こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

年金型生命保険はもう存在しない?

私は生命保険会社の年金型生命保険の掛け金を払い続けています。
最近、年金型生命保険はもう存在しないと聞きました。

そこで質問です。
1 私の契約は破棄されていないので、約款どおり、時期が来たら保険会社から年金を受け取れる。このような理解で良いでしょうか。
2 今はどの生命保険会社もそのような商品を扱っていないのでしょうか。
3 いつから、そして、なぜ、どういった経緯で保険会社がそのような商品を扱わなくなったのでしょうか。

以前は個人年金を勧めていた時期があったように思いますが、公的な年金制度に不安が指摘されている現在だからこそ、個人年金としてそのような商品を求める人々がいるはずです。

4 そのような人々が個人年金として今から積み立てをしようと思う場合、どのようなものがあるでしょうか。

投稿日時 - 2011-11-26 09:26:26

QNo.7155159

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

生命保険専門のFPです。

昨年の個人年金の販売件数は、143万件です。
その内、変額タイプは、14万件
一昨年は、162万件
その内、変額タイプは、42万件
3年前は、140万件
その内、変額タイプは、52万件

つまり、個人年金保険自体は、それほど変化はありませんが、
変額タイプだけは、52万件から14万件に激減しています。
当然ですが、販売中止になった変額タイプの個人年金も多数あります。
その原因は、リーマンショックにはじまる金融不安です。
この変額タイプは、ほとんど「投資」に近い性格ですから、
金融不安の波をモロに受けてしまったのです。
貯蓄のつもりで始めたのに、損が出たというケースが多発したのです。
中途解約もさることながら、契約の特約が発効して、
マイナスが確定してしまった商品も出ています。
(投資がマイナス○○%を超えたら、それ以上の損害を防止するために、
損害を確定するという特約=マイナスが確定する)
これが、社会的にも問題となったので、手を引く会社が続出しました。

>最近、年金型生命保険はもう存在しないと聞きました。
というのは、この話が、どこかで捻じ曲がって伝わったのだと思います。
個人年金保険は、ちゃんと存在していますし、
上記の通り、多くの方が契約しています。

ご質問の答え……
(Q1)私の契約は破棄されていないので、約款どおり、時期が来たら保険会社から年金を受け取れる。このような理解で良いでしょうか。
(A)はい。受け取れます。
(たぶん、定額型の個人年金でしょう)

(Q2)今はどの生命保険会社もそのような商品を扱っていないのでしょうか
(A)いいえ。多くの会社が扱っています。

(Q3)いつから、そして、なぜ、どういった経緯で保険会社がそのような商品を扱わなくなったのでしょうか。
(A)最初の説明がお答えになっていると思います。

(Q4)そのような人々が個人年金として今から積み立てをしようと思う場合、どのようなものがあるでしょうか。
(A)定額型の保険は、多くの会社が扱っています。
中でも、国内生保はこの手の商品に伝統的に強いです。
なので、外資系よりも利率が良い場合があります。
ただし、超低金利時代なので、実は、個人年金は魅力的な商品とは
言えなくなっています。
所得税の保険料控除の枠も小さくなりますし……

色々と組合せを考えてはいかがでしょう。
例えば、保険ならば、個人年金保険を所得の保険料控除が受けられる枠内で一つ。
短期払いの低解約払戻金型終身保険(または定期保険)。
それに、国債。
株や債権などリスク性のある商品を少額。
などの組合せが良いと思います。

投稿日時 - 2011-11-26 13:24:52

お礼

よく理解できました。リーマンショックを端緒とする金融不安が続く中にあって変額型はリスクが大きすぎますね。
保険業法改正に絡んだ政策的なものかと思いましたが、誤解だということがわかりました。

投稿日時 - 2011-11-26 17:14:15

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

1.はい、その通りです。

2.個人年金という商品は、今でもありますよ。
たとえば、
http://www.hokende.com/static/pension/?pro_cd=wwgo0250

投稿日時 - 2011-11-26 09:36:09

お礼

早速の回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2011-11-26 17:06:15

あなたにオススメの質問