こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

TPPのメリットとデメリット

TPPの参加に反対派、推進派と様々あります。利益に悪影響を及ぼす業種、業界に関しては断固反対の構えですが、逆に関税がなくなれば安く手に入ると悦ぶ企業などは当然賛成しているところです。
国全体にとって一長一短はあると思いますが、今後日本にどのような影響があるのでしょう。またTTPに関して一番得をする国はどこでしょうか。それはまたなぜでしょうか。

投稿日時 - 2011-11-11 11:43:19

QNo.7126486

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

まだ正式な内容が決まってもないのにどこの国が損か得かなんて答えようがありません。
公平なルールの中で競争をしようって話し合うんだけど、ルール作りの会議に参加しませんか?って言われている段階です。
損か得かなんて内容次第です。
アメリカはジャイアンみたいな国ですから、自分の利益になることを押しつけようとはしてくるでしょうけど、
他の参加国と一緒になって反対すればごり押しされないで済むんじゃないかと思いますけどね。

それじゃ回答にならないんで、今ある情報で判断すると。
私はTPPに参加した方が日本の将来のためになると思います。
理由は、グローバル化は止められない世界の流れですし、世界で競争して勝てる分野に注力して成長させる戦略を取らないと、世界における日本の地位確保や日本の経済を成長させていくのは難しいと思うからです。
国内市場だけで企業が成長していく時代はとうの昔に終わってます。
農業だって世界で競争して品質や安全性で勝てばいいんです。

投稿日時 - 2011-11-11 12:38:20

お礼

ありがとうございます。

>まだ正式な内容が決まってもないのにどこの国が損か得かなんて>答えようがありません。
実際のところ難しいですかね。でもどうもアメリカのたくらみがある気がします。
どちらにしても日本はアメリカに呑みこまれないようしっかり主張してほしいものですね。

投稿日時 - 2011-11-11 16:29:34

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

米韓FTAのアメリカに都合の良い毒素条項を読めば、
アメリカのTPPに対する姿勢は一目瞭然。
http://www.asahi-net.or.jp/~vb7y-td/L2/221220.htm
http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/85d333c1c343b041060defb6f90cc334

アメリカが自国に不利なTPPを結ぶ筈はありません
ので、「アメリカに有利=日本に不利」になります。

アメリカは自国の事は棚にあげて他国に要求します。
そうではない日本の弱腰外交では、TPPは黒船来航
の日米修好通商条約のような不平等条約になります。
たとえ、条約締結時に日本の主張を入れて、適用除外
になっても、すぐに緩和・撤廃を求められ、ほんの一時
しのぎにしかなりません。

投稿日時 - 2011-11-11 13:38:15

お礼

ありがとうございます。
参加する以上各国の条件を受け入れてはどうでしょうね。アメリカだけに有利にさせることは経済にも悪影響を及ぼしかねません。
総理も弱腰ではなく、しっかり日本の立場を主張し決めてほしいものですね。

投稿日時 - 2011-11-11 16:04:30

ANo.4

メリットはありません。アメリカが日本車にかけている関税はたったの2%に過ぎません。逆に日本が輸入車にかけている関税は0%です。2%ぐらいなら為替レートが1日で動く幅です。つまり関税など全然たいしたことがないのです。日本は原油を100%輸入していますが、1Lあたりたったの0.2円しか関税をかけていません。これまた全然関係ない。それ以上に為替レートがうごきます。そもそも日本の自動車産業、電子部品産業、工業機械産業などの輸出産業は価格で競争している廉価品ではありません。品質、付加価値で競争している高級品なのです。だから円高がいくら進行しても日本の貿易黒字は積み上がる一方なんですね。「関税がなくなれば安く手に入ると悦ぶ企業」?笑わせてもらっては困る。0.2円安くなって、そんなに嬉しいですか?それでは円高でさぞや狂喜乱舞していることでしょう。

デメリットはオイルショックです。日本は従来は国内石炭でエネルギーを賄っていた。電力も鉄道も。それが海外から安い石油が入ってきて石炭産業が淘汰されました。エネルギー革命と呼び、国民は浮かれてはしゃいだ。バラ色の未来を誰もが信じ疑わなかった。ところが中東産油国がいきなり価格を5倍、2倍合わせて10倍にも引き上げてきた。関税がどうの消費税がどうの円高がどうのなんて軽く吹っ飛ぶ。オイルショックは産業界、家庭に激甚な影響を与えた。あの狂乱物価、便乗値上げ、トイレットペーパー買占め騒動を忘れたというのか。日本人は歴史に学ばない猿か。今度は小麦ショックか、それとも米ショックか。オイルは省エネで節約できた。しかし食べ物を節約することができるのか。脳みそがあるなら考えて欲しい。

TPPに関して一番得するのはいうまでもなくアメリカです。アメリカのやり方はいつも国際標準といいながらアメリカのルールを押し付けることです。いつも自分の都合のよいようにルールを変えようとする。それがゲルマン民族の伝統でもある。ローマ教皇は聖像だといいはって、偶像崇拝を禁止したモーセの十戒を勝手に捻じ曲げてしまいました。これがゲルマン民族の発想であり、文化なのです。

しかし日本人にはこんな発想はない。海外から新しい文化を導入するかしないかの二者択一。日本人には日本の都合の良いように国際標準を変えようという発想が全くないのです。いつも受け身で受け入れるか否かの0か1かの論争だけ。古代は仏教受容派の蘇我氏と仏教排撃派の物部氏の争いがあった。幕末は攘夷か開国かの二者択一。近代は海軍を軍縮するかしないかの二者択一。日本人はいつもそうです。海外にどう対応するか。極めて発想が貧困です。日本から海外に働きかけて通ったことなど一度も無い。日本はアメリカに黒人差別を止めさせることもできなかった。日本はドイツにユダヤ人差別を止めさせることもできなかった。日本は独立国だとつっぱねてヒトラーの干渉を跳ね返すだけで精一杯だった。

歴史に学ばない者を愚か者という。目先の利害に捉われる者を朝三暮四の猿という。

投稿日時 - 2011-11-11 13:33:30

お礼

ありがとうございます。お礼が遅れてすいません。
アメリカの都合に合わせるのは分かっていても、おそらく日本は参加の方向になるのでしょうね。
TPPに参加するのなら、相手さんの言いなりではなく、こちらも都合のいいようにいろいろと条件をつければどうでしょうか。駆け引きぐらいしろよ。って感じです。
日本もアメリカのへの押しを見せてほしいものです。

投稿日時 - 2011-11-13 19:34:21

ANo.3

アメリカ企業が少しでも日本に進出しにくいと感じる日本の制度は、すべてTPP違反として訴えられ、アメリカで裁判されることになります。
農業に関する関税の話だけでなく、すべての企業についてアメリカの影が忍び寄ってくるのです。アメリカの法律を知らず日本語しかできない日本の弁護士が太刀打ちできるわけがありません。
日本人の利益は、賠償金としてアメリカに差し出すことになるでしょう。
関税自主権を捨てるなど、まったくあり得ません。
すべてをアメリカのルールに変えるのは、アメリカによる日本の植民地化です。
今更、衰退するアメリカ帝国の植民地になってどうするのですか?
日本はすでに十分犠牲を払ってきました。
日米経済戦争により、バブル崩壊後の20社ほどの金融破たん後に、年間約1万人の自殺者が増えて毎年3万人の自殺者が出ています。これは日米経済戦争の戦死者です。13年も続いています。これを克服できないまま、アメリカ経済を潤すためのTPPに加盟する必要がありますか。アメリカはステルス戦闘機を日本に売りません。これは自由貿易ですか?本当にアメリカはTPPに加盟するつもりがあると思いますか?亀井氏は疑っています。
アメリカは自国の経済優先で、アメリカ国債も日本に押しつけたまま、日本に犠牲を強いています。その言い訳は在日米軍による日本防衛・日米安保条約にあります。どうせ毎年戦死者1万人が出るなら、日米安保に意味がありますか?もはや日米安保を破棄し、日米経済戦争に勝利することを目指すべきではないでしょうか。日米安保を破棄しても、毎年戦死者が1万人も出るとは思えません。日米経済戦争に勝つことこそ優先すべきではないでしょうか。
プラザ合意(1985年)後1年ほどで、1ドル240円から120円ほどになり、いまや70円という円高です。アメリカドルを利用する金融集団は、為替操作で日本から利益を収奪しているように思えます。
アメリカは貿易摩擦を理由に、日本の将来性ある技術開発の芽をつぶしてきました。TRONなどのOS技術の世界進出もつぶされました。農業面では種苗の開発保存もアメリカに独占されそうです。
日本人によるヘッジファンドが出来そうになると、CIA肝いりの地検特捜部に逮捕されてしまいました。アメリカのヘッジファンドにモラルがありますか?なぜ日本人は世界金融に挑戦することが許されないのですか?
すべてはアメリカ中心の新自由主義・金融資本主義の思い通りに操作されているように思います。政財界・マスコミ・CIAの総力を挙げて、アメリカは日本植民地化の総仕上げを行おうとしています。多くの日本のマスコミや政治家は、アメリカの言いなりになってきました。アメリカの傘の下で過ごす時期は終わりです。
そろそろ独立国家になりましょう。
そのためには核保有も議論していいかもしれませんが、それより有効な情報戦争・スパイ戦争・経済戦争などのインテリジェンスで勝つことを目指さなければなりません。
マスコミにもまともなTPP反対論が出始めています。
http://www.youtube.com/watch?v=8G29qFqId2w&feature=related
http://www.youtube.com/watch?v=G9aWJ8Orl10
中野剛志さんの説得力あるお話です。

日本の自殺者は、アメリカの2倍の率です。
http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2770.html
20代から40代の男性の死因は、自殺が第1位です。
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/tokusyu/suicide04/13.html

投稿日時 - 2011-11-11 13:12:05

お礼

ありがとうございました。お返事が遅れてすいません。
何か悪いことばかりですね。TTPも良いところはないのでしょうか。
やはりアメリカの都合のいいようになっているのでしょうか。

投稿日時 - 2011-11-13 19:24:46

ANo.1

徳をするのは、アメリカです。勿論、アメリカと中国のどちらかに属するか、という、判断でもあります。

アメリカは日本のお金をねらっています。混合診療(医療販売)、年金運用の150兆円(毎年)そのほか、保険関係、等

農業は壊滅的な被害を、受けるでしょう、確かに、その代わり、安いけど、危険な食料にあふれると思います。

日本の農業が壊滅してから、値段を吊り上げるなど、後日に裏技もでてくるやもしれません。

もともとの大企業は、損はしないそうですよ。

あと、日本国内で、物をつくっても、徳がないので、ドンドン、製造業は海外に出る以外に策は内挿です。雇用が増えるとは思えません。

ただ、消費税が、10%になるなら、TPP合意して、海外の危険な食料であっても、かなりやすくなるので、暮らしやすくなるかもしれません。

しかし、日本に、余りとくがあるとは思えません。

投稿日時 - 2011-11-11 12:06:11

お礼

ありがとうございます。
なるほど、やはり一長一短があるんですね。農業食品については海外のものは日本に比べ安いから消費者にとってはうれしいけど、確かにおっしゃるとおりその分危険が伴います。安全性は国内産に上回るものはないと思います。
農業関係者は輸出品に関税がなくなる分大打撃です。特に米、野菜などは高い関税が掛けられていたから、今後儲けがなくなる。今後雇用は増えるのではないでしょうか。

投稿日時 - 2011-11-11 16:19:13

あなたにオススメの質問