こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

不動産営業マン(戸建て)について

最近中古の一戸建てを探し始めました。
気に入った中古戸建て物件があり、
仲介していた不動産に問い合わせをした時に担当してもらった営業マンの
対応に失望しました。

始めから私達には買えないと思っていたのか、買わせたくなかったのか、
入居申し込みを希望しても、その前に銀行の事前審査を受けるよう勧められ、
申し込みさえさせてもらえませんでした。

売主が大事にすると聞いていたので、そんなものだろうと思い
その担当者経由で事前審査をお願いしました。

必要な書類を持参すると約束した日はどうやらほぼ同時刻に別のアポがあったらしく、
1時間ほど応接室でほったらかしにされました。

しかし、こちらも穏やかな空気を保っていると、その営業マンはまだ私達が気に入った物件は誰も契約していませんので安心してください笑顔で言い、リフォーム費用も加算して少し多めに審査だしてみましょうかとアドバイスがあったので、少々安心して必要な個人情報その他いろいろ渡し、銀行の事前審査をお願いしました。ただ、その書類が十分だったのか不安でしたので、不足があれば教えてくださいと伝えておきました。

ところが、1週間・2週間経過しても何の返答もなく、
こちらから問い合わせたところ、彼から1通のメールが届きました。
銀行の事前審査が通らず折衝中、さらにあの物件はすでに契約済みでした。ごめんなさい。
との内容でした。

まだ誰も契約されていませんといわれた日よりも数日も前に成約済みでしたし、
大事な個人情報を預けたのに、電話連絡もなく、メール1通のみだったのに失望しました。
そのメールに少し失望した旨書くと、それから2週間全く返答なしです。。。。
大手の不動産なので安心していた私達がバカでしたが、
不動産の営業マンはそんなものですか?

一見、感じがよさそうな営業マンだっただけに悲しいです。
自分達のあらゆる情報も渡してしまったし、一度審査不可になると他の銀行も通りずらくなると
聞いたこともあります。
彼が本当にいまだ折衝してくれているとも思えません。

支社ではなくて、本社の窓口に相談しようとも思ったのですが、
今後も私達が気に入る物件がその会社が仲介している可能性も高く、
またお願いしなければいけなくなるかと思うと、それも気が進みません。

とりあえず担当者にその対応のワケでも聞いてみようかと思いますが。  


こういうのはよくある話ですか?
私達はどうすべきでしょうか・・・  

よろしくお願いします・・

投稿日時 - 2011-11-21 23:32:53

QNo.7147232

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

元業者営業です

>こういうのはよくある話ですか?

そんなわけありません。
トヨタの車にもある一定の割合で「外れ」があるように、扱っているものが製品・サービスに関わらずどの世界でも「外れ」はあります。

残念ながら今回はその「外れ」を引いてしまったという事です。

ただ、一般の人にとって不動産の売買取引なんてそうそう何回もある事ではありませんから、ご質問者様が「不動産屋ってこんなのばっかり?」と思われても仕方のない事で、同じ業界人としても今回の件はお粗末の一言。こんなのがいるから「全く!不動産屋って!!」と思われてしまうのです。

>私達はどうすべきでしょうか・・・  

大手不動産との事ですが、例えばセンチュリー21なんてフランチャイズですから、名前は知れてもそれはあくまで「看板」というだけで、本当のところは「街の不動産屋」と変わらない事も多々あります。

なので先ずはそこの確認。

もし、ある程度の大手と確認できれば支店長クラスか、本社へクレームを入れるのが一番の近道です。
その場合はほぼ100%担当が替わります。

逆に「実は街の不動産屋さんだった場合」は、その会社自体との取引は止めた方がいいです。
確かに「今後も私達が気に入る物件がその会社が仲介している可能性も高く」という部分は気になるところですが、このようなしょっぱい営業が普通に勤めている会社なんて、それだけでこの会社のレベルは「推して知るべし」で、今後も何らかのトラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。

不動産売買のトラブルは多額のお金・時間・労力を費やすケースも珍しくありません。

私ならそんなリスクは負いたくありませんのでこの業者とはサヨウナラしますね。

なお

>一度審査不可になると他の銀行も通りずらくなる

これは「回数」の問題というよりは「審査落ちになった原因」の問題です。
それが解決しなければ何度申し込んでも難しいでしょう。
ご質問者様本人の問題なのか、お仕事の問題なのか、物件の担保価値が問題なのか・・・

こればかりは金融機関に「ご本人が」問い合わせ無ければ判明しません。重大な個人情報ですから。

一度原因を確認してみては?

全情連、テラネット、全銀協、CIC、CCB等で確認できます。
ただし費用や必要書類等はかかります。

不動産は「縁」です。
今回はその「縁」が無かったと気持ちを切り替えて、あきらめずに探してみて下さい。
良い営業と良い物件に出会えますよう。

投稿日時 - 2011-11-22 12:04:11

お礼

暖かいお言葉有難うございます。
本当に不動産会社はいろいろですね。
今まで小さな不動産会社ともやりとりしていましたが、
乱暴な感じの人もいればすごく丁寧に説明してくれる人もいました。
今回、不動産業界ではTVCMでも見るくらい
大手なはずなのにこの対応だったのが私にはショックでした。

私達の状況は、おそらく普通のサラリーマン家庭と比べて審査にとおりにくいと思いますので
銀行審査がダメだった原因を調べることにします。
審査の原因を知るのは不可能だと思っていました。
費用がかかっても原因を知っておくべきですね。

その営業担当者から「不動産経由の方が金利も得ですし審査もとおりやすいですよ」
と言われて頼んだのですが、それ自体信用すべきではなかったのですね。 

家を買うという目的に近づけるように動いていきたいところです。  

ただ、私達が買いたいエリアをその会社が多数物件を抱えているのも
最近わかってきました。
なんともいえない悔しい気持ちですが、良い物件を見つけるまで頑張ろうと思います。

そして、その会社の本社へ連絡しようと思います。  

投稿日時 - 2011-11-22 21:31:26

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

金融機関だけに提出するべき個人情報を第3者(=不動産仲介業者など)に開示してしまう人が後を絶ちません。

>大手の不動産なので安心していた私達がバカでしたが、不動産の営業マンはそんなものですか?

大手だからこその問題なんです。
不動産の営業マンにも個人的には善良な人がいるはずですが、大手の不動産会社は例外なく、顧客データベースの構築に全力を投入しています。担当営業に指示していることは、顧客を裸にして、資産状況と与信情報をデータベース化し、自分たちが売りたい物件を買わすターゲットせよということです。今後は、担当の営業から手が離れて、データベースから抽出された一顧客として管理されます。

貴方が買いたい不動産ではなく、彼らが売りたい不動産の案内が来ます。
彼らは、金融機関だけが知るべき個人情報・与信情報を握ったのですから、ワン・ツー・ワンのダイレクト・マーケティングが可能になりました。一番コストが安くて、成功率も高いと言われているマーケティング手法です。

>私達はどうすべきでしょうか・・・  

大手の会社であれば、本社の監査室の様な部署あてに、「取り引きの可能性がなくなったので、個人情報を破棄してほしい」という要請をするべきでしょう。できれば、郵便局から「内容証明郵便」で送ると、相手が無視しにくくなります。

それでも一旦漏えいした個人情報が完全に抹消される保証はどこにもあません。
不動産市場では、「はだかの王様」になったのです。
今後、漏えいした個人情報が市場で売買され、他業界の会社からダイレクトメールが入る可能性も否定できません。

怖い世の中になったものです。

今後は、融資を申し込む金融機関以外には、個人情報、与信情報を決して出さぬようご注意ください。

投稿日時 - 2011-11-22 13:42:13

お礼

有難うございます。
彼の目的がデータ収集だとすると、本当にひどい方法だと感じました。
不動産経由で銀行の審査をした方がとおりやすいし、金利も優遇される
といわれたのでお願いしました。

自分達も安易だったと思いますが、
戸建てを購入する人たちで不動産経由でローンを組む人たちはたくさんいるのではないのでしょうか?

どちらにせよ、いちど担当者と話そうと思いました。
ネットで検索したところ、彼のプロフィールも見ることができ勤務年数も5年ほどだそうで、
新人ではないこともよ~くわかりました。

その後、本社にコンタクトをとるかどうか、決めたいと思います。

貴重な情報有難うございました!!

投稿日時 - 2011-11-24 09:11:08

あなたにオススメの質問