こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

人柄

韓国、中国、フランス、イタリア、アメリカ、オーストラリア、イギリスの男の人と女の人の主な性格、人柄を教えてください! 各国などでもいろんな人がいると思いますがその国の特徴というか、イギリスでは多く男性は女性にやさしいとか、イタリアの人は陽気だとか。留学などしたことのあるひとは分かると思うので教えてください

投稿日時 - 2003-11-24 10:56:30

QNo.713531

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

絶対 違います。個人差が大きいから こんな先入感は参考にならない。有害
止めた方が良いです

投稿日時 - 2013-04-05 22:37:39

ANo.3

ありきたりでは面白くないので、独断と偏見をいささか含めながら以下徒然なるままに;
韓国:
男女ともに、大変気丈夫で短気。特に男性は短絡的挑発的で現実を直視することを恐れる。現代女性はこういった男性を忌諱する傾向が出てきて、やさしさを求め始めてきた。全体的に寒い土地で、文明大国中国と高度に発達した日本に挟まれていた歴史背景ゆえに、常に気合が入り背伸びしたがる性格がある。戦後教育の影響?のもと、何が何でも日本人には負けるなと家族ぐるみ、国家ぐるみで言われて育ったせいも有る。よって、疲れ易くすぐに挫折感を味わい強迫観念を抱く傾向が強く、世界的に友好的人種とは思われていない。
中国:
男女ともに、独立採算意欲が旺盛で自己中心的で極めて打算的。男女平等意識が徹底。女は弱い者、男は強い者という概念は希薄。これは戦後中国解放後、共産主義は男女平等を標榜にしていた影響が大。仕事職種給与も原則的には男女の区別はない。大型路線バス、糞尿採集車などの運転手だって戦後古くから大変多くの女性が勤務している。金儲けになるんならどんなことでも厭わず進んで実行する。逆に、ならないことには全く興味を示さない。世界の文化は全て中国が源だと思っている(中華思想)し、そのように教育されていたから異国の人とは打ち解けるのがやや難しい。北半分と南半分では大きく性格が異なる。北はいわゆる大陸的で大変におおらかで、小さなことにこだわらない。南はいわゆる商の民と言われるくらいで、細かいことにも気が付き際立って打算的。お金の計算ができるなら世界のどんなところでも生きていけるという確信を持っている。日本人が接触している中国人の多くはこちらのほうが多い。
フランス:
中華思想の権化みたいな民族で傲慢チキで、フランス国以外は基本的に華外の地(野蛮な国)だと思っている。男は女を保護する義務があると思っているし社会的コンセンサスもそうなっている。男女ともに個人主義は徹底していて、人の行くところなら私は行かない、別のところに行くっていう意識が基礎になっている。人生は芸術だというくらいあらゆる文化(学食服芸)を重んじる。人生エンジョイとエスプリを楽しむ為に生きるんだから、間違っても仕事・会社の犠牲にはなりたがらない。40歳台で退職準備に取り掛かり、50歳台でさっさと退職して余生をエンジョイするのが夢であり、日夜そのように努力している。完璧というくらいの階級社会を意識しているため、自分の身分を考慮しつつ暮らしている。相応しくなければどんなにお金が有ってもルイヴィトンを買わないし買いたいとも思わないし、生涯、タイユヴァンに食事に行きたいとも思わない。高度文明国ゆえに人類愛博愛精神が旺盛で人付き合いはたいへん良く、日本人にも親しみ易い。
イタリア:
底抜けに明るく、大らかで細かいことには拘らない。日本人的田舎志向と似ている部分も有って義理人情味があり、日本人的家族思いである。男尊女卑の傾向が少し有るかも。日本人とは相性が良いかな?。映画『鉄道員』『ゴッドファザー』みたいな雰囲気が今でも基本である。人生エンジョイ型。とかく女性は開放的である。だから他国から見ると女性は淫らが多いなんて誤解される傾向もある。北部と南部の差異は大きく、寒冷の北部はより保守的で日本人的志向に似る。温暖な南部はいわゆる典型的な楽天的開放型。
アメリカ:
人種の坩堝だから一概に述べるのは難しい。いわゆるアメリカン魂を例に以下・・・。米国市民権を得るために連邦政府と誓約契約するくらいで、全てが契約のもとに社会が廻っている。最高度の合理主義が普遍した国で生活するには合理的に暮らさなければならない、が基本理念。端的に言うと人情とか義理・付き合いは二の次(個人尊重第一主義)。よって男女ともに非常に合理的、打算的、大人の社会?である。冷徹にもこれが米国人の基本理念。不合理・理不尽を徹底的に嫌う。合理的で理由が有るのなら、素直に耳を傾ける真の民主主義理解者。チャレンジ精神が旺盛。以上は日本人的思考と正反対と考えると理解を早める。表向きはレディファーストである。男女ともにお人好しで欧州他でお金をバンバンと散財するのを厭わない。良い人と思われることをたいへん好む。Mr.Honda(本田オートバイ)Mr.Ibuka(ソニー)以来急激に日本人とは友好的である。
オーストラリア:
英国人ジョンブル魂に似る。保守的。古い歴史建物を壊さないで、新しいビルの中にそっくりそのまま保存してしまうくらいである。豊かな国のせいもあるが男女ともに大変に大らか。せこい考え方という概念が欠落?。人生エンジョイ型。心からレディファースト。生活に余裕があるためか、細かいことは苦手である。紳士淑女らしさに振舞うことを好む。有色人種蔑視の傾向が若干強いので、アジア人日本人にとっては手強い人種。
イギリス:
男女ともに非常に保守的で、常に冷静沈着、大人の振る舞いを好む。歩み出す前に十分検討し、歩み出してからも試行錯誤するくらい慎重な性格。レディファースト・年寄り保護精神は徹底的。常に世界の動きに目を向けて生きている。徹底した階級社会ゆえに、上流・下流の国内ギャップが激しい。格差が有るゆえに優れた芸術文明文化が育成されたことを誇りにしている。上流階級の人はアジア人蔑視の傾向が有り。一般の日本人は英国上流階級とは付き合う機会もないし、有っても極めて困難。下流の人(一般人)は男女ともにとても友好的で、他国の事情をよく理解しているから、日本人でも気安く交流が可能。
蛇足で現代日本人:
共産主義国でも実現不可能だった共産社会が具現化された世界唯一の国、日本では貧もなく富もない、かつ男女平等が飛び切り進んでいる国。すべての不平等は罪悪に近く、老若男女が平等の待遇でなくてはならないと勘違いしている国。戦後の民主主義デモクラティックを誤って解釈したために責任を負うのはまっぴらゴメンで、権利だけを主張している、珍しい人種。したがって日本人がいきなり国外に行き、生活するとなると、とかく誤解されたり自分で不満に感じて、すぐ帰国したくなっちゃう人が多く存在するのが現在の日本です。

以上、異論噴出が予想されますね。怖いなぁ~。

投稿日時 - 2003-11-24 17:35:08

ANo.2

韓国人・・・日本人と違い、曖昧な態度を美徳としない。
儒教的な考え方が日本よりもはるかに強い。あくまで、自分の主張を通そうとする。

中国人・・・マーペース主義。韓国ほど儒教的ではないが、#1さんのおっしゃるとおり中華思想が強い。外国に対してコンプレックスを持たない。

フランス人・・・芸術と哲学をこよなく愛している。グルメにうるさく男女ともおしゃれ。社交好きで理屈っぽい。性格的には さっぱりしている。

イタリア人・・・フランス人と同じくグルメにうるさく男女ともおしゃれ。明るく陽気。古い伝統をかたくなに守りながらも新しいものを どんどん取り入れる受容性に富んでいる。

アメリカ人・・・色んな民族がいるので価値観もさまざま。しかし、共通して ヒーローという言葉が大好き。
また 合理主義を追求している。

オーストラリア人・・・基本的にはイギリス系の人たちですが、それほど保守的でなく おおらかで親日的。

イギリス人・・・気品とか礼儀を非常に重んじている。

投稿日時 - 2003-11-24 15:33:20

いわゆる国民性ですね。国民性とは他国民がそうだと信じていることであって実際とは違う場合が多いので注意が必要です。男女に分けるのは更に難しいですね。

先ず日本人から。
出っ歯でメガネをかけ、旅行には必ずカメラを持参。個性も自己主張も少ない。幼児性が強く外国語に弱くまた団体行動を好む。民族としての血の保存本能は弱く混血することを気にしない。

韓国・中国人
容貌は日本人に似ているが自己主張が強い点で根本的に日本人と異なる。日本人と混同されることを嫌う傾向が強い。中国人は中華思想が強く西洋人と対等或いは勝ると信じているので、世界のどこでも暮らしていける。

フランス人
ギリシャ・ローマ文明を引き継いだ国民はフランス人という誇りを持っている。極論すればフランス以外の文化は二流、亜流だと思っている。個性が強い。頭のよい人間と悪い人間は社会への貢献度が違うので差別待遇は当然と考えている。

イギリス人
個人的にあまり付き合いはないので一般論。
常に冷静。経験重視。公平感が強い国民(単なる平等は悪と見る)人見知りをする。

イタリア
いわゆるラテン的国民。明るく人生謳歌型。大家族主義。
カトリックの影響が強くマリア信仰から女性を大事にする習慣がある。

アメリカ
人種が多くて複雑。星条旗と大統領のもとで団結はするが個人の主義主張は別。気質は先祖の所属する集団(民族、国家)によって千差万別だが多民族の中で生きるため、自己主張をすると共に交際術には長けている。自己中心なところがあり、お人よし(自分がよければ他人も良い筈と思い込む)な面もある。

オーストラリア人
よく分からない。個人的にはイギリス人的ながら大陸的な思考が出来る印象を受けている。


面白いのは個人差はあるものの、社会生活をする上で国民性(と信じられているもの)に合わせようという心理が働くことです。イタリア人やメキシコ人は人前で努めて明るく振舞おうとする。日本人は勤勉で正直者というイメージを守ろうとする。アメリカ人は世間がアメリカ人気質と思っている、人見知りせず交際好きなアメリカ人を演じようとする。国民性を気にすると疲れます。国民性ではなく人間性を尺度として自由に生きるのがよいと思います。

投稿日時 - 2003-11-24 11:48:49

あなたにオススメの質問