こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

マンション管理士試験問題 H20

〔問 1〕マンション(マンションの管理の適正化の推進に関する法律第2条第1号イのマンションをいう。以下同じ。)の各共有者の持分に関する次の記述のうち、建物の区分所有等に関する法律(以下「区分所有法」という。)及び民法の規定によれば、誤っているものはどれか。ただし、分譲契約、共有者間及び規約に別段の定めはないものとする。

1 専有部分が共有である場合の各共有者の持分は、相等しい。
2 共用部分の各共有者の持分は、その有する専有部分の床面積の割合による。
3 建物の敷地の各共有者の持分は、相等しい。
4 共用部分以外の附属施設の各共有者の持分は、その有する専有部分の床面積の割合による。

選択肢3は正しいのですが、その根拠となる条文を教えてください。

投稿日時 - 2011-11-21 19:13:48

QNo.7146673

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

区分所有法14条1項・4項が専有部分の床面積割合を原則としているのは、共用部分(2条4項で定義しているが敷地は入らない。)の持分割合であり、敷地についてはこの条文の適用はありません。したがって、区分所有者の敷地に対する共有持分割合は、民法250条の原則のとおり、相等しいものと推定されます。

投稿日時 - 2011-11-28 21:59:41

お礼

ありがとうございました。

民法250条を確認いたします。

投稿日時 - 2011-12-05 18:43:18

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問