こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

膠原病(難病)擬陽性の子供の生命保険

4歳の子供に白斑が発病し、
生命保険の事を考えずに大学病院で血液検査をしてもらったところ、
膠原病の擬陽性が出てしまいました。

抗核抗体が80倍(健常の値の次の段階)で、
「白斑で数値が高いのかもしれないし、
膠原病の抗核抗体が高めで白斑になったのかもしれないし、
白斑と膠原病は関係ないのかもしれない、よく分からない状態」だそうです。
まだ膠原病とは診断されてはいませんが、
2~3年おきに血液検査をしていったほうがよいと言われました。

子供の保険未加入が心配になり、
保険各社を取り扱っている総合窓口で相談したところ、
白斑だけなら問題なく保険に入れるけれど、
4歳で膠原病陽性の「疑い」ではほとんどの保険会社は無理と言われました。

その総合窓口が取り扱っている生命保険会社は10社くらいで
アクサなら査定に出してみればもしかすると加入できるかもしれないと言われました。

その他の保険会社で、
4歳で膠原病陽性の「疑い」でも入れる医療保険、
(子供が成長した時本人が入りたがることを考えて)終身保険など
今のうちに入れるものはないでしょうか?

また、6歳以上であれば緩和型のものがあるかもしれないとも言われましたが、
2~3年後の血液検査で抗核抗体が通常の40倍(健常の値)におさまれば、
どの保険にも入れるようになるのでしょうか?

生命保険も膠原病もまだよく分かっておらず、教えて!gooに頼らせていただきました・・
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2011-12-01 19:27:08

QNo.7165443

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

生命保険専門のFPです。

私の意見も、医療保険、死亡保険(終身保険、定期保険、養老保険)は
「たぶん無理」です。
緩和型はお勧めしません。メリットないです。
がん保険、傷害保険(ケガの保険)は契約可能なので、
検討しても良いと思います。

擬陽性なので、まだ、決まった訳ではないのですから、
焦らず、慌てないでください。

(Q)2~3年後の血液検査で抗核抗体が通常の40倍(健常の値)におさまれば、どの保険にも入れるようになるのでしょうか?
(A)いいえ。そのような数値の問題ではなく、
医師の判断がすべてです。
例えば、2年後に正常値でも、医師が2年後にもう一度検査をしましょうと言えば、それは擬陽性で経過観察中となり、契約が難しくなります。
「もう、大丈夫ですよ」と言われれば、OKです。

投稿日時 - 2011-12-02 10:39:08

お礼

すみません、実はまた話しが微妙に変わりました。

もう一度医師に確認したところ、
「抗核抗体が高めなだけで他の数値は正常なので、膠原病の可能性はない」といわれ、
カルテにもそのように書いてくださいました。
2、3年後の検査についても念のため・・ということだそうです。

であれば血液検査の結果は告知しなくても告知内容は白斑だけでよいということなのかな?と思い始めました。

さておき、今回の質問に対して、わかりやすく説明してくださいまして、ありがとうございました。
緩和型はメリットないのですね・・

あとは教えて頂いた内容をふまえて、契約したい保険会社の方に相談してみます。

投稿日時 - 2011-12-15 19:31:54

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

膠原病で抗核抗体が出ていても病名がないんですね。
そこまで検査しているので普通の生命保険は難しいです。
私も膠原病(SLE リウマチ シェーグレン症候群)ありで特定疾患の手続きして公費で病院へ行ってます。
特定疾患なら、現在の病気と合併症は公費負担で薬代は無料で保険はコープ共済だけですが通院、入院の自己負担が少ないので様子を見ながら治療して下さい。

投稿日時 - 2011-12-01 20:40:10

お礼

膠原病と断定されて特定疾患の手続きをすれば、合併症も公費で病院へ行けるのですね。
医療保険はだめでも治療費の不安は軽くなりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2011-12-15 19:16:34

あなたにオススメの質問