こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

自動車同士の追突事故で傷から状況が分かりますか?

交通事故、車に詳しい方、教えてください。

先日、車をぶつけられました。

道路沿いのクリーニング屋さんの駐車場に右折をして入ろうとしたところ、駐車場からバックで道路に出ようとした車に追突されました。

 私が右折をして右側前のタイヤが歩道に乗り上げようかというところで、駐車しようとしていたスペースの右隣に駐車していた車のテールランプがついたので、「あれっ」と思い、こちらはブレーキを踏み停止しました。 数秒後、相手の車が左後方にバックし始め、そのまた数秒後、私の車の側面(運転席ドアから後部座席ドア)に追突しました。 後日、保険屋さんから伝えられた過失割合は、7(バックした車):3(停止していた私の車)でした。私は自分に過失はない事を主張しているので(現在も)不服を申し立てると、「止まっていたという証拠がない」と言われました。相手の女性は、バックをする前に確認したら車はいなかったんだから、私がバック中に無理やり右折してきたと言っているようです。(しかし、バック中は前方を見ていたというのですから、それだけで相手の過失だと思うのですが)。
事故後、すぐに警察に連絡を入れましたが、現場検証はせず、派出所に呼ばれ、簡単に状況を確認したのみです。

 私は車のことに詳しくないので教えていただきたいのですが、衝突時の傷を見て、私の車が停止していたという事は証明できないのでしょうか? 保険屋さんが言うには、走行していて危険を感じ、反射的にブレーキを踏んだという事も考えられるので、停止していた証明にはならないとのこと。 しかし、自分ではそのことに納得がいきません。

 相手の方と私の加入している保険屋さんが同じ会社ということもあって、都合のいいところで話をつけさせたいのではないかとも疑ってしまいます。

 私からは全て状況が目に見えていたので、事実が立証されない事が悔しくてたまりません。

 どんな事でも構いませんので、アドバイス頂けると助かります。
 説明図が下手ですみませんが、よろしくお願いします。

大変申し訳ございませんが、この投稿に添付された画像や動画などは、「BIGLOBEなんでも相談室」ではご覧いただくことができません。 OKWAVEよりご覧ください。

マルチメディア機能とは?

投稿日時 - 2011-11-26 21:10:59

QNo.7156234

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

3番のお礼を拝見いたしました。
近所の方とおおごとにしたくない気持ちは良くわかります。
裁判は、話し合いが決裂したときの最後の手段です。
話し合いで解決なさることを祈ります。

投稿日時 - 2011-11-27 17:09:16

お礼

そうなるようにがんばります。

ありがとうございます。

投稿日時 - 2011-11-28 19:58:30

ANo.3

質問者さんの口惜しさが質問から伝わってきます。
この保険会社の対応は理不尽です。
泣き寝入りしないで下さい。応援します。

「相手の方と私の加入している保険屋さんが同じ会社ということもあって、都合のいいところで話をつけさせたいのではないかとも疑ってしまいます。」

民法108条は、何人といえども同一の法律行為(本件では交通事故の損害賠償)に付き、当事者双方の代理人と為ることを得ずと規定し、双方代理を禁止しています。そして、本件では双方代理になります。

本件では、過失割合が7:3ということはなく、質問者さん側の過失はもっと小さいです。

質問者さんの陳述書も証拠ですし、証言も証拠です。

交通事故に強い弁護士に依頼することにより、保険会社からの保険金額は大きくなります。

あるいは、本人訴訟により、地方裁判所又は簡易裁判所に訴状を提出してもよいです。訴状の書式は下記の裁判所のホームページにあります。警察は交通事故があったという事故証明は出してくれます。この事故証明を訴状に添付するのです。訴状には、この質問にある手書きの図面でよいので添付してください。

がんばってください。

参考URL:http://www.courts.go.jp/saiban/tetuzuki/syosiki/syosiki_02_05.html

投稿日時 - 2011-11-26 23:14:23

お礼

回答と応援ありがとうございます。

法律にお詳しいのですね。
私には法律の知識がないので、教えていただいたような方法もあるのかと、参考になりました。

問題は、相手が近所の方なので、なるべくおおごとにしたくないということです。

自分の性格の問題として、納得できない事をよしと出来ないところがあるので、どうしても話がつかなかった時のため、patent123 さんに教えていただいた方法も勉強しておきます。

投稿日時 - 2011-11-27 15:51:03

ANo.2

「止まって居るから過失責任は無い。」
そういう話は通りません。

事故での無過失を主張する時は、
・事故の予測が全くできない。
・回避手段が全くない。
・一切の法律に違反して居ない。

上記の3つが立証された時に、無過失が主張出来ます。
動いて居るかどうかは全く関係ありません。

貴方が停車していた位置は駐車場の出口であると言う事ですので、
・出入りが多い所であれば車が出てくる可能性はある。
・相手が動き出そうとしているのに、クラクションなどで警告を与えなかった。

この辺が貴方の過失となってくる訳です。
じっとして居れば無過失と言う事はありませんので、その辺良く考えられてください。

止まっていたかどうかは、傷からある程度推測可能な物ですが、止まって居たからと言って過失が全くないと言う事にはなりませんので、ご注意されてください。

投稿日時 - 2011-11-26 21:37:27

お礼

回答ありがとうございます。

おっしゃる通り、こちらに過失が全くなかったとは主張できないのかも知れません。
気が動転してとっさにクラクションを鳴らす事が出来なかったことも確かですので。

ただ、止まっていたかどうか証拠がない、と保険屋さんに強く言われたので、止まっていた事が証明出来れば、こちらの正当性を納得してもらえるのではないかと考えたのです。
「もし動いていたのであれば、過失責任は5:5」とも言われました。

私としては、相手の方がバック中に後方を見ていなかったという事にも疑問を感じています。

投稿日時 - 2011-11-27 15:34:44

ただ単純に止まっていたことを証明するだけなら出来ると思いますよ。

例えば、机の上に置いてある紙に向かってコンパスの下の部分を落としたら
針が紙に刺さってプッツリといきますよね。小さな穴が開くと思います。

次に紙を横にスライドさせている処に落としてみます。
一回目より穴が横に広く開きますよね。

傷が出来ているのなら同じことが起きている筈ですよ。
事故鑑定人に依頼してみては?


私の場合、現場を見ておらず物的証拠だけがある状態で
結局言い逃れされてしまいました。
相手の車の塗装が此方の車に、此方の車の塗装が開いての車にべっとりで
おまけに傷の長さが一致してもそうでした。悔しいです。

投稿日時 - 2011-11-26 21:19:55

お礼

回答ありがとうございます。

Verdelet さんのおっしゃる通りの理屈だと思います。
ただ、キズを見た限りでは止まっていたのか、動いている最中に危険を感じて
ブレーキを踏んだのかは分からないと保険屋さんに言われました。
そう言われると、知識の乏しい私には反論できず。。。
事故鑑定人とは初めて聞きました。
近くで依頼できるところがあるか調べてみたいと思います。

ご自身もぶつけられた経験がおありなのですね。
やはり、目撃者がいないと判断は難しいのでしょうか。
悔しいという気持ちは良く分かります。

投稿日時 - 2011-11-27 15:21:23

あなたにオススメの質問