こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

投資信託の買取と解約

投資信託の買取と解約では利益が出ていても損が出ていてもそれぞれメリットとデメリットがありますか?買取は証券会社に買い取ってもらう事、解約はそのまま解約する事という認識ですが、それだけの事ならどちらで手続きしてもいいのですが…

あと特定口座の源泉徴収ありとなし、一般口座ではどう違うのでしょうか?
どういう人はこの口座にしたほうがいいといった形で教えていただけたらありがたいです。


ちなみに私は特定口座の源泉徴収ありで去年マイナス八万で買取していますが、確定申告はしていないのですが三年間通算可能なのでしょうか??
特定口座のパンフレットを見てもよくわかりません…教えてください!

投稿日時 - 2011-11-19 19:37:45

QNo.7142670

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

投資信託の買取と解約には大きな違いはありません。
税制上の違いがなくなったためどちらで手続きしても同じ事です。


特定口座についてですが
特定口座の源泉徴収有りの場合ですと
年間取引の損益計算と税金の支払を販売会社が代行してくれます。
一般鋼材の場合だと自分で計算して、支払いを行わなければなりません。


自分で確定申告の手続き等をするのが面倒ならば「源泉徴収あり」の特定口座を開設しておくのがいいでしょう。

参考ページ
http://www.e-toushin.net/tax.html
http://www.e-toushin.net/cancellation_purchase.html

投稿日時 - 2011-11-22 11:17:57

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

損失の繰越控除は「損失申告用」の用紙を使った確定申告を毎年期限内に行う事が条件です(遡り申告は損失申告に限り不可)。
昨年損失申告をした場合で本年利益のみ申告だとやはり相殺不可で損失申告用紙の損益通算欄で通算する手続きをして初めて相殺が有効となります。震災絡みの遡及還付は所得の種類に制限があり、必ずしも適用されるとは限りません。必ず税務署の指導を事前に受けて下さい。

投稿日時 - 2011-11-24 11:01:25

あなたにオススメの質問