こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

海外と国内2ヶ国での税金を支払うには

毎1月1日に居住する国で、住民税が課税されます。1月から12月末までの収入に対して所得申告義務があります。下記の2ヶ所からの所得は、まだ予定段階であり、現実の所得ではありませんが、税金申告をどのようにすればいいのか分かりません。
 家族経営の小規模会社で、僅かですが100万以上の役員報酬を日本国内で受ける。
その一方で海外滞在して、自分一人で全く別の自由業としての収入を海外で持つ。
このような場合、2所得を別々の国へ申告するのでしょうか。
毎年の帰国はできません。日本国内の所得に対しては税理士に依頼すれば申告可能でしょうか。
あるいは、1月1日に日本に居住していないならば、日本での所得に関しては日本で申告必要ないのでしょうか。すると滞在国でも、この日本での所得を申告しなくてもよいということになりますか。
2カ国税金についての知識が全くありません。お分かりになる方、よろしくお願いいたします。
住民票を残すかどうかも迷っています。

投稿日時 - 2011-11-16 20:17:32

QNo.7137165

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

1月1日に日本に居住しているかどうかが問題になるのは住民税に関する話で、所得税には関係がありません。

所得税に関しては、居住者であるかどうかは、住居、職業、資産の所在、親族の居住状況、国籍等の客観的事実によって判断します。そして非居住者であっても、日本国内での所得に関しては申告の義務があります。
> 家族経営の小規模会社で、僅かですが100万以上の役員報酬を日本国内で受ける。
したがってこれは日本で申告してください。国外で稼いだ所得は日本に申告する必要はなく、課税対象とはなりません。

次に国外所得がある場合は、その外国の法律に従って処理されます。したがって
> その一方で海外滞在して、自分一人で全く別の自由業としての収入を海外で持つ。
これはその国で申告する必要があります。しかし、外国によってはそれだけでなく、日本での所得も申告する義務がある場合があります。その国の法律をよく調べてください。まあ、通常ですとそんな場合でも日本で税金を納めていればその分をまけてくれますが...

なお、1月1日に日本の非居住者であれば、日本国内で所得があっても住民税は課税されません。

投稿日時 - 2011-11-16 22:56:01

お礼

お返事ありがとうございました。お答えをヒントに、自分でも検索してみました。

所得税について:
日本国内所得については、日本法律では居住・非居住に関係なく、課税対象となる。日本国外所得については課税対象外である。日本不在の場合は、代理人でも申告できる。
海外所得については、その滞在国で課税対象となる。日本国所得分も課税対象となるかどうかは、その国独自の法律で決まる。
住民税について:
住民税は二重払いにはならない、1月1日滞在する国で納税義務がある。

つまり、住民税額は所得税額で決定されるが、住民税と所得税は無関係という理解で正しいでしょうか。
税金問題って難しいですね。自分の知らないうちに、法違反になったり。。。

投稿日時 - 2011-11-19 23:16:20

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

日本滞在が6ヶ月以上か否か、外国滞在が継続1年以上か否かで判定します。
日本滞在が6ヶ月未満であり、海外在住1年以上予定ならば海外の税制で申告します。
先ずは日本源泉の所得だけを日本で申告納税します。住民票も海外メインなら抜きます。
次にこの申告を持ち現地の税務署に合算して確定申告を行い、日本の税額は日本宛納税当日の東京時間終値で為替換算して外国税額控除を適用し納税額を算定します。
一方日本滞在が合計半年以上ならば海外源泉の所得を申告納税して、日本に寄せて計算し外国税額控除を適用します。
住民票を抜くと国保は使えません(都度転入転出で加入脱退を行い保険料を払い国保利用も可)。
日本の国保保険料は国民年金同様日本源泉所得から差し引けます。
非居住者でも不動産があるとか源泉収入がある場合住民税均等割は免れません。

投稿日時 - 2011-11-21 16:16:58

お礼

お返事ありがとうございました。
>合算して確定申告を行い、日本の税額は日本宛納税当日の東京時間終値で為替換算して外国税額控除を適用し納税額を算定します。
こうなると、このために帰国することになるので、税理士に代理申告を依頼した方がいいみたいになりますね。国内での100万余の収入のために、税金申告が面倒になってしまうので、もう一度考えてみます。国内所得と国外所得は、単純に別課税ではなく関連がある。ご回答内容は参考になりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-11-23 19:44:30

あなたにオススメの質問