こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ノートとデスクトップPCの違いは?

家の中でしか使わないとした時、ノートとデスクトップはどちらがいいんですか?
今までノートPCを3台使ってきてデスクトップは使ったことがありません。
しかもほぼ10割外には持ち歩かないのでデスクトップにしようかと考えております。

もしもメモリ、CPUなどの装備品を同じスペックのものを使った場合ノートとデスクで違いはあるんですか?確かにメモリの規格の違いはあると思いますが、性能も違うものなんですか?

私の認識では、デスクはファンが大きいから熱交換が優位、ディスプレイと一体になってないからPCへの負荷が少ない、ノートは部品が小さいため耐久性が弱い、ほかにはおもいつきませんが、
スマホを購入予定なので今後ノートはさらに外で使わないと思います。

ノートとデスクの室内のみでの利用の場合どういう風に優劣があるか教えてください。

投稿日時 - 2011-11-25 10:58:20

QNo.7153536

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>もしもメモリ、CPUなどの装備品を同じスペックのものを使った場合
この場合は性能面では同等になります。ただ、デスクトップでノート用の部品を使うのは液晶一体の超コンパクト型などになるでしょう。

デスクトップのメリットは、なんせ熱処理にノートとは比較にならない余裕ができるので高性能高発熱なパーツを積める点にあります。ノート用のCPUの主流はTDP(熱設計消費電力。PCメーカーが冷却系を設計する参考にするため、「これくらい電気を食う≒発熱する可能性がありますよ」とメーカーが公表した数値)が35Wのものになりますが、デスクトップ向けだと目下の主流はTDP95Wライン。
2.5倍の電気を食えば性能は2倍とまで言わずとも目に見えて変わってくるのは必然というもので。

グラフィックチップにしても、ノート用の現行最速クラスであるGeForce GTX580Mの公称最大消費電力は100Wの模様。まあこれもノート用ということを考えるとばかばかしいほどの消費電力なわけですが、これがデスクトップ用のGTX580(M無し)になると244W。これもまあ条件によっては2倍の性能を出すみたいです。

逆に、電気はそこそこ食ってもいいから低コストで相応の性能のものを、という要求面でも有利になります。
ノート用のCore i7プロセッサだと、TDP45Wで4コア2.5GHz、キャッシュメモリ8MBのものが希望価格568ドル。
http://ark.intel.com/ja/products/series/53252
これがデスクトップ向けだと、TDP65Wに枠がゆるむだけで動作クロックは2.8GHzにアップ、それでいて価格は294ドルと半額近くです。95Wまで緩めれば3.4GHzにまでなります。
http://ark.intel.com/ja/products/series/53250

「そこまでの性能はいらない」「家の中でも持ち歩けた方が便利」「デスクトップPCにずっとスペースを食われるのはちょっと」というのであればノートはいい選択でしょうが、常に置いてあることに忌避感が無く、そこそこの価格で高性能なPCが欲しいならばデスクトップを検討する意味は十分にあるでしょう。

投稿日時 - 2011-11-25 11:42:36

お礼

夏にパソコンが重くなるのはそれが原因があったんですねきっと

投稿日時 - 2011-11-28 15:32:19

ANo.6

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

質問者様が考えておられるデスクトップPCと
回答者様が考えておられるデスクトップPCは、
違うかも知れませんね。

現在のデスクトップPCは…
1,オールインワン(画面と本体が一体型)は、CPUなど主要部品がノートPC用を搭載
2,スリムデスクトップ(光学ドライブが立っている)は、拡張性は、低いが本来のパーツを使っている
3,タワーデスクトップ(光学ドライブが寝ている)は、設置スペースが必要だがあらゆる事に対応可能

多くの回答者様は、2または3を前提に回答しています。

1なら大画面が魅力
2ならメーカー保証内の改造(調整)が可能
3ならマザーボード以外は、総取り替え可能

投稿日時 - 2011-11-26 08:54:29

お礼

いわゆるタワーですね

投稿日時 - 2011-11-28 15:29:19

ANo.9

ハード仕様はどうのこうのは他人に任せることにして、家の中で使用するにしてもやはりノートPCの方が便利です。デスクトップPCは座って使うので、場合によっては疲れやすくなる場合があります。

インターネットする程度なら、操作する楽さからある程度仕様が落ちてもノートPCを使うことが多いです。

投稿日時 - 2011-11-26 07:09:07

お礼

インターネットに支障がではじめているので悩みだしました
ブラウザを10個くらい開く必要があるので

投稿日時 - 2011-11-28 15:30:18

ノートでは、程度の差はあれ高密度実装が必要です。狭い筐体の中にマザーボード・HDD・DVDドライブ・スピーカ・放熱ファンなどを押し込めなければなりませんので、そういう部分にコストがかかります。デスクトップなら6層基板で済むけど同じ性能を持たせるならノートは8層基板が必要、とかね。基板のコンタクトのピッチも密度の高い設計ルールを採用する必要があるでしょう。小型化するのにカスタムLSIなどをたくさん載せていることも考えられます。LSIの実装もソケットではなく省スペースのため基板に直接半田付けされていれば、検査工程で不具合が見つかっても簡単に部品交換できないので基板ごと交換廃棄、ということになり、コストを押し上げる要因になりますね。またノート用HDDはデスクトップと比べると容量が小さくなります。
デスクトップは比較的筐体容積に余裕がありますから、大量生産されている汎用部品や標準部品で済ませたり、ドライブはベゼルだけ付け替えれば流用OKということもあります。
この辺の細かいところでコストが違ってきます。同じ値段ならばデスクトップの方が高性能と言えますし、デスクトップと同じ性能にしようとするなら高価になりやすいです。

投稿日時 - 2011-11-25 11:51:18

お礼

デスクトップがいいですね

投稿日時 - 2011-11-28 15:31:08

ANo.7

過去はノートPCの方が劣っていたが、最近は価格も性能もほとんど変わらない。
液晶ディスプレイやキーボードにこだわりがあればデスクトップ。
拡張が好きなむきはデスクトップだが、三年サイクルで買い換えるむきにはノートPCで充分。
またハイエンドなPCを求めるならデスクトップしか無い。
災害停電時にも稼働を優先するならノートPC。

投稿日時 - 2011-11-25 11:49:38

お礼

停電の時どうするかは悩みますね

投稿日時 - 2011-11-28 15:31:41

ANo.5

ちょっと気を付けなければならないのはCPUです。
例えば、CORE i5のCPUだった場合、
デスクトップはi5-2500(例)、ノートはi5-2430M(例)。
i5-2500は物理4コア。
i5-2430Mは物理2コア+ハイパースレッディング2コアです。
同じような名前や数字でも、違いがありますので、その辺は吟味して選んでください。

投稿日時 - 2011-11-25 11:37:48

お礼

今のところデスクトップか浮き満々です

投稿日時 - 2011-11-28 15:32:51

ANo.4

同じ性能ならデスクトップよりノートが割高になる。
デスクトップはCPUやグラフィック(3D)の消費電力が高くても良いのでノート用のモバイル用(制限つき)でなくても良い。
デスクトップはモニターのサイズの制限が無いので必要に応じて画面の大きさが選べる(一体型は除く)

投稿日時 - 2011-11-25 11:31:53

お礼

デスク圧勝名かんじですね

投稿日時 - 2011-11-28 15:33:08

ANo.3

家の中で使うことを限定としたノートPCの優位性は、

・省スペース
・省エネルギー
・無線LANの場合、どの部屋にでも持っていける(つまりベッドで寝転んで使用したりも可能)
・停電時でもいきなり電源が切れることがなく、またそのまま使用出来る ← 仕事で使う場合はこれは安心

ということくらいだと思います。

それ以外はすべてデスクトップの方が優れているといっても過言ではありません。

・拡張性
・購入後のカスタマイズ性
・コストパフォーマンス
・グラフィックス機能
・冷却性
・冗長性
・故障の際の原因の切り分けがしやすい
・故障の際に修理しやすい
・故障の際の修理費が安い
などなど。

投稿日時 - 2011-11-25 11:30:10

お礼

ノートは過去の遺産ですね

投稿日時 - 2011-11-28 15:33:35

ANo.2

>メモリ、CPUなどの装備品を同じスペックのものを使った場合ノートとデスクで違いはあるんですか?
>ノートとデスクの室内のみでの利用の場合どういう風に優劣があるか教えてください。

自作デスクトップでない限り、スペックが同等であれば差は殆ど無い。

但し、ノートPCは放熱が弱いので、ノートPCクーラーを使わない場合、スペック通りの性能が発揮出来ない場合がある(ノートPCは、過熱すると、焼き切れ防止の為、自動的に低速・低発熱モードになり、性能が半分以下になる)

なお、バッテリー使用時は、過熱するほどの動作スピードが出ない(性能が低下する)が、自宅使用であればバッテリーのみでの使用はしないだろうから、性能低下の心配はない筈。

自作デスクトップ(またはBTOデスクトップ)であれば「性能に満足できなくなったら、パーツを交換して、グレードアップできる」と言う利点がある。

しかし、自作機ではないメーカーデスクトップ機であれば、簡単にパーツ交換は出来ないので、ノートPCと大差が無い。

投稿日時 - 2011-11-25 11:19:52

お礼

そろそろハイスペックPCで楽したいんですよ
でも高いのかなって

投稿日時 - 2011-11-28 15:34:09

ANo.1

デスクトップだと、(追加ハードディスクをはじめ)増設能力が高い。
(電源など)壊れたときに、部品が調達できる(汎用部品が使える)可能性がある。
PCとモニタを別に購入するため、片方が壊れてももう片方を使い続けることができる。

耐久能力についてはノートだから弱いということは無いと思う。

投稿日時 - 2011-11-25 11:19:30

お礼

ハイスペっくの部品を使いたいです

投稿日時 - 2011-11-28 15:34:37

あなたにオススメの質問