こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

小説家について

私は今いいネタがうかんでいてそれを小説という形にしたいと思います。
そこで質問です。
1、原稿用紙ですか?パソコンなどの打ち込みですか?また何百枚書くのですか?
2、出版には持ち込み?郵送?出版社はどこがいいですか?
3、出版するにはお金がかかりますか?また印税はどのくらいですか?
回答よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2011-11-21 15:43:15

QNo.7146275

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

1⇒まず書くことです。パソコンで。原稿用紙へはパソコンから印刷できます。枚数を先に決めても意味がありません。起承転結の結果、実績として枚数となります。
2⇒これは相手次第、どれも考えられます。
3⇒良いものは賞が取れます。そうでないものは貴方が出版するから、自費出版となる。貴方持ちとなります。印税は売れてから入ってくるので、今考えても意味がありません。

まず書いてみて、読書家の友人に読んでもらうこと、全てはそこからのスタートです。2、3は、今考えることではありませんね。

投稿日時 - 2011-11-21 16:05:45

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2011-11-21 16:51:21

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

1、原稿用紙ですか?パソコンなどの打ち込みですか?また何百枚書くのですか?

あなたがどうしても手書きにこだわりたいなら手書きでかまわないと思いますが、
パソコンで打ち込んでプリントアウトした方が読みやすいことは間違いありません。
何百枚書くかはあなたの自由ですが、
新人賞などに応募するなら応募規定に沿わなければなりません。


2、出版には持ち込み?郵送?出版社はどこがいいですか?

あなたがいきなり郵送しても、
出版社の編集者が読んでくれるとは限りません。
読む義理もありません。
文芸誌の新人賞など、公募に応募するのが一番よいでしょう。


3、出版するにはお金がかかりますか?また印税はどのくらいですか?

お金をかけて出版する方法もあります。
自費出版ですね。
自費出版なら誰でもできます。
あなたもすぐに出版できます。

しかし、新人賞を受賞するなどして、
出版社側が印刷および流通コストを負担して出版されるのが普通です。

印税は一般に10%といわれていますが、実際にはケースバイケースです。
10%以下になってしまうことも想定した方がいいでしょう。
印税契約ですらなく、買い取りになってしまうケースもあります。

がんばってください。

投稿日時 - 2011-11-21 15:59:43

お礼

ありがとうございます。

投稿日時 - 2011-11-21 16:48:48

あなたにオススメの質問