチウイルスなど)の方の設定で開放しないといけないのかもしれないですが、パソコンのかんたん自動設定のようなので使い始めたので、どんなソフトが使われているのかわからないので、今日もずっといろいろ試したのですが、共有の設定はあきらめようと思いますm(_ _)m

投稿日時 - 2011-11-10 18:22:11

ANo.6

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.5

ANo4です。

>Macで、smb://IPaddress までは表示されるのですが、その後を入力しても、入力しなくてもエラーになって接続ができません。

Windows側でDirect Hosting SMB のポートが開いていないと思われます。
UDP/TCP 445を開けてください。

コマンドで
netstat -a -n | find "445"
で確認できます。

投稿日時 - 2011-11-09 09:23:58

お礼

ありがとうございます。
Direct Hosting SMB のポートを探しているのですが見つからずにいます。

Direct Hosting SMB のポートもUDP/TCPもそのコマンドというのもどんなものか調べてみましたがわかりません。すみませんm(_ _)m

投稿日時 - 2011-11-09 18:04:03

ANo.4

> OS X 10.2.8
少々古いOSですね。 バージョンによって多少違いますが基本的にsmb共有できます。

>macでは、winと接続できているのか確認できずにいます。

なおMacはmacでもなくMACでもありません。 MacはMacと表現します。

MacOS X側からWinodowsの共有資源に接続するには以下の通りにします。

1.「Finder」で、「移動」>「サーバへ接続」と選択します。

2.「サーバアドレス」フィールドに、コンピュータのネットワークアドレスを次のいずれかの形式で入力します。

smb://DNSname/sharename

たとえば共有資源のあるWindowsPCのPC名がPC001で共有資源名が共有001であれば
smb://pc001/共有001
と入力します。

smb://IPaddress/sharename

たとえば共有資源のあるWindowsPCのIPアドレスが192.168.100.240dで共有資源名が共有001であれば
smb://192.168.100.240/共有001
と入力します。
ふつうはこちらのほうが確実です。

3.画面の指示に従って、ワークグループ名およびユーザ名とパスワードを入力し、アクセスする共有フォルダを選択します。

注意として、接続するときの共有名の一部として、スペースを入力することはできません。
共有名にスペースが含まれる場合は、代わりに「%20」を入力する必要があります。

Windows側のファイァーウォールはONで構いませんがWindows XP に接続している場合、インターネット接続ファイアウォール (ICF) の設定が、接続に干渉していないことを確認してください。
またSMB 接続なのでポート 137、138、139、および 445を解放してください。

アクセス権はWindows側の設定に帰属します。

>macでwindowsと共有するというのもチェックを入れています。

MacOS Xには、「Windows 共有」というファイル共有サービス(SMB)が標準で用意されています。
このサービスを利用すれば、MacとWindowsやLinuxを簡単にファイル共有することがができるようになります。

1.サーバーにしているMacのアップルメニューから「システム環境設定」を開きます。
2.システム環境設定が開いたら、「共有」パネルをクリックします。
3.共有パネルが開きます。
 サービスが開かれていない場合(ファイアウォールやインターネットになってる)は、サービスタブをクリック。
4.「Windows共有」という項目を探します。見つけたらチェックをつけます。
5.Mac OS X 10.4.x (Tiger)ではチェックをつけると「Windows共有機能は動作中です」と表示が変わりますが、よくみると右側に注意マークが表示されてます。
 また詳細にも同じマークがついてしまいます。
6.MacOS X 10.2.8なので「アカウントを有効にする...」を押して先に進みます。

ここ重要!!
7.Mac内のユーザー名が表示されます。
 ここにチェックをつけたユーザーだけが、WindowsからWindows共有を利用して、Macに接続できるようになります。

8.チェックをつけるとパスワードを聞かれますので入力します。
9.パスワードが認証されるとアカウントが有効になります。
10.これでWindows共有が有効になります。
  Windowsユーザーは先のステップで有効にしたアカウントでMacに接続できるようになります。

11.下の方にWindowsからMacにアクセスする方法が表示されているはずです確認してください。

Windows側の適当なウインドウに
\\MacのIPアドレス\共有名
で接続できます。

なお共有できるようになる代わりにパスワードが貧弱な状態で保存されるように変更されてします。
なので、Windows共有でWindowsから接続ができるようにするユーザーは、サーバーにしているMacに管理者権限を持たないユーザーのみに限った方がよいです。
管理者権限を持つユーザーを有効してしまうと、もしかしたら、たいへんな迷惑を被ることになるかもしれません(Windowsの感覚でシステムファイルをいじられると取り返しがつきませんLinuxオーナーなら理解できるかも)。

投稿日時 - 2011-11-08 09:28:50

お礼

ありがとうございます。

Macで、smb://IPaddress までは表示されるのですが、その後を入力しても、入力しなくてもエラーになって接続ができません。

なので、その次の手順や、

>7.Mac内のユーザー名が表示されます。
 ここにチェックをつけたユーザーだけが、WindowsからWindows共有を利用して、Macに接続できるようになります。

8.チェックをつけるとパスワードを聞かれますので入力します。
9.パスワードが認証されるとアカウントが有効になります。

というのがわかりませんm(_ _)m

Macかwindowsかどちらのアカウントやパスワードでしょうか?

投稿日時 - 2011-11-08 19:17:23

チェックですが、ワークグループ名は一致していますか?
Vista以上だとセキュリティの関係でSMBにつなげないという情報もあり、Windows7のセキュリティレベルを下げてみてはいかがでしょうか。
当方でもXPですと簡単につながりますが、Vistaや7だと時間がかかります。

投稿日時 - 2011-11-08 08:32:44

お礼

ありがとうございます。
そうなのです!XPのときもわからなかったのですが、調べてすぐにできたのですが……

winのネットワーク画面では、ワークグループ名は一致しています。

セキュリティレベルを下げる方法がわかりませんでしたが、どこかの設定でどのファイルにもアクセスできるようにチェックを全部入れましたがだめでした。

投稿日時 - 2011-11-08 18:53:17

ANo.2

(1)入力するのは、マックの使用中のアカウントとパスワード。WINではない。
     これがはじかれるのであれば、使用中のMACのアカウントと管理者のアカウントが違うのでは?

(2)他の手段として、パブリックフォルダの共有をオンにしてあげて、ゲストにダウンロードさせる。

(3)ファイルがでかくなければ、メールでおくる。もしくは赤外線でおくる。

(4)MacからWINへはファインダーから、サーバー。これでひらけるはず。

投稿日時 - 2011-11-08 01:57:31

お礼

ありがとうございます。
1.MACのアカウントと管理者のアカウントは同じですがはじかれてしまうのです。。。

2.パブリックフォルダの共有をオンにしてみましたが、ユーザー名とパスワードをもとめられて、入力してもはじかれてしまうのです。

3.赤外線機能はwinもmacもついていないようです。

4.ファインダーから、サーバーというのは、ファインダーもサーバーもどこにあってどのような仕組みかもわかりませんm(_ _)m

投稿日時 - 2011-11-08 18:45:07

ANo.1

最近のMac事情は分からないのですが、以前は、市販ソフトを利用したり、サーバーを立てたりしない限り、MacはWindowsのファイルは読めても、その逆ができないなどの理由で、簡単にはLANは組めないようでした(今はできるのかな?)。

私はMacユーザーではないので、WinとMacを直結してLANを構築する方法は分からないのですが、インターネットのストレージ(無料のデータ領域)を介して、というのはダメなのでしょうか?

どのようなファイルを共有するのかは分かりませんが、Office文書や画像ファイル、一般的なデータファイルなどであれば、問題なく共有できます。

msn(マイクロソフト)のWebサービス「Windows Live」に、「Skydrive」という25GBのディスク容量をもらえる無料のサービスあります。

ここにファイルをアップロードしておけば、WindowsXP/Vista/7、Mac、Linux、タブレット、スマートフォン、ケータイなどからアクセスが可能になります。

インターネットに接続できていて、InternetExplorer、Firefox、Safari、Google chromeまたはそれらに互換性があるブラウザが動作していれば、利用できます(※一部、うまく動作しないデバイスもあります)。

インターネットのストレージは数多くありますが、「Skydrive」をお勧めする理由は、ネット上に「Office WebApps」というOffice2010相当の機能があり(もちろん、機能は制限されていますが)、前述のブラウザがあればパソコンやタブレットなどにOfficeがインストールされていなくても、Web上でOfficeの機能が利用できます。

たとえば、Skydrive上にWord文書、PowerPoint文書、画像、テキストなどを保存しておけば、自宅のWindowsやMac、持ち歩いているiPadやiPhone、Windows Phone、一部の機種をのぞくAndroidやケータイでOffice文書や画像を閲覧したり、簡単な編集もできます。

凄いところとしては、複数のPCでアクセスして、複数ユーザーでのExcelファイルの同時編集などもできます。これはパソコン同士の機能かもしれませんが。

フォルダは、公開レベルを簡単に設定できるので、どのレベル(つながり)の人が閲覧できるのか、編集できるのか、削除できるのか、などの設定もできますし、広く無差別に公開することもできます。



家庭内のLANで直結じゃなきゃダメ!というのであれば、ゴメンナサイ。ちょっと難しくなるとは思いますが、識者の登場を待つしかありません。

多少お金はかかりますが、市販ソフトや、NAS(ネットワークディスク)を利用すれば、簡単にできそうですけどね。

投稿日時 - 2011-11-08 01:18:55

お礼

ありがとうございます!
「Skydrive」をお勧めする理由は、ネット上に「Office WebApps」というOffice2010相当の機能があり(もちろん、機能は制限されていますが)、前述のブラウザがあればパソコンやタブレットなどにOfficeがインストールされていなくても、Web上でOfficeの機能が利用できます。
というのはwindowsではできますが、Macの方がふるすぎて、使用できないのです(T_T)

投稿日時 - 2011-11-08 02:28:14

あなたにオススメの質問