こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

情報公開とMEDUSA

 2006年12月13日に、米国陸軍省情報公開プライバシー局(日本の防衛省情報公開室に対応する)スーザン J.バターフィールド局長は、極秘事項を機密解除し、カリフォルニア州ナッパに住んでいるドナルド・フリードマン氏に対して、マイクロ波を用いて幻聴を発生させる装置が実用化されている事実を情報公開しました。情報公開された文献は、下記サイトで閲覧できます。

http://www.freedomfchs.com/usarmyrptonmicrowavefx.pdf

 上記の情報公開後、米国ネバダ州に本社があり、軍用通信システムを製造、販売するシエラ・ネバダ・コーポレーションがMEDUSAという商品名でマイクロ波を用いて幻聴を発生させる装置を公表しました。日本語では、米軍の軍事技術を始めとして技術関連に強いwired.jpのサイトのアーカイブにMEDUSAの記事が掲載されています。

 ところで、日本の防衛省情報公開室が、マイクロ波を用いて幻聴を発生させる装置が実用化されている事実について機密解除して、情報公開するのはいつになると予想しますか?

投稿日時 - 2011-11-25 22:32:52

QNo.7154612

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

紹介された文献にも書かれているように、この装置の原理はRF auditory effectです。

この原理は数十年前から知られている既知のもので、ぶっちゃけた話、現行の電磁波基準を定める際にも取り入れられています
http://grouper.ieee.org/groups/scc28/sc4/Auditory%20effects.pdf
http://www.inchem.org/documents/ehc/ehc/ehc137.htm#SubSectionNumber:8.1.3

つまり機密以前の問題。

特にIEEEの文書に詳しいですが、

対策)側頭部をアルミ箔で覆うだけでOK
傍受)単なるアナログ現象なので、周波数帯さえあわせれば誰でも傍受可能。
妨害)単なる電波なので、簡単に妨害可能

戦場や、(妄想をたくましくするなら、自動車の運転を妨害するなど)暗殺には使えるかもしれませんが、幻聴を聞かせ続けるような用途では、まったく役に立たない、つか、すぐ足がつく、ダメダメな装置でしょうねえ。

投稿日時 - 2011-11-26 22:36:22

お礼

回答ありがとうございます。

確かに、モトローラ・フロリダ研究所の文献があるので、機密情報でなく、一般に公開されている情報ですね。モトローラは、米国株のダウ平均に採用されている企業なので、技術レベルが高いのが良く分かります。

米国モトローラ及び日本モトローラも、ラジオ波聴覚効果ないしマイクロ波聴覚効果を利用した製品を販売しているのでしょうか? 他にどの企業がこのような製品を販売しているのでしょうか?

日本国内でラジオ波聴覚効果ないしマイクロ波聴覚効果を利用した製品を購入している組織は防衛省だけなのでしょうか? 他の組織もあるのでしょうか?

投稿日時 - 2011-11-27 00:24:13

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問