こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

金利と国債

昔、上がっていい国債の金利と下がってはいけない国債の金利について書かれていたんですけど、
国債の金利がどうなると、良い金利なのか、悪い金利なのか を教えてください

投稿日時 - 2011-11-08 23:07:15

QNo.7121942

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

国債や社債等、債権の金利は市場金利など外部環境に影響されて改訂されます。国債の金利が高いという事は、高い金利を設定して国が市場に募集して売りださないと買うひとがいないので金利を上げて売り出すのです。
つまり、債権が他の運用商品に対して有利であるなら、金利が安くても売れるので、金利は安くなり、債権価格は高くなる。
市中の金利は下がります。不利なら価格は下がり、金利が上がり、市中の金利は下がります。
だから、国債の価格が下がり人気がなくなるの場合、金利をあげなければ売れない状況で債権価格は下がり、金利は上がり、市中金利は上がり、不景気の悪い金利上昇になります。

投稿日時 - 2011-11-08 23:59:52

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

国債や社債等、債権の金利は市場金利など外部環境に影響されて改訂されます。国債の金利が高いという事は、高い金利を設定して国が市場に募集して売りださないと買うひとがいないので金利を上げて売り出すのです。
つまり、債権が他の運用商品に対して有利であるなら、金利が安くても売れるので、金利は安くなり、債権価格は高くなる。
市中の金利は下がります。不利なら価格は下がり、金利が上がり、市中の金利は上がります。
だから、国債の価格が下がり人気がなくなるの場合、金利をあげなければ売れない状況で債権価格は下がり、金利は上がり、市中金利は上がり、不景気の悪い金利上昇になります。

投稿日時 - 2011-11-09 00:07:30

あなたにオススメの質問