こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

放射能物質を毎日食べてる?

出てくる調査結果は信頼できないのか信ぴょう性が無いのかわからない感じだけど
かなりの放射能が撒き散らかされてそれを徐々に体に蓄積してるってことだよね?
遠く離れてても毎日の食品から内部被曝してるらしいけど皆はどう思ってるな?

北海道・中国・四国セシウム汚染マップ
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-1115.html

都内3カ所でストロンチウム
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111124/dst11112416280013-n1.htm

投稿日時 - 2011-11-27 13:13:03

QNo.7157315

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(131)

ANo.131

自分から食べたがる人は居ないでしょう。
わからない内に食べてるんじゃないかと感じます。

投稿日時 - 2014-01-06 14:34:43

ANo.130

それを考えてたら何も食べれません
死ぬときは死ぬんです

投稿日時 - 2014-01-06 05:05:35

ANo.129

めに見えないものを考えないのは
人間としてどうかと思いますが
被害がわかりやすく、お茶のままで届いていないので
なにも気にしていない。

投稿日時 - 2014-01-06 05:03:59

ANo.128

あまりこだわっていませんが、子供の口にはできるだけ入れないほうがいいのかな?と思います。

投稿日時 - 2014-01-06 04:57:20

ANo.127

目に見えないものなので怖いですよね。
私は気にしないことにしました。

投稿日時 - 2014-01-06 04:20:52

ANo.126

普段から余り意識していません

投稿日時 - 2014-01-05 20:54:29

ANo.125

私は気にせず食べています
あまり神経質になることはないと思いますよ

投稿日時 - 2014-01-05 04:32:15

ANo.124

気にしてストレス貯める方が毒ではないでしょうか

投稿日時 - 2014-01-05 00:54:51

ANo.123

私は全く気にしませんよ
必要以上に気にしてたら神経がやられそう

投稿日時 - 2014-01-04 02:16:01

ANo.122

気にしたら負け

投稿日時 - 2014-01-02 23:59:46

ANo.121

気にしなくても大丈夫です。
微量の放射能物質=蓄積ではないので。

投稿日時 - 2014-01-02 23:47:04

ANo.120

自然界からも浴びてるしそんなに気にしない方がいいですよ

投稿日時 - 2014-01-01 12:32:12

ANo.119

気にしすぎです。

投稿日時 - 2013-12-31 18:37:19

ANo.118

ほとんど気にしていません。
それよりも知らないで中国産の食品を食べている方が心配です。
中国産と分かる物は食べないようにしているのですが、なにしろ安物はほとんど
中国産ですから中国産を食べないのは難しいです。

私は体内に中国産の毒が蓄積して死んでしまうのでしょうか。

投稿日時 - 2012-01-01 11:09:57

ANo.117

文部科学省及び群馬県による航空機モニタリングの測定結果について
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1910/2011/09/1910_092714.pdf

この4ページの地図をみて愕然としました!
群馬県全域が,かの60年代に日本に降り注がれたという放射性物質の量の数倍の汚染度といってもいいような惨い地図です。

この8ページの地図をみて,さらに驚愕しました!
福島,栃木,群馬のかなり広い地域で日本史上いまだかつてない放射能汚染が蔓延してしまったのです。

この情報だけで、十分な警戒が必要だということを普通の人は感じますよねっ♪♪♪

投稿日時 - 2011-12-24 14:50:35

ANo.116

>わからないものに対しては最悪を想定しながら対応を考えるのがリスクマネジメントの基本精神と思いますよ♪♪♪
>ご存知なかったですか^^

「わからないものに対しては、まずは情報収集」が基本でしょう。
大事なのは、責任所在がはっきりした情報のみを採用すること。
最悪を想定して動くのは、情報を集め尽くした後だと思います。

もう一度、何度でも書きます。

私は、現状が危険だと主張する皆さんに、何度も「(信用に足る)根拠」「ソース」をお示し下さいとお願いしていますが、誠意ある対応をして頂いているとは思えません。

原発事故のせいで、不安を抱えて暮らしている方がたくさんいらっしゃいます。
そういった方の不安をむやみにあおるのはよくないと思いますし、政府の報道は嘘っぱちだ、現状は危険だと仰るのなら、ソースと共に「食べ物の基準値が○Bq/kg以下の国の食物を輸入し、福島より○km以遠に逃げるべき」等、対策を明記するべきだと思います。
でないと、不安に思った方はどうしたらいいかわかりません。

あなたがどのようなつもりでここに書き込みを続けているのかわかりませんが、今後回答を書き込まれるのでしたら、誠意ある対応を望みます。
もちろん、私に対する誠意ではありません。
このやりとりを今後読むであろう人、現状を不安に思う皆さんにです。
どうか、よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2011-12-24 01:29:38

ANo.115

>ANo.113
>あたりまえです。6000ベクレルというのは単なる「放射能」つまり1秒間の
>崩壊数です。
>600000ベクレルというのは、「累積放射能」であって、今の場合、正しくは
>600000ベクレル・日です。

ちょっと考え方がおかしいと思いますよ^^♪♪♪
体内に6000ベクレルの放射性物質が1日存在していたら半減期が30年程度の物質でもその崩壊による減少量は無視できます。

6000ベクレルの放射性物質は1秒間に6000個崩壊します。
1分では360000個崩壊します。
1時間では21600000個崩壊します。
24時間(1日♪)では、518,400,000個崩壊します。

1日の累計では約5億回崩壊するのです。
ただそれだけですよ^^♪♪♪



>ANo.114
>>ま、現時点では安全性の証明も危険性の証明もできていません。
>その割には、延々と危険寄り一辺倒の持論を展開されましたよね。

わからないものに対しては最悪を想定しながら対応を考えるのがリスクマネジメントの基本精神と思いますよ♪♪♪
ご存知なかったですか^^

>>こういう状況で知恵ある人は最悪の状況を考慮して対応策を考えるのですが、この国では無理かなぁ~と思うこのごろです♪♪♪
>そう思う人は、国外退去された方がいいと思いますよ。

言い負かされた子供がよく使うフレーズですねっ^^

投稿日時 - 2011-12-23 21:44:01

ANo.114

>この日本という国の現状を理解できる人ならば
>危険性の証明よりも、安全性の証明が先だと思いますよ^^
>ま、現時点では安全性の証明も危険性の証明もできていません。

その割には、延々と危険寄り一辺倒の持論を展開されましたよね。

本当にそう思われているのでしたらなおさら、出所が確かな、責任所在がはっきりしている情報のみ回答の根拠とし、ソースを明示するべきだと思いますがね。


>こういう状況で知恵ある人は最悪の状況を考慮して対応策を考えるのですが、この国では無理かなぁ~と思うこのごろです♪♪♪

そう思う人は、国外退去された方がいいと思いますよ。
信用できない政府の元にいて万一何かあったら、悔やんでも悔やみきれないでしょう。
それはあなたのリスク管理の甘さ以外の何者でもありませんから。

投稿日時 - 2011-12-22 02:06:28

ANo.113

>No.112
>600000ベクレルというのは初耳です。

あたりまえです。6000ベクレルというのは単なる「放射能」つまり1秒間の
崩壊数です。
600000ベクレルというのは、「累積放射能」であって、今の場合、正しくは
600000ベクレル・日です。


>ソースをお願いねっ♪♪♪

http://okwave.jp/qa/q7171647.html のNo.23を参照のこと。
もしかして、よく読まずにレスを書いていらっしゃるのでしょうか?

投稿日時 - 2011-12-21 02:19:10

ANo.112

>ANo.11

自然由来のカリウムや炭素の体内存在量は大体6000ベクレルくらいだといわれています。
600000ベクレルというのは初耳です。

ソースをお願いねっ♪♪♪

投稿日時 - 2011-12-21 00:12:32

ANo.111

>No.110
>体内半減期と放射性物質自体の半減期の違いが理解できていないのですか?
>残念ながら、ここで回答する資格は無いようですね^^♪♪♪

私が http://okwave.jp/qa/q7171647.html のNo.23で示した計算結果は
もちろんセシウムの体内半減期(137Csは約100日、134Csは100~200日)を
考慮したものですよ。
ちなみに40Kや14Cは、常に体外から取り込まれ続けており平衡状態が成立しているため
生物学的半減期はありませんし、物理的半減期も無意味です。そのことはNo.109で

>40Kや14Cは、半減期が非常に長い上に、常に外界から取り込まれるので、
>100日間ではまったく減らず

と指摘済みです。
「自分が理解できていない」ということを理解できていない人は、相手の方が
理解できていないという錯誤に陥るものである、という典型的な例ですね。

>羞恥心♪♪♪  持ちたいものですよねっ^^

持つべきものは、まず謙虚さでしょ。(微笑)

投稿日時 - 2011-12-20 17:20:37

ANo.110

>ですから、比較するのであれば、放射性カリウムや放射性炭素の方も
>累積放射能で表さなければ比較にはなりません。
>40Kや14Cは、半減期が非常に長い上に、常に外界から取り込まれるので、
>100日間ではまったく減らず、上記のセシウムの「100日後には 75,000ベクレル」
>に対応する数値すなわち『累積放射能』としては、「600,000ベクレル」
>となり、セシウムの 75,000ベクレルよりも8倍も多い量です。
>これが暫定基準500ベクレルの正体ですよ。(苦笑)

体内半減期と放射性物質自体の半減期の違いが理解できていないのですか?
残念ながら、ここで回答する資格は無いようですね^^♪♪♪


羞恥心♪♪♪  持ちたいものですよねっ^^


影にはないかw

投稿日時 - 2011-12-19 22:36:09

ANo.109

>No.106

>暫定基準値500ベクレルの食品を2キロ摂取しつづけると、100日後には
>ざっと75,000ベクレルが体内に蓄積しているものと推測されます。

それは私が http://okwave.jp/qa/q7171647.html のNo.23で
計算して差し上げたものですよね。(笑)
「1日1kg」を「1日2kg」にして結果を2倍にされただけのようですが。
で、リンク先でも説明したとおり、その「100日後には 75,000ベクレル」
というのは、『累積放射能』です。
ですから、比較するのであれば、放射性カリウムや放射性炭素の方も
累積放射能で表さなければ比較にはなりません。
40Kや14Cは、半減期が非常に長い上に、常に外界から取り込まれるので、
100日間ではまったく減らず、上記のセシウムの「100日後には 75,000ベクレル」
に対応する数値すなわち『累積放射能』としては、「600,000ベクレル」
となり、セシウムの 75,000ベクレルよりも8倍も多い量です。
これが暫定基準500ベクレルの正体ですよ。(苦笑)

>人類史上最大最悪の原発事故が福島で発生し、収束まで何百年必要かもわからない現在、
>「冷温停止状態」なるナンチャッテ新語を創出して自画自賛しているこの日本という国
>の現状を理解できる人ならば危険性の証明よりも、安全性の証明が先だと思いますよ^^

リスク要因が放射能しかないと思い込んでいる人は、そう考えるでしょうね。

>ま、現時点では安全性の証明も危険性の証明もできていません。
>こういう状況で知恵ある人は最悪の状況を考慮して対応策を考えるのですが、
>この国では無理かなぁ~と思うこのごろです♪♪♪

本当に知恵のある人は、ある安全性を追求しようとした時に、別の危険性が増大して、
追求しようとしていた安全性を上回ってしまわないか、常に考えるのですが、
ひとつの要因しか頭に無い人には無理かなぁと思う今日このごろです。(微笑)

投稿日時 - 2011-12-19 12:42:18

ANo.108

>原発事故のせいで、不安を抱えて暮らしている方がたくさんいらっしゃいます。
>そういった方の不安をむやみにあおるのはよくないと思いますし、政府の報道は嘘っぱちだ、現状は危険だと仰るのなら、ソースと共に「食べ物の基準値が○Bq/kg以下の国の食物を輸入し、福島より○km以遠に逃げるべき」等、対策を明記するべきだと思います。
>でないと、不安に思った方はどうしたらいいかわかりません。

人類史上最大最悪の原発事故が福島で発生し、収束まで何百年必要かもわからない現在、「冷温停止状態」なるナンチャッテ新語を創出して自画自賛しているこの日本という国の現状を理解できる人ならば
危険性の証明よりも、安全性の証明が先だと思いますよ^^

ま、現時点では安全性の証明も危険性の証明もできていません。
こういう状況で知恵ある人は最悪の状況を考慮して対応策を考えるのですが、この国では無理かなぁ~と思うこのごろです♪♪♪

投稿日時 - 2011-12-18 18:03:35

ANo.107

もう一度書きます。

私は、現状が危険だと主張する皆さんに、何度も「(信用に足る)根拠」「ソース」をお示し下さいとお願いしていますが、誠意ある対応をして頂いているとは思えません。

原発事故のせいで、不安を抱えて暮らしている方がたくさんいらっしゃいます。
そういった方の不安をむやみにあおるのはよくないと思いますし、政府の報道は嘘っぱちだ、現状は危険だと仰るのなら、ソースと共に「食べ物の基準値が○Bq/kg以下の国の食物を輸入し、福島より○km以遠に逃げるべき」等、対策を明記するべきだと思います。
でないと、不安に思った方はどうしたらいいかわかりません。

あなたがどのようなつもりでここに書き込みを続けているのかわかりませんが、今後回答を書き込まれるのでしたら、誠意ある対応を望みます。
もちろん、私に対する誠意ではありません。
このやりとりを今後読むであろう人、現状を不安に思う皆さんにです。
どうか、よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2011-12-18 13:09:12

ANo.106

>どんなに線量の強い放射性物質を含む食べ物を食べた所で、体に蓄積されなければ被曝の影響はそれなりだと思うのですが…

体内に取り込まれたセシウムはある程度体外に排出されるようですが、100日程度で半減するようです。

500ベクレルのセシウムが含まれた食品を1日2キロ摂取すると1000ベクレル体内に取り込まれることとなります。
これを毎日続けると100日後には100日前に取り込んだ1000ベクレルは500に減少していますが今日取り込んだ1000ベクレルは1000ベクレルです。
昨日取り込んだ1000ベクレル♪10日前に取り込んだ1000ベクレル♪♪♪

暫定基準値500ベクレルの食品を2キロ摂取しつづけると、100日後にはざっと75,000ベクレルが体内に蓄積しているものと推測されます。
カリウムなどの自然由来で、人の体内には6,000ベクレル程度のカリウムや炭素があるといわれていますが
自然由来の15倍の放射性物質が体内に蓄積されます。
1年続ければ何十倍になるのでしょうか?

これが暫定基準500ベクレルの正体ですよ♪♪♪

投稿日時 - 2011-12-17 08:13:24

ANo.105

>No.100
>ところで、イオンのゲルマニウム半導体でカリウムのベータ線は測定できるのですか?
>できないのなら、貴方の言ってることは根本から的外れですよ♪♪♪

40Kの電子捕獲崩壊(1461keVのガンマ線を出す方)とベータ崩壊(ガンマ線を出さない方)
の分岐比は既知(10.72%と89.28%)なので、ガンマ線さえ測れば全部わかります。

投稿日時 - 2011-12-14 11:24:21

ANo.104

>現在セシウムの基準は500 Bq/kg なんですよ♪♪♪
>足し算の概念をお持ちじゃないようですね^^♪♪♪

それで問題ないと思うのでしたら、結構です。
「それ(バナナ)よりも微量の福島由来の放射線」は、500Bq/kgでは危険だという意見の方の目線に立っての発言です。


>内部被曝の影響を考慮する場合、従来よりどれだけ増加するかに視点を置くべきなんですけどねぇ~♪♪♪

本当ですか?
どんなに線量の強い放射性物質を含む食べ物を食べた所で、体に蓄積されなければ被曝の影響はそれなりだと思うのですが…
「どれだけの線量を発する物質が、どれだけ蓄積されているか」とかではないのでしょうか?

私は、現状が危険だと主張する皆さんに、何度も「(信用に足る)根拠」「ソース」をお示し下さいとお願いしていますが、誠意ある対応をして頂いているとは思えません。

原発事故のせいで、不安を抱えて暮らしている方がたくさんいらっしゃいます。
そういった方の不安をむやみにあおるのはよくないと思いますし、政府の報道は嘘っぱちだ、現状は危険だと仰るのなら、ソースと共に「食べ物の基準値が○Bq/kg以下の国の食物を輸入し、福島より○km以遠に逃げるべき」等、対策を明記するべきだと思います。
でないと、不安に思った方はどうしたらいいかわかりません。

あなたがどのようなつもりでここに書き込みを続けているのかわかりませんが、今後回答を書き込まれるのでしたら、誠意ある対応を望みます。
もちろん、私に対する誠意ではありません。
このやりとりを今後読むであろう人、現状を不安に思う皆さんにです。
どうか、よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2011-12-14 02:15:27

ANo.103

>カリウムが数百 Bq/kg にもなることがあるバナナが今まで長期間放置されてきているのに、それよりも微量の福島由来の放射線にそこまで過敏になる意味がよくわからないなあ、と思います。

現在セシウムの基準は500 Bq/kg なんですよ♪♪♪
足し算の概念をお持ちじゃないようですね^^♪♪♪
内部被曝の影響を考慮する場合、従来よりどれだけ増加するかに視点を置くべきなんですけどねぇ~♪♪♪

>バナナの例は、あなたに「自然由来の放射性物質の存在とは、どのような物質でどのくらいのレベルだと思っているのですか?」と聞かれたから出したまでで、それ以上でも以下でもないのですが。

内部被曝のことを論じる場合、日本産の飲食物に関しては自然由来の放射性物質はカリウム以外は無視していいレベルです。
しかし、カリウムはガンマ線をほとんど出さないようです♪♪♪

>ベータ線については記載がないですね。
>ただベータ線・アルファ線はガンマ線に比べ、遮蔽による遮断が容易とのこと。
>それで、あまり重要視されていないのではないでしょうか。

体の内部で発せられるベータ線はどのように遮蔽するのでしょうね♪♪♪
ここの質問は内部被曝についての問題なのに…♪♪♪

言葉をこねくり回すことしか考えられないヒトは、よくこういうミスを繰り返しますね^^♪♪♪

投稿日時 - 2011-12-13 06:27:44

ANo.102

>私もイオンの取り組みを評価していますが、この程度で最高のような扱いをされ、それが万全だと思うのはあまりにもあさはかですよ♪♪♪

私はイオンの取り組みを、最高だ、万全だと評したことは一度もないですが…



>ところで、イオンのゲルマニウム半導体でカリウムのベータ線は測定できるのですか?

イオンの発表によりますと、使用のゲルマニウム半導体は「放射性セシウム等のガンマ線放出核種の測定に有効とされているものです」だ、そうです。

↓参考(2ページ目参照)
http://www.aeon.info/news/2011_1/pdf/110727R_1_1.pdf


ベータ線については記載がないですね。
ただベータ線・アルファ線はガンマ線に比べ、遮蔽による遮断が容易とのこと。
それで、あまり重要視されていないのではないでしょうか。

↓参考(東京都健康安全研究センター)
http://monitoring.tokyo-eiken.go.jp/qanda01.html

あなたはどうして、このタイミングでカリウムのベータ線にこだわるのでしょうか?
バナナの例は、あなたに「自然由来の放射性物質の存在とは、どのような物質でどのくらいのレベルだと思っているのですか?」と聞かれたから出したまでで、それ以上でも以下でもないのですが。
「(測定)できないのなら、貴方の言ってることは根本から的外れですよ♪♪♪」と思われた(信用に足る)根拠をお示し下さい。
(揚げ足をとるつもりはありません。本当に知りたいのです)

なお、下記に「自然界に存在する放射線」について、URLを追記しておきます。
http://www.atomin.go.jp/reference/radiation/familiarity/index03.html

『(自然由来の放射線と人工の放射線で)強さや量の違いはあるが、放射線の性質や物質に与える影響は変わらない。』とあります。
カリウムが数百 Bq/kg にもなることがあるバナナが今まで長期間放置されてきているのに、それよりも微量の福島由来の放射線にそこまで過敏になる意味がよくわからないなあ、と思います。
バナナが売れなくなった、という話も聞きませんし…

投稿日時 - 2011-12-13 00:59:11

ANo.101

>No.93
>確保に自信が無いからと読み解くのが正しいでしょう。

それはそうなんですが、それは放射能の安全性じゃないんですよ。
そこまでお役所言葉を読み切れてましたか?(笑)

>No.95
>基準をゼロにしておけば「より一層」は存在しなくなるのです。

じゃああなたの体の放射能もゼロにしてください。・・・もちろん、できますよね?

投稿日時 - 2011-12-12 23:08:15

ANo.100

>>自然由来の放射性物質の存在とは、どのような物質でどのくらいのレベルだと思っているのですか?
>代表格は、バナナですね。
>「肉、バナナ、その他のカリウムに富む製品では数百 Bq/kg にもなることがある。」だそうです。
>(念のため書き添えますが、これは原発事故を前提としていない数値です)
>で、ご注目頂きたいのは「検出限界値」の文字です。
>#76にも書きましたが、「検出限界値」とは、これ以上下の数字は、自然由来か原発由来か判断できない、という値です。
>自然由来の放射性物質がゼロであるというのなら、こんな値は用いないでしょう。

???
私もイオンの取り組みを評価していますが、この程度で最高のような扱いをされ、それが万全だと思うのはあまりにもあさはかですよ♪♪♪

ところで、イオンのゲルマニウム半導体でカリウムのベータ線は測定できるのですか?
できないのなら、貴方の言ってることは根本から的外れですよ♪♪♪

投稿日時 - 2011-12-12 23:06:40

ANo.99

追記です。

#98前半のバナナの件ですが、多く含んでいるのはカリウム40です。

URL先を見て頂ければわかりますが、念のため。

投稿日時 - 2011-12-12 19:00:40

ANo.98

>自然由来の放射性物質の存在とは、どのような物質でどのくらいのレベルだと思っているのですか?

代表格は、バナナですね。
下記、国立医薬品食品衛生研究所のサーバにアップされているpdfファイルです。

http://www.nihs.go.jp/hse/c-hazard/npp-ac/infosan-nppsum0330.pdf

「肉、バナナ、その他のカリウムに富む製品では数百 Bq/kg にもなることがある。」だそうです。
(念のため書き添えますが、これは原発事故を前提としていない数値です)



また#76でも出しましたが、下記URLの「品目別検査状況」の、どれでもいいのでご覧下さい。
セシウム134、セシウム137、ヨウ素131の項目に分かれた数値が記載されています。

http://www.aeon.jp/information/radioactivity/results.html

で、ご注目頂きたいのは「検出限界値」の文字です。
#76にも書きましたが、「検出限界値」とは、これ以上下の数字は、自然由来か原発由来か判断できない、という値です。
自然由来の放射性物質がゼロであるというのなら、こんな値は用いないでしょう。

あとは、#76をよくお読み下さい。

投稿日時 - 2011-12-12 02:00:11

ANo.97

>原発由来以外の放射性物質があり得ないなら、その論理はあてはまりますが、現実問題として自然由来の放射性物質が存在するので無理です。

自然由来の放射性物質の存在とは、どのような物質でどのくらいのレベルだと思っているのですか?

間違った意見を無理に通そうとするとボロがでるのですよ♪♪♪

成りすましばかりしているヒトは心を入れ替えないと・・・♪♪♪

投稿日時 - 2011-12-11 06:17:12

ANo.96

>本質把握力にかなり課題があるようですよ♪♪♪
>基準をゼロにしておけば「より一層」は存在しなくなるのです。
>「より一層の○○」のコンセプトは放射性物質の安全基準には当てはまりませんね♪♪♪

原発由来以外の放射性物質があり得ないなら、その論理はあてはまりますが、現実問題として自然由来の放射性物質が存在するので無理です。

詳しくは、#76の私の書き込みをお読み下さい。
とくに「検出限界値」の部分を。
(さらに、検出限界値は一定ではありません。#76に書き込んだURL参照。)

投稿日時 - 2011-12-11 01:52:38

ANo.95

>有史以来、人類は「より一層の○○」をコンセプトとして向上してきましたけどね。

本質把握力にかなり課題があるようですよ♪♪♪
基準をゼロにしておけば「より一層」は存在しなくなるのです。
「より一層の○○」のコンセプトは放射性物質の安全基準には当てはまりませんね♪♪♪

投稿日時 - 2011-12-10 21:18:37

ANo.94

>安全の確保が確実ならより一層は無駄なことですよ♪♪♪

有史以来、人類は「より一層の○○」をコンセプトとして向上してきましたけどね。
義務教育で教わった歴史の授業を思い出して下さいね。

投稿日時 - 2011-12-10 12:45:35

ANo.93

>ANo.83
>上記URLには「現在でも安全は確保されていますが」とあります。

続いて「より一層の食品の安心・安全の確保のため、」だって♪♪♪
安全の確保が確実ならより一層は無駄なことですよ♪♪♪
確保に自信が無いからと読み解くのが正しいでしょう。

お役所言葉を理解できないと社会人としての評価は低いものとなりますよ♪♪♪

投稿日時 - 2011-12-10 07:46:57

ANo.92

・・・・・・・・・・・・・
時給は700円~~~

投稿日時 - 2011-12-10 05:48:15

ANo.91

wwi

多くの人間が複数のIDを持って使い分けてるんだが。
私なんぞは100個以上持ってるよ! ほっほっほっ!
そもそもここの質問者自身が複数IDを駆使して連続質問を数ヶ月に渡って繰り返している。
なんか悪いの?

それを利用させてもらって皆で楽しんでいるのに、また無粋なやつが出てくるもんだな。

投稿日時 - 2011-12-09 23:46:04

ANo.90

へぼった・・・(書き忘れた クソッ)

>質問有れば聞かれてもいいが、分け分からん質問されても答えようがないし、質問有れば自分で独立した質問を立ててくれたまえ。ここは君らが私に質問を繰り返す場所ではない。

本当にそう思うんだったら途中で切り上げてくださいな。
そしたらここまで回答伸びないでしょう。ベスト3に入っちゃってるよ?

投稿日時 - 2011-12-09 21:17:54

ANo.89

・・・・安い手に引っかかったな・・・・・まさか釣れるとは思ってもいなかった・・・・
100円のルアーで60cmオーバーのバス釣った気分だ_(‥

しかも、複数アカ持ってること自分で暴露するとも思わんかった。。。。
正直ビックリだよ、、、、

スルーする所でしょう。普通。

って、そんな事どうでもいいので私以外の質問に回答してあげてください。

投稿日時 - 2011-12-09 21:12:12

ANo.88

wwi

違うよ。
数字だけでなくアルファベットも持ってるよ。

それにトンズラ?って?
質問有れば聞かれてもいいが、分け分からん質問されても答えようがないし、質問有れば自分で独立した質問を立ててくれたまえ。
ここは君らが私に質問を繰り返す場所ではない。

それから文字をきちんと読んでくれないと、何を書いても繰り返し繰り返し質問するだけの能無しだらけになりますわよ。
ほっほっほっ!

投稿日時 - 2011-12-09 18:43:08

ANo.87

ww1さんは恐らく二度と書き込みしませんよ。

あの人都合が悪くなると直ぐトンズラするから。
ちなみにこの方も複数IDもっています。もっとも全てWW(数字)ですが・・・

投稿日時 - 2011-12-08 06:42:07

ANo.86

>No.80

>発言者本人に確認もせずに断言するのはいかがなものでしょうね♪
>思い込みがちょっと強すぎるのかなぁ~♪♪♪

公式発表されていない以上、私見です。

>文部科学省は認めたといっていいでしょう。森ゆうこ副大臣の発言に間違いはないと
>大臣が認めていますよ♪♪♪

「副大臣が発言したことは事実である」と言っただけであって、内容が間違っていない
などとは誰も言っていません。

>「前者は人が摂取する食品に対する基準。」ではなく「前者は緊急時人が摂取する
>食品に対する基準。」

いえ、そういう意味で言ったのですが?
で、今回の文部科学副大臣の発言は、いずれにせよ食品に対する基準ではありませんよ。

>誤魔化した?あ~あぁ~言っちゃったよぉ~ん♪♪♪
>これは現職副大臣に対する名誉棄損となると思いますよ♪

厚生労働省やマスコミ当からの批判に対して明確な説明ができていない以上、
「誤魔化し」でしかありません。

>感性の向上を妨げるものに固定観念、思い込み、頑固さというものがあります。
>思考は柔軟に・・・なんですけどねぇ~♪♪♪

価値観や感じ方が同じとは限らない者どうしが議論する際には、客観的事実以外に
拠り所となるものはありません。

投稿日時 - 2011-12-08 00:34:52

ANo.85

>貴方はこの件について私に問いかけしていますよ♪♪♪

本当ですね…たびたび申し訳ない。
ソースを出してくれない人が多いので、理論的な話が全くできません。困ったものです。
お陰で、私が自分で調べてしまいました。


調査結果は、#83としてアップしました。
ソース元は首相官邸(内閣府)ですので、私が新聞を読んでいるか否か、カッコ悪いか否かとは無関係に、一定ライン以上の説得力はあると思います。
このページには現行の暫定規制値が安全だと明記されておりますので、是非お読み下さい。

投稿日時 - 2011-12-08 00:08:34

ANo.84

>ANo.82
>>新聞読まない人は社会人失格との評価を受けやすいのをご存知ですか?
>>もっと新聞読みましょうよ♪♪♪

>私はこの件について、ww1さんに聞いています。
>あなたにとやかく言われる筋合いはありません。


貴方はこの件について私に問いかけしていますよ♪♪♪
大丈夫ですか?成りすましがばれておろおろするのはカッコ悪いですよ♪♪♪


>ANo.71
>bari_saku
>>本日、文部科学省は給食には40ベクレル未満と宣言しました。
>>一応、規制値や基準ではないとの断りを入れていますがね♪
>>これが何を意味するかの想像力は無いのですか?
>>来年度を待つことなく500ベクレルは危険だと国の機関が認めたのですよ♪♪♪
>本日?
>1日の間違いではないでしょうか?
>調べた限りでは出てくる情報は1日のものばかりでしたので、本当に本日6日であるなら、ソースを出して下さい。


>ANo.69
>eextu7
>>ANo.68
>>あなた同様、「来年度から予定されていて」と「年度単位」というよくわからない区切りを明確にした点に違和感を感じたからこそ、その情報は確かなのかと問うたのです。
>本日、文部科学省は給食には40ベクレル未満と宣言しました。
>一応、規制値や基準ではないとの断りを入れていますがね♪
>これが何を意味するかの想像力は無いのですか?
>来年度を待つことなく500ベクレルは危険だと国の機関が認めたのですよ♪♪♪



成りすましと言う卑怯な真似は止めましょう^^♪♪♪

投稿日時 - 2011-12-07 23:33:49

ANo.83

ww1さんがソースを出してくれないので、自力で調べました。

>500Bq/Kgの暫定規制値が危険なので、「来年度から」改定される。この計画は厚生労働省が練ってる。

⇒「500Bq/Kgの暫定規制値が「来年度から」改定される。この計画は厚生労働省が練ってる。」なら、「本当」。
 内閣府のサイトに書いてありました。
 http://www.kantei.go.jp/saigai/syokuhin.html

 ただし「危険なので」が入るとウソ。
 上記URLには「現在でも安全は確保されていますが」とあります。


よって、

>即ち、これまでの500Bq/Kgは危険だと国の機関が認めた。

という一行は「ウソ」。なお、


>学童に対しては、40Bq/Kg以上の汚染に対し、所轄省は危機感を持っている。

は、そもそも言葉が足りないので「解釈不可能」。
「所轄省」とは、ある団体を管轄する省を指す言葉。
肝心の「ある団体」が明確になっていないので、所轄省がどこかも不明。

投稿日時 - 2011-12-07 23:24:35

ANo.82

>?????その発言は貴方にしたものではなかったのですがねぇ~♪♪♪

本当ですね!
私も#76で#75のww1さんにソースを要求しておりましたので、うっかり混同してしまいました。
その点にだけは、陳謝申し上げます。

なお、わたしはlcs1974さんと同一人物ではありません。

では、下記改めまして。

>新聞読まない人は社会人失格との評価を受けやすいのをご存知ですか?
>もっと新聞読みましょうよ♪♪♪

私はこの件について、ww1さんに聞いています。
あなたにとやかく言われる筋合いはありません。

それとww1さん、もし文章があなたの捏造でないなら、ソース元は内閣府の発表を故意にねじ曲げていますので、早急にその点を指摘する必要があります。
あなたがご自身で拾ったソース元をご開示下さることを、重ねて要求します。

※どうねじ曲げているかは、次の回答で書きます。

投稿日時 - 2011-12-07 23:20:49

ANo.81

>ANo.79
>bari_saku
>>ソースソースってうるさいなぁ~♪♪♪感性でわかることもあるんですよ^^♪
>私はこの件について、ww1さんに聞いています。
>あなたには聞いていませんので、うるさいと思われたのでしたらここをご覧にならないことをお勧めします。

?????その発言は貴方にしたものではなかったのですがねぇ~♪♪♪

>ANo.77
>eextu7
>>ANo.70
>>lcs1974
>>>貴方は野菜嫌いなんですよね♪
>>ソースをご提示ください。
>ソースソースってうるさいなぁ~♪♪♪感性でわかることもあるんですよ^^♪

私がlcs1974さんに発言したことを自分に対してのものと思うのはなぜですか???.

ぼろが出たのかな?www

bari_saku=lcs1974と言ってもいいかな?♪♪♪


なんとなく感じていましたが「墓穴を掘る」という日本語がこれほど体感できるの初めてですよ♪♪♪

投稿日時 - 2011-12-07 22:36:44

ANo.80

>ANo.78
>○: 文部科学副大臣が私見を述べた。

発言者本人に確認もせずに断言するのはいかがなものでしょうね♪
思い込みがちょっと強すぎるのかなぁ~♪♪♪

>×: 即ち、これまでの500Bq/Kgは危険だと国の機関が認めた。

文部科学省は認めたといっていいでしょう。森ゆうこ副大臣の発言に間違いはないと大臣が認めていますよ♪♪♪

>○: 即ち、これまでの500Bq/kgと言う基準と、今回の40Bq/kgと言う基準は目的が異なる。前者は人が摂取する食品に対する基準。

残念ですが間違いです♪
「前者は人が摂取する食品に対する基準。」ではなく「前者は緊急時人が摂取する食品に対する基準。」
この違いは結構大きいのですが、感性というかヒトの感度によってはねぇ~♪♪♪

>○: 文部科学副大臣は当初、両基準の違いが頭に入っていなかったために混同した発言をしてしまい、それを厚生労働省から指摘されたが自分の認識不足を正面から認めることができず、「目安」という表現を使って誤魔化した。

誤魔化した?あ~あぁ~言っちゃったよぉ~ん♪♪♪
これは現職副大臣に対する名誉棄損となると思いますよ♪
このような危険な発言を簡単にしてしまう貴方ってヒトは・・・ヤレヤレですね♪

感性の向上を妨げるものに固定観念、思い込み、頑固さというものがあります。
思考は柔軟に・・・なんですけどねぇ~♪♪♪

投稿日時 - 2011-12-07 22:17:30

ANo.79

>ソースソースってうるさいなぁ~♪♪♪感性でわかることもあるんですよ^^♪

私はこの件について、ww1さんに聞いています。
あなたには聞いていませんので、うるさいと思われたのでしたらここをご覧にならないことをお勧めします。

それともww1さんとあなたは同一人物なんでしょうかね。
だからこそ、うっかり出てしまった一言だと。
もし同一人物なら、両方のIDでその旨宣言して下されば信じますよ。

その宣言がない場合、私のww1さんの書き込みに対する情報開示要求について、あなたの口出しは不要ですし、その権利もありません。

投稿日時 - 2011-12-07 22:06:54

ANo.78

×: 文部科学省が示唆した。
○: 文部科学副大臣が私見を述べた。

×: これまでの学校給食の基準が高すぎて危機感を持っていたためだ。
○: 自治体が購入する検査機器の測定感度を確保するためだ。

×: 即ち、これまでの500Bq/Kgは危険だと国の機関が認めた。
○: 即ち、これまでの500Bq/kgと言う基準と、今回の40Bq/kgと言う基準は
   目的が異なる。前者は人が摂取する食品に対する基準。後者は食品を
   測定する装置に要求される基準。

×: 学童に対しては、40Bq/Kg以上の汚染に対し、所轄省は危機感を持っている。
○: 文部科学副大臣は当初、両基準の違いが頭に入っていなかったために
   混同した発言をしてしまい、それを厚生労働省から指摘されたが
   自分の認識不足を正面から認めることができず、「目安」という表現を
   使って誤魔化した。



>科学には感性が必要なのですが…
>感性に乏しい人が語る科学ほどおかしいものはないとご理解されると成長できるかも
>知>れないですね♪
>
>感性を重要視しない人とはかみ合わないですねぇ~♪♪♪


あなたの場合は「感性」ではなく「バイアス」ですね。

投稿日時 - 2011-12-07 13:54:07

ANo.77

>ANo.70
>>本日、文部科学省は給食には40ベクレル未満と宣言しました。
>宣言してないですよ。ニュースをよく確認なさってはいかがでしょうか?

副大臣が宣言し、数日前はその宣言を否定していた大臣が、副大臣の宣言を認めた画期的なニュースなんですが
読み取り能力は人それぞれなんですねぇ~♪♪♪

>>貴方は野菜嫌いなんですよね♪
>ソースをご提示ください。

ソースソースってうるさいなぁ~♪♪♪感性でわかることもあるんですよ^^♪

>私は感性ではなく、科学的根拠に基づいて結論を導いています。
>感性は人によってまちまちで、社会的基準としては使えないからです。

科学には感性が必要なのですが…
感性に乏しい人が語る科学ほどおかしいものはないとご理解されると成長できるかも知れないですね♪

感性を重要視しない人とはかみ合わないですねぇ~♪♪♪


>ANo.71
>調べた限りでは出てくる情報は1日のものばかりでしたので、本当に本日6日であるなら、ソースを出して下さい。

新聞読まない人は社会人失格との評価を受けやすいのをご存知ですか?
もっと新聞読みましょうよ♪♪♪

投稿日時 - 2011-12-07 06:27:03

ANo.76

>500Bq/Kgの暫定規制値が危険なので、「来年度から」改定される。この計画は厚生労働省が練ってる。
>一方、学校給食に使用する食材を40Bq/Kg以下にするよう、文部科学省が示唆した。これまでの学校給食の基準が高すぎて危機感を持っていたためだ。

>即ち、これまでの500Bq/Kgは危険だと国の機関が認めた。
>学童に対しては、40Bq/Kg以上の汚染に対し、所轄省は危機感を持っている。

???
何度も何度もあなたに聞いていると思いますが、そのソースは?
また文科省が、意見を翻したのですか?



>そして、恐らく全ての人が、その二人に、あの二人に、アレとソレに、危機感と危険感を持ってる。

さっぱり意味がわかりません。
それに、少なくとも私は危機感も危険感も持っていません。

50ベクレル以上の食品は販売しないという厳しい自主規制を行っているイオンですら、自社サイトで「(暫定規制値については)それを上回る食品を一時的に飲食した場合であっても、健康に悪影響が生じるというものではないとされています。」とうたっています。

http://www.aeon.jp/information/radioactivity/qa.html

しかもイオンの検査結果によると、国の1/4~1/10というイオンの厳しい基準値の50ベクレルを超えた食品ですら、8~10月の3ヶ月間はほとんど見つかっていません。

http://www.aeon.jp/information/radioactivity/results.html
※「2011年3月から10月度までのイオンの自主検査結果」の項参照

全数検査ではありませんから、基準値を超えた食品がすり抜けている可能性がゼロだとは言いませんが、健康被害が出る可能性は問題にしなくてもいいほど小さいと思います。

なお、このイオンのデータを見て驚いたのが、検出限界値が想像より高かったことです。
※検出限界値とは、「これ以上小さいと原発由来か自然由来か判断できません」という数値。
 詳しくは、下記URLをご覧下さい。
 http://trustrad.sixcore.jp/detection_limit.html

イオンの検査サンプル、セシウム134・セシウム137・ヨウ素131の検出限界値を合計すると、50ベクレルを超えるものもあるのですが…
それだけイオンの基準が厳しい(そこまで厳しいことに意味があるのかと思うくらい)ものであるということですね。

なので思うんですが、文科省基準をさらに低い40ベクレルにする意味って、あるんでしょうかね。
もし仮に40にした場合、イオンの資料を見る限りでは、自然由来か原発由来かの判断ができないケースが普通にありそうで、意味がないと思うんですけど。

投稿日時 - 2011-12-07 02:16:32

ANo.75

ww1

500Bq/Kgの暫定規制値が危険なので、「来年度から」改定される。この計画は厚生労働省が練ってる。
一方、学校給食に使用する食材を40Bq/Kg以下にするよう、文部科学省が示唆した。これまでの学校給食の基準が高すぎて危機感を持っていたためだ。

即ち、これまでの500Bq/Kgは危険だと国の機関が認めた。
学童に対しては、40Bq/Kg以上の汚染に対し、所轄省は危機感を持っている。

そして、恐らく全ての人が、その二人に、あの二人に、アレとソレに、危機感と危険感を持ってる。

投稿日時 - 2011-12-07 00:33:54

ANo.74

>ww1さん

情報ありがとうございます。
URLの書きっぷりですと、40ベクレル以上の線量が危険とは思えませんし、厚労相が決めている現在のガイドラインを早急に見直すべきという意向は読み取れませんね。

とりあえず現行の基準で問題なさそうなので、学校給食の線量の論議については、文科省の見解が落ち着くまで待った方がいいように思います。
(厚労省合意の上の見解が出るまでは、内容が変わり続けるように思います)
今後この調子でいちいち修正を出されては、我々も振り回されるだけです。

投稿日時 - 2011-12-07 00:18:06

ANo.73

>No.72

情報ありがとうございます。やはりNo.69の

>来年度を待つことなく500ベクレルは危険だと国の機関が認めたのですよ♪♪♪

はウソだったのですね。

投稿日時 - 2011-12-06 23:52:05

ANo.72

ww1

放射能を食べ過ぎるとそういうように脳に器質障害を起こすそうです。
低線量でもそうなるんですって!
脳を守る為にも放射能には注意しないとダメですねー。

それで、給食の40Bq/Kgの件は、

--------- 東京新聞 ----------------
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2011120602000189.html
給食40ベクレル 文科相「暫定の目安」
2011年12月6日 夕刊

 学校給食の食材の放射線検査に関し、文部科学省が示した「一キログラムあたり四〇ベクレル以下」との目安をめぐり混乱が広がっている問題で、中川正春文科相は六日、閣議後の記者会見で、四〇ベクレルは検査機器の選考の目安との認識をあらためて強調した上で、■■■給食食材についても自治体が参考にする暫定的な安全の目安になる■■■、との見解を示した。

 食品については国が新たな規制値を策定中で、来年四月から適用される。中川文科相は「適用までの期間は、自治体が(給食食材を献立から除くなどの)■■■判断をする目安の参考になる■■■」と説明。四月以降の給食については「あらためて考えていきたい」とした。

 厚生労働省との調整については「法的な基準ではなかったが、事前に相談しておく必要があった」と陳謝した。

 この問題では、文科省が十一月三十日、給食食材の検査機器の購入費を補助する条件を東日本の十七都県教委に通知。一キログラムあたり四〇ベクレル以下を検出できる高性能の機種を補助対象とした。

 この際に、給食食材が■■■四〇ベクレルを超えた場合は献立から除く■■■などの対応を例示。これを踏まえ、同省の森裕子副大臣は今月一日、四〇ベクレルを給食食材の安全の目安とする趣旨で説明したが、中川文科相は二日の会見で「検査機器選定の目安」と話し、食い違いを見せていた。中川文科相は六日、「両者とも同じことを言っていたが、強調する部分が違っていた」と釈明した。

 小宮山洋子厚労相は六日の閣議後会見で「法に基づく基準は厚労省が担当している。事前に相談があってしかるべきだった」と文科省の対応に不快感を示し、「現場が混乱しないよう文科省と調整を続けていきたい」と述べた。

投稿日時 - 2011-12-06 23:40:25

ANo.71

>本日、文部科学省は給食には40ベクレル未満と宣言しました。
>一応、規制値や基準ではないとの断りを入れていますがね♪
>これが何を意味するかの想像力は無いのですか?
>来年度を待つことなく500ベクレルは危険だと国の機関が認めたのですよ♪♪♪

本日?
1日の間違いではないでしょうか?

学校給食は40ベクレル以下に 放射性物質で初の目安
http://www.47news.jp/CN/201112/CN2011120101001043.html

調べた限りでは出てくる情報は1日のものばかりでしたので、本当に本日6日であるなら、ソースを出して下さい。
で、下記はその翌日、2日のニュース。

放射性物質:文科相が釈明「給食40ベクレル以下は誤解」
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20111202k0000e010154000c.html

ちなみに文科省のサイトも検索してみましたが、2日より新しい情報はありませんでした。

投稿日時 - 2011-12-06 23:30:30

ANo.70

>本日、文部科学省は給食には40ベクレル未満と宣言しました。

宣言してないですよ。ニュースをよく確認なさってはいかがでしょうか?

>これが何を意味するかの想像力は無いのですか?
>来年度を待つことなく500ベクレルは危険だと国の機関が認めたのですよ♪♪♪
>
>もう少し現実を把握できるように努力すべきではないでしょうか^^

その前にまず、もう少し「事実」を把握できるように努力すべきではないでしょうか。

>貴方は野菜嫌いなんですよね♪

ソースをご提示ください。
ちなみに私の計算は、自分を基準に取ったものではありません。
No.67に明記したとおり、2倍多く仮定しても、結論は変わりません。その部分は
目に入らなかったのでしょうか?

>事前調査でほとんどが出荷オッケーだったのに、現時点で福島市の10%が出荷停止
>だそうですよ♪♪♪
>これが大変なことと思うか、たいしたこはないと思うかは、感性の問題です。
>貴方の感性はいかがなものでしょうね♪♪♪

私は感性ではなく、科学的根拠に基づいて結論を導いています。
感性は人によってまちまちで、社会的基準としては使えないからです。

>オウム返しばっかりは恥ずかしいことと認識すべきです。   よっ♪♪♪

音符だらけの書き込みは恥ずかしいのでそれだけは真似するのを避けているのですが、
お気づきになりませんでした?

投稿日時 - 2011-12-06 23:24:16

ANo.69

>ANo.68
>あなた同様、「来年度から予定されていて」と「年度単位」というよくわからない区切りを明確にした点に違和感を感じたからこそ、その情報は確かなのかと問うたのです。

本日、文部科学省は給食には40ベクレル未満と宣言しました。
一応、規制値や基準ではないとの断りを入れていますがね♪
これが何を意味するかの想像力は無いのですか?
来年度を待つことなく500ベクレルは危険だと国の機関が認めたのですよ♪♪♪

もう少し現実を把握できるように努力すべきではないでしょうか^^


>ANo.67
>その「知恵のある成人の摂取する野菜の量」は、どのようにして調査されたのでしょう?
>それをご説明なさらない限り、説得力はありません。

貴方は野菜嫌いなんですよね♪
食べ物の好き嫌いの激しい人は、許容範囲の狭い傾向があると私は思いますよ♪♪♪

>どれくらいの頻度で発見されているか、確認されましたか?

事前調査でほとんどが出荷オッケーだったのに、現時点で福島市の10%が出荷停止だそうですよ♪♪♪
これが大変なことと思うか、たいしたこはないと思うかは、感性の問題です。
貴方の感性はいかがなものでしょうね♪♪♪

>単純な皮肉も理解できないようでしたら、やはり日本語の把握力に課題がありますね。

オウム返しばっかりは恥ずかしいことと認識すべきです。   よっ♪♪♪

投稿日時 - 2011-12-06 23:02:08

ANo.68

>現時点で50ベクレルの自主規制を行っている食材提供業者も出てきました。
>イオンではもっと厳しい自主規制を行っています。
>そういう世の中の流れの中で「来年度」の言葉に固執するのは子供レベルの上げ足取りですよ♪♪♪
>と、申したつもりなんですが…

私も思う所は全く同じです。
あなた同様、「来年度から予定されていて」と「年度単位」というよくわからない区切りを明確にした点に違和感を感じたからこそ、その情報は確かなのかと問うたのです。
それを決めた誰か(もしこの情報が確かなら、ソース元は法的拘束力がある存在でしょうが)が、年度単位に固執しているということですからね。

…ま、外野が言い争っても意味がありません。
ここはひとまず、ww1さんの書き込みを待つことにしましょう。

投稿日時 - 2011-12-06 22:14:53

ANo.67

>No.66
>日高屋さんは放射能自主検査を行っていましたっけ?
>無いものねだりは、お子様の思考だと思います♪

日高屋さんを名指しで例として持ち出されたのはあなたの方です。
名指しで取り上げられた以上、当然お調べになられてますよね?

>それより、知恵のある成人の摂取する野菜の量の半分以下で試算することのおかしさを
>指摘した意図は気づいてもらえなかったようですね♪♪♪

その「知恵のある成人の摂取する野菜の量」は、どのようにして調査されたのでしょう?
それをご説明なさらない限り、説得力はありません。
ちなみに、
(1) 農林水産省が公表しているデータによれば、野菜の消費量は昭和60年以降
  減少し続けており、平成20年には1人あたり年間93kgです。
(2) 仮に年間の野菜の摂取量が先の私の計算の2倍だとしても、結論は同じです。


>今日の新聞でまたセシウム米が発見の報道されました…
>大々的に行われた事前検査は何だったのでしょうね?♪♪♪
>つらいことですが、作ってはいけない地域があるということでしょう。

それで全てと思うのは現状把握に課題がありますね。
どれくらいの頻度で発見されているか、確認されましたか?

>私の文面からそのように読み取られたのなら、日本語の把握力に課題がありますよ♪♪♪

単純な皮肉も理解できないようでしたら、やはり日本語の把握力に課題がありますね。

投稿日時 - 2011-12-06 14:48:41

ANo.66

>ANo.63
>>暫定規制値の見直しの動きを知らない人がいるなんて…はっきり言って驚きです♪♪♪
>URL拝見しましたが、どちらも「来年度」「24年度」とはどこにも書いてないですね。

現時点で50ベクレルの自主規制を行っている食材提供業者も出てきました。
イオンではもっと厳しい自主規制を行っています。
そういう世の中の流れの中で「来年度」の言葉に固執するのは子供レベルの上げ足取りですよ♪♪♪
と、申したつもりなんですが…



>ANo.65
>正しい現状認識を得るためには、当然日高屋が使用している野菜に含まれる放射能を
>調べて知っておく必要がありますよね。

日高屋さんは放射能自主検査を行っていましたっけ?
無いものねだりは、お子様の思考だと思います♪
それより、知恵のある成人の摂取する野菜の量の半分以下で試算することのおかしさを指摘した意図は気づいてもらえなかったようですね♪♪♪


>どうぞ http://yasaikensa.cloudapp.net/browsebyproduct.aspx で納得のゆくまで
>お調べになってください。「現状を正しく認識」するために。

これで全てと思うのは現状把握に課題があると思われますよ♪
今日の新聞でまたセシウム米が発見の報道されました…
大々的に行われた事前検査は何だったのでしょうね?♪♪♪
つらいことですが、作ってはいけない地域があるということでしょう。


>>現状把握能力に課題のあるヒトは結構多いようですね♪♪♪
>というのは、文部科学副大臣のことをおっしゃったのですよね?

私の文面からそのように読み取られたのなら、日本語の把握力に課題がありますよ♪♪♪

投稿日時 - 2011-12-06 06:10:15

ANo.65

>日高屋の野菜たっぷりタンメンには一食で350gの野菜が入って大人気です。
>健康を意識する知性のある一般的な成人は一日350g以上の野菜を摂取します。
>1年間で計算すると140kgくらいかな?♪

正しい現状認識を得るためには、当然日高屋が使用している野菜に含まれる放射能を
調べて知っておく必要がありますよね。

>そして米は?福島産のセシウム米はこれからも市場を賑わし続けるでしょう♪
>
>魚は? 東北地方の太平洋沿岸の魚はきれい?
>
>放射性セシウムの摂取ルートは野菜だけでなくありとあらゆるものを考慮するのが
>知恵ですよ♪♪♪

どうぞ http://yasaikensa.cloudapp.net/browsebyproduct.aspx で納得のゆくまで
お調べになってください。「現状を正しく認識」するために。

>現状認識を誤って考察された意見ほど説得力の乏しいものはないです。

いえ、それよりももっと説得力の無い意見をNo.62で拝見しました。
正誤以前に、現状を知らずに考察された意見を「机上の空論」と言います。

ちなみに、

>基準値内の499ベクレルを食べ続けて問題になるような影響が表れる可能性が低ければ、>文部科学副大臣が学校給食に40ベクレルの規準を宣言するようなことはないでしょう^^
>
>現状把握能力に課題のあるヒトは結構多いようですね♪♪♪

というのは、文部科学副大臣のことをおっしゃったのですよね?

投稿日時 - 2011-12-06 00:04:38

ANo.64

ww1さん

http://okwave.jp/qa/q7171647.html

あなたは↑の#4(回答日時:2011/12/05 11:27)で「経口摂取の被曝係数」について述べられていますが、これは#53でlcs1974さんがアップ(回答日時:2011/12/04 23:12)して下さった「実効線量計数」ですよね。

他人のふんどしで相撲をとるべきではないと思いますし、ソース元のlcs1974さんが#59、61でその積算は無意味だと仰っているのですから、使うべきだとは思えません。

投稿日時 - 2011-12-05 23:37:09

ANo.63

>暫定規制値の見直しの動きを知らない人がいるなんて…はっきり言って驚きです♪♪♪

URL拝見しましたが、どちらも「来年度」「24年度」とはどこにも書いてないですね。

>暫定規制値の変更が来年度から予定されていて

私は「給食用食材の見直しの動き」は存じておりますが、「来年度に予定されている見直しの話」は存じません。
「来年度に予定されている見直しの話」のソースはどこですか? とww1さんに聞いていますので、その点は誤解なきよう。

投稿日時 - 2011-12-05 22:52:53

ANo.62

>ANo.53
>たとえば野菜の場合、基準値は 500Bq/kgで、一般的な成人が1年間に摂取する
>野菜の量は 60~70kgです。したがって放射性物質の摂取量としては 30000~35000Bq
>ということになります。

現状認識に誤りがありますね♪
日高屋の野菜たっぷりタンメンには一食で350gの野菜が入って大人気です。
健康を意識する知性のある一般的な成人は一日350g以上の野菜を摂取します。
1年間で計算すると140kgくらいかな?♪

そして米は?福島産のセシウム米はこれからも市場を賑わし続けるでしょう♪

魚は? 東北地方の太平洋沿岸の魚はきれい?

放射性セシウムの摂取ルートは野菜だけでなくありとあらゆるものを考慮するのが知恵ですよ♪♪♪

現状認識を誤って考察された意見ほど説得力の乏しいものはないです。

>その仮定自体が非現実的ならば、その計算結果も無意味です。

おっしゃるとおり♪♪♪


ANo.56
>>暫定規制値の変更が来年度から予定されていて

>これも本当ですか?ソースは?
>「暫定規制値 変更 24年度」で検索しても、何も出てこないんですが。
>そもそも、変更しなければならないほど危険なら、年度単位なんて悠長なことはしないと思うんですが。

暫定規制値の見直しの動きを知らない人がいるなんて…はっきり言って驚きです♪♪♪


朝日新聞
http://www.asahi.com/edu/news/TKY201111300868.html

日経新聞
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819695E2E3E2E0EA8DE2E3E3E0E0E2E3E39191E3E2E2E2

投稿日時 - 2011-12-05 22:16:55

ANo.61

>チミがICRPの換算係数に関して誤った理解を持っていると思われたので、それを指摘すると>
>共にその正しい意味を用いて計算をしてあげた。そういうこと。

換算計数はNo.53に示したとおりで間違いありません。

>50年間で「28.5~33.5mSv」と言ったらその数字の大きさにビビッて一気に全否定に
>回ったらしいんだが、ここでビビルもチミの年間「0.57~0.67mSv」も、両者の数字は
>同じもんですよ。

同じものではありません。「0.57~0.67mSv」というのは、基準値に等しい134Csを含む
野菜を「1年間」摂取した場合の内部被曝量であって、50年間の被曝量については
何の情報も担っていません。
「50年間 同じ放射能を持つ野菜を摂取し続けた場合」にのみ、年間0.57~0.67mSvの被曝が
28.5~33.5mSvの累積被曝に相当するようになりますが、その「50年間 同じ放射能を持つ
野菜を摂取し続けた場合」というのは、あなたが勝手に仮定した条件です。

投稿日時 - 2011-12-05 20:37:28

ANo.60

ww1

そうじゃなくて。
チミがICRPの換算係数に関して誤った理解を持っていると思われたので、それを指摘すると共にその正しい意味を用いて計算をしてあげた。そういうこと。
それにくわえ、どうもチミは物の評価法の基準がおかしい。
50年間で「28.5~33.5mSv」と言ったらその数字の大きさにビビッて一気に全否定に回ったらしいんだが、ここでビビルもチミの年間「0.57~0.67mSv」も、両者の数字は同じもんですよ。

投稿日時 - 2011-12-05 14:22:36

ANo.59

私は

>線量当量は (5.7~6.7)×10^-4Sv、すなわち0.57~0.67mSv

までは書きましたが、

>↓
>基準値の野菜を毎日50年間食べ続けた場合は、この50倍になるから28.5~33.5mSvになる。

とそれ以降は、No.58の勝手な仮定に基づく計算です。

その仮定自体が非現実的ならば、その計算結果も無意味です。

投稿日時 - 2011-12-05 12:32:01

ANo.58

ww1

何を言ってるのだろうか…
ANo53 で君が用いた数値を使用し、君の計算をなぞって説明しているのに。
チミの計算

基準値は 500Bq/kg
一般的な成人が1年間に摂取する野菜の量は 60~70kg
放射性物質の摂取量としては 30000~35000Bq
経口摂取した場合の実効線量計数は 1.9×10^-8Sv/Bqと1.3×10^-8Sv/Bq
1.9の方を採用
線量当量は (5.7~6.7)×10^-4Sv、すなわち0.57~0.67mSv

基準値の野菜を毎日50年間食べ続けた場合は、この50倍になるから28.5~33.5mSvになる。


以上がチミの計算であったが、チミの新規の条件に付いては、
全ての食品に関して計算してみれば、
1日に暫定規制値500Bq/Kgの食品を1.5Kgを食べるとする。
1年間に食べる量は27万Bq。
チミのように係数1.9×10^-8Sv/Bqを採用するとして、
5.1×10^-3Sv、 即ち1年間当たり5mSvになる。

基準値の食品を毎日50年間1.5Kgずつ食べ続けた場合は、この50倍になるから250mSvになる。

投稿日時 - 2011-12-05 11:13:27

ANo.57

>放射能汚染食材を食べた瞬間にその量の被曝があるわけではない。
>その被曝量は食べた時から50年間、若しくは70歳になるまでの総合被曝量。
>その放射能汚染物を毎年毎年食べ続けていけば、50年後には28.5~33.5mSvになる。
>そういう計算のやり方が正しい。
>この他にも肉も食べれば魚も食べ、ご飯も食べれば牛乳も飲む。

いえ、その計算は間違っています。その計算には、その人が摂取する食品の放射能が
すべて基準値に達しているという、特殊な条件が恣意的に仮定されているからです。
No. 53は、あくまでも「基準値に等しい放射能を含む野菜を1年間摂取し続けた場合、
そのことによって発生する影響」だけに言及したまでです。

No.55のように総被曝量を問題にするのであれば、市民の標準的な食生活における
各食品の消費量を勘案し、それらの食品の放射能を掛けて合算するのが正しい計算です。

で、実際にその計算をおやりになってみれば、非常に危険なラインどころか
一生の間に20mSvにもならないことがおわかりになると思います。

投稿日時 - 2011-12-05 07:58:43

ANo.56

>その放射能汚染物を毎年毎年食べ続けていけば、50年後には28.5~33.5mSvになる。そういう計算のやり方が正しい。

そんな計算、聞いたことないですよ。
ニュースでも政府が出している資料でも、知る限りでは「1年間でどれだけ被ばくしたか」という考え方ばかりですけど。
どこのどなたさんが主張している手法ですか?


>暫定規制値の変更が来年度から予定されていて

これも本当ですか?ソースは?
「暫定規制値 変更 24年度」で検索しても、何も出てこないんですが。
そもそも、変更しなければならないほど危険なら、年度単位なんて悠長なことはしないと思うんですが。

投稿日時 - 2011-12-05 02:20:54

ANo.55

ww1

その計算の仕方は間違ってるな。
放射能汚染食材を食べた瞬間にその量の被曝があるわけではない。
その被曝量は食べた時から50年間、若しくは70歳になるまでの総合被曝量。
その放射能汚染物を毎年毎年食べ続けていけば、50年後には28.5~33.5mSvになる。そういう計算のやり方が正しい。
この他にも肉も食べれば魚も食べ、ご飯も食べれば牛乳も飲む。
それら総合的な放射能管理が必要ですよ。

暫定規制値の変更が来年度から予定されていて、人が一生の間に食べていい放射能を100mSvに定める。
20歳未満の放射線感受性を成人の2倍と見積もり、よって人が1年間に食べていい放射能を1mSvとする。
この「食べていい放射能」1mSvと0.57~0.67mSvを比較すれば、非常に危険なラインであると認識される。人は他の食品も食べるからだ。
この評価法は、国の委員会が決定したんだから、チミも「それは危険である!」と判断するよう、法的に求められるのだよ?

ほっほっほっ! である。

投稿日時 - 2011-12-05 01:54:13

ANo.54

>放射性物質の量が多ければ放射線量は高くなるが、【堆積物】は【土壌】の表面に堆積している移動可能な物体として考えてる。
>堆積物を棒で突付けばバラバラになるし、ホウキで掃けばチリトリに取れる。
>必ずしもいつもそうであるわけじゃないが、土壌内の放射性物質は土壌と分離しずらく、堆積物中の放射性物質は土壌から堆積物と共に移動しやすい。
>よってここでは大雑把に堆積物その物を表面汚染物として考えてる。
>より正確に言えば、堆積物中の放射性物質が危険物だが、その危険物は堆積物と共に移動する… ということ。

なるほど、堆積物はより拡散しやすいということでしょうか。
ご説明はよくわかりました。
ただ、今回の場合は周辺の線量が低いですから、過剰に心配するほどのことでもないですよね?
サンプルを採取したのは9月及び10月ですから、原発事故発生後に延々と蓄積され、拡散し続けた挙げ句の周辺の低い線量ですから。

で、この質問の本来の疑問点

>かなりの放射能が撒き散らかされてそれを徐々に体に蓄積してるってことだよね?
>遠く離れてても毎日の食品から内部被曝してるらしいけど皆はどう思ってるな?

ですが、内部被ばくはゼロではないでしょうが健康への影響は心配しなくてよさそうですよ質問者さん。

投稿日時 - 2011-12-05 01:49:31

ANo.53

たとえば野菜の場合、基準値は 500Bq/kgで、一般的な成人が1年間に摂取する
野菜の量は 60~70kgです。したがって放射性物質の摂取量としては 30000~35000Bq
ということになります。
現在、野菜等に含有されている放射性物質はほとんど 134Cs、137Csですが、
それらを経口摂取した場合の実効線量計数は 1.9×10^-8Sv/Bqと1.3×10^-8Sv/Bqです。
より大きい134Csがすべてだとしますと、30000~35000Bqを経口摂取した場合、
線量当量は (5.7~6.7)×10^-4Sv、すなわち0.57~0.67mSvです。
つまり、基準値の野菜を毎日食べ続けても、問題になる被曝量にはなりません。

投稿日時 - 2011-12-04 23:12:49

ANo.52

>食品経由の内部被曝については、基準値を超えるものを摂取しないように注意している限り、通常の食品にもともと含まれている放射性物質の影響に比べて問題になるような影響は現れません。

現時点での食物の内部被爆に関する基準値は500ベクレル/kgです。

基準値内の499ベクレルを食べ続けて問題になるような影響が表れる可能性が低ければ、文部科学副大臣が学校給食に40ベクレルの規準を宣言するようなことはないでしょう^^

現状把握能力に課題のあるヒトは結構多いようですね♪♪♪

投稿日時 - 2011-12-04 22:37:30

ANo.51

No.5以降、質問の趣旨から完全に外れているようですが、
食品経由の内部被曝については、基準値を超えるものを摂取しないように注意している限り、
通常の食品にもともと含まれている放射性物質の影響に比べて問題になるような影響は
現れません。

投稿日時 - 2011-12-04 18:19:13

ANo.50

ww1

その話のrkobayashiは単位面積あたりの放射性物質の密度を自分で勝手に決めてるんだよね。
勝手に決めた状況下で勝手な放射線量を算出して、それが私の数値と異なるとして攻撃しているわけ。
そんなん、比較できると思う事こそ自体がほとんどバカで、科学的知性の欠如が推し量られる。
しかもその計算説明をしている過程で、専門家なら誰もが持ってるはずの常識を知らない事までバレてしまってる。

多分、私の説明が不足なのでもっと吐き出させてみたかったんでしょう。
私はわざと言わないからね。
だから、言え!言え!という事なんだろうな。知識を私から習得したかったんだろう。

放射性物質の量が多ければ放射線量は高くなるが、【堆積物】は【土壌】の表面に堆積している移動可能な物体として考えてる。
堆積物を棒で突付けばバラバラになるし、ホウキで掃けばチリトリに取れる。
必ずしもいつもそうであるわけじゃないが、土壌内の放射性物質は土壌と分離しずらく、堆積物中の放射性物質は土壌から堆積物と共に移動しやすい。
よってここでは大雑把に堆積物その物を表面汚染物として考えてる。
より正確に言えば、堆積物中の放射性物質が危険物だが、その危険物は堆積物と共に移動する… ということ。

こーゆーこと。
バーカにいちいち説明するのが面倒だった為、ただのバーカ!という回答になってたわけ。

投稿日時 - 2011-12-04 16:59:22

ANo.49

>答えようにもひとつ前の質問は意味が不明。
>前のゴタクの繋がりだと思うが、それを考えても思考過程が全然分からん。もはや病気並みの扱いしてますんですが…
>どうしても回答が欲しいんなら、新たに質問を立ててみて、その中でくっきりと質問事項を浮かび上がらせてくれませんか。

新たな質問はやめておきましょう。
今後の閲覧者にリンクを辿らせるのが申し訳ないです。



>そこを堆積物と土壌の線量を横並びで比較できる数値を出したのが、文科省及び横浜市の報告ではないのでしょうか?
>そのように理解していたのですが、違うのでしょうか?
>というか横並びで比較できないと、数字を出している意味がないと思うのですが。

こちらの件ですが、#34で

>私が一々、【堆積物中】【土壌中】と、このように書いてる意味、分かりますか。

とありましたので、この2つは横並びで比べてはいけない要因があるのかと思いました。



>測定しているんでしょうよ。
>1m高の放射線量は測定したんだから、ずっと近づけた際の放射線量も計っている。

測ったデータがあるのなら、推量よりもそちらの方がずっといいのでは?



>既に延べたように無限大平面に例のサンプルを通常の有り様で敷き並べた場合、予想される空間線量率はほぼ5μSv/hになる。
>これを1μSv/hのはずだとして煩いのがrkobayashi。彼の1μSv/hと私の5μSv/hは性格が違ってるだろうに。

堆積物の総量はどのくらいでしょうか?
周辺の土壌の線量が低いことから、仮にあなたの計算が正しいとしても堆積物の量はわずかだと思います。
rkobayashiさんも仰っておられますが、無限大平面に広げた場合の値を出すことの意味がわかりませんし、仮に5μSv/hだったとしても、その場に人がいなければ危険性は極小だと思います。
不特定多数の人がその場にとどまり続ける可能性が高いエリアの線量が高いなら、確かに警戒する意味はあると思いますが…

投稿日時 - 2011-12-04 14:16:15

ANo.48

ww1

答えようにもひとつ前の質問は意味が不明。
前のゴタクの繋がりだと思うが、それを考えても思考過程が全然分からん。もはや病気並みの扱いしてますんですが…
どうしても回答が欲しいんなら、新たに質問を立ててみて、その中でくっきりと質問事項を浮かび上がらせてくれませんか。
なんなら私が替わりに立ててみます?誰も意味が分からんと思われるが。

今度の質問は
> 「防護服でも何でも着て、その場に行って測ればいいのに」

測定しているんでしょうよ。
1m高の放射線量は測定したんだから、ずっと近づけた際の放射線量も計っている。
既に延べたように無限大平面に例のサンプルを通常の有り様で敷き並べた場合、予想される空間線量率はほぼ5μSv/hになる。
これを1μSv/hのはずだとして煩いのがrkobayashi。彼の1μSv/hと私の5μSv/hは性格が違ってるだろうに。

自分の枠の中に閉じこもって出てこないみたいな人ですね。科学分野での自閉症みたいなもんかと。

投稿日時 - 2011-12-03 15:51:23

ANo.47

やっぱり#36は放置のまま終わりなんでしょうかね。

学校の試験のようにきちんと答えが出せるものではないことは重々承知ですが、関東市街地のホットスポットレベルの話で、TVで「推量を行うべき」なんて言う学者先生がいたら、「防護服でも何でも着て、その場に行って測ればいいのに」と素人は思います。
測れない理由があるのでしょうか?

投稿日時 - 2011-12-03 03:10:58

ANo.46

ww1

さて、、私の回答の趣旨は
■■■ ANo.41 ■■■
ですのでよくご覧ください。

その他、【ANo.23】に関連して、
拡散して堆積した放射能の危険度判断において、問題の核心は「放射能濃度」です。別の言い方をすれば問題の核心となるのはこのケースでは「放射性物質の単位面積あたりの存在量」です。

しかしこの面積当たりの「放射能濃度」を自在に伸び縮みさせて可変量として扱い、その上で固定数としての放射線量を導き出す方法が紹介されているのですが(そのおかしさに気が付いてません?)、その方法では一体何をしたいのか、さっぱり見えてきません。
この場合は私の提示したようにように「現実に立脚したある程度妥当な諸データを想定した上での推量」を行なうべきです。
つまりはその推量こそがこの場合の趣旨であり、その他の作業はその推量によって導き出される只の結果に過ぎません。

また、大変気になるのは無限縁若しくは遠方からの放射線をばっさりカットして放射線量を求めてられているのですが、それはそれでいいのですが、別の手法に寄って私が導き出した数値との相違を殊更あげつらってとやかく言うのは、、、なんなんでしょうね。
その辺、物理学的な原理そのもの、放射線やらその辺の理解が誤っている可能性があります。
その他にもいくつか気になる言葉遣いや考え方が見られるのですが、なんなんです?

その他、若干注釈しておくとすれば、
自然半減期と生物学的半減期については、放射性物質の基礎的性格における原則を下のほうで述べておきました。
放射性物質の基礎的な性格で、それが全てを決定するのでは毛頭無いんですが、こんな所にもケチつけてましたね。
他にも人工放射性物質の偏在性についてだとか、放射性セシウムの人体内限界量だとか。
後者については、上の生物学的半減期と1日当たりの摂取量の相関関係で人体内放射性物質の総量が決定付けられてるだけですよ。
しかも長期的な視野の上での蓄積量であり、短日時には当然それを遥かに上回る人体内含有量は実現します。
しかし彼にはそういう部分への理解が無いみたいですね。
仮にも常人の100倍の放射性セシウムを毎日摂取しているのであれば体内蓄積量も一際大きくなるんだろうと思ってます。


また、個人情報と自称して勝手に身分をわめいている人が居ますが、必ずしも本当の事を言っているケースばかりではないので、そのつもりでいたほうが万事につけて良いですよ。

投稿日時 - 2011-12-03 02:32:06

ANo.45

すみません、#36は放置のまま終わりですか?


>その上、堆積物というのは、棒でかき混ぜればバラバラになるんですよ。表面が露呈してくる。
>内側に大量の表面を内包して、堆積物となってる。腐葉土も同じですね。単なるゴミも同じ。

そこを堆積物と土壌の線量を横並びで比較できる数値を出したのが、文科省及び横浜市の報告ではないのでしょうか?
そのように理解していたのですが、違うのでしょうか?
というか横並びで比較できないと、数字を出している意味がないと思うのですが。


↑ここの点だけでも素人にわかりやすく教えてもらえませんか?
ご懸念の横浜市の堆積物は既に撤去されているようですが、今後も出るであろう文科省や自治体のデータを間違って認識してしまうと危険なので。

投稿日時 - 2011-12-03 02:31:30

ANo.44

ww1

質問が〆られる前に質問者さんの返事をどこかの返信欄に貰いたかったが、述べ質問数も多い人だし、今回はゴタクも多かったですわねぇ。
最後のゴタクのrkobayashiも恐らくもうここには戻ってこないだろうし、後は私が閉めるだけみたいになってますが、一応、このスレッドで最も有意義なのは

■■■ ANo.41 ■■■

ですので、質問者さんもよくご覧ください。

ゴタクのもう1人のbari_sakuはド素人だと分かるんですが、rkobayashiも素人ですね。
若しくは物凄い「専門バカ」ですわ。
何か知らんが自称個人情報などを勝手にわめいてましたが、本当とは限りませんので、閲覧者の皆さんも勘違いしないほうがいいですよ。
時として他人に成りすましておかしな振る舞いに及ぶ変質者も存在しますが、そういう可能性もあります。
NETであからさまな個人情報?を自分でわめき散らす非常識さを見れば、
1.おかしな人?
2.誰かの成りすまし?
3.自分の格付けのための偽称?
4.人格的な障害者?
いずれか知りませんが、1のもう少し下の「少し軽い人?」なのかも?ネットに物凄く不慣れだとか?
私は2なんじゃないかと思ってました。事実は知りませんけど。。


下のほうの話が議論めいた事になってましたが、その内容に少し触れておけば、
拡散して堆積した放射能の危険度判断において、問題の核心は「放射能濃度」です。別の言い方をすれば問題の核心となるのは「放射性物質の単位面積あたりの存在量」です。

しかしrkobayashiはこの「放射能濃度」を自在に伸び縮みさせ、可変量として扱い、その上で個定数としての放射線量を導き出した。
これは丸きりのデタラメなやり方です。
ま、私も「チミの推量する数値を導き出したまえ」なんて言ってましたんで、怯えて苦し紛れに変な数字を出してきたんだろうと思いますが、それにしてもやり方がド素人過ぎて話になりません。
この場合は私のように「ある程度の現実に立脚した諸データを想定した上での推量」を行なうべきです。
また、無限縁若しくは遠方からの放射線をばっさりカットし、そのうえで私の導き出した数値をケナス… となってくると、もうこの辺で彼をド素人扱いしない専門家は皆無かと。

なので私も彼をド素人扱いします。或いは好意的に見ても物凄い「専門バカ」の人ですね。


その他、何点かわめいていたようですが、もう彼も出てこないでしょうから注釈する機会も無いので、、
自然半減期と生物学的半減期については、放射性物質の基礎的性格における原則を下のほうで述べておきました。
放射性物質の基礎的な性格で、それが全てを決定するのでは毛頭無いんですが、rkobayashiはケチの付け所を見つけるのが難しかったのか、こんな所にもケチつけてましたね。
他にも人工放射性物質の偏在性についてだとか、放射性セシウムの人体内限界量だとか。
後者については、上の生物学的半減期と1日当たりの摂取量の相関関係で人体内放射性物質の総量が決定付けられてるだけですよ。
しかも長期的な視野の上での蓄積量であり、短日時には当然それを遥かに上回る人体内含有量は実現します。
しかし彼にはそういう部分への理解が無いみたいですね。
仮にも常人の100倍の放射性セシウムを毎日摂取しているのであれば体内蓄積量も一際大きくなるんだろうと思ってます。

投稿日時 - 2011-12-03 00:57:19

ANo.43

ww1

ほほうww
しらばくれるんですね?
後に私が分かりやすいように、両者を並べてあげて分かるように書いてあげたら、BGを「入れてない」「入れている」との同次元ではない数字であると気が付いた訳ですね?
あなたはそれを短絡的に勘違いして私に対し嘲り文を投げつけてきていた訳ですよ。恥ずかしげも無く。
しかし、、すいませんがまた今回も赤っ恥ですって。
あなた、またまた勘違いしてますよ。どんな大学で何の施設の用務員をしてるんです?

私の投稿の元の投稿が 【ANo.23】
これに対してケチを付けたのがrkobayashiの ANo.26
私の ANo.27 に対抗して
rkobayashiが 【ANo.28】 と反論してきましたが
それに対して私が 【ANo.29】 で勘違いを指摘しました。
それで今回の rkobayashiが 【ANo.42】 を書いて来た訳ですが。

もし閲覧者が居るのなら、面倒なので【ANo.23】と【ANo.28】それに【ANo.42】を読めばいいです。
rkobayashiはNo.28で明らかにBGを無視して両者を比較し、その数字が変だとして私をあざける嘲り文を書いたのですが、
さて今回、彼は、

>地上1m、サンプルは134Csと137Csがそれぞれ20000Bq/kg、サンプルの密度1.3g/cm3、無限遠は意味がないので20m×20m程度に線源が分布といった感じで計算したんですけど、5μSv/hいかないんですよね。

あたりまえでしよう。
私の書いておいた条件を読んでいるんですか。
ケチ付けるのであれば、私の書いたもんに付けて下さいませ。
あなたの頭に浮かんだ勝手な妄想にあなたが自分でケチをつけても、そんなゴタクに私は付き合ってられませんね。

もしなんなら「わかんないんですけど、どこが間違ってましたでしょうか…」と聞きに来てくださいませね。

投稿日時 - 2011-12-02 19:52:53

ANo.42

仕事もありますので毎日見れず、回答が遅くなりました。
質問者のbankill02様、控えると言っていた再投稿しますがお許しください。

No29見せていただきました。
前半部分のみですか、どこまで呼んでくださったのやら・・・
個人情報要求されてしまいました・・・まあ、大学名や名前を隠すこともないのですけど、広島県にある大学のRI施設に勤務している技術職員とさせてください。
ちなみに測定マンって、作業環境測定士のことでしょうか?残念ながら主任者の1種だけでその資格は持っていません。
一部の方にはばれてしまいましたが、名前検索で偉い先生に見られると恥ずかしいので、この程度にてご容赦を。

知り合いに見られると別の意味で恥ずかしく、顔を赤くしますが、先日の投稿で間違いがあったとしても赤くはなりませんよ。
正しい情報を発信するために、日々情報を得たいと考えていますから、赤くなっていたらきりがないですから。

さて、本題ですけれど、勘違いですか、BG込みかそうでないかの違いを言われたいのですかね?
その点は理解していますよ、ただ、想定している測定距離が空間線量率を示すなら重要でしょう?
そこがないと、自分で勘違いかどうか判断しかねますよ。
ただ、私の以前言った条件、地上1m、サンプルは134Csと137Csがそれぞれ20000Bq/kg、サンプルの密度1.3g/cm3、無限遠は意味がないので20m×20m程度に線源が分布といった感じで計算したんですけど、5μSv/hいかないんですよね。
かなり安全側(数値が多めに出るようにという意味です)に考慮しても1μSv/hをきる程度、0.95μSv/h位なんです。BG込みで1μSv/h程度でしょうかね。
想定している条件、そこまで違うんだろうかと思いつつ、お聞きしたんですけど、そんなに特殊な条件考えられたのか、私の条件設定が甘かったのか・・・
実際に溜まった場所は狭い範囲(排水枡や噴水の底)でしょうから、線量が0.11~0.14μSv/h位だったという情報も納得できます。
計算値よりも低いのですから、少なくとも広範囲にあるわけはないですね。
設定条件で違う所があれば、教えてください。


あと、この投稿の回答を一からよく読ませていただきました。
この質問者の投稿でww1さんの記載が2点ほど誤解を招くかと思いましたので書かせていただきます。

No13の投稿で
>放射性カリウムは、自然半減期が12億年。体内における生物学的半減期が30日。
>放射性セシウムは、自然半減期が30年。体内における生物学的半減期が150日。
>自然半減期が短いほど危険で、生物学的半減期が長いほど危険。

こう書かれていますけど、自然半減期というのは物理学的半減期ってことのようですね。文言はいいとして。
「自然半減期が短いほど危険で、生物学的半減期が長いほど危険。」というところ、これはちょっと誤解があるかと思います。
外部被ばくにしても内部被ばくにしても、いわゆる危険性を考慮するには等価線量を比較するべきところですので。
等価線量を求めるファクターとなるのはその核種(子孫各種を含む)からでる線種、エネルギー、放射能などですから、例えば同じ100Bqの2つの核種の放射線源があった場合、その危険性を考慮するなら、物理学的半減期だけをもって危険とするのはちょっと乱暴です。
書かれている核種、多分40Kと134Csや137Csでしょうから、共に同じ線種(β線)ですので、内部被ばくとしては預託線量がどうなるか、考えるべき所です。
比較の参考とするなら、「放射線を放出する同位元素の数量等を定める件(平成十二年科学技術庁告示第五号)」の別表第2の第2欄、第3欄で数字が大きいほど危険性が高いと言うべきところでしょうね。
他の半減期の長い核種など、影響がないと勘違いされる方も出てきますから。

>更に放射性セシウムのような人工放射性物質は過度に偏在性が高い為、注意散漫であればあっという間に体>内に数十万Bqの放射性セシウムが蓄積される。

こちらについては、「放射性セシウムのような人工放射性物質は過度に偏在性が高い為」とありますが、これは人工放射性物質は濃度の高いものが多いからという意味合いです?それとも、体内での挙動で、親和性が高い部位があるということです?
「注意散漫であればあっという間に体内に数十万Bqの放射性セシウムが蓄積される。」という部分ですけど、こちらについては情報として、137Csについてまだ検証中とのことですけど、体重65kg程度の人間ではだいたい10000Bq程度で頭打ちになるようです。
チェルノブイリ、セミパラチンスクなどの被ばく者をホールボディカウンタで測った際に検証されたことですが、その辺りで体内吸収と排出についてほぼ同程度になり、それ以上の蓄積がなされなくなるようだということが分かっているとのことです。
放医研、広島原医研、長崎大学などがこの調査には関わっていましたので、どちらかでそういった情報が流れているかもしれません。
ちなみに、論文にもなっていたと思いますが、その論文を無料のものでは見つけることが出来ませんでした。


最後にww1さんもおそらくは専門家ではないでしょう?
今の状況では、日本に住んでいる人間は今後放射線と付き合っていく必要がありますから、これまでに知らなかった情報、色々と知っていくことが大事になってきます。
そのために、自分から発信する情報も誤りがあれば訂正しますよ。
そのたびごとに顔赤くする必要ないですし、情報をいただけたり、訂正をしていただければ「いいこと教えていただきました、ありがとう」そういう気持ちでいないとやっていけません。
少なくとも、聞いてこられた方にちゃんと説明できるようになろうと思っていますので、馬鹿の一言で終わらせることは私には出来ません。

愚痴のようなことも入ってしまいまして申し訳ありません。
また、長文になりまして申し訳ありませんでした。

投稿日時 - 2011-12-02 13:35:34

ANo.41

ww1

原発事故による放射性ストロンチウムの存在量は放射性セシウムの10%程度ないとおかしいのですが、横浜の堆積物中には、当初、民間検査機関によってかなりの量が検出されてましたが、文部科学省の関わる再検査によって極めて微量、若しくは不検出の結果が出てました。
その顛末にも不審を持てれば持てるのですが、私が感じた疑問はそんなものではなく、以下の点でした。
それを書いておいたのですが、それ以後、理由不明ですがこの質問スレッドがグチャグチャになりましたね。
下のほうにもぐりこんでほぼ無意味になってしまっていますので、一部分を訂正しつつ、ここにもう一度引用しておきます。

-------
横浜市のストロンチウムの件ですが、ほぼ全てのマスコミと多くの日本人が、該当のストロンチウムは福島原発由来のものではないと判明したとしていますが、、
これは明らかにおかしく、その勝手な自己解釈の奥に底知れぬ恐怖感、或いは底知れぬほどの愚かさがあるのを感ずる。

文部科学省は、
【1】福島第1原発事故によるものとは断定できない。
と言っているのみであって、
【2】福島第1原発事故によるものではないと断定できる。
とは言ってない。
馬鹿な文部科学省が誤発表した資料にちゃんと書いてある。

横浜市が採取した堆積物及び堆積物の採取箇所の周辺土壌の核種分析の結果について
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/5650/2011/5650_1124.pdf

検出量は Sr89が検出不能。Sr90が1Bq/Kg 。
測定の検出下限値は、Sr89で約「3Bq/kg」  Sr90で約「0.8Bq/kg」
一方、Sr89の半減期は50日。3月の事象発生から200日以上経過した時点で定量分析を行なった。Sr89は当初の16分の1以下になってる。

原発事故によってSr89とSr90がどんな割合で出てくるのか知らんけど(福島県内の事例では1対1程度から1対10程度までバラツキがある)、仮に1対1~1対10で出てくるとすれば、ストロンチウムが原発由来とすればSr90の1Bq/Kgに対してSr89は0.06Bq/Kg~0.6Bq/Kg程度に減少している。
これは上記のSr89の検出下限値の約「3Bq/kg」を遥かに下回っている。
量的に放射性ストロンチウムの出所を定量分析によって判明できるレベルじゃない。

なぜこれが
【2】福島第1原発事故によるものではないと断定できる。
というようになっていくのかね?

みんな馬鹿か? マスコミには頭が付いてないのか? それとも世論誘導や扇動でもしてるつもりか。
日本人はみな病人だと思う。

投稿日時 - 2011-12-02 10:40:00

ANo.40

ww1

さて。
rkobayashiはどうしたんだろうかなあ。
ANo29 、即ち # 29 を書いて注意喚起しておいたんだが、目に入ったのかどうなのか。
常人なら顔が真っ赤になって二度と人前に現れなくなるもんだが、その後同じようなバカがゴタク並べまくってたので、読んだか読まないか心もとない。

ANo29 即ち、# 29 を読んだのか? どうなのか?
バカだと思ってて良いのだな?

なお、次かその次からIDを変える可能性もあるのでよろしく。
同じく「ww」の後に数字一文字だ。

投稿日時 - 2011-12-01 17:40:04

ANo.39

すみません若干修正というか追記。

#37さん

引用された前者は、報告書を読んでの見解です。

一方後者は、「表層に1M2に渡ってばらまいた(汚染されていない土の上にという前提だと思います)」という#34さんの仮定のもと、深さ5cmという文科省と同じ条件で採取した場合を前提とした見解です。

#36にも書きましたが、その場合採取面積が小さくなりますから、当然値も小さくなることが予想されます。

わかりにくくてすみません。

投稿日時 - 2011-12-01 09:22:19

ANo.38

#37さん

引用された前者は、報告書を読んでの見解です。

一方後者は、「表層にばらまいた」という#34さんの仮定を前提とした見解です。

この2つは、同列にはできません。

投稿日時 - 2011-12-01 08:45:26

ANo.37

>素人考えですが、表面だけで40000Bqを超えるなら、kg当たりなら40000を軽く超える数字が出なければならないように思うのですが、サンプルの値はそれを下回っています。

>文科省は「表層5cmの土壌」を採取しています。その場合、1kg当たりのBqは当然低くなるのでは?

これが同一人物から発せられた言葉だとすると、そのヒトの思考はかなり混乱状態なのでしょうね♪♪♪

投稿日時 - 2011-12-01 06:17:46

ANo.36

>だから40KBq/Kgの物品の表面汚染密度は少なくとも40KBq/m2以上になるだろうと、想像付かないんですかねぇ。

???
ばらまくんですよね?
1m2に1Kgばらまかれたその土壌を再回収して計測した場合、「表層だけ」を回収した場合は「同じ」です。少なくとも「以上」にはなりません。
で、#34にも書きましたが、文科省は「表層5cmの土壌」を採取しています。
その場合、1kg当たりのBqは当然低くなるのでは?
採取面積は1m2よりも小さくなり、ばらまいた下にあった、汚染されていない土壌も一緒に採取されますから。


>その上、堆積物というのは、棒でかき混ぜればバラバラになるんですよ。表面が露呈してくる。
>内側に大量の表面を内包して、堆積物となってる。腐葉土も同じですね。単なるゴミも同じ。

そこを堆積物と土壌の線量を横並びで比較できる数値を出したのが、文科省及び横浜市の報告ではないのでしょうか?
そのように理解していたのですが、違うのでしょうか?
というか横並びで比較できないと、数字を出している意味がないと思うのですが。


>除染しなければ問題になりますよ。なぜ除染したのか?
>それが危険物だからですよ。

撤去されたものを怖れなければならない理由がわかりません。
動物園から逃げ出したライオンを、捕獲後に怖れる必要があるのですか?
(調査後再蓄積されている可能性はあると思いますが、そこはデータがないので今回の問題に入れるのは不毛かと思います)


※すみません、今日はもう寝ます。

投稿日時 - 2011-12-01 00:01:38

ANo.35

>普通レベルの知性の持ち主の私の私見では土壌サンプルは50mm~100mmの深さで採取するものと思っています。

文科省の報告書には「表層5cmの土壌」とあります。よって0cm~5cmの土壌を採取したと解釈しました。
横浜市のサンプルは「堆積物を約500cc(約300g)を採取」とあります。
堆積物とあるだけですから、そのポイントの土壌がどのような形状をなしていたかは不明です。


>私の私見では、土壌の数値が低くなるはずなんですけど、

#32さんが「遙かに」と断定している根拠が何なのか知りたく思っています。
また、あなたの主張は「表面汚染密度(単位:KBq/m2)」と「放射能濃度(単位:Bq/Kg)」のBqの数値が同じなら、前者の方が危険性がより高い、という解釈でよろしいですか?
それなら、その私見の根拠をお示し下さい。


>放射性物質で生計を立てているヒトの感覚は別次元なのでしょうか?♪♪♪

もしかして私のことでしょうか?
私の家業は放射性物質とは何の関連もないですよ。

投稿日時 - 2011-11-30 23:33:01

ANo.34

ww1

40KBq/Kgの汚染物を1m2に1Kgばら撒けば40KBq/m2の表面汚染になりますわね?
対象が【堆積物】であり【腐葉土】であり、、、単なる【ゴミ】だから。
だから40KBq/Kgの物品の表面汚染密度は少なくとも40KBq/m2以上になるだろうと、想像付かないんですかねぇ。

その上、堆積物というのは、棒でかき混ぜればバラバラになるんですよ。表面が露呈してくる。
内側に大量の表面を内包して、堆積物となってる。腐葉土も同じですね。単なるゴミも同じ。
私が一々、
---------------
【堆積物中】
サンプル1:Cs134が17000Bq/Kg Cs137が21000Bq/Kg
サンプル3:Cs134が16000Bq/Kg Cs137が20000Bq/Kg
【土壌中】
サンプル2:Cs134が34Bq/Kg Cs137が33Bq/Kg
サンプル4:Cs134が80Bq/Kg Cs137が110Bq/Kg
---------------
と、
このように書いてる意味、分かりますか。
以上、40KBq/Kgの汚染物が表面汚染密度40KBq/m2をほぼ確実に越えるだろうという事、納得行きましたか。

それに、そもそも上の数字を見て、「危険でない」と思う人って、3月11日からのTVを見てこなかったんですかね?
キロ当たり数万ベクレルの放射性セシウムとなれば、危険物扱いされてきた事情をご存じない?
Cs134もCs137も放射性セシウム。その合計が放射性セシウムの量。

> ご懸念の高線量の土壌は既に撤去されています。

当たり前だろ。
そんな危険な物、ほっとけませんわ。
除染しなければ問題になりますよ。なぜ除染したのか?
それが危険物だからですよ。
いい加減、納得してください。

投稿日時 - 2011-11-30 23:28:40

ANo.33

>素人考えですが、表面だけで40000Bqを超えるなら、kg当たりなら40000を軽く超える数字が出なければならないように思うのですが、サンプルの値はそれを下回っています。

土壌サンプルを採取する場合、表面だけを剥ぎ取るようなサンプル収集すると思う人の知性はいかほどでしょうね♪♪♪

普通レベルの知性の持ち主の私の私見では土壌サンプルは50mm~100mmの深さで採取するものと思っています。


表面ベクレルは地面に降り注いだ放射性物質の量。
土壌ベクレルは数センチの深さの土壌に含まれる放射性物質の量。

私の私見では、土壌の数値が低くなるはずなんですけど、放射性物質で生計を立てているヒトの感覚は別次元なのでしょうか?♪♪♪

投稿日時 - 2011-11-30 23:08:50

ANo.32

>自演でもしてるっぽいですねえw

自演の意味がよくわかりませんが、私は少なくとも全て自分の考えの根拠(自治体や専門機関のサイト)は提示しています。


>この汚染度は上記の規制値を遥かに超えます。

私は何度も、あなたに「その計算根拠を出して下さい」とお願いしているのですが…

>表面汚染密度が40KBq/m2を超えるか、

↑の「KBq/m2」は、表記の通り「表面汚染密度」。一方、

>サンプル1:Cs134が17000Bq/Kg Cs137が21000Bq/Kg
>サンプル3:Cs134が16000Bq/Kg Cs137が20000Bq/Kg

の「Bq/Kg」は、土壌の「放射能濃度」を表す単位です。
そもそも単位が違います。

「表面汚染密度」と「放射能濃度」を一概に横並びで比較できるのか、もしくは換算用の式があるのか、私が調べた限りではわかりませんでした。
(換算できるサイトがあるにはあったのですが、そのサイトそのものの信頼性が担保できなかったので「わからない」としました)

ただ、ご呈示の表面汚染密度のベクレルの単位は「KBq」、放射能濃度の単位は「Bq」です。
Bqのみ単位を揃えれば、

>表面汚染密度が40000Bq/m2を超えるか、
>サンプル1:Cs134が17000Bq/Kg Cs137が21000Bq/Kg
>サンプル3:Cs134が16000Bq/Kg Cs137が20000Bq/Kg

となります。この点には気づいておられましたか?
素人考えですが、表面だけで40000Bqを超えるなら、kg当たりなら40000を軽く超える数字が出なければならないように思うのですが、サンプルの値はそれを下回っています。
あなたはどのような根拠の下に、「遙かに超えます」と断定されたのでしょうか?



>あなたが超えないと主張するのであればそれを証明しなさい。

超えない証明は上記の通り難しく思いますが、下記(1)のURL、横浜市のサイトより。

(1)
http://www.city.yokohama.lg.jp/kenko/hokenjo/genre/hibakukenkousoudan/press0917.pdf

採取日付や場所等、書かれている内容からいって、

(2)
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/5650/2011/5650_1124.pdf

あなたが提示されたURL(2)の検体1及び3は(1)の検体1及び3と同一のものである可能性が高いと思います。
もし私の「同一であるのでは?」という推測が当たっているなら、ご懸念の高線量の土壌は既に撤去されています。
※(1)URLの「本日の対応」の項を参照下さい。

よってあなたが懸念されている土壌が原因で、人体の健康に影響が出る可能性は低いのではと考えます。

投稿日時 - 2011-11-30 22:24:43

ANo.31

ww1

自演でもしてるっぽいですねえw

繰り返しておきますが、# 23 に記載しておいた通り、
---------------
表面汚染密度が40KBq/m2を超えるか、超える恐れのある場所は放射線管理区域に指定され、一般人の立ち入り禁止地区になる。
---------------

これは、数種類の法令で定められてます。
要するにこれ以上の表面汚染は危険物扱いせよということです。

【堆積物中】
サンプル1:Cs134が17000Bq/Kg Cs137が21000Bq/Kg
サンプル3:Cs134が16000Bq/Kg Cs137が20000Bq/Kg

この汚染度は上記の規制値を遥かに超えます。
あなたが超えないと主張するのであればそれを証明しなさい。
キロ当たり4万ベクレルの汚染物がどういう条件で40KBq/m2を超えられないでいるか、非常に厳しい。
いいですか? 「超える恐れ」があるケースにも規制が強行されるんですよ。
数ヶ月前に栃木県などの産の商品化された腐葉土に1.5万Bq/Kgの放射性セシウム汚染が発見されましたが、日本中に出回っていたそれら腐葉土は販売禁止になりました。
上のサンプル1と3はそれを遥かに超えているじゃないですか。
しかも物品の種別は【堆積物】。ほぼ腐葉土扱いです。

あんたがどう言いつくろっても、バカ丸出し。
逆さにして振ってみても鼻血も出ないでしょうにねえ。
まだ字がまともに見えてますか?

投稿日時 - 2011-11-30 21:17:35

ANo.30

>では、現場の状況を私に提示してくださいよ。
>それとサンプルの比重とサンプル採取時の採取面積とかも。
>そういう諸データ無くてはこの計算はなりたちませんね。

私も、まさに仰る通りだと思います。
ということは、今まであなたは「成り立たない計算をして所見を述べていた」(←ここ重要)ということに他なりません。

私が言いたいのは、「信頼性のない根拠を元に所見を述べないで欲しい」ということです。
根拠のない楽観論は危険ですが、根拠のない悲観論も全く同等に危険だと思います。
もし私たちが憤らねばならないとしたら、「所見を述べられるだけのデータを公開して欲しい」という思いを政府に持つことだと思います。


>ここはあなたが私に質問するのも禁止行為なら、私があなたの質問に答えるのも禁止事項なんですよ。
>これ以上、あなたが異常の道を進むのは見るに耐えません。

お気遣いいただき、ありがとうございます。
私は今までトラブルが起きた時、この情報化社会、大人なら自力で情報を収集し、冷静な判断ができると思っていました。
ですが今回の震災で、考え方が変わりました。
友人知人から、根拠のないデマを原因とするメールがたくさん舞い込んだのです。
ちょっと検索すれば、正しいかどうかはすぐにわかるのに。
周囲の気遣いはありがたかったですが、震災で「いい大人でも、情報収集をする気がない人は、ネットやメールに書かれた文面そのままを鵜呑みにする」ということを学びました。
ですから、あなたの「成り立たない計算をして所見を述べていた」文面をそのまま鵜呑みにする人がたくさんいる可能性があると思うのです。
あなたの文面だけではありません。楽観論にしろ悲観論にしろ、それはあまりにも危険です。
私は「このやりとりを読んだ人が、少しでも自分の頭で考えてもらえるきっかけになりますように」という信念のもと、書き込ませて頂いています。

投稿日時 - 2011-11-30 20:42:35

ANo.29

ww1

誠にすいませんが、「ばか」の一言で済ませて頂く事になります。

ANo23 を読まれてください。# 23 ですよ。
これは私の回答した ANo11 つまり# 11 について、藪から棒に誹謗的なあざけり投稿を行ないつつ、サンプルの危険度判断を求める人物が居た為、判明している条件を使用してその危険度の目安を示したものです。
難しい事をクチャクチャ言ってくるのかと思いましたが、実に簡単な思い違いを根拠にグダクダとあざけった回答をお寄せくださいまして、ご苦労様でございました。

あなたの思い違っているような誤りを私が犯したと、本気で思っているのですか…
どういう仕事をしているのか知りませんが、昨日も放射線監視の元公務員がどこかで自殺してましたね。
それに類似のご職業に付いているとアチコチで自称している模様ですが、測定マン?なんですか?
どこの大学?

私の書いておいた物↓
-----------------
無限平面状に各サンプルが満遍なく敷き詰められていると仮定してみれば、空間放射線量率は概算で、
サンプル1とサンプル3が 5μSv/h
サンプル2が0.016μSv/h
サンプル4が0.04μSv/h だけ、空間放射線量率を上げる。
-----------------
非常に接近した場合、バックグランド込みで、
サンプル1とサンプル3が 2.5μSv/h
サンプル2が0.043μSv/h
サンプル4が0.055μSv/h
-----------------

はて?
勘違いに気がつかれてます?
ご投稿が長い為、前半のみで判断させてもらいました。それで充分かと。

投稿日時 - 2011-11-30 19:33:17

ANo.28

No26で情報を求めた者です。
すぐに回答いただいていたのにビックリしたと共に、馬鹿の一言で済まされているのを見て、落胆しております。

投稿されている内容について、粗を探すようなことは極力避けています。
大きく違うことでなければ、一般の方が今後の放射線へ関わっていくにあたって、助けになればそれでいいからなのですが、情報発信する人間は出した情報について説明をする必要はないでしょうか?
ですので具体的に書かせていただきます。


サンプル1と3の空間線量率と、サンプル2、サンプル4の空間線量率を比較してみます。

1と3については最初の計算条件では5μSv/h、後の計算条件では2.5μSv/hとなっています。
2と4に関しては最初はそれぞれ、0.016μSv/h、0.04μS/hvで、後は0.043μSv/h、0.055μSv/hです。

線源の条件が大きな面線源とある程度コンパクトな点線源で違うのでしょうから、なんともいえませんが、やることは例えば地上1メートルでのかなり大きな面線源での線量と、例えばサンプルの量を1kg、密度を1.3g/cm3とでもしましょうか、するとだいたい9cmの立方体程度の大きさになります、そのサンプルとの距離が1cm程度での
空間線量率の比較、ということになります。

ただ、計算する式に関しては、最初の条件では無限遠まで極小の線源が並んでいる状態でのそれぞれの線源からの積分値、後の条件では決まった大きさのサンプルからの合計値となります。

ところが、計算された値を見ますと、1と3のサンプルでは、面線源の方が値は大きくなり、2と4のサンプルでは、サンプルからの線量の方が大きくなっています。
計算条件で変動があるのは、放射性物質の数量だけに寄りますよね。
他のファクターは計算値に影響を与えるでしょうか?

そうなってくると、計算ミスをされたか、私的換算係数ってどのような計算をされているのか、そういったところに疑問符が出てくる訳です。
ですので、各自が条件同じで計算して、「ああそういうことですか、もっともな事です。」そういう結論になればよろしいのではないですか?・・・と提案したのですけれど、いかがでしょうか?


低線量での被ばく(関東で問題となっているような量についてです)については、医学的、科学的には何が起こるか分からず、現在もまだ専門家の間でも議論がされている最中ですので、危険、安全について私見を言うつもりはありません。
ICRPも現状分かっているのではこういった感じですので、安全にされるにはこうした方がいいですよ、といった意味合いの勧告という形情報を発信しています。
ですので、度々勧告の内容についても変化があります。

悪いですが、ww1さんが放射線に関わっている方かどうか、資格を持った人間かどうか値踏みさせていただきました。
今、放射線に関わっている人間は、情報の発信に非常に神経を使っています。
自分が分かっている、理解している情報を出す、分からないことは他の専門家に意見を求める、そういったことに日々努めています。
社会的な責任として、こういったことを責任を持ってやるべきという専門家が上にいらっしゃいますので。
それでも十分な情報を出せているとは思えないのが現状です。

聞いてきた人間に馬鹿の一言で(馬鹿には自分のいっていることは分からないとでも仰りたいのでしょうか?)、自分の情報を出さない、それって、一般人には分かりにくいから情報を出さなかった等と言う、上の方々や電力会社の方々と同じじゃないですか?

つい調子にのって、必要以上のことを書いてしまいました。
計算条件についてのみで結構ですので、線源の総量、測定する距離、自己吸収の有無など、書ける範囲で書いてくださいませんか?
もちろん可能であれば私的換算計数も記載してくださればありがたいです。
放医研の出している汚染密度からの換算計数もありますが、そちらと同様のものですかね?
色んな人が放射線について知る機会を少しでも増やしませんか?


質問者様には投稿が私からの質問なうえに長文での投稿、申し訳ありません。
せっかくですのでお聞きできればと思い書かせていただきました。
なるべく再投稿は控えるようにさせていただきますので、ご容赦ください。

投稿日時 - 2011-11-30 19:00:28

ANo.27

ww1

人の推量計算にケチを付けるのであれば、ご自分で算出されたデータを提示されてみたら良いじゃないですか。文部科学省の発表したデータの枠内から。
私は、どのくらい危険なんだと聞かれたから、どの程度危険かを紹介してみただけですよ。
私の方法は現実とのマッチングが高い結果が出てますね。

【堆積物中】
サンプル1:Cs134が17000Bq/Kg Cs137が21000Bq/Kg
サンプル3:Cs134が16000Bq/Kg Cs137が20000Bq/Kg
【土壌中】
サンプル2:Cs134が34Bq/Kg Cs137が33Bq/Kg
サンプル4:Cs134が80Bq/Kg Cs137が110Bq/Kg

このデータを見て、「危険ではありえない」とか「人体に全く影響が無い」などと言える人が居たようなんでが、皆さんでそういう人を説得してあげてくれませんか。
それともまさか、安全だと言う結果でもひねくりだす馬鹿がまた一人増えるだけです?

投稿日時 - 2011-11-30 15:19:05

ANo.26

放射線施設に勤務しているもので、震災によるこういった事態のため、情報発信できればと思い、以前より書き込みをさせていただいてました。
久しぶりに見てみたのですが、議論の場になっているようですね。
ここでの議論はと思いつつ、少し疑問に思うことがありましたので書かせてください。

No23での計算値ですが、線源からの距離や線源の形状が異なる計算をしているのは理解しています。
おそらくは、最初の空間線量率は大きな面線源からの放射線量、後の空間線量率は点線源に近い条件で計算したのだろうなと思い見せていただいてました。
サンプル1,3では距離が近づくと空間線量率が半分(5μSvから2.5μSvに)になってますけど、これって線源の総量が相当違いませんか?
無限遠の面線源での積分計算をされているとしても、ちょっと理解できかねますので、条件を記載しましょうよ。

文科省のデータを見ていると、サンプル1は排水枡のサンプル3は噴水の底部堆積物のようですから、条件としては、1平方メートルにこの堆積物があったとして、放射性物質の総量は○○kBqとして1平方メートルの面線源として、他の堆積物や水による遮へいや自己吸収を無視して計算しました。
測定距離は地上1メートルです。
くらいの設定になると思いますから、条件を書くのは安全側で計算しましたということになっていいのではないでしょうか。

もちろん、私的に計算されたのでしょうけど、その条件は多少記載していただければと思います。
この場を見てらっしゃる方は、色んな方がいらっしゃいます。
私も知り合いに放射線の専門家といわれる方がいますが、情報を見ているとあの方じゃない?と思われるような書き込みもあります。
そういった方の検証がかけられるようにすることで、見る方の信用をより得られるのではないでしょうか?
また、何故危険か、そういったことを読める場にもなります。そういった場が今は求められていると思いませんか?
検証をかけれる人間、少なくはないですよ。
条件の設定や計算間違いを全くされない方なんていらっしゃらないのですから検証はあったほうがいいでしょう?

あと、こういった場での発言は匿名であり、投稿者が責任を負うことはないかと思います。
ただ、専門家といわれる方が、批判もあるかもという状況で、責任を持って出している情報と同じくらいの人が、(ひょっとしたらこういった知恵袋の方が多いかもしれないですね)見ているのですから、せっかくですから色んな方に検証してもらえるような場になった方が、よろしいのではないでしょうか?

こういった計算、大学や研究機関の専門家だけでなく、大学などの技術職員や緊急被ばく医療に関わってらっしゃる放射線技師さんなどもされてますので、そういった方への情報としても計算式とは言いませんが、自分の計算した条件くらいは示したほうがいいと思いますよ。

投稿日時 - 2011-11-30 14:58:18

ANo.25

ww1

では、現場の状況を私に提示してくださいよ。
それとサンプルの比重とサンプル採取時の採取面積とかも。
そういう諸データ無くてはこの計算はなりたちませんね。

あなたが正確な科学計算の可能な各数値を提示してくれたら、再度計算してみますよ。
なんならそれら各データとともにあなた自身の質問を立ててみれば?
ここはあなたが私に質問するのも禁止行為なら、私があなたの質問に答えるのも禁止事項なんですよ。
これ以上、あなたが異常の道を進むのは見るに耐えません。

なお、表面汚染密度のみで現地は立ち入り禁止地区に指定されますよ。
そう書いてありますからキチンと読んでくださいね。
現地は危険物がばら撒かれています。

投稿日時 - 2011-11-30 11:45:20

ANo.24

>無知な人間達が恐怖心から「絶対安全神話」を妄想し続けるのは

逆だと思います。
震災直後、どれだけのデマが乱れ飛んだかはご存じでしょう。
無知な人間の恐怖心からの妄想は、その恐怖を加速させる方向に行くと思います。


>私的換算係数を用いて換算すれば

…いや、ですからね、私としては「私的換算係数」の部分の正当性を確認したいのですよ。
肝心要の部分をブラックボックス化させていませんか?
あなたの主張の根っこの部分にかなり近い所ですから、その部分の考え方次第で、その後の主張がいくらでも変わるでしょうに。


>現場やサンプルの状況も分からないので殆どあてずっぽうの換算になるが

殆どあてずっぽうの数値を出されて信用しろと言われても困ります。


>ちなみにサンプル1とサンプル3の上に腰を下ろせば年間22mSv被曝の危険地帯である。

どのくらいの時間腰を下ろせば22mSv/年の被曝量になるのですか?
まさか、365日24時間腰を下ろしているという前提ではないですよね?

投稿日時 - 2011-11-30 01:45:35

ANo.23

ww1

無知な人間達が恐怖心から「絶対安全神話」を妄想し続けるのは見るに耐えないものがあるが、#11に関する参考事項として、(一部の要望もあるようなので)付記しておく。

文部科学省の調査結果は以下の通り。
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/5650/2011/5650_1124.pdf
【堆積物中】
サンプル1:Cs134が17000Bq/Kg Cs137が21000Bq/Kg
サンプル3:Cs134が16000Bq/Kg Cs137が20000Bq/Kg
【土壌中】
サンプル2:Cs134が34Bq/Kg Cs137が33Bq/Kg
サンプル4:Cs134が80Bq/Kg Cs137が110Bq/Kg

表面汚染密度が40KBq/m2を超えるか、超える恐れのある場所は放射線管理区域に指定され、一般人の立ち入り禁止地区になる。
サンプル1や3は軽々とこの基準値を超えてる。私的換算係数を用いて換算すればその汚染は1000KBq/m2以上のクラスであり、規制値の25倍を優に超えている。
ここに一般人を立ち入らせるわけには行かない。【危険地】である。

また、各種計算して推量してみると、サンプル4は福島第1原発事故直後の横浜市の放射能汚染の状況をよく保存しているケースだと思われる。
神奈川県茅ヶ崎市で放射性降下物を測定した記録があるが、7792Bq/m2の放射性セシウムが3月~6月に降下している。
これがサンプル4の当時の状況にほぼ等しい。
サンプル2はそれより自然の除染が進んだケース。
サンプル1と3は放射性物質が自然作用によって集積されたケースである。

以下、現場やサンプルの状況も分からないので殆どあてずっぽうの換算になるが、
無限平面状に各サンプルが満遍なく敷き詰められていると仮定してみれば、空間放射線量率は概算で、
サンプル1とサンプル3が 5μSv/h
サンプル2が0.016μSv/h
サンプル4が0.04μSv/h だけ、空間放射線量率を上げる。

現実には各サンプルが無限に敷き詰められている訳ではなく、一部領域に限られ存在している訳だが、各サンプルに放射線量計をグッと近づけてみれば上の計算の半分くらいの放射線は拾うだろうから、それと「放射性セシウムの寄与分を含めないバックグラウンド」と足せば放射線量率が出てくる。
対象から離せば線量率は下がる。サンプルの広がりとサンプルとの距離によって計測値が異なる。

非常に接近した場合、バックグランド込みで、
サンプル1とサンプル3が 2.5μSv/h
サンプル2が0.043μSv/h
サンプル4が0.055μSv/h

現在の神奈川県茅ヶ崎市が0.047なので、通常の現実空間はサンプル2とサンプル4のあたりの土壌汚染度と言える。この場合、地面から離してもそう大きく計測値は変化しない。
サンプル1とサンプル3については周囲の空間線量率との差が大きいため、サンプルから距離を取ればずっと計測値は低下する。
現場の高濃度汚染の範囲等の状況が全然分からんので、地上高による測定値変化の検討がつけようが無い。
しかし、情報に寄ればサンプル1とサンプル3の地上1m高における空間線量率が0.11~0.14だったそうだ。
この数字によると、現地の汚染の広がりは大きいと推測される。
ちなみに0.11μSv/hが年間1mSvラインだから、このラインから規制対象になる。
0.14からマイナスバックグランドが0.11なので地上高1m場面では違法空間となる。
1mより更に低下すればバッチリ違法。
ちなみにサンプル1とサンプル3の上に腰を下ろせば年間22mSv被曝の危険地帯である。

即ち、サンプル1と3は、【表面汚染密度】から危険物指定されて現地は立ち入り禁止区域となる。また、空間放射線量率も1m高空間若しくはそれより下方領域内での年間被曝量が1mSvを越すので、法的規制空間となる。
サンプル4が自然の除染が全く無かったケース。サンプル2が自然の除染がかなり進んだケース。現実の横浜市の「平均的な」空間はこのサンプル4とサンプル2の間かその辺にあると想像される。

投稿日時 - 2011-11-29 08:29:15

ANo.22

関東に住んでいる。なんで逃げないのかを言えば事故の数時間後
に頭の上を結構高い拡散領域が覆っていたわけで・・・・・・・
金をかけて今更逃げても手遅れ逃げ遅れなのです。馬鹿といわれても。

逃げる事の出来ない人々を馬鹿とののしるのは津波の死者を馬鹿と
ののしるのと同じ事。馬鹿と言うなら逃亡資金を寄越してから言え!
関東に住んでいる者はそういう感情を持つのです。

歳だから命の危険はどうでも良い。放射性物質が無くても、もう寿命。

投稿日時 - 2011-11-29 01:23:14

ANo.21

すみません、#19後半の文科省云々の所はなかったことに。

ww1さんは、文科省のデータの信頼性を仰っているのではなかったのですね。#11で

>馬鹿な文部科学省が誤発表した資料

と書かれていましたので、文科省のデータが間違いだと主張されているのだと思っていました。

もし、#17の

>それにもかかわらず、日本中のほぼ全てのマスコミと多くの日本人が【2】であるとしている。

という点が事実だとしたら、全く同感です。


というわけで、「健康に影響あるレベルの人工放射性物質」の点のみ補足頂けましたら幸いです。

投稿日時 - 2011-11-28 23:04:37

ANo.20

人類史上最大最悪の凶悪な放射性物質拡散事故がフクシマで発生し、今も収束の見込も示せない悲惨な状況であることを万人が理解すべきです。

ある程度の知能レベルの人はできるだけ内部被曝を減少させる方策を自分なりに確立して、日々の生活に導入しています。

そのような方策も示さず、現状はそんなに心配する状況ではないとの意見のヒトの知能はいかがなものでしょうね♪♪♪

しかし、質問者さんの指摘された情報↓で右往左往するのも、知性のある人の行動ではないですよ♪♪♪
**********************************
北海道・中国・四国セシウム汚染マップ
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-1115.html

都内3カ所でストロンチウム
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111124/dst11112416280013-n1.htm

**********************************


ストロンチウムについては60年代に2000ベクレル/m2程度は降り注がれていたと思われます。
2000ベクレルのストロンチウムが30年後には1000ベクレル、60年後には500ベクレル。
現時点で500ベクレルくらい検出されてもおかしくないはずですが・・・

都内3カ所でストロンチウム
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111124/dst11112416280013-n1.htm

思ったより少ない数値かもしれないですね♪♪♪

投稿日時 - 2011-11-28 22:05:05

ANo.19

>健康に影響あるレベルの人工放射性物質が検出されてるでしょうに。

健康に影響が出るか否かは、放射線をどれだけ浴びたか、体内に取り入れたかです。
ご呈示の数字は、その土の上にどれだけ立っていれば健康に影響が出るレベルになるのですか?
私も検索してみたのですが、放射性物質を含んだものを経口摂取した場合の計算式しかヒットしませんでした。
検出された場所は農地ではなく、ましてや土を食べるわけでもないので、その式は使えません。
是非、「健康に影響がある」と判断された計算根拠及び結果をお示し下さい。

また、文科省は何と言っていましたか?
もしや、問い合わせていないのですか?
あなたの精神衛生上のために、早々に問い合わせた方がいいですよ?

投稿日時 - 2011-11-28 21:51:24

ANo.18

No.4です。
私はアホで科学的知識もないし、全て直感で生きている動物にすぎないが、ww1 さんのおっしゃる事は私の理解力の範囲では正しいような気がします。
夫は物理学者ですが、「No13のとおりで、それは正しい」と言っています。
No.5にある文部科学省の文書を読んだ限りでは、どこにも「核実験時代のものだ」と書かれていないのに、なぜマスコミはクチをそろえて「核実験時代の産物」のようにいうのだろうか?
今日入院してしまったトウデンの所長さんの病名を「プライバシーの保護」と言って伏せるのはなぜだろうか?
天皇陛下や愛子さまの病名はちゃんと発表するのに、なぜ発表できないのだろうか?天皇陛下や愛子さまにプライバシーは存在しないのか?
などなど、アホで数字に弱い私には、日本のマスコミや政府には、常に隠蔽体質や詐欺国家に近いものを感じます。
新横浜駅近く?の噴水の底にもストロンチウムがあったらしいけど、あそこって私が小さい時、田んぼか畑か?だったような気がするし、築10年のマンションの屋上に1960年代の核実験の産物が降るのか???

投稿日時 - 2011-11-28 21:51:23

ANo.17

ww1

しつこい。
ANo11を読めば私の言いたい事は全部分かると思うが。#11ね。

私の指摘する問題点は
文部科学省は、
【1】福島第1原発事故によるものとは断定できない。
と言っているのみであって、
【2】福島第1原発事故によるものではないと断定できる。
とは言ってない。
それにもかかわらず、日本中のほぼ全てのマスコミと多くの日本人が【2】であるとしている。

これは明らかにおかしく、その勝手な自己解釈の奥に底知れぬ恐怖感、或いは底知れぬほどの愚かさがあるのを感ずる。
ということ。
それ以上でもそれ以下でもない。
文部科学省に文句を付けろなどと言われても、初めから文部科学省は正しい発表をしている。
記者会見をしたのか、その場で口頭でなんと言ったか知らんが、少なくとも公式発表文ではそれ以下でもそれ以上でもない。

また、
> 気になるのは「健康に影響が出るレベルの放射性物質が検出されたか」です。

健康に影響あるレベルの人工放射性物質が検出されてるでしょうに。

【堆積物中】
サンプル1:Cs134が17000Bq/Kg Cs137が21000Bq/Kg
サンプル3:Cs134が16000Bq/Kg Cs137が20000Bq/Kg
【土壌中】
サンプル2:Cs134が34Bq/Kg Cs137が33Bq/Kg
サンプル4:Cs134が80Bq/Kg Cs137が110Bq/Kg

馬鹿らしくて馬鹿らしくて。

投稿日時 - 2011-11-28 21:27:07

ANo.16

>私はそういう点を指摘したのではなく

って、私は仰る点に興味がないもので。

横浜のストロンチウムが核実験由来か、福島原発由来かなんて、そこまでヒステリックになる意味がないと思います。
そこまで声高に仰るのなら、当然文科省に「お前ら間違っとる」と抗議はされたんですよね?
担当部署から担当官の名前まで載っていますし、簡単ですよね?
だとしたら、それでいいじゃないですか。
こんなコンテンツの信頼性が担保されていない質問サイトで気勢を上げるよりも、その方が明らかに万人にとって有益です。
そして是非、文科省からの回答をここに補足下さい。気になる人もいるでしょうから。


私が気になるのは「健康に影響が出るレベルの放射性物質が検出されたか」です。
横浜のケースは「かつてない高線量」ではないのですから、そこまで神経質になられる必要はないと思います。
それに万一「かつてない高線量」が検出されたら、その出所は火を見るよりも明らかなのですから、疑心暗鬼で原因追及をするまでもありません。
怒りのエネルギーは大事ですが、「ご利用は計画的に」と申し上げたいです。


低線量の放射性物質が健康に与える影響ははっきりしない点が多いですが、ストレスが健康に与える影響は多大なものがあり、それが医学的にも証明されています。
(「ストレス 健康 影響」等のキーワードで検索して下さい)
個人的には、横浜のストロンチウムよりもあなたの血圧の方が心配です。

投稿日時 - 2011-11-28 21:15:49

ANo.15

ww1

ほらほら、またもやバカが一匹。

横浜で検出されたストロンチウムの出所がどうであれ、その検出量は文部科学省指示の定分析に寄れば1Bq/Kgの放射能濃度であった。
誰かが言うように「横浜で発見されたストロンチウムの含まれた泥を1kg全て食べる」とすれば放射性ストロンチウムの摂取量は1Bqだ。
だが放射性セシウムの摂取量は4万Bq弱になるぞ。
おい、40000ベクレルだぞ。
たった1Bqだと思って食べたら4万Bq弱も食べてしまったってよ。
バカが。
日本人はバカなので、そんな日本人の話を真に受けてたら、死にますよ…

【堆積物中】
サンプル1:Cs134が17000Bq/Kg Cs137が21000Bq/Kg
サンプル3:Cs134が16000Bq/Kg Cs137が20000Bq/Kg
【土壌中】
サンプル2:Cs134が34Bq/Kg Cs137が33Bq/Kg
サンプル4:Cs134が80Bq/Kg Cs137が110Bq/Kg

この放射性セシウムは福島原発事故由来と断定できる。
この定量分析の結果を日本のマスコミは理解できるのかね?
ストロンチウムの検出結果の把握も出来ずに、このデータの意味を解することはすこぶる難しいかもな。
バカなマスコミ。バカな日本人。
世界中からバカにされるのもゴモットモである。私も今日から日本人をバカにする側に回りますわ。
(と言ってもずっと前からバカにしてたけれどもぅ ww)

投稿日時 - 2011-11-28 19:06:12

ANo.14

なんだか、罵詈雑言を喚き散らしている人がいますね。


> 遠く離れてても毎日の食品から内部被曝してるらしいけど皆はどう思ってるな?

1960年代の日本人は毎日約1ベクレルのストロンチウム(核実験に由来するもの)を食べていた。
横浜で発見されたストロンチウムの含まれた泥を1kg全て食べるのと同じ量のストロンチウムを2ヶ月弱で摂取する計算になる。
けれども、平均寿命は伸び続け世界一の座を占め続けている。

ということで、あんまり気にしなくていいんじゃないかな?

投稿日時 - 2011-11-28 17:15:27

ANo.13

ww1

以下の回答は、これまでにした回答と全然関係ない話です。

元から人体内にある放射性カリウムと、そして人工放射能である放射性セシウムと。
この両者を比較し、それによって放射性セシウムの危険性を異常に軽度に見積もり、公衆安全を害し、東電を利するかのような扇動が多々見られてます。

放射性カリウムは、自然半減期が12億年。体内における生物学的半減期が30日。
放射性セシウムは、自然半減期が30年。体内における生物学的半減期が150日。
自然半減期が短いほど危険で、生物学的半減期が長いほど危険。

標準的な人で放射性カリウムは体内でほぼ4000Bqを保有する。
この量はほぼ一定に保つよう、生理作用が働く。。だから放射性カリウムを常識の範囲内で多く摂取しても、殆ど問題ない。
人体内にある放射性カリウム4000Bqは、ある程度の健康的影響は人体に与えているが、それが危険か、それとも人体の抵抗力を増進する為に逆に健康に良いか、、どっちかと言えば全然危険でない。

だがここに自然半減期が短く、生物学的半減期が長い放射性セシウムが放射性カリウムの別枠として体内に入ってくるならば、当然放射性カリウム4000Bqの枠を超えて、その枠とは別枠で(枠は若干かぶる)、人体内に蓄積されていく。
これまで殆ど危険ではなかった放射性カリウムにプラスし、自然半減期が短くて危険な、生物学的半減期が長くて危険な、そういう放射性セシウムが4000Bqの枠を超えて蓄積されていく。
だから放射性セシウムの摂取は極力控えろ、、という話になってくるんですけどね。

更に放射性セシウムのような人工放射性物質は過度に偏在性が高い為、注意散漫であればあっという間に体内に数十万Bqの放射性セシウムが蓄積される。
こういう状況下で、放射性カリウムと比較しつつ放射性セシウムが安全だ!と言い張るのは、扇動以外のナニモノでも有りませんよ。
或いは、恐ろしいほどの無知か。

自分の食べる食品内の放射性セシウムを常時測定している訳でない以上、出来うる限り放射性セシウムの摂取を控えるような食生活上の行動をとるのが普通であり、その通常行動を異常だ!とけなしたりするのは、そういう人間は本当の異常者。
交通量の激しい横断歩道で、青信号になったからと車道を横切る歩行者はバカ。
たとえ青信号でも左右を確認し、自動車がちゃんと止まっているかを見てから渡るのが正常者。

投稿日時 - 2011-11-28 15:25:08

ANo.12

 もともと自然界にも放射性物質は存在し、種類によっては検出可能なレベルですから。バナナのカリウムなどは有名な例ですね。原発事故や過去の核実験がないとしても、放射性物質は普通に食べているのですよ。ゼロにしようというのはほぼ不可能。

 それでもゼロに近づけたいという人がいるならそれは構わないし、ある程度なら自然にもあるんだからいいやというのも考え方。

投稿日時 - 2011-11-28 13:21:43

ANo.11

ww1

一部訂正と、一部文章を追加しバカにも分かりやすくしておきました。

横浜市のストロンチウムの件ですが、ほぼ全てのマスコミと多くの日本人が、該当のストロンチウムは福島原発由来のものではないと判明したとしていますが、、
これは明らかにおかしく、その勝手な自己解釈の奥に底知れぬ恐怖感、或いは底知れぬほどの愚かさがあるのを感ずる。

文部科学省は、
【1】福島第1原発事故によるものとは断定できない。
と言っているのみであって、
【2】福島第1原発事故によるものではないと断定できる。
とは言ってない。
馬鹿な文部科学省が誤発表した資料にちゃんと書いてある。

横浜市が採取した堆積物及び堆積物の採取箇所の周辺土壌の核種分析の結果について
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/5650/2011/5650_1124.pdf

検出量は Sr89が検出不能。Sr90が1Bq/Kg 。
測定の検出下限値は、Sr89で約「3Bq/kg」  Sr90で約「0.8Bq/kg」
一方、Sr89の半減期は50日。3月の事象発生から200日以上経過した時点で定量分析を行なった。Sr89は当初の16分の1以下になってる。

原発事故によってSr89とSr90がどんな割合で出てくるのか知らんけど(福島県内の事例では1対1程度から1対10程度までバラツキがある)、仮に1対1~1対10で出てくるとすれば、ストロンチウムが原発由来とすればSr90の1Bq/Kgに対してSr89は0.06Bq/Kg~0.6Bq/Kg程度に減少している。
これは上記のSr89の検出下限値の約「3Bq/kg」を遥かに下回っている。
量的に放射性ストロンチウムの出所を定量分析によって判明できるレベルじゃない。

なぜこれが
【2】福島第1原発事故によるものではないと断定できる。
というようになっていくのかね?

みんな馬鹿か? マスコミには頭が付いてないのか? それとも世論誘導や扇動でもしてるつもりか。
日本人はみな病人だと思うね。

投稿日時 - 2011-11-28 12:16:50

ANo.10

ww1

#8の人が私への通信文を書き込んでるが、↓
----------
#5さん
ご呈示のURLに
>今回検出されたストロンチウム90 の測定値は、いずれも、事故発生前(平成11 年度~21 年度)に全国で観測されたストロンチウム90 の測定値(検出下限値~30Bq/kg)の範囲内に入るレベルであった。<
とあるので(原発事故がなくてもその程度は検出されている)、今さら過剰に心配しなくてもいいのでは?
----------

やはり典型的な日本人のようで、馬鹿の一種ですね。
私はそういう点を指摘したのではなく、ほぼ全てのマスコミ及び一般人が
「福島第1原発事故によるものではないと断定できる。」
と報道しているのが、
■誤りであり、
■愚かであり
■恐らく、神経症or精神病、或いはノイローゼのケがある
ということである。

#8も全然理解してないようで、私の回答文を読んだとは言っても知能不足で分からんらしい。

No5で書いておいた文面に一部「あさいち」並みの不備があったのでそれを修正すると共に、馬鹿でも分かるように幾つか分を書き足して、次に再回答しておく。

投稿日時 - 2011-11-28 12:15:18

ANo.9

日本は唯一の被曝国なのに、こうした調査や研究は未だに推論でしかないでしょう。ここまでの被曝量ならOKだとか、学者によって言うことはまちまちですし、チェルノブイリの調査も日本の状況とは違うので、一概に参考になりません。十数年経ってからやっと判ってくるようなものだと思います。そういう心配がある人は少しでも遠くに引っ越すべきでしょうし、恐れのあるものは極力食べないようにすべきです。実際に海外法人の日本支局は、大震災直後に東京から大阪に移転したところが多いですし、それに引き換え日本人は楽天的というか、ケセラセラなのか、未だに東京に集中していますね。

投稿日時 - 2011-11-28 09:26:41

ANo.8

>出てくる調査結果は信頼できないのか信ぴょう性が無いのかわからない感じだけど
>かなりの放射能が撒き散らかされてそれを徐々に体に蓄積してるってことだよね?

調査結果に信頼を置いていない=かなりの量の放射能が撒き散らかされて

と決めつけるのは早計ではないですか?
「信頼できない・信憑性がない」というのが憶測に過ぎないのですから、「蓄積しているってことだよね」と思うのも憶測に過ぎません。


>遠く離れてても毎日の食品から内部被曝してるらしいけど皆はどう思ってるな?

被曝をしているか否かは不明ですが、たとえ被曝していたとしても、それによって健康に影響が出るリスクはかなり低いと思っています。


#5さん

ご呈示のURLに

>今回検出されたストロンチウム90 の測定値は、いずれも、事故発生前(平成11 年度~21 年度)に全国で観測されたストロンチウム90 の測定値(検出下限値~30Bq/kg)の範囲内に入るレベルであった。

とあるので(原発事故がなくてもその程度は検出されている)、今さら過剰に心配しなくてもいいのでは?



#6さん

マスコミは、放射性物質がガンの原因になることは普通に報道していますよ。
具体的日時は書けませんが、数えるのも面倒なほど放送していると思います。

投稿日時 - 2011-11-27 23:59:57

ANo.7

日本人は2人に1人がガンになるので、汚染を気にしていてもねー。

なるようになるんじゃない???

気にする方が精神的におかしくなっちゃうんじゃないかな?(気にすることが多すぎて)

それより タバコを20本/日 吸っている人はメルトダウンした原発建屋にパンツ1枚で立っているのと同じ、だそうなのでそっちの方が怖い(気にすべき)と思うが、、、。

投稿日時 - 2011-11-27 22:39:28

ANo.6

5番の回答は基本的に正しいです。

これらの放射性ストロンチウムは、過去の原爆又は水爆実験に由来するものでなく、福島原発事故に由来するということを半減期の計算を通じて明らかにしています。

>かなりの放射能が撒き散らかされてそれを徐々に体に蓄積してるってことだよね?

その通りです。広島の原爆の約160倍の放射能をまき散らしたので、食物連鎖が働きます。
国民の健康より、福島県などの農家に配慮したり、東京電力の損害賠償額を減らすことを優先するのは大問題です。

マスコミは、放射性物質がガンの原因になることは報道しませんからね。政府関係者が放射性物質がガンの原因になることを報道しないように圧力をかけているのでしょうから。

投稿日時 - 2011-11-27 20:31:01

ANo.5

ww1

横浜市のストロンチウムの件ですが、文部科学省は、
【1】福島第1原発事故によるものとは断定できない。
と言っているのみであって、
【2】福島第1原発事故によるものではないと断定できる。
とは言ってない。
馬鹿な文部科学省が誤発表した資料にちゃんと書いてある。

横浜市が採取した堆積物及び堆積物の採取箇所の周辺土壌の核種分析の結果について
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/5650/2011/5650_1124.pdf

検出量は Sr89がゼロ。Sr90が1Bq/Kg 。
測定の検出下限値は、Sr89で約「3Bq/kg」  Sr90で約「0.8Bq/kg」
一方、Sr89の半減期は50日。3月の事象発生から200日以上経過した時点で定量分析を行なった。Sr89は当初の16分の1以下になってる。

原発事故によってSr89とSr90がどんな割合で出てくるのか知らんけど、仮に1対1で出てくるとすれば、ストロンチウムが原発由来とすればSr90の1Bq/Kgに対してSr89は0.06Bq/Kg程度に減少している。
これは上記のSr89の検出下限値の約「3Bq/kg」を遥かに下回っている。

みんな馬鹿か? マスコミには頭が付いてないのか?
日本人は精神異常者ばかりか?

投稿日時 - 2011-11-27 17:55:14

ANo.4

横浜市のストロンチウムは、前の方のご回答にもありますが、公には「核実験時代のもの」と言われています。しかし、私はウソだと思います。該当するマンションが建築されたのは、核実験時代よりもずっとあとです。
横浜市は当初、「福島原発から相当離れている横浜に重いストロンチウムが飛散するのはおかしい」と言っていたそうですが、素人考えでは、ロシアや中国で核実験したものだとしたらそれはさらに距離があるのではないでしょうか。
NHKの「あさイチ」の件にしろ、原発問題に関しては、不自然で不可解な弁解や説明が横行しているように感じてなりません。
なので、疑わしき食べ物は口にしたくありません。

投稿日時 - 2011-11-27 16:31:59

ANo.3

放射セシウムの場合、微量を摂取しても体外に排出されます。
そもそも私たちの体の中にはもともと放射セシウムが存在しています。
だからと言って増えていいというわけではありませんが、
現状のレベルでは将来にわたってもほぼ問題はなかろう、と思います。

ストロンチウムは下の方の回答にもありますとおり、
数十年前に近隣諸国(米露中やら)が核実験をバンバンやった際に
放出されたものが由来であることが確認されています。
今さら気にしてもしょうがないというのが実情でしょう。

放射性物質を全く含まない飲食物というものはほぼ存在しません。
基準値を超えた食品が発見され出荷が止められたという報道がたまにありますが、
裏を返せば、きちんと出荷前に発見されて出回らないようになっているということです。

気にしすぎて何も食べられなくなって栄養失調で死ぬよりマシだと思いますね。

投稿日時 - 2011-11-27 14:48:15

ANo.2

ラドン温泉卵なぞ、どうですか?

投稿日時 - 2011-11-27 14:46:54

ANo.1

 放射能物質というのは何でしょう?。放射線を発する能力を放射能と言い、放射能を持つ物質を放射性物質と言います。

 放射線は自然界でも出ており、微量であれば問題ありません。ストロンチウムも、横浜の物は過去の核実験由来であり、原発由来でないと判明しています。

投稿日時 - 2011-11-27 13:46:29

あなたにオススメの質問