こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

石油ファンヒーターが欲しいです

私は乾燥が嫌いなので昨シーズンまではエアコンと加湿器のセットで暖を取っていましたが、エアコンのカビに毎年悩まされていること(ハウスダストアレルギーです)や、今年の節電の癖がついてしまってとても使えないので、使えば自然に水蒸気が出る燃焼機器を使おうと思います。

昭和63年製のガスファンヒーターがありますが、私の部屋にはガスコンセントがないので使うことができません。なので石油ファンヒーターを買って使いたいのですが、親が

石油=こぼれて引火→火事

のイメージしかないようなのでどうしようもありません。ちなみに私はガソリンを燃料とする懐炉を使っていますが、それについては何も言われたことがありません。
もちろん、石油は使い方を誤れば火事のもとになる可能性大であることは分かっていますが、石油ストーブに比べて石油ファンヒーターは安全性が高いと聞きましたし、言ってみればガスファンヒーターだって火事の原因になることもないわけではないので、何とか親を説得できないでしょうか。

「そんな考えはとてもあまい、そんな考えでは火事になっても知らないぞ」とお考えの方は、そう書いてください。それはそれで諦めがつき、振出しに戻ってエアコンを使おうと思います。

投稿日時 - 2011-11-25 18:59:30

QNo.7154210

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

普通の石油ストーブは、揺れてセンサーが作動するか、燃料が無くなるかするまで燃えます。

ファンヒーターは、たいてい3時間で切れます。

石油ストーブは、湯を沸かしたり餅を焼いたり鍋を煮込んだりできます。
まぁ、この辺が火災の原因とも繋がるわけですが。

ファンヒーターの場合は物が燃えるほどの温度になりにくいのです。
風で温度が下げられてしまいますので。

>石油=こぼれて引火→火事
最近のはタンクが別体ですし。漏れることはないんですけどね。

私は自動点火できるファンヒーター派です。
五月蠅いのが玉に瑕ですが。。

>何とか親を説得できないでしょうか。
がんばってくださいね。としか言いようがないです。すまんけど。

投稿日時 - 2011-11-25 19:48:52

補足

ありがとうございます。たくさんの方から意見を頂き、今日父にそのことを打ち明けました。父が賛成すれば母も賛成する可能性大だからです。しかし、危険性の面ではなく、意外なところで却下されてしまいました。

(1)臭い
(2)灯油の置き場所

臭いは、私は灯油の臭いは嫌いではないので、8畳ほどの洋室で、ほかの部屋との扉を閉め(もちろん1時間に数回の換気はしますよ。窓で。)使った場合でも、ほかの部屋に臭いが漏れてしまうのでしょうか。また、壁や天井に臭いが染みついて簡単には取れなくなるようなことがあるのでしょうか。
そして灯油の置き場所は、実際に使っている方はどのようにしているのでしょうか。
お願いします。

投稿日時 - 2011-11-26 15:31:44

お礼

ありがとうございます。確かに私もファンヒーター派だと思います。昔祖母が電気のストーブ(赤熱した電熱線のやつ)で火事をおこしそうになったので、ストーブは危険が多いような気がしました。

投稿日時 - 2011-11-25 20:14:37

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

石油暖房機器が危険とは、無知すぎます。

燃料を使うのですから取り扱いを間違えれば危険なのは確かですが、発熱するものは電気だろうがガスだろうが皆同じ。

雪国では石油暖房機器は極々普通に使ってるし、200リットル入る大型タンクに雪が降るまえに満タンにしていたりしますよ。
ついでに、雪国の家は高床式が多いので石油タンクは地下室においていることも多い。

暖本機器への給油にも満タンになると自動的に停止するポンプも売られています。電動式と機械式があり、値は張りますがうちは機械式を使用してます。

「石油がこぼれて引火→火事」という図式はストーブのそばで給油しなければいいんです。
家の間取りとか構造がわかりませんが、買い置きの灯油は室内で保存しないこと。燃料自体の匂いが室内にこもって気になる人は気になってしまいます。


それでも燃料式の暖房器具がダメだというのならカーボンヒーターを使ったほうがエアコンよりも節電になるかもしれませんよ。

ネットを検索してみたらこういうページがありました。
http://kakaku.ecnavi.jp/compare_guide/stove/
これを見るとランニングコストは石油ファンヒーターがダントツですが、石油の小売価格に大きく影響を受けてしまうのは仕方ないですね。
うちは石油ファンヒーターを使用しています。電気を全く使用しない昔ながらの石油ストーブもあります。

昔ながらの石油ストーブは燃料さえあれば災害で停電になっても使えるし、やかんを乗せてお湯を沸かしたり、スルメを焼いたりサツマイモを(アルミホイルでくるんで)焼いて美味しく食べることも出来ます。
暖をとりながら調理できる超スグレモノ(笑)

投稿日時 - 2011-11-26 20:13:45

お礼

ありがとうございます。短時間でこんなにもたくさんの回答を頂き、今まで石油など怖くて使えないといっていた母を何とか説得することができました。早く購入して使おうと思います。もちろん給油時の消火や換気に気を付けて。

投稿日時 - 2011-11-26 22:28:42

>(1)臭い

石油ストーブもファンヒーターも、臭いについてはほとんどありません。
各社工夫をして、臭いを抑える構造をしています。
点火時と消火時 温度の低いときに特有の臭いが出ます。
通常燃焼しているときにはほとんど感じないと思います。

>(2)灯油の置き場所

私はアパートの玄関に置いてあります。
実家では車庫に入れています。(20Lタンク5個ですので)

多少こぼれても処置がしやすいこと。
 灯油自体には臭いがあります。こぼしたり衣類等に付着すると結構臭います。
 この臭いを長時間嗅ぐと気分を害します。

他人が触らないような所に置けること。
 いたずらされると面倒ですし。(水を入れられても分からない。ガソリンを混ぜられても分からない)

灯油ポンプはどうします?
 手動、電動がありますが。
 抜いた後のしずくが面倒です。
 ですから、少々こぼしてしまっても処置が楽な場所が良いです。
 新聞紙などを敷いてこぼしたら丸めて捨てればいいです。

日の光のあまり当たらない場所、雨風の防げる場所
 日光で変質します。次のシーズンには使えなくなります。
 雨が入り込むと面倒です。
 風邪で倒れると面倒です。

できれば屋外
 家の中の廊下や部屋でも良いですけど・・・
 火災の時に強燃性の物があるとね・・・
 ダメなら仕方がありませんが・・・ タンク給油時に問題がないように。
 ポリタンク輸送に無理がないこと。
 10kg以上の重さになりますので。 18L×0.7=12.6kg+ポリタンクの重さ 13kgぐらいになるのかな。

防犯と事故(失火時)の時のことを少しだけ肝に銘じてください。

投稿日時 - 2011-11-26 16:42:28

お礼

たくさんの方々からたくさんの回答を頂き、何とか母を説得できました。燃料の保管場所は、ベランダ(雨風当たる)か室内しかないですが、管理に気を付け、部屋に置こうと思います。水が入った灯油を使って中毒になったら大変ですし、放火の危険もなくはないので。

投稿日時 - 2011-11-26 22:32:01

ANo.5

「私はガソリンを燃料とする懐炉」
カイロ用ベンジンではないですか?
ガソリンを使用されているなら懐で爆発しています。

投稿日時 - 2011-11-25 22:00:30

お礼

>カイロ用ベンジンではないですか
その通りです。そのようなカイロをご存知の方が少ないと思ったので、分かりやすいよう「ガソリン」と表現いたしました。

投稿日時 - 2011-11-26 00:24:52

ANo.3

石油ファンヒーターもきちんとした使い方をすれば、そんなに危険ではありませんよ。
倒れても自動消火機能がついている機器も多いですし。

ただ、エアコンと違い、換気等にも注意が必要です。

投稿日時 - 2011-11-25 19:15:58

お礼

換気の件は、昔狭い脱衣所でガスファンヒーターを使っていた時、「使うときは必ず扉を開けること」とさんざん言われていたので、たぶん忘れないとは思います。また家はイマドキの高断熱?高密封?な家ではないので、一酸化炭素中毒という可能性は少し下がるでしょう。でも、換気は意識して使うようにしようと思います。

投稿日時 - 2011-11-25 20:22:36

ANo.2

「給油する時には消火しておく」を徹底していれば、問題ありません。
なお昭和63年製のファンヒータを使い続けるより、新品を購入した方がいいと思います。

投稿日時 - 2011-11-25 19:12:42

お礼

ありがとうございます。皆様のおかげで母を説得できました。給油時の消火のほか、換気などにも気を付け、安全に使用しようと思います。

投稿日時 - 2011-11-26 22:33:26

ANo.1

石油ファンヒーターによる火災は、石油ストーブと比べてほとんどありません。
不完全燃焼による一酸化炭素中毒が懸念されるくらいです。

たぶん、あなたの親は、ストーブとファンヒーターの区別ができてないのでしょう。
下記サイトを見せては如何でしょうか?

http://www.anzen.metro.tokyo.jp/tocho/caution/sekiyu_press_jikojirei.html

http://www.dainichi-net.co.jp/support/safty/fh.htm

http://www.jhia.or.jp/kasaitaisaku.htm

http://www.nite.go.jp/jiko/news/053/news53.html

http://www.corona.co.jp/safety/safety1.html

投稿日時 - 2011-11-25 19:12:16

お礼

ありがとうございます。何とか母を説得できました。換気には十分気を付けて使おうと思います。

投稿日時 - 2011-11-26 22:34:21

あなたにオススメの質問